ライスミルクのおすすめと栄養・ダイエット効果

ライスミルク

みなさんは、ライスミルクという飲み物をご存知でしょうか。お米でできた牛乳のことをいいます。 豆乳に似たさっぱりとした味わいで、牛乳、豆乳に次ぐ第3のミルクなどと呼ばれています。 元々は欧米を中心に飲まれている飲み物でしたが、低カロリーで栄養価が高いことから、近年では日本でも様々な商品が販売されるようになりました。

注目度が上がっているライスミルクですが、まだまだその存在を知らないという方も多いのではないでしょうか。 ライスミルクとは一体どんな飲み物なのか、なぜ人気なの?その秘密に迫っていきましょう。

ライスミルクとは?栄養は?

ライスミルクとは主に玄米や白米からつくられる牛乳のことをいいます。多くのライスミルクは玄米と水で作られたものが商品として流通しています。

粉砕した玄米に水をくわえて、玄米を完全に溶かしきることでライスミルクが出来上がります。見た目は牛乳とほとんど変わりありませんが、風味は豆乳に近いような味です。 材料も少なく、作業もシンプルなので、ライスミルクは家でも簡単に作ることができますよ。

ライスミルクとは?栄養は?

欧米では昔から牛乳の代わりとしてよく飲まれていたそうですが、ライスミルクに含まれる栄養価の高さや、低カロリー低脂肪なことから、近年では日本でも店頭販売されるようになりました。 原材料である玄米には、ミネラルやビタミン、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。この玄米を精米することなくそのまま水に溶かして作るため、ライスミルクには多くの栄養素が含まれるのです。

また、ライスミルクは玄米で作られているため、豆乳やアーモンドミルクなどと同じ植物性ミルクの一種になります。 健康やダイエットのために、牛乳に含まれる動物性たんぱく質を摂取したくないという人が最近では増えつつあります。その流れで植物性ミルクであるライスミルクを好んで飲む人が増えたことも、ライスミルクが人気になった原因ともいえるでしょう。 さらに小麦粉などが使われていないため、グルテンフリーの飲み物でもあります。小麦アレルギーの人や牛乳アレルギーの人も、植物性ミルクであるライスミルクなら安心して飲めますね。

ライスミルクはどんな味?効能は?

ライスミルクは、玄米と水で作るシンプルな飲み物です。そのため、牛乳と違ってさっぱりとした味わいが特徴です。見た目は牛乳そっくりです。

味や匂いはほとんどなく、牛乳よりも豆乳のような風味に近いです。玄米で作られているので、お米の甘みがほんのりと口の中に広がります。 中には甘味料が加えられている商品もあるので、自分の好みに合わせて色々試してみるのもいいですね。

飲み心地もさらっとしていて豆乳と同じような喉越しが口の中に広がります。 牛乳の匂いが苦手な人や豆乳の癖のある味わいが苦手な人は、ライスミルクを飲んでみてはいかがでしょうか。

ライスミルクはどんな味?効能は?

玄米には様々な栄養素が含まれています。代表的なものがビタミンB1やビタミンB2。これらは私たちの体内でエネルギーを生み出すために大切な栄養素です。それらに加えてビタミンEも含まれています。ビタミンEは血液の巡回を促進し、疲労回復の手助けをしてくれる効果があります。ちょっと疲れたなと思ったらライスミルクを飲んで元気を取り戻しましょう。

それだけでなく、玄米にはミネラルが豊富に含まれています。ミネラルは体内から生成できない栄養素なので、食事で摂取して補う必要があります。 ミネラルは免疫力を上げてくれるだけでなく、リラックス効果や脳を活性化させてくれます。

ライスミルクは玄米だけでなく、白米でも作られています。より健康や美容の効果を得たい場合は、玄米で作られたライスミルクを飲むといいでしょう。

どんなダイエット効果が期待できる?

ダイエット飲料として女性からも高い注目を浴びるライスミルク。 カロリーは牛乳よりもはるかに低く、100gあたりのカロリーが牛乳は約66kcalなのに対して、なんとライスミルクは約46kcalになります。これはかなり大きな差がありますね。

さらに100gあたりの脂質は、牛乳が約4g、ライスミルクが約1gとかなり差があります。 低カロリーな上に低脂肪でもあるので、カロリーや脂質の摂取量が気になる人にはぴったりの飲み物ですね。

どんなダイエット効果が期待できる?

