ブレンド茶おすすめランキングと種類や効果・効能

ブレンド茶(缶/ペットボトル)

ブレンド茶というものがあります。こちらはいろいろなお茶が混ぜられているものです。複数の原料を利用しているお茶のことであり、それぞれのお茶をそのまま味わうのとは異なる特徴があるのです。

たとえば、コーヒーにもブレンドコーヒーというものがあります。そちらを好んでいる方も多いでしょう。一つの原料だけを用いるよりもより深い味が出るようになるのです。それぞれのお茶を普通に飲むことに飽きてしまったなら、ぜひともブレンド茶にチャレンジしてみましょう。

こちらではブレンド茶に注目しています。一口にブレンド茶といってもいろいろな種類が存在しているのです。また、それぞれに効果や効能があります。ブレンド茶のことをもっと詳しくなるための情報を提供しましょう。

最終更新日:2020-08-26  閲覧数:19077

ブレンド茶とは?

ブレンド茶とはいろいろなお茶を混ぜ合わせたもののことです。いろいろなメーカーからブレンド茶が出ています。明確な定義があるわけではありません。どのようなお茶が混ぜられているのかは商品ごとに大きく異なっています。十種類以上ものお茶が混ぜられているケースもあるのです。

それでは、普通のお茶とブレンド茶にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、普通のお茶として売られているものの中にもブレンドされているものがあります。産地の異なるものが混ぜられているのです。これはコーヒーのブレンドと同じようなものでしょう。静岡県で生産されたお茶と鹿児島で生産されたお茶をブレンドしているようなケースがあります。メーカーとしては、常に同じような味や香りのものを売りたいと考えています。

しかし、同じ産地であってもその年ごとに得られるお茶の風味は微妙に異なっているものなのです。これを例年と変わらないようなものにするためには、産地の異なるものをブレンドすることは有効なのです。

ただし、一般的にブレンド茶として売られているものは、上記のようなものではなく、異なる茶葉や茶葉以外のものがブレンドされているものを指します。

たとえば、緑茶玄米茶やハブ茶、はと麦茶などが混ぜられているようなケースです。どのブレンド茶も基本としているのは緑茶であることが多いです。緑茶に対して、ほかの原料がいろいろと混ぜられているのです。

日本コカコーラからは、爽健美茶という商品が出ています。こちらは、緑茶にはと麦茶や大麦、ドクダミ、プーアール茶といったものが混ぜられています。アサヒ飲料から出ている十六茶の場合は、はと麦茶に大麦や黒豆、桑の葉、昆布などが混ぜられています。

ほかにも、いろいろな種類のブレンド茶が存在しています。ブレンド茶の世界というのはとても奥が深いのです。それぞれのメーカーから出ているものは味や香りに特徴があります。含まれている栄養成分にも違いがあるのです。好みや目的に応じて好きなものを選ぶと良いでしょう。

これからも新しいブレンド茶はどんどん登場するでしょう。ブレンド茶は普通のお茶よりも飲みやすくなっているものが多いです。ほかの原料と混ぜることによって、カフェインの量が少なくなったり、お茶特有の苦味や渋味といったものがなくなるからです。飲みやすさを追求して工夫されている商品が多いです。

いろいろなタイプのブレンド茶を飲んでみると良いでしょう。その良さが分かるはずです。

ブレンド茶の種類

ブレンド茶にはどのような種類のものがあるのでしょうか。

まず、緑茶を基本としたものがあります。コンビニやスーパーなどでもよく見かけるでしょう。十六茶爽健美茶などが有名です。緑茶が基本となっているため、緑色の強いものが多いです。ただし、緑茶以外にもさまざまな原料が含まれているため、緑と茶色のちょうど中間あたりの色となっているものもよくあります。ブレンド茶には、ベースとなっているお茶があるのです。それを基本として、さらにいろいろな原料が混ぜられています。

爽健美茶については、特に人気の高い商品であり、ジュースコーヒーなどよりも売れている時期があります。茶葉が含まれているため、カフェインを含んでいますが、純粋な緑茶と比較するとその量はかなり少なくなっています。そのため、カフェインの苦手な方であっても、安心して飲むことができるでしょう。

