栄養とカロリーは?牛乳のおすすめも

牛乳を毎日のように飲むという方もいるかもしれません。しかし、実は牛乳はそれなりにカロリーが高く、あまり飲みすぎると太る原因にもなりかねません。ダイエットをする方の中には、食べ物には気を使っている方も多いかと思いますが、牛乳そのものが太りやすいという感覚はあまり持っていないのではないでしょうか。

さらに、アレルギーについても知らない方が多いと思います。かゆみなどが出た時に、じつは乳製品が原因だった…ということもあるかもしれません。牛乳は、実際にどんな栄養素が含まれており、どれくらいカロリーがあるのでしょうか。また、牛乳によってアレルギー症状が出てしまうといったことはあるのでしょうか?詳しくご紹介します。

牛乳の栄養とカロリー

牛乳100gあたりのカロリーは67kcalで、さほど高カロリーとは言えないものですが、カロリーの高い糖分があまり含まれない事を考えると、カロリーは比較的高い飲み物と言えるでしょう。適度に飲む分には問題ありませんが、毎日健康の為に2リットル、といった形で過剰摂取すると、おなかを壊してしまうなどの逆効果に繋がる恐れもあります。

牛乳の主な成分は、炭水化物、脂肪分です。そのうち飽和脂肪酸が2.33g、一価不飽和脂肪酸は0.87g、多価不飽和脂肪酸が0.12gとなっています。動物性であるため、コレステロールも12mg含み、アミノ酸の多い蛋白質は3.3gとなっています。

牛乳が素晴らしいのは、ビタミンとミネラルの豊富さでしょう。ビタミンA相当量38μgを始め、β-カロテンやビタミンB1チアミン、ビタミンB3ナイアシン、ビタミンB5パントテン、ビタミンB7ビオチン1.8_g、ビタミンB9葉酸5μgと、ビタミンB群が非常に豊富です。そのほかにも、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKが含まれており、バランスの良さが目につきます。

またミネラル分はナトリウムや、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛種類はかなり豊富です。なかでも、吸収しやすい水溶性のカルシウムが豊富で、高齢者や女性と成長期にあるお子さんには、毎日摂取して貰いたい飲み物である事も良くわかります。

牛乳はカロリー自体がそれほど高いものではありませんが、栄養価が高く様々な栄養素が広く含まれている為に、学校給食においても必ず献立の中に含まれており日本人の健康を支えてきました。本来牛乳は、子牛に与える為のエネルギー源であり、栄養価が高いのは当然ですが、甘くない飲料で栄養価が高く、これほど愛されてきた飲み物はほかに見当たりません。最近では低脂肪乳なども販売されているため、カロリーの摂取が気になる、というかたでも安心して飲むことが出来ます。

牛乳は健康やダイエットにいいの?

日本では牛乳を出す牛としてホルスタインが有名ですが、牛乳は本来親となる乳牛が、子供に与える為に乳を出すもので、子牛を生んだ母牛は直ぐに子供と離される事で、10ヶ月近くもの長い期間、乳を出す事が可能です。つまりホルスタインで乳を出せるのはメスのみとなり、オス牛は種牛以外は食用として売られる事になります。牛乳は、子牛に与える乳ですので非常に栄養価が高く、多くの栄養素に富んでいますので、健康維持にも欠かせないものとして扱われ、ダイエット時にも牛乳は多くの栄養素をバランスよく含んでいる為に、貴重な補助栄養としての利用ができます。

牛乳の成分にはカルシウムを多く含む事が有名ですが、魚や肉などの骨は非常に吸収しにくいもので、一番吸収しやすい牛乳でさえもその吸収率は40%ほどにしか過ぎないと言われます。このカルシウム吸収において、吸収率を高めてくれるのが、乳糖やカゼインホスペプチドにビタミンDの働きで、キノコ類や魚類にも含まれており、太陽光線を浴びる事でも生成されて行きます。カルシウムは、骨粗しょう症の予防だけではなく、成長期にあたるお子さんの栄養にも不可欠なもので、丈夫な歯の生成にも欠かせない成分であり、ストレスの抑制にもつながります。