ライスミルクは玄米や白米、米粉などで作られますが、やはり栄養価の高さから考えると、玄米で作られたライスミルクを飲むことが一番ダイエットには効果があるようです。 先ほど紹介した通り、玄米には多くのビタミンが含まれています。中でもビタミンB1とビタミンB2が豊富に含まれているのが特徴です。ビタミンB1は糖分をエネルギーに変える力があります。ビタミンB2には脂質などのエネルギーを燃焼してくれる効果があります。 さらに玄米には食物繊維も含まれているので、腸内環境の改善も期待できます。

またライスミルクはお米が原材料であるため、コレステロールを含みません。 ダイエット目的だけでなく、コレステロール値を気にしている人にもオススメです。

食事の際の飲み物をライスミルクにすればカロリーの摂取を抑えられて、ダイエット効果が期待できそうです。 ただし商品の中には、飲みやすいように砂糖や蜂蜜などを加えているものもあります。ダイエットのためにライスミルクを買う際には、どんなものが含まれているのか成分表をよく確認しましょう。

ライスミルクおすすめランキング

5位: ビタリッツ ライスドリンク ビタリッツ アーモンド 1L

商品説明

ビタリッツのライスドリンクは、イタリアで製造されているライスミルクです。イタリア北部にある穀倉地帯であるピエモンテ州で栽培された有機米を原料にして作られています。玄米を天然の酵素で醗酵させて作られているので、デンプンが糖化することで生まれる自然な甘みが特徴です。文字通りお米から作られているので、炭水化物やビタミンB類、ミネラル、さらに食物繊維も豊富で栄養価に優れています。この商品にはさらに有機アーモンドが1.2%含まれているので、ビタミンEやオレイン酸も摂ることができます。プレーンのライスミルクは、お米の甘さがほのかに感じられるあっさりとした味で飲みやすいですが、そのまま飲むと少し物足りなさを感じる方もいるかもしれません。そんな方には、アーモンドのコクと味わいが感じられるこちらの商品はおすすめです。冷やしても温めても美味しく飲むことができます。一般的にライスミルクは牛乳よりも高価ですが、ビタリッツのライスドリンクアーモンド味は、平均的なライスミルク価格より約25%安く購入することができます。イタリアからの輸入品のため価格は色々ですが、ネット通販で安く購入できる店舗を探して利用するのが賢い買い方です。

4位: ビタリッツ ライスドリンク 1L

ビタリッツ ライスドリンク 1L
¥618/l

商品説明

ビタリッツのライスドリンクは、イタリアの北部のピエモンテ州という穀倉地帯で栽培された有機米から作られている、イタリア製のライスミルクです。ライスミルクは、牛乳や豆乳に代わる第3のミルクとして最近注目されています。日本ではまだ珍しいですが、ヨーロッパなどではスーパーマーケットなどでも普通に売られています。もともとは乳製品や大豆にアレルギーのある方や菜食主義者向けの食品でしたが、そのヘルシーさや飲みやすさから一般に広まりました。玄米を原料としている100%植物性なので乳糖やコレステロールは含まず、玄米のビタミンやミネラル、食物繊維が凝縮された完全栄養食で、美容と健康を意識する方におすすめです。冷やしても温めても美味しく飲めますが、コーヒーや紅茶に入れたり料理に使ったりと、牛乳の代わりとしても幅広く使えます。今のところ、日本で流通しているライスミルクの多くは海外製です。そのため、輸送コストなどの面から牛乳や豆乳と比べると高価な商品です。しかし、その中でビタリッツのライスドリンクは平均的なライスミルクの価格より約20%ほど安く購入することができます。持ち重みのする商品でもあるので、ネット通販を利用して安い店舗を探して、まとめ買いで送料無料にするなどの工夫で賢く購入するのがおすすめです。

3位: ファイン ライスミルク*酵素(150g)

