古代米 鉄板おすすめ人気ランキング10選【どんな種類や栄養がある?炊き方やレシピも】

古代米 鉄板おすすめ人気ランキング10選【どんな種類や栄養がある?炊き方やレシピも】

古代米(赤米/黒米)

雑穀米の種類はたくさんありますが、古代米という雑穀米はご存知でしょうか?

古代米は、その名の通り古くから栽培されてきた品種のことを言います。

ここでは、古代米とはそもそも何なのかという疑問を解決。

古代米 おすすめ

また、市販の古代米を買うときの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

さらに、雑穀の一種である古代米にはどのような健康効果があるのかを調査。

そのほか、古代米の炊き方やアレンジレシピなども掲載しています。

人気商品のランキングとともに、古代米を購入するときの参考にぜひご覧ください。

↓詳しく見る↓

安い古代米はこちら

最終更新日: 2019-05-29   閲覧数:3607

ランキング上位の古代米を徹底比較!米の種類や特徴は?

商品画像
商品名
米の種類
特徴
商品リンク
1
黒米・赤米・緑米
貴重な国内産の雑穀のみをバランス良く配合
2
黒米・赤米・緑米
雑穀米がミックスされた栄養満点の商品
3
赤米
美しい桜色に炊き上がる栄養価に優れた商品
4
黒米
キレイなあずき色に炊ける高級感がある古代米
5
黒米
カルシウム・食物繊維などを多く含有
7
黒米
香りが良くて自然な甘みを感じられる
8
黒米
安心・安全な国内産の原料のみを使用
9
赤米
タンパク質やビタミン・ミネラルを多く含んだ商品
10
黒米
秋田産のもちもちぷちぷち食感の黒米
2019年5月現在の情報です。

古代米の選び方

古代米 選び方

最初に、市販の古代米を買うときの選び方をご紹介。

その前に、そもそも古代米とは何なのかというところから紐解いていきます。

古代米とは?

古代米とは、現在において栽培されるイネの品種のうち、古くから栽培していた品種や古代の野生種の性質を残した品種のこと。

いくつかの品種をまとめて古代米と呼び、その種類には「黒米(紫黒米)」「赤米」「緑米」「香り米」などがあります。

草丈が高く倒れやすかったり、実りの時期にもみが自然にこぼれ落ちる性質などから、大量に収穫することができません

また、栽培時に手間がかかるので農家も少なく、流通量が多いとは言えないとのこと。

しかし近年では、白米に比べて多くの健康成分を含んでいることで、健康食のひとつとして注目されています。

古代米 とは

種類で選ぶ

ここからは、市販の古代米の選び方を解説していきましょう。

古代米にはいくつかの種類があり、含まれる栄養素もそれぞれ異なります。

代表的な品種を取り上げ、それぞれの特徴とおすすめ商品をご紹介。

黒米(くろまい)・紫黒米(しこくまい)

黒米は、玄米の色が黒系色で、ぬか層(果皮・種皮)の部分に紫黒色をした色素を含んだ

精米すると紫色になるため、紫黒米や紫米とも呼ばれます。

米粒の形には、短粒(ジャポニカ種)と長粒(インディカ種)の種類があり、世界的には長粒種の方が多く、ほとんどがもち米

おはぎの起源ともされ、昔から祝いの米として大事にされてきたと言います。

▼おすすめの商品はこちら

香ばしい香りと心地良い食感が特徴

香ばしい香りと、心地良い食感が特徴の黒米。

29種類以上のビタミンやミネラルといった栄養が、バランス良く濃縮されています。

無農薬・減農薬で栽培され、完全無添加・無着色の残留農薬ゼロ商品。

ライター大木
フードライター:大木

目印のくまモンがかわいらしい商品!

もちもち食感がたまらない!

赤米(あかまい)

赤米は、玄米の色が赤系色で、ぬか層(果皮・種皮)の部分に赤系の色素を含んだ米。

精米すると薄い赤色になり、ぬかを全て取り除くことで白米になります。

米粒の形は、短粒と長粒があり、日本では短粒のうるち米が多く見られるとのこと。

野生稲の大部分が赤米であることから、赤米は米のルーツと考えられています。

▼おすすめの商品はこちら

いつものご飯に好きな分だけプラス

炊くことで美しい桜色になる、赤色系色素タンニンを多く含む赤米。

栄養価に優れた、体にやさしい商品となっています。

いつものご飯に好きな分だけ加える、お手軽パック。

緑米(みどりまい)

緑米は、葉緑素が多くあることで緑色をした米。

亜鉛やマグネシウム、食物繊維も豊富で、血液浄化や精神安定といった効果があるとされています。

もち米なので、もちもちとしたやわらかい食感が特徴。

▼おすすめの商品はこちら

緑米などのたくさんの雑穀が入った商品

黒米をはじめ、赤米・緑米・ひえきびあわ押し麦が入った栄養満点の雑穀米

白米1合に、大さじ1〜2杯の雑穀米を混ぜて炊くだけなので簡単!