カルシウムには、ダイエット効果もあり、脂肪が腸から吸収されるのを抑える作用がありますので、脂肪を取る際には牛乳との取り合わせも考えておきましょう。また牛乳に含まれるアミノ酸は、エネルギー効率を良くしてくれる成分を含むもので、疲労回復効果がありますので、それだけ長く運動やストレッチを行う事ができ、効果的なエネルギー消費を手伝ってくれます。そして、牛乳に含まれる乳糖は、ラクトースとも呼ばれる成分で、全てが吸収されず腸内で善玉菌の餌となっています。その為、善玉菌の増殖に貢献する事で、腸内フローラも整備される事で便通も良くなりますので、食物繊維と一緒に取る事で便秘の改善にも役立ちます。

よく言われるのが、お酒を飲む際に牛乳を飲んでおくと、悪酔いしないと言われますが、あまり意味はなく胃壁に膜を作る事もありません。ただし、同じ乳製品であるチーズは消化されにくく、アルコールの吸収を遅くしてくれます。また研究段階ですが、牛乳を飲むと空腹感が癒されるとの結果が出ており、ダイエットに効果的な作用として注目されますが、今の所化学的な根拠はありませんが牛乳に含まれる蛋白質が作用するのではないかと言われています。

牛乳のアレルギーについて

日本人の男性には、牛乳が苦手と言う方も少なくありませんが、一般的に日本人には乳糖を消化できる酵素が少ない為に、お腹が緩くなるという現象が起こってしまうようです。これは乳糖不耐症と言われるものですが、日本人全てが乳酸を消化できないわけではなく、乳酸を消化する消化酵素ラクターゼが極端に少ないせいだと言われます。牛乳を温めれば大丈夫と言う方も多く、胃腸に負担を掛けない飲み方で解決できるわけです。そして、近年多くなってきたアレルギーの問題ですが、牛乳によるアレルギーも少なくありません。

原因物質とされているのが、牛乳を構成する蛋白質の一種であるアルファS1-カゼインで、前述の乳糖不耐症とは全く異なるものです。牛乳アレルギーの場合は、ほかの動物のミルクであれば大丈夫な場合が多く、症状のひどいアレルギー反応の場合には、乳製品を少量摂取するだけでアナフィラキシーを起こし、非常に危険性がある場合も少なくありません。他の動物のミルクが大丈夫だという理由は、原因物質である蛋白質の種類が違うからで、牛乳にはこの原因物質であるアルファS1-カゼインが含まれますが、ほかの動物のミルクには異なる種類のガゼインだからなのです。

牛乳アレルギーの症状は多岐にわたりますが、主な症状は消化器や皮膚、呼吸器に現れる事が多いもので、アナフィラキシー症状やアトピー性皮膚炎を起こす事もあり、ぜんそくの症状なども現れる事があります。特に注意しておかなければならないのは新生児で、生まれたばかりの赤ちゃんは、親も気が付かない事もあり、次第に重症化していく恐れがあるのです。特に夜泣きをして吐きやすいとか、口の中に炎症が出ている場合はすぐにかかりつけの医者に見てもらう必要があります。新生児に牛乳を与える事はあまりありませんが、多くの場合は母親の母乳を介してアレルギーを発症する場合が多く、赤ちゃんがこうした牛乳アレルギーと診断された場合には、母親の食生活を改善していかなければなりません。

乳製品にはチーズやコンデンスミルクなど、比較的わかりやすいものもありますが、お菓子やドリンク類などに含まれている場合、知らない内に摂取している場合も考えられます。ヨーグルト飲料やバターなども、気が付かない内に摂取している場合もあり、シチューやカレーなどにもかじっている場合があります。特に手作りの商品だった場合、原材料が良く分からない場合などもありますので、わからないものには手を出さない事も必要になって来ます。