¥936 Amazon(アマゾン)
¥936 ヨドバシカメラ
他1ショップ

商品説明

ライスミルクは、お米から作られる植物性のミルクです。欧米では以前から日常的に飲まれていましたが、最近日本でもヘルシー志向の影響などで注目されるようになりました。40年以上前から健康食品やサプリメントの研究開発から製造販売までを一貫して行っている株式会社ファインが販売しているのが、さらに付加価値をつけたライスミルク×酵素です。7品目のアレルギー特定原材料やグルテンは含まれていないので安心です。ライスミルクは玄米から作られていますが、ファインでは原料の玄米を独自の技術でアルファ化しています。玄米をアルファ化した粉末は水に溶けやすくて加熱の必要もありません。一般的なライスミルクは液体ですが、ファインのライスミルクはこのアルファ化の技術をいかした粉末タイプです。さらに、玄米に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維に加えて、栄養強化のために、リラックス成分であるGABAなどが凝縮されている米胚芽エキスや独自の濃縮植物酵素であるベジターゼを配合しています。ベジターゼには美容成分のハトムギを中心に厳選されて45種類の野菜や果物の成分が凝縮されているので、ポリフェノールなどの栄養素が豊富です。ネット通販を利用すれば、メーカーのホームページよりも約400円程度安く購入することができます。

2位: ブリッジ ライスドリンク オリジナル 1L

ブリッジ ライスドリンク オリジナル 1L
46円お得
¥513/l
31%安
¥513 ケンコーコム
¥519 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

ブリッジは、イタリアのシリアルドリンクブランドで、有機栽培のイタリア米を使用した最初のシリアルメーカーです。ブリッジの商品は、国際的なオーガニック認証団体であるICEAや日本の有機JASに認定されているので、安心の品質です。また、製造に使われる水はレッシーニ山のふもとでミネラルが豊富な湧き水を使用しています。ライスドリンクとは一般的に玄米を原料にして作られた穀物ミルクのことで、ライスミルクとも言われています。乳製品アレルギーや大豆アレルギーの方や菜食主義者のための第3のミルクとして主に欧米で普及しましたが、近年では飲みやすさなどから一般にも広まっています。お米由来なので炭水化物が豊富ですが、コレステロールや乳糖は含まれていません。一方、玄米を使用しているのでビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なので、ヘルシー志向の方などに受けて日本でも注目が集まっています。日本人にはなじみのあるお米が原料というのも良いのかもしれません。最近国内メーカーからもライスミルクが発売されるようになってきましたが、まだ日本で流通している商品の多くは海外からの輸入品で、牛乳や豆乳に比べると割高です。この商品は、平均的なライスミルクより約25%以上安い価格で購入することができるので、ネット通販を利用して賢く購入しましょう。

1位: キッコーマン 玄米でつくったライスミルク 缶190g×30

商品説明

ライスミルクは、もともと欧米を中心に飲まれている飲料で、最近は日本でも注目が集まっています。今まで日本で流通していたライスミルクは海外からの輸入品が多かったですが、この商品は日本のメーカーであるキッコーマンが製造販売しています。すべてを国産にこだわっているので、原材料の玄米はもちろん国産で、商品の製造も国内で行っています。一般的なライスミルクは米を粉砕した米粉を水に浸して濾過した濾過液に油と塩を加えて作りますが、キッコーマンのライスミルクは酵素糖化製法で作られているので油も塩も使用しておらず、砂糖で甘みを足すこともしていません。キッコーマンが持つみりんづくりのノウハウが生かされたこの商品は、お米本来の甘さと玄米の香ばしさが生かされています。ライスミルクは、牛乳アレルギーや大豆アレルギーなどの方のための代替ミルクというイメージもありますが、玄米のビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれているので、とてもヘルシーです。そのまま冷やしたり温めて飲んでも良いですが、牛乳の代わりに色々な料理やお菓子などにも使えます。キッコーマンのHPにはライスミルクのアレンジレシピが紹介されていますので、これからライスミルクに挑戦してみようという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。この商品は缶入りなので、ネット通販を利用してまとめ買いすれば、価格も抑えられて重さを気にする必要もなく購入することができます。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。