ぷちぷち食感で、冷めても美味しい。チャック付きなので、保存も便利です。

香り米(かおりまい)

香り米は、玄米に香りを持つ品種のこと。世界的に高価な米とされ、日本でも栽培されています。

特に香り米の産地として知られているのは、インドやパキスタン、タイなどの東南アジア。

品種によって香りも異なり、ポップコーンのような香りやさわやかな香りなどの独特な香りが特徴です。

▼おすすめの商品はこちら

華やかで甘い香りに軽やかな食感

タイの高地にある限定された水田で生産された、高品質なインディカ種

特有の華やかで甘い香りと、軽やかな食感が特徴となっています。

エスニックカレーや、炒飯などの料理に適した香り米。

ライター大木
フードライター:大木

独特の香りがクセになる香り米!

チキン料理との相性が抜群!

産地で選ぶ

古代米の産地は、国産と外国産に分かれます。

国産の古代米も多数生産されていますが、香りが特徴の外国産も種類が豊富。

調理の仕方によって選ぶのもいいかも知れません。

▼おすすめの商品はこちら

国産のもっちりとした黒米

食べた感じは白米と変わらないものの、抗酸化作用があるアントシアニンが含まれた健康食品。

もちもちとした、やわらかい食感が特徴となっています。

ご飯に10%ほど混ぜて炊くと、きれいで高級感のあるあずき色に。

栽培方法で選ぶ

米の栽培方法には、農薬や肥料などを使用しない自然栽培や減農薬、有機肥料栽培などがあります。

安心・安全な古代米を選ぶには、有機栽培された商品がおすすめ。

古代米の健康効果・効能

古代米 効能

古代米には、さまざまな健康効果・効能があると言われています。

ここでは、古代米に含まれる栄養を調べ、その健康効果・効能をまとめました。

カロリー

古代米のカロリーは、お茶碗1杯を180gとした場合、黒米で286kcalとなっています。

また、赤米は285kcalであり、黒米と大差ありません。

白米がお茶碗1杯(180g)あたりで302kcalなので、古代米のカロリーの方が低いと言えるでしょう。

栄養成分

古代米に含まれる栄養成分は、品種によって異なります。

ここでは、特に黒米と赤米が持つ栄養成分について調べました。

古代米 栄養

黒米が持つ健康効果

黒米はその健康効果から「薬米」と呼ばれ、中国歴代の皇帝に不老長寿の米として献上されていたほど。

現代の白米に比べると、タンパク質やビタミンB1・B2・ナイアシン・鉄分・マグネシウムなどが豊富です。

黒米の色素であるアントシアニンには、血管を保護して動脈硬化を予防する働きがあるとのこと。

さらに、目の疲れや老化防止、発ガン抑制にも効果があると言われています。

そのほか、黒米には血糖値の上昇率を示すGI値が白米と比較して低く、食後の血糖値が緩やかな食品とのこと。

赤米が持つ健康効果

赤米の栄養成分は現代の白米に比べ、タンパク質や各種ビタミン・ミネラルなどが多く含まれています。

食物繊維も豊富で、積極的に取り入れれば便秘の改善が期待できるでしょう。

また、赤米に含まれるカルシウムには動脈硬化や高血圧を予防する働きがあり、脳活動の低下から起こるイラつきを抑える作用があるとのこと。

そのほか、赤米には血圧を下げる効果が期待されるマグネシウムや塩分を体外に排出するカリウムなどが含まれています。

古代米 健康 効果

美容効果

古代米には、健康効果のほかにも女性にうれしい美容効果も期待できます。

それぞれの品種によって期待できる効果が違うので、種類別に見ていきましょう。

黒米が持つ美容効果

黒米は、チロシナーゼやコラゲナーゼといった酵素を抑える働きがあります。

これらの酵素はシミやくすみの原因となるメラニンを生成し、美肌に必要なコラーゲンやヒアルロン酸を破壊するもの。

黒米を食べることでこれらの動きが抑えられるので、美肌効果が期待できます。

赤米が持つ美容効果

赤米の赤色は、タンニンという渋味の元ともなるポリフェノールの一種。

抗酸化作用があるため、アンチエイジングや美肌に効果が期待できます。

そのほか、タンニンには抗アレルギーや抗炎症、メラニン色素を抑える効果もあるとのこと。

古代米 美肌

緑米が持つ美容効果

緑米は、亜鉛やマグネシウム、食物繊維が豊富。緑色の色素には、ほうれん草や小松菜などの野菜と同じく「クロロフィル」という成分が含まれています。

このクロロフィルには、コレステロールの調整や精神安定、整腸効果などがあるとのこと。

これらの効果がニキビや吹き出物などに効くとされ、デトックス効果が期待できるでしょう。

ダイエット効果はある?

古代米は、白米と比較して食物繊維がたっぷりと含まれています。

食物繊維は、腸の働きを活発にすることで便秘解消効果が期待できるとのこと。

また、血糖値の上昇が緩やかなので、脂肪を作り出すインスリンの分泌を少なくします。

さらに、赤米に含まれるタンニンには、脂肪燃焼を促進する作用があるとのこと。

これらのことから、古代米はダイエットにも有効な食品と言えるでしょう。

古代米 ダイエット

まだまだある!健康効果が期待できる雑穀類

古代米以外にも、健康効果が期待できる雑穀類はまだあります。

当サイトにもそれらを特集した記事がありますので、ぜひご覧ください。

↓雑穀米の詳しい特徴はこちら↓

雑穀米 鉄板おすすめ人気ランキング10選

↓押し麦の詳しい特徴はこちら↓

押し麦 鉄板おすすめ人気ランキング10選

はと麦の詳しい特徴はこちら↓

はと麦 鉄板おすすめ人気ランキング10選



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops