おしるこのおすすめ!おしるこのカロリーを減らす方法

おしるこ

寒い時期になるとおしるこが恋しくなりませんか。ほんのりとした甘さのあんこと、やわらかいお餅が絶妙です。お正月で余ったお餅をおしるこにして食べたりするイメージもあります。 日本の甘味の定番で、カフェやレストランなどでもたくさんのメニューがあります。冬になると自動販売機にもおしるこの缶ジュースが売っています。

おしるこの原料である小豆には様々な栄養素が含まれています。カリウムやビタミン、ポリフェノールといった栄養素は健康だけでなく、美容やダイエットにも効果的です。 健康や美容に良いとされていても、カロリーが気になりますよね。おしるこはどのように健康に良いのか、カロリーはどのくらいなのか紹介していきます。 また、おしることぜんざいの違いについても述べていきます。

意外と知らない!ぜんざいとおしるこの違い

おしることは、小豆のあんを水でのばしたものに砂糖を加えて煮込み、餅や白玉を入れた甘味を指します。 おしるこの歴史は古く、少なくとも江戸時代初期には登場していました。この時は「すすりだんご」という名称で、煮込んだ小豆の汁に塩を加えてたものに団子を入れて食べていました。現在のような甘味の食べ物ではなく塩味の食べ物で、酒のお供によく食べられていました。

おしるこは「お汁粉」と書きます。昔は汁という漢字はつゆの入った料理をあらわし、粉という漢字は具の入った料理をあらわしていました。 つゆ(小豆汁)と粉(お餅)を使った食べ物なので、おしること呼ばれるようになりました。

おしるこ、と聞くともう一つ思い浮かぶのがぜんざいです。 ぜんざいという名前の由来は諸説あります。一つは仏教語が語源のとなった説です。ぜんざいは漢字で書くと「善哉」と書きます。これは仏教語で「すばらしい」を意味します。ぜんざいを食べたお釈迦様が「善哉(よきかな)」と褒めたことからその名がついたと言われています。

もう一つは出雲地方の神事で振る舞われた「神在餅」が由来の説です。「神在餅(じんざいもち)」が徐々になまっていって、最終的にぜんざいと呼ばれるようになったと言われています。

意外と知らない!ぜんざいとおしるこの違い

どちらも小豆あんを煮た汁にお餅を入れた甘味をさしますが、ぜんざいとおしるこの違いというのは一体なんなのでしょうか。

おしることぜんざいは、その地域によって認識が違ってきます。特に関東と関西では大きく認識の違いがあります。関東ではおしるこは一般的に小豆あんの汁にお餅が入ったものを言います。地域によってはこしあんを使ったものを「御膳汁粉」、粒あんを使ったものを「田舎汁粉」と呼びます。基本的にはこしあんでもつぶあんでも、汁気があるものをおしること呼んでいます。

一方関西では、こしあんの汁にお餅が入ったものをおしること呼びます。では粒あんを使ったものはなんと呼ぶのでしょうか。 粒あんを使ったものを関西ではぜんざいと呼びます。関東はこしあんでも粒あんでも、汁気のあるものはまとめておしること呼びますが、関西ではこしあんを使ったものをおしるこ、粒あんを使ったものをぜんざいと呼びます。

関東ではぜんざいは、汁気のない小豆あんをお餅に乗せたものをさします。粒あんでもこしあんでも呼び方は同じです。関西ではこの食べ物を「亀山」や「金時」と呼んでいます。

おしることぜんざいにこれといった定義はなく、地域によって呼び方は様々あります。

おしるこの栄養やカロリーは?

おしるこの主な原料は小豆です。日本では主に北海道で生産され、なんと国内生産量のおよそ8割を占めています。小豆は元々魔除けなどの力があると言われ、様々な儀式などでも使われてきました。 神事に使われていただけでなく、小豆は薬としても活用されてきました。

小豆の主成分はタンパク質とでんぷんです。タンパク質とは3大栄養素の一つで、私たちの体作りに欠かせない栄養素です。筋肉や骨などを作る役割があり、丈夫な身体を作るエネルギー源ともなります。タンパク質が不足してしまうと筋肉が減ってしまったり、肌トラブルの原因などが生まれてしまいます。毎日摂取するべき大切な栄養素の一つです。 小豆にはタンパク質が全体の約22%も含まれています。

でんぷんは、炭水化物の成分の一種。体内に摂取されると、ブドウ糖へと変化しタンパク質と同様に身体のエネルギー源となります。

小豆にはビタミンやミネラルも豊富に含まれています。特にビタミンB1とB2が多く含まれているのが特徴です。ビタミンB1は糖質の代謝を高め、素早くエネルギーに変える働きを持っています。このビタミンB1が不足してしまうと、思考力が落ちてしまったり、情緒不安定に陥ってしまうことがあります。 ビタミンB2は糖質、脂質、タンパク質の代謝を高める働きを持っています。髪の毛が痛むのや肌トラブルを予防してくれます。

おしるこの栄養やカロリーは?

