温泉水鉄板おすすめ人気ランキング7選【温泉水の使い方は?どれを飲めばいい?】

温泉水

毎日飲むだけで、手軽に温泉の健康や美容にプラスの効能を取り入れられる温泉水

温泉水は含まれる成分がさまざまで、選び方を間違えるといまひとつ効果を感じることができず、水を飲む習慣が続かないことがあります。

そもそも温泉水をミネラルウォーターと同じ感覚で飲んでも大丈夫?と疑問に思う方もいるかもしれません。

そこで、温泉水の用途選び方のポイント について解説。また、重たい水を玄関で受け取ることができる便利なネット通販の温泉水を紹介します。

飲むだけで手軽に体験できる温泉水の効果をぜひ実感してみてください!

↓詳しく見る↓

安い温泉水はこちら
最終更新日:2020-09-24  閲覧数:17422

温泉水おすすめ人気商品の比較一覧表

2019年5月現在の情報です。

温泉水とは?

温泉水って何?

温泉水/温泉水って何

温泉水とは、地中から湧き出している温泉を汲んだ水のことをいいます。

水道水に比べて温泉水はカルシウムやマグネシウム、ナトリウムやカリウムといったミネラル分を豊富に含んでいるのが特徴

温泉水は、水を汲み出す場所によって含まれている物質が違います。そのため温泉水は、採取地によって効果効能が変化

ミネラルを含んだ温泉の水は、健康面や美容面で良い影響があるのは昔からよく知られていること。

日本人にとって温泉地に出かけて入浴することは、人気のリフレッシュ方法といえるでしょう。

湯船から上がったら「お肌がツルツルになった」、「いつもの肩コリが少し楽になったような気がする」などの声もよく耳にします。

これまで温泉地に出かけていくことでしか体験できなかった温泉水の効果を家庭でも手軽に体感してみてはいかがでしょうか。

温泉水の用途

温泉水/温泉水の用途

温泉水を自宅でも体験したいけど、一体どうしたら?という人のために、温泉水の使い方を紹介します。

◆入浴

温泉といえば真っ先に思い浮かぶのがお風呂。

少し贅沢ですが、温泉水も浴槽にためて使用することができます。

温泉水の成分によっては、風呂釜や配管を傷めてしまうことも。

使用前に浴槽設備の取扱説明書をよく確認し、入浴で温泉水を使った後は浴室やバスタブを水道水で良く洗い流すことをおすすめします。

◆直接飲む

温泉水の利用法で人気急上昇中なのが、温泉水を直接飲む方法です。

温泉水に含まれているミネラル分を効率よく身体に取り込む方法として、飲泉は健康マニアや美容愛好家の間で大注目。

市販されている温泉水の多くは飲料を前提にしているので、雑味や硫黄臭などの臭みの元が既に取り除かれています。

飲んだときの味は温泉水の成分によって差はありますが、水道水と比較すると温泉水の方がまろやかでコクがあり美味しく感じる人が多いでしょう。

したがって温泉水はコーヒーを淹れる時お酒を割る時に使用するのもおすすめです。

◆料理に使う

温泉水はご飯を炊く時や出汁をとる時など、料理に活用することも可能。

温泉水そのものに既にコクや味がついているので、それを素材や調味料とうまく掛け合わせることで料理や飲み物の旨味が強くなり、より深い味わいになるでしょう。

温泉地では、地元の温泉水を使ったお菓子やパン、蕎麦などを販売している店をよく見かけます。

それは、名産品やお土産として観光客から地元の人まで、広く人気を集めている所以でしょう。

温泉水を料理に使う注意点ですが、水自体に味がついているため、それを考慮しないと意図しない味付けになってしまいます。

また温泉水には塩分やカリウムが水自体に含まれています

持病のため1日で摂取する栄養素を管理する必要がある人は、温泉水に含まれる成分も計算に入れないと、摂取量をオーバーしてしまうことがあります

温泉水を使ったレモネード

長崎県雲仙市から湧き出る温泉水を使用し、地元の島原半島で取れるレモン果汁を加えて作ったレモネード。

レモンがほのかに香る飲みやすい微炭酸で、さっぱりとした味が特徴。

レトロなラベルや瓶のデザインがおしゃれな雲仙自慢の地サイダーです。

◆化粧水として使う

温泉水を化粧品として使い、温泉の美肌効果を自宅でも気軽に体験することができます。

ドラッグストアでも温泉の名前のついた化粧水やオールインワンジェルなどのコスメが数多く販売。

