豆乳でダイエット?そのカロリーと飲み方、おすすめ商品は?

豆乳

とてもヘルシーであり、美容・健康に効果があるとして豆乳が人気を集めています。特に女性は豆乳を飲んでいることが多いです。毎日のように飲み続けているという方も珍しくはないでしょう。豆乳にはダイエット効果があるとされています。実際に豆乳ダイエットに挑戦している方もいます。

しかし、本当に豆乳にはダイエット効果があるのか疑問に思っている方もいるでしょう。こちらでは豆乳についての解説をします。豆乳にはどのような栄養が含まれているのか、どのようにして豆乳を飲めば良いのか、本当にダイエット効果があるのかといった点について説明します

豆乳の栄養・カロリー

豆乳にはさまざまな栄養素が含まれています。その中の一つに大豆タンパクがあります。こちらは動物性のタンパク質よりもカロリーが低くなっています。さらに基礎代謝を高める効果があるため、ダイエット効果が期待できます。満腹感を得やすいという特徴があるため、豆乳の大豆タンパクを摂取することで食事の量を自然と減らせるでしょう。血流改善にも役に立つため、健康にも効果があります。

豆乳にはイソフラボンが豊富に含まれています。こちらはポリフェノールの一種であり、エストロゲンに似たような構造をしています。エストロゲンというのは女性ホルモンのことであり、大豆イソフラボンにはこのエストロゲンを補う効果があるとされています。そのため、がん予防に効果を発揮します。また、骨粗しょう症を予防する効果もあるとされています。

豆乳の栄養素の一つとしてサポニンがあります。こちらは血液中の中性脂肪やコレステロールを洗い流してくれる作用があります。これによって血液はキレイな状態となり、肥満の予防にもつながります。また、サポニンには抗酸化作用があり、これによって老化を防ぐことができます。

豆乳の栄養・カロリー

レシチンという栄養素も含まれています。こちらは動脈硬化を予防することができ、高血圧を防いだり、認知症予防にも効果を発揮します。オリゴ糖という成分も豆乳には含まれているのですが、こちらは腸内環境を整えてくれます。便秘気味で困っている方には最適な栄養素となっていて、腸の中の善玉菌を増やしてくれます。フィチン酸という物質もあり、こちらは発がん予防に期待できる栄養素となっています。

その他の栄養素としてはビタミンB群やビタミンE、カリウム、マグネシウムといった成分があります。豆乳に含まれるビタミンB群にはイライラを防ぐ効果があります。ダイエットをするとストレスを溜めやすくなりますが、ビタミンB群をきちんと摂取していれば問題ないでしょう。ビタミンEは血行を促進させたり、抗酸化作用があります。カリウムは高血圧の予防に効果を発揮します。

このように豆乳には非常に幅広い栄養素が含まれています。自分の普段の食生活を振り返ってみて、栄養素の偏りを感じているのであれば、豆乳をぜひ飲んでみてください。毎日豆乳を飲むだけでも不足しがちな栄養素を補給することができます。栄養が不足している状態が続いてしまうと、さまざまな弊害が起きてしまうため気をつけましょう。豆乳は健康を助けてくれます。

女性に嬉しい!豆乳の効果

豆乳に代表される成分は、サポニン、レシチンなどです。サポニンには、動脈硬化を防ぐ効果があるとされており、年々弱りがちな体をサポートします。健康診断などの血液検査で引っかかってしまった、という方は積極的に摂取してみてはいかがでしょう。

女性に嬉しい!豆乳の効果

また豆乳に含まれるレシチンの働きには、脳の活発化を促進させると共に、学習などによる集中力を高める作用があり、アルツハイマー型老年期認知症などの治療に期待が寄せられる成分でもあります。脳を構成する神経細胞のグループはニューロンですが、ニューロン同士を繋げて情報を送っているものは、シナプスと呼ばれる化合物の働きです。シナプスは、脳における情報通信の要であり、シナプスから分泌される神経伝達物質により、受け取った情報を脳内に伝達するほかにも、情報を記憶として蓄積していき、さらにその情報を引き出す連絡役なのです。レシチンは、この神経伝達物質を合成する成分そのものですので、記憶力や集中力を高める働きがあります。

豆乳に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す事により、更年期障害の症状を改善する働きがあると注目されています。女性の多くは、更年期に差し掛かる事で、更年期障害を起こす事が知られ、エストロゲンにはこの症状を改善する効果があるのです。その中でも近年問題視されているのが、若年性の更年期障害の存在です。これは無理なダイエットや深刻なストレスからも発症するものとされ、生活の乱れと共に喫煙や睡眠不足などの、生活習慣が原因でエストロゲンの分泌量が減少すると言われているもので、生理周期などの遅れも見られます。豆乳に含まれるイソフラボンは、成分作用として女性ホルモンである、エストロゲンの分泌を促す働きがありますので、こうした深刻な悩みの改善に役立つ事でしょう。

豆乳ダイエットって何?