小豆に含まれているミネラルは様々ありますが、中でも亜鉛、鉄、カリウムの成分が多く含まれています。ホルモンを作る成分の一つで、細胞の生成にとても大切です。身体の成長にも欠かせない栄養素です。 鉄は貧血予防につながります。カリウムは体内の成分を調整する働きを持っています。むくみを解消してくれたり、利尿作用があります。

小豆にはポリフェノールが豊富に含まれていることも特徴です。ポリフェノールとは植物に含まれる天然成分で、苦みや渋みを生み出しています。お茶やワインに苦みや渋みがあるのはこのためです。 ポリフェノールには抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えてくれます。活性酸素とは体内にある危険や細胞や細菌を退治する役割を持っています。健康を保つためには活性酸素はなくてはならない存在です。

ところがこの活性酸素は増えすぎてしまうと、身体の中に必要な細胞や細菌まで退治しようとしてしまいます。活性酸素が増えすぎてしまうと大病の原因となります。この活性酸素の量を、ポリフェノールの抗酸化作用がコントロールして抑えてくれます。 ポリフェノールは細胞の活性化も促してくれるので、美容効果も期待できます。

おしるこは甘くてボリュームがあるので、カロリーも気になります。おしるこのカロリーは具にもよりますが、1人分で約300Kcalあります。これはご飯約2.5善やポテトチップス1袋の約半分のカロリーに相当します。やはり砂糖を使用していたり、お餅が入っているのでカロリーは高めになってしまいます。

ダイエット中に食べても大丈夫?

カロリーが高いので、ダイエット中に食べるのは向いてないようです。食べ方や食べるタイミング、時間などを工夫して食べるようにしましょう。 まず、こしあんか粒あんかによりカロリーの違いはほとんどありません。これはどちらもほぼ同じ材料で作られているからです。

では、どういった部分を工夫したらいいのでしょう。やはりお餅や白玉の量を減らす、もしくは抜いてみるというのが効果的です。お餅は市販の切り餅1個分で約110kcal、白玉は1個あたり約30kcalとなっています。お餅や白玉が入っているだけでもかなりカロリーが高くなってしまいます。

お餅や白玉を抜くと、おしるこのカロリーは約200kcalとなります。それでもまだまだ高いですが、食べ過ぎないように量を調節したり、夜には食べないように気をつければダイエット中の小腹をサポートするおやつとして食べられるでしょう。 板チョコレートの1枚あたりのカロリーは約363kcal。おしるこの方がカロリーは低いですし、栄養素もたくさん含まれています。スナックやチョコレートを食べてしまうよりはおしるこを食べた方がいいですね。

ダイエット中に食べても大丈夫?

ダイエット中でもおしるこが食べられるように工夫できることは他にもあります。おしるこを手作りするときに、砂糖の量を調節すればカロリーを抑えることができます。また市販のおしるこを買う際にも、商品ごとに表記されているカロリーを比較しながら選んでみると良いでしょう。

ダイエットだけでなく、美容のためにもおしるこは効果的な食べ物と言えます。小豆に含まれるビタミンやミネラル、ポリフェノールは、お肌の健康もサポートしてくれます。特にポリフェノールの抗菌作用は細胞を活性化させ肌を健康な状態へ促してくれるだけでなく、ニキビや肌荒れを抑える働きもします。 ただしポリフェノールは体内で効果があるのは摂取してからおよそ3〜4時間しかありません。なので、こまめに摂取する必要があります。

小豆には食物繊維も含まれています。食物繊維は腸内環境を整える働きがあるので、肌トラブルや便秘が解消され、美容だけでなくダイエットにも繋がります。

おしるこにはカロリーもありますが、その分多くの栄養素も含まれています。健康や美容の効果も期待できるでしょう。おしるこを食べた分他の食事は減らしてみたり、運動量を増やすなどうまく調整すればダイエットのサポート効果も充分期待できます。

おしるこのおすすめ

5位: 遠藤製餡 茜しるこ 缶 190g

商品説明

60年以上の歴史を持つ製餡メーカー、遠藤製餡のおしるこ缶「茜しるこ 缶 190g」です。あんこのプロが厳選した、オーガニックの小豆と砂糖が使われています。甘さが控えめなので、おしるこの甘ったるさが苦手な方でもおいしくいただけるのではないでしょうか。小豆の粒も大きめでしっかりとした食感が残り、控えめな甘さと相まって、上品な味わいのおしるこに仕上がっています。この商品は有機JAS認定商品です。

