軟水の鉄板おすすめ人気ランキング7選【硬水との違いや硬度1未満の超軟水もご紹介!】

軟水

私たちの日常生活に欠かせない「水」

そのなかでも、日本人の私たちが特になじみのある水といえば、「軟水」ではないでしょうか。

日本の水道水はもちろん、採水される水もほとんどが軟水と言われています。

ですが、自分がよく飲んでいる水が"軟水なのか硬水なのかわからない"、そういった方も多いでしょう。

そこで今回は軟水と硬水の違いや、おすすめ商品をご紹介。

軟水の知識を深めることで、お料理やお茶にどんな水が適切なのかより理解が深まるでしょう。

↓詳しく見る↓

安い軟水はこちら
最終更新日:2020-09-25  閲覧数:30033

軟水とは

軟水

一般的に軟水とは、硬度数値が低くミネラル成分が少ない、水そのものに近いもの。

硬水は、硬度数値が高めでミネラルが豊富に含まれているものとされています。

ミネラルとは、骨格を作る上で必要とされている「カルシウム」や、身体の中の酵素に働きかけているとされる「マグネシウム」などを含む無機物の栄養成分です。

そのカルシウム・マグネシウムを含むミネラル成分が水1000ml中にどれだけ入っているかを数値化したもの硬度と言います。

硬度は、数値の高さによってミネラル成分がどれだけ水に含まれているかのいわば判断材料となっています。

軟水おすすめ人気商品の比較一覧表

軟水のプロット画像
商品画像
商品名
採取地
特徴
商品リンク
1
日本
水道法の基準をクリアするほど良質な原水使用
2
日本
日本を代表する天然水ブランド
3
山梨県 北杜市
すっきりとキレがよく、清涼感のある味わい
5
長野県と群馬県の県境にある四阿山(あずまやさん)
まろやかで清涼な飲み口
6
岐阜県
余計なものを含まないシンプルな味わい
7
日本
活性炭とマイクロフィルターで更に磨かれた軟水
2019年11月現在の情報です。

軟水と硬水の違いとは?

私たちの生活に欠かせない水ですが、「軟水」と「硬水」の2種類に分けられます。

日本で採水される水の多くは軟水ですが、海外では硬水が一般的。それぞれに魅力があり、特徴もさまざま。

軟水の良さを知るためにも、まずは"軟水"と"硬水"の違いを見ていきましょう。

軟水と硬水の違い

すべての水には「硬度」があります。硬度というのは、水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量のこと。

WHO(世界保健機関)が定める基準では、硬度120mg/l未満が軟水、120mg/l以上が硬水とされています。

軟水中硬水硬水
WHO(世界保健機関)では0〜120mg/l未満-120mg/l以上
日本では0〜100mg/l未満100mg〜300mg/l未満300mg/l以上

軟水は日本人向き

ミネラル成分が少ない軟水は、クセがなく口当たりが滑らかで、飲みやすいのが特徴的。

また、日本の水道水や、コンビニなどで売られているミネラルウォーターのほとんどが軟水で、日本人の味覚にはやわらかい水の方が適してるとも言われています。

健康効果を狙うなら硬水がおすすめ

一方、ミネラル成分が豊富な硬水は、重たい飲み口で、ピリッとくる苦味が特徴。

お腹が弱い方は下痢になりやすかったり、赤ちゃんには不向きといったデメリットも…。

ただし、ミネラル成分は現代人には不足している栄養素のひとつ。
便秘改善や動脈硬化予防に効果があると言われているので、お水で健康効果を期待する方は"硬水"を摂取するといいでしょう。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。