豆乳でダイエットに挑戦している方がいます。豆乳にはダイエットへの大きな効果を期待できる要素がたくさんあります。便秘になっていると消化吸収が上手くいかなくなるため、脂肪がどんどん体に溜めこまれてしまい、太りやすい体になってしまいます。これを防ぐために、便秘解消効果のある豆乳はおすすめです。豆乳の中にはオリゴ糖が含まれており、これが腸にまで届いて善玉菌を活発にさせます。豆乳と一緒にヨーグルトを食べることにより、さらに大きな効果を期待できるでしょう。

豆乳にはいろいろな栄養が含まれています。食事の量を減らして豆乳を飲むようにすれば、摂取カロリーを抑えつつも必要な栄養を補うことができるため、ダイエット効果が期待できます。豆乳を飲むことによって、満腹感を得られるようになり、これによってもダイエット効果が出やすくなるでしょう。

実際に豆乳ダイエットに挑戦している方はどのような方法で実践しているのでしょうか。基本的には食事のときに豆乳を飲む方が多いです。あるいはおやつの代わりに豆乳を飲むこともおすすめです。ただ豆乳を飲むだけで良いのです。もちろん、豆乳を飲んだからといって、ほかのものを食べ過ぎてしまっては意味がありません。食事の量を抑えながらも、豆乳をきちんと飲むようにするといいでしょう

豆乳ダイエットって何?

豆乳による置き換えダイエットに挑戦して成功している人もいます。一日の食事のうち、一食を豆乳だけにするという方法です。豆乳に置き換えることによって、簡単にダイエットができるようになるでしょう。ただし、この方法は無理をしてしまうと、健康や美容に悪い影響を与えてしまう可能性があるため注意しましょう。あくまでも食べ過ぎ防止のための方法です。痩せたいからといって食事量を抑えすぎると、いろいろな悪影響が出てしまうため気をつけましょう。

豆乳とほかのものを組み合わせてダイエットをするという方法もあります。たとえばきなこと豆乳を組み合わせる方法は多くの方が試しています。きなこにも豊富な栄養が含まれており、豆乳との相性が良いため、おいしく飲めます。バナナやココア青汁を豆乳と組み合わせる方法も人気があります。

このようにほかのものと組み合わせることによって飲みやすくなり、満腹感を感じやすくなるため、さらなるダイエット効果も期待できるようになるでしょう。

豆乳の飲み方・飲みすぎ注意!

豆乳の効果を得るために飲んでみたいという方が多いでしょう。ではどのようにして飲めば良いのでしょうか。豆乳はお店に行けば紙パックに入っているものが普通に売られています。そのまま飲むだけでも豆乳の効果を発揮することができるため問題ありません。余計な手間をかけずに飲むことができるため、毎朝豆乳を飲んでいるという方も多いでしょう。しかし、普通の飲み方を続けているだけではしだいに飽きてくるかもしれません。そのような場合にはいろいろなアレンジを加えると良いでしょう。

また、豆乳を飲むタイミングについて気になる方は多いでしょう。朝に豆乳を飲んでいる方は多いです。朝飲むことにはいろいろなメリットがあります。朝起きてから何かを飲むことによって、体を活発に動かせるようになります。また、便秘を解消する効果も期待できるでしょう。

空腹時に豆乳を飲むこともおすすめです。基本的に人間の体というのは、空腹時ほど栄養吸収の効率が良くなります。そのため、空腹時に豆乳を飲むことによって、効率よく栄養を吸収できるようになるでしょう。豆乳によってお腹を満たすことができれば、間食をしてしまうのを防ぐこともできます。

夜寝る前に豆乳を飲むという方法もあります。寝る前に飲むことによって、脂肪を燃焼させやすくなります。ただし、夜に飲むことで太りやすくなるという意見もあります。そのため、基本的には朝や昼に飲むのが良いでしょう。