牛乳のおすすめ

10位: おいしい低脂肪乳 生乳100%使用 パック1000ml

おいしい低脂肪乳 生乳100%使用 パック1000ml
¥199/l
36%安
¥199 SEIYUネットスーパー(ス)
¥244 ヨーカドーネットスーパー(ス)

9位: 濃くておいしいミルク LL 200ml

濃くておいしいミルク LL 200ml
¥490/l
¥98 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥105 SEIYUネットスーパー(ス)

8位: LL 大阿蘇牛乳 1L

LL 大阿蘇牛乳 1L
¥286/l
¥286 SEIYUネットスーパー(ス)
¥325 (x6) Amazon(アマゾン)

7位: おいしい牛乳 1L

対象ショップで取扱いなし

商品説明

「カルシウムを取るために牛乳を飲んだ方が良いけど、あの『臭い』が苦手で飲めない…。」そんな方に是非試していただきたいのが、明治「おいしい牛乳」です。

一般に市販されている牛乳は、衛生面から加熱殺菌が義務付けられています。しかし、この加熱殺菌の過程で、牛乳の中に含まれている酵素が酸化してしまい、牛乳が苦手な方が感じる「クセ」や「臭い」となってしまいます。そこで、明治はあらかじめ酵素の一部を取り除いてから加熱するという製法を開発しました。この「ナチュラルテイスト製法」により、「生乳本来の自然でさわやかな香り、ほのかな甘み、まろやかなコクはそのままにすっきりしたあと味」を味わうことができるようになったそうです。

そのまま飲んでも「おいしい牛乳」ですが、お料理やお菓子作りに使えば栄養もうまみもアップします。

炒めた具材に小麦粉をまぶし、牛乳を加えて煮込めばシチュー風スープが出来上がります。具材にビタミンDを多く含む魚介類やキノコを使うとカルシウムの吸収を助けてくれますよ。

大豆製品と一緒に食べれば、骨からカルシウムが溶け出すのを防いでくれるそうです。

牛乳と色々な食材との組み合わせを楽しみながら、不足しがちなカルシウムを上手に取っていきたいですね。

6位: アカディ パック1000ml

アカディ パック1000ml
¥235/l

商品説明

アカディ パック1000mlは雪印メグミルクが販売する商品で、商品名からは少しわかりずらいかもしれませんが牛乳です。牛乳が体質的に合わないという方でも飲めるように工夫がされており、一般的な牛乳よりも飲みやすくなっています。

牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなってしまうという方は多いのですが、そもそもの原因は牛乳に含まれる乳糖という成分です。この商品は乳糖を低減しているのが大きな特徴で、このことによってお腹の調子が悪くなりにくくなっています。牛乳は好きだけどお腹のことを考えると抵抗がある、そんな方にぴったりの商品になっています。もちろん牛乳としての栄養素はしっかり含まれていますので健康面でも効果が期待でき、誰でも安心して飲めるものに仕上がっています。

乳糖が低減されていることでこれまで牛乳がなかなか飲めなかった方も含めて小さなお子様や大人まで、幅広くおすすめできる商品です。そのまま飲んでもいいですし、料理に使うのもいいでしょう。牛乳を使った料理は以外に多いので乳糖が少ないというのはやはり便利です。値段も約200円ほどと一般的な牛乳と比較して高価というわけでもありませんので気軽に購入できる点も助かります。

5位: メグミルク 牛乳 ESL 1L

メグミルク 牛乳 ESL 1L
¥212/l
32%安
¥212 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥213 SEIYUネットスーパー(ス)

4位: 森永のおいしい牛乳 1000ml

森永のおいしい牛乳 1000ml
¥213/l
31%安

3位: 森永のおいしい無脂肪乳 1L

森永のおいしい無脂肪乳 1L
¥178/l
43%安

2位: 毎日骨太 パック1000ml

毎日骨太 パック1000ml
¥167/l
46%安

1位: 低脂肪乳 加工乳 パック1000ml

低脂肪乳 加工乳 パック1000ml
¥149/l
52%安

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。