この商品の飲み方ですが、温めても、冷やしてもどちらでもおいしくいただけます。缶をそのまま温める場合は、危険ですので直に温めずに湯銭などで間接的に温めてください。耐熱容器にあけて、レンジで温めると簡単ですよ。そのままお飲みいただくのもいいですが、焼いた餅や白玉、栗などを入れると、ボリュームが出て、小腹がすいたときのおやつや軽食としてもお楽しみいただけます。

ネット通販では、ほとんどのお店が30缶入りのケース販売になっています。最安値価格は1ケースで約3,000円です。通販は別途送料が必要になりますので、購入されるときは商品の価格と送料を含めた総額でしっかりと比較する必要があります。あんこ屋さんが作る本物のおしるこ缶をご自宅でゆっくり堪能してもませんか。

4位: 五穀とつぶあんのおしるこ 袋28g

¥158 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥161 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

森永製菓の「五穀とつぶあんのおしるこ」は、粒あんのおしるこに押麦、玄米パフ、黒米、はと麦、もちきびの5種類の雑穀を具材として使用しています。あずき本来のやさしい甘さを引き出したおしること、食物繊維をはじめビタミンやミネラルが豊富な五穀がバランスよく調和し、香ばしさや食感が楽しめて、おなかにも満足な食品に仕上がっています。ちょっとおなかがすいて何か甘いものが食べたくなったときや、忙しい時の簡単な食事としてもご利用いただけます。フリーズドライになっていますので保管や取り扱いがとても便利なのも特におすすめです。

食べ方としてはとても簡単で、フリーズドライ1個を容器に入れ、熱湯を約100ml注いで、よくほぐしてお召し上がりください。お湯の量はお好みで調整してくださいね。あらかじめ容器をあっためておくと、熱々のおしるこが楽しめますよ。お湯で作ったおしるこを冷蔵庫で冷やしてもおいしくいただけます。トッピングとしてバニラアイスを盛り付けると少し贅沢なデザートに早変わり。一度お試しくださいね。

ネット通販での最安値価格は、150円くらいです。ショップによっては6個まとめての販売しているところもありますので、送料やご利用のポイントを考慮してしっかり比較して購入しましょう。

3位: スギマル くずゆしるこ 25gX4

対象ショップで取扱いなし

商品説明

鹿児島県産「本くず」を配合し、くず、片栗のトロリとした食感がたまらない和風デザートです。丸ごとの小豆が入っていますので、小豆の食感も味わえます。とろみがありますので、ちょっとおなかがすいたときや、いそがしい時の軽食にも満腹感が味わえて最適です。疲れた時の糖分補給にも利用できます。冷やして食べてもおいしいので、1年中その時の気温や気分に合わせてお楽しみいただけますよ。

くずゆは、マメ科の植物である葛の根から作られるデンプンを生成したくず粉を溶いて作られます。昔から民間の健康維持の為にも使われてきました。漢方で有名な葛根湯も漢字を見ればわかるようにくずの根が含まれています。この商品の使用方法としては、沸騰したお湯に1袋入れて、よくかき混ぜてお召し上がりください。熱湯を使用しますのでやけどには注意してくださいね。冷たくして飲む場合は、粗熱を取って冷蔵庫で冷やしてください。

この商品の最安値価格は、4袋入りで約300円。1袋で計算すると70円少しなので値段的には安くて買いやすいですね。通販では送料が必要になってきますから、送料を含めた価格での比較が重要です。同じショップで他の商品とまとめて購入すれば送料の負担も少なくなっておすすめです。

2位: みやこ飴 おしるこ 袋45g

商品説明

「みやこ飴 おしるこ 袋45g」は粉末タイプになっていて、お湯を注ぐだけで簡単においしいお汁粉ができます。小豆は北海道産小豆を使用している本格派で、製造しているみやこ飴餡本舗でも人気ナンバー1商品です。モンドセレクションも受賞しています。

使用方法としては、容器に1袋入れて、250ml~300mlの熱湯を注いでよくかき混ぜて食べてください。お好みでお湯の量を調整してくださいね。暑い季節には冷たいお汁粉もおすすめです。お餅や白玉だんごを入れて食べてもおいしいですよ。寒天と混ぜて冷蔵庫で冷やせば水ようかんも作れます。アイデア次第でいろいろなものにアレンジできますのでチャレンジしてみるのもいいかも。粉末タイプなので保存などの取り扱いも楽です。

ネット通販では単価が安いためか1ケース(10袋入り)で販売しているところがほとんどです。10袋入りの最安値価格は約1,000円です。1袋当たりで計算すると100円になりますので値段的にも買いやすい商品ではないでしょうか。別途送料が必要になりますので送料を含めた価格で比較してください。ちょっと小腹がすいたときや、甘いものが食べたくなったときなど、サッとお湯で溶かせばすぐに飲むことができますので、常備しておくのもいいですね。

1位: アサヒおしるこ 缶 190X30

¥2,743 爽快ドラッグ
¥2,890 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。