豆乳は健康や美容に効果的ですが、たくさん飲んでしまわないように注意しましょう。どのようなものにも適量というものがあります。豆乳というのは少ない量の中に豊富な栄養が含まれているため、たくさん飲んでしまうと過剰摂取してしまうことになります。それでは逆効果となってしまいます。基本的には1日に200ml程度飲むぐらいで十分でしょう。このぐらいの量の豆乳であってもきちんと効果を発揮してくれます。

豆乳はいろいろな料理に使えます。そのまま豆乳を飲むことに飽きてしまったり、豆乳を飲むのが苦手な方におすすめできます。たとえば味噌汁やパスタの中に加えてみたり、カレーやグラタンなどに混ぜることもできます。どのような料理に加えたとしても相性は良いです。それぞれの料理の味に深みをもたせることができるでしょう。また、ヘルシーな料理になり、ダイエットへの効果も大きくなります。

豆乳おすすめランキング

5位: 紀文 豆乳飲料 紅茶 箱売 1000X6

紀文 豆乳飲料 紅茶 箱売 1000X6
¥189/l
58%安
¥1,134 SEIYUドットコム(西友)
¥1,355 LOHACO(ロハコ)
他3ショップ

商品説明

「紀文 豆乳飲料 紅茶 箱売 1000X6」はキッコーマンソイフーズ株式会社から発売されている、紅茶をブレンドした豆乳飲料です。

ファミリーで楽しめる1000mlサイズが買い置きにぴったりな6本入ったセットです。

紅茶を加えることで、年代を問わず美味しく飲めるロイヤルミルクティー風になり豊かなアールグレイの香りも感じられる、紅茶が好きな方にも飲みやすい豆乳に仕上がりました。

また大豆のイソフラボンに加えて紅茶のカテキンも含まれ、さらに200mlあたりに240mgの紅茶のポリフェノール類を配合。200mlあたりの栄養成分はエネルギーが121kcal、カリウム202mg、レシチン183mg、たんぱく質4.5g、カルシウム19mg、脂質5.3g、マグネシウム25mg、イソフラボン24mg、炭水化物13.7g、ナトリウム73mgなどで、コレステロールは0mgにおさえられています。安心の契約栽培のカナダ産丸大豆を使用。大豆固形分は4%以上で、含まれる大豆たんぱく質は1.8%以上になっています。

常温での保存は直射日光をさけた場所にします。賞味期限は未開封の場合に限り120日までですが、開封したあとはなるべく早く飲みきるようにしましょう。

4位: マルサンアイ 調製豆乳 1LX6

マルサンアイ 調製豆乳 1LX6
¥206/l
54%安
¥1,236 LOHACO(ロハコ)
¥1,237 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

商品説明

「マルサンアイ 調製豆乳 1LX6」はマルサンアイ株式会社から発売されている、調整豆乳です。

大豆固形分が6%以上含まれており、大豆たんぱく質は3.0%以上の豆乳が調整豆乳とよばれます。マルサンアイ独自の管理栽培で育てられた、遺伝子組換えでないカナダ産の大豆を使用。そのほかの原材料に水あめ、食塩、乳酸カルシウム、トレハロースなどを加えてさらにすっきりと飲みやすく整えられています。栄養成分は100mLあたりエネルギーが55kcaL、たんぱく質3.6g、脂質2.7g、コレステロール0mg、炭水化物4.0g、食塩相当量0.2mg、亜鉛0.3mg、カリウム155mg、カルシウム42mg、マグネシウム20mg、イソフラボン34mgが入っています。ファミリータイプの1Lサイズには注ぎやすい新しいキャップを採用。開栓前は完全密封でありながらキャップを回せばお年寄りの方でも簡単に開封が可能のため、衛生的に冷蔵庫に収納ができます。6本入りのお徳用セットで家族みんなで毎日飲むご家庭の買い置きにも最適な容量です。

アレルギー物質については大豆が含まれますので大豆アレルギーをお持ちの方はお気をつけください。箱買いなら1本200円以下になることもあるのでお得です。

3位: マルサンアイ 調製豆乳 カロリー45%オフ 1LX6本

マルサンアイ 調製豆乳 カロリー45%オフ 1LX6本
54円お得
¥206/l
54%安
¥1,236 LOHACO(ロハコ)
¥1,237 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