ほかには、ウーロン茶をベースとしたブレンド茶も登場しています。こちらは、緑茶をベースとしたものよりも、濃い目の味になっているのが特徴です。

ウーロン茶というのは、脂っこい食事のあとに飲むと、口の中がさわやかになるでしょう。緑茶とは違った良さがあるため、ウーロン茶をベースとしたブレンド茶についても人気を集めています。すっきりとした味わいとのどごしが特徴となっています。

緑茶が嫌いだという方もいますが、ウーロン茶をベースとしたものには緑茶が含まれていないことが多いため、安心して飲めるでしょう。

最近は、茶葉を一切含んでいないブレンド茶も登場しています。お茶というのは、基本的に茶葉を原料としたものが一般的ですが、それ以外にも、大麦や玄米、黒ゴマなどを原料としたお茶もあります

これらには茶葉が含まれていないため、カフェインを含んでいないというメリットがあります。カフェインが苦手だという方やさまざまな理由からカフェインを飲むことができないという方もいます。そのような方でも、安心して飲めるようなお茶を出すために、茶葉をあえてブレンドしていないブレンド茶も登場しています。

このように、ブレンド茶といっても、いろいろな種類が存在しています。緑茶ベースのものであっても、そこにどのような原料を加えるかによって、味や香り、栄養などは大きく異なってきます。ブレンドをする割合によっても変わるでしょう。

そのため、ブレンド茶の可能性というのは、とても大きなものがあり、今後も続々と新商品が出るでしょう。

ブレンド茶の効果・効能

ブレンド茶には、どのような効果効能が期待できるのでしょうか。

基本的に、どのような原料が含まれているかによって、効果は変わってきます。それぞれの原料の効果を同時に得られるというのが、ブレンド茶の利点となっています。

たとえば、ドクダミがブレンドされているものは多いです。ドクダミは食用や薬用として用いられることのあるものです。麦茶のようにして飲まれます。ドクダミ茶として商品化もされています。

ドクダミ茶の効果としては、まず高血圧に効果を発揮します。カリウムが含まれているため、体内に過剰に存在しているナトリウムを排出することができます。これによって、血圧を下げる働きをします。

また、心臓病の予防にも効果を発揮します。抗酸化作用もあります。これによって、老化を防ぐことができます。

このように、ドクダミ茶というのは万能な効果を有しているため、ブレンド茶の原料をチェックするべきでしょう。

ほかによくブレンド茶に含まれるものとして、プーアル茶があります。こちらは中国茶の一種です。プーアル茶を飲むことによって、血液循環を改善することができます。ほかにも、便秘を改善させたり、アレルギー体質の改善が見られたりします。このようにいろいろな効果を期待できるため、プーアル茶もブレンドに用いられることは多いです。

なかには、ハブ茶が含まれていることもあります。こちらは原産地はアメリカです。江戸時代に日本に導入されました。ハブにかまれた時の薬として用いられてきたため、ハブソウという名称がつけられており、これをお茶にしたものがハブ茶です。

ハブ茶は、目と肝臓に良いことがよく知られています。こちらには、ビタミンAが豊富に含まれています。また、眼精疲労や疲れ目視神経の緊張緩和といった効果があります。

さらに、アントラキノン誘導体というものを含んでおり、その効果としては、整腸作用や便秘解消、コレステロール値の正常化、生活習慣病の予防、美肌効果などがあります。このように、万能な効果があり、民間薬としても使われてきました。

ブレンド茶には、発芽玄米が含まれているものもあります。こちらは、ダイエット効果を期待することができます。こちらは、血糖値の上昇を抑える効果があるのです。これによって、脂肪を燃焼させやすくなります。中性脂肪の軽減や便秘の解消、ストレスの軽減といった効果もあります。これらの効果によって、ダイエットを成功に導いてくれるのです。

ほかにも、ブレンド茶に使われる原料はたくさんあります。それぞれの原料の効果について注目してみましょう


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。