温泉水が自宅にあればミストにして顔に直接吹きかけたり洗顔後に化粧水代わりに使ったり、毎日のスキンケアで手軽に温泉水を活用できます。

温泉水を使って自分で化粧品を作るときは、一度に大量に作らないようにるのが注意すべきポイント。

無添加のため市販の商品のように長持ちしないため、少量ずつ作って使うことをおすすめします。また、普段は冷蔵庫で保管するようにしましょう。

また肌質によっては温泉の成分が合わず、まれに皮膚トラブルが起きてしまうこともあります。

初めて使うときは、肌のコンディションが良い時にパッチテストをしてから使い始めると安心です。

温泉水を使った化粧水

超軟水の観音温泉のアルカリ源泉水をベースにした美容液で、保湿と肌を柔らかく整えたい人に最適。

美白やアンチエイジング効果が期待できる、ユキノシタエキスが配合されています。

温泉水の選び方は?

温泉水の選び方

温泉水/温泉水の選び方

市販されている温泉水は、産地も味も効能もさまざまでバリエーション豊か

初めて温泉水を選ぶときにどれを選んでいいか迷ってしまう方のために、どのようなポイントで温泉水を選んだら良いのかをご紹介します。

採水地で選ぶ

温泉水の購入を考えている人は、温泉の効果・効能を手軽に自宅で体験したいという人が多いのではないでしょうか。

温泉水のパッケージには必ず採水地が表示されていますので、自分の求めている効能で有名な温泉で採水された商品を選ぶと良いでしょう。

例えば「アンチエイジングが気になる人は伊豆の観音温泉の水」、というように特定の温泉で選ぶことをおすすめします。

硬度で選ぶ

温泉水を直接飲む場合は、その水の味を美味しいと感じることができるかどうかが重要なポイント。

どんなに体に良い水でも、口に合わなければ温泉水を飲むこと自体が苦痛になってしまい、長続きしません。

硬水か軟水といった硬度は、水の味を決める大きなポイントになり、硬度を基準に温泉水を選ぶのもひとつの方法です。

日本では一般的に硬度100以上の水を「硬水」と呼び、カルシウム・マグネシウムといったミネラルが豊富。

人によってはほのかな苦味を感じることがあるかもしれません

食事では摂り切れないミネラル分を温泉水で補いたい、という人に硬水はおすすめです。

硬度100以下の水を「軟水」と呼び、含まれるミネラル分は硬水より低いのですが、味にクセがなく誰でも飲みやすいのが特徴。

胃腸に負担がかかりにくいので、体力のない赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層の人が安心して飲めるでしょう。

日本の水道水はほとんどが軟水なので、はじめて硬水を口にした人は違和感を感じることも。

軟水と硬水の違いを知った上で、いろいろな温泉水を少しずつ試し、飲みやすくてミネラル豊富な温泉水を見つけましょう。

▼【動画】硬水と軟水の違いとその選び方を動画でチェック!

硬水と軟水の違いや選び方のコツが分かる動画です!

成分で選ぶ

「体に良い水が飲みたい」、「美容に効果的な水が飲みたい」という人はやっぱり水の成分にこだわりたいもの。

そのためには、温泉水に含まれるミネラル分を見て選ぶことをおすすめします。

自分が求めている効果にピンポイントで手が届く水を選ぶようにしましょう。

温泉水の成分表には、ミネラル含有量が記載されています。

ミネラルの種類は非常に多いのですが、温泉水に含まれる主要なミネラル分をご紹介。

ナトリウム(Na)・・・人体の細胞と細胞間媒体に働きかけ、体内の水分量を調節します。

カルシウム(Ca)・・・人の骨や歯を形成します。

マグネシウム(Mg)・・・カルシウム同様、人の歯や骨を形成する働きがあります。

カリウム(K)・・・人間の細胞の状態を正常に保ち、血圧をコントロールする役目を果たします。

リン(P)・・・カルシウムやマグネシウム同様、人の歯や骨を形成したり、筋肉や脳や神経でエネルギーを生み出す役目を果たします。

シリカ・・・爪・髪・血管・細胞壁に含まれます。肌にも含まれるコラーゲンやヒアルロン酸を結びつけ、肌のハリや弾力を保ち、潤いをキープします。

比較してみて、自分に必要なミネラル分がバランスよく含まれている温泉水を選びましょう。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。