商品説明

「マルサンアイ 調製豆乳 カロリー45%オフ 1LX6本」はマルサンアイ株式会社から発売されている、標準的な調製豆乳(日本食品標準成分表2010)と比較すると、45%のカロリーオフを実現した調整豆乳です。

カロリーが気になる方も毎日続けやすく、健康志向の方にぴったり。原材料には遺伝子組換えでない、カナダ産またはアメリカ産の大豆を使用しています。そのほかに食塩、乳酸カルシウム、香料、甘味料(アセスルファムカリウム、スクラロース)を含みます。しかも炭水化物以外の栄養素である、植物性タンパク質やミネラルなど、大豆由来の栄養成分はしっかり摂取できる規格です。

またカロリーオフだけでなく飲み心地もすっきりと仕上げ、毎日飲んでも飽きない美味しい味をめざしました。

100mLあたりの栄養成分はエネルギーが35kcaL、たんぱく質2.9g、脂質2.1g(-飽和脂肪酸0.3g)、コレステロール0mg、炭水化物1.2g、食塩相当量0.2g、亜鉛0.3mg、カリウム129mg、カルシウム38mg、鉄0.4mg、マグネシウム16mgで、女性ホルモンに似た働きをするといわれているイソフラボンも29mg含まれているのでおすすめです。

2位: キッコーマン 調整豆乳 6入 ケース パック6000ml

キッコーマン 調整豆乳 6入 ケース パック6000ml
¥189/l
58%安
¥1,134 SEIYUドットコム(西友)
¥1,355 LOHACO(ロハコ)
他3ショップ

商品説明

「キッコーマン 調整豆乳 6入 ケース パック6000ml」はキッコーマンソイフーズ株式会社から発売されている、調整豆乳1000mlサイズの紙パックが6本入っています。

調整豆乳とは豆乳に砂糖や油脂を加えることでさらに飲みやすいように味を調整した商品です。大豆固形分は7%で遺伝子組換えでないカナダ産の丸大豆を使用。そのほかに砂糖、米油、天日塩、乳酸カルシウム、乳化剤、糊料、香料を加えています。

キッコーマンの調製豆乳の特徴は品質と鮮度にこだわりがあること。大豆に含まれる微量な栄養成分もなるべく多く抽出するようにこころがけ、飲みやすく美味しい味に仕上げています。

気になるコレステロールは0mg。そのほかの栄養成分は200mlあたり、エネルギー117kcal、カリウム329mg、レシチン324mg、たんぱく質7.7g、カルシウム109mg、大豆サポニン77mg、脂質7.7g、マグネシウム42mg、イソフラボン43mg、炭水化物4.1g、鉄0.9mg、ナトリウム181mgです。大容量サイズのお得なセットなのでご家族で毎日飲むことができます。また外出先に携帯しやすい200mlサイズも販売されています。

1位: 紀文 おいしい無調整豆乳 ケース1000ml×6

紀文 おいしい無調整豆乳 ケース1000ml×6
¥189/l
58%安
¥1,134 SEIYUドットコム(西友)
¥1,355 LOHACO(ロハコ)
他3ショップ

商品説明

「キッコーマン おいしい無調整豆乳 ケース1000ml×6」はキッコーマンソイフーズ株式会社から発売されている、無調整の大容量タイプの豆乳です。

無調整豆乳はクセがあり飲みにくいイメージがありましたが、キッコーマン独自の技術を磨き続けさらに大豆臭をおさえたとても飲みやすい新タイプの豆乳にさらに生まれ変わりました。

2015年には6年連続のモンドセレクション金賞を受賞。美味しさだけでなく、大豆イソフラボンやレシチンなどを含んだノンコレステロールの健康飲料です。原料には水と遺伝子組換えでない、キッコーマン契約栽培のカナダ産の丸大豆を使用。大豆固形分は8%以上になります。200mlあたりの栄養成分はエネルギーが115kcal、たんぱく質9.1g、脂質7.3g、炭水化物3.2g、ナトリウム0.0mg、カリウム425.0mg、カルシウム34.0mg、マグネシウム56.0mg、鉄1.1mg、亜鉛0.9mg、イソフラボン56.0mg、レシチン421.0mg、大豆サポニン80mgが含まれます。

賞味期限は未開封の場合120日と長期間の保存が可能なため、まとめ買いがおすすめです。無調整豆乳は水と大豆のみのシンプルな材料で作られているため、飲むだけでなく料理などにも幅広く使うことができます。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。