缶コーヒー鉄板おすすめ人気ランキング10選【バリスタに聞いた!おすすめの1本をご紹介】

缶コーヒー

ご協力いただいた専門家

バリスタ/コーヒーマニア:一花
バリスタ/コーヒーマニア:一花

好きが高じて自宅にエスプレッソマシンを置くほど珈琲が好き。バリスタの資格を持ち、カフェのマネージャーの経験もある。缶コーヒーの飲み比べをしてみようを思い立ち、サイトまで作ってしまったコーヒーマニア。まだまだ少ないが、現在120本程の缶コーヒー批評をサイトにて実行中!

ブログアイコン


オフィスに着いたら缶コーヒーを飲まないと始まらない。お昼のブレイクに缶コーヒーを飲むと、午後の仕事も眠くならずにしゃっきりと行える。そんな理由で、缶コーヒーを愛飲している方も多いのではないでしょうか。

手軽に購入できて、価格も安く、香りも良い。飲み始めてみたら思いのほか美味しくて、飲み続けているというケースもある缶コーヒー。

そんな缶コーヒー愛飲家のみな様は、自分に合ったコーヒーはなんなのか、どれくらい種類があるのか気になりませんか?

今回は、缶コーヒーの種類や選び方を数々の有名ブランドの商品を中心にご紹介していきます。

また手軽に飲めてしまうからこそ気になるカロリーやカフェインの含有量についても解説!

さらに、「バリスタ/コーヒーマニア」の一花さんから缶コーヒーについていろいろ教えていただきました。

缶コーヒー選びの参考にしてみてください。

↓詳しく見る↓
安い缶コーヒーはこちら
最終更新日:2020-05-11  閲覧数:79807

【バリスタ/コーヒーマニア】一花さんに聞きました!

ちょっと一息つきたいときに飲みたくなる「缶コーヒー」。

今ではコンビニや自販機でいろいろな種類が販売されているので、どれにしようか迷ってしまいますよね。

そこで今回はバリスタであり、コーヒーマニアでもある一花さんに缶コーヒーについていろいろ教えていただきました。


バリスタ コーヒーマニア 一花



バリスタ/コーヒーマニア:一花

好きが高じて自宅にエスプレッソマシンを置く程珈琲が好き。バリスタの資格を持ち、カフェのマネージャーの経験もある。缶コーヒーの飲み比べをしてみようを思い立ち、サイトまで作ってしまった程コーヒーマニア。まだまだ少ないが、現在120本程の缶コーヒー批評をサイトにて行っている。


それでは早速、一花さんのコメントとともに見ていきましょう!

缶コーヒーの味やカロリーを比較!

コーヒーprot画像
2019年10月現在の情報です。

缶コーヒーの選び方①《好みの味をみつけよう!》

お店などで手軽に買うことができる缶コーヒーは、種類の豊富さも魅力のひとつ。

砂糖の量やクリームの量によって種類が変わり、メーカーによって使用されている豆が異なるため、全く同じ味になっているということもありません。

では、缶コーヒーはどのような種類があるのかみてみましょう。

まずは好みの味でセレクト!

1
甘いコーヒーは「微糖・低糖」が主流

缶コーヒー種類

まずは人気が高い、微糖・低糖の缶コーヒーから。

苦みや酸味、深いコクの味わいが苦手な人でも飲めてしまう微糖は、まさに王道のスタイル。微糖や低糖からコーヒー生活がスタートしたという方も多いのではないでしょうか。

一花's アドバイス

一花プロフ
一花さん

缶コーヒーの多くはここに分類されると思います。

微糖・低糖の人気ぶりから単に甘味が少ないのが好み…という方が多いのでしょう。

ファイアの挽き立て微糖やワンダの金の微糖、ボスの贅沢微糖あたりが安心して飲める微糖コーヒーだと思います。

苦味が強調される場合と、風味が強調される場合がありますが、メーカーによって攻め方が変わるようです。

でも、同じ味の缶コーヒーはありません。面白いですね。

2
コーヒー愛好家の原点「ブラックコーヒー」

ブラックコーヒー

微糖に続いて人気なのが、無糖のブラックコーヒー。コーヒー豆そのものの苦味と深いコクを楽しみたい、そんな方におすすめです。

コーヒーに何も入れずに飲むのは日本ではポピュラーな飲み方ですが、世界的に見るとコーヒーに砂糖やミルクを入れずに飲む国は少なく、コーヒーの世界では日本はちょっとトリッキーな立ち位置だそう。

一花's アドバイス

一花プロフ
一花さん

ブラック缶コーヒーに関して言えば、酸味が強調されている場合が多い気がします。

求める物は苦味という人も多いと思うのですが(私もそう)、そういう人は缶以外に求めることとなります

安心して飲めるブラック缶コーヒーと言えば、ボスのBLACKでしょう。プレミアムボスブラックもいいのですが、普通のBLACKを一度飲んでみてほしいです。

タリーズのブラック缶コーヒーもレベルが高いです。

ブレンドはベースの豆を確認

ブレンドコーヒー

コーヒー豆には、産地や品種などたくさんありますが、数種類の豆を混ぜて淹れたものがブレンドコーヒー。味わいの広がりと深みが特徴で、焙煎具合によって香りや味が変わってきます。

一方ブレンドと対称的なのがストレートコーヒー。これはコーヒー豆を1種類しか使っていないコーヒーのことです。

ストレートのコーヒーは高級な産地銘柄を扱うことが多く、喫茶店やコーヒー専門店で扱うことはあっても缶コーヒーでは余りお目にかかれません

またこちらも喫茶店でよく見かける「アメリカンコーヒー」ですが、これは飲み口が軽く、薄いコーヒーのこと。焙煎を浅くしたり、抽出量を変えたり、ボディが軽い豆を使ったりと作り方はさまざまですが、こちらも缶コーヒーとしては扱われていないようです。

缶コーヒーはそのほどんどがブレンドされた豆で淹れられたもの。しかし「豆の種類やブレンド方法によってどんな味になるか全く予想できない…」という方がほとんど。

ブレンドには必ず味の決め手となるベースの豆があるので、この産地銘柄をチェックすると◎。慣れると自分の好みの豆の産地が分かってきます。

一花's アドバイス

一花プロフ
一花さん

まず、缶でのアメリカンは手を出さない方が無難だと思います。

缶コーヒーのアメリカンコーヒーは薄すぎてコーヒーを飲んでる感じがしないとか、甘みだけが強調されただ単に甘いだけとかに仕上がっているからです。

アメリカンと書かれずとも薄いコーヒーはあります。
薄いコーヒーを飲みたい場合は、ボスのレインボーマウンテンなどがオススメです。

バランスを考えたら、苦味の少ないブレンドコーヒーを求めた方がいいと思います。

エスプレッソ

エスプレッソ

缶コーヒーでもちょくちょく販売され、コーヒー愛好家の根強い人気がうかがい知れるエスプレッソ。缶コーヒーのベースとなドリップコーヒーとは抽出方法が違います。

ハンドドリップやドリップメーカーで作られるコーヒーは自然の浸透圧で抽出するのに対し、エスプレッソは専用のマシンを使って高い圧力をかけて抽出

そのため旨味が凝縮され、風味が強くコクのある仕上がりに。エスプレッソの濃い風味を生かし、これにミルクを足して作るのが「カフェ・ラテ」になります。

一花's アドバイス

一花プロフ
一花さん

真っ先に思いうかべるエスプレッソ缶コーヒーは、タリーズの黄色い缶ESPRESSOです!

エスプレッソらしく、甘味が抑えられていて苦味をバシっと感じる缶コーヒーです。

エスプレッソの語源は「エクスプレス」急行から来ています。
マシンで30秒で出来上がってしまうからですね。

イタリアではものすごくポピュラーだそうですが、美味しい缶コーヒーであれば手軽に飲むことができます

ちなみに、タリーズでDEMITASSEという緑色の缶コーヒーもすっごく苦くてかなり美味しいです。

カフェオレ・カフェラテ

カフェオレ

甘いコーヒーが好きな人向けに発売されている缶コーヒーが、カフェオレカフェラテ

ミルクがたっぷり入った商品が多く、いつもはブラックという方も疲れた時やゆっくりリラックスしたい時におすすめです。

またカフェオレとカフェラテの違いは、ベースのコーヒーの抽出方法。ドリップ抽出から作られるコーヒーがカフェオレ、エスプレッソ抽出から作られるものがカフェラテと覚えるといいでしょう。

なるべく甘さを抑えたものが好みという方は、コーヒーの味わいが強調されるカフェラテタイプを選びましょう。

一花's アドバイス

一花プロフ
一花さん

実はカフェオレとかカフェラテと書かれていなくても、普通の缶コーヒーにはミルクが入っています

カフェラテなどと書かれた缶コーヒーは、コクが強調されていると裏返すこともできます

しかし、その通りにいかないのが缶コーヒー。

カフェオレの中では、♪〜白黒つけないカフェオーレのグリコのカフェオレがかなりおいしいです。

カフェオレは普通のコーヒーにミルク。カフェラテはエスプレッソにミルクです。

↓カフェオレの詳しい情報はこちら↓
カフェオレ鉄板おすすめ人気ランキング10選

  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops