古代米のおすすめはどれ?栄養やカロリー、種類や効果を徹底分析

古代米にはどんな効果が?種類やおすすめも

古代米は、稲の原種である野生稲の特徴を受け継いでいる米であり、日本の食文化の原点ともいえるものです。結実すると籾がひとりでにこぼれ落ちる性質であること、稲が1.5m以上に成長するため倒れやすいことなどにより、品種改良を繰り返されて進化してきた現代の米と比べて収穫量が少ないことも特徴です。古代米には、食用と鑑賞用があり、早生から晩生まで生育の状況もさまざまです。肥料分の吸収力が強いため、肥料の与え方にも注意が必要となり、有機栽培では、病気を防ぐために種まきや田植えにも配慮が必要となります。また、刈り取りのタイミングを逃してしまうと色素が薄れてしまうこともあるなど、個人で栽培するには苦労が多い米です。白米にはない栄養成分が豊富な古代米の栄養やカロリー、種類や効果などについて調べてみました。

最終更新日:   閲覧数:384

古代米のおすすめはどれ?栄養やカロリー、種類や効果を徹底分析

古代米の栄養とカロリー

古代米は、その特徴として稲穂の一粒、一粒に針のような「のぎ」を持つものが多く、干ばつや冷害などにも強い驚異の生命力を秘めていると言われています。白米と同様のカロリーを保持していながら、食物繊維やタンパク質、脂質やリシン、ビタミンB1、B2、鉄分や亜鉛、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分や栄養成分が豊富に含まれています。白米にも糖質のほか、ビタミンやミネラルが含まれていますが、その種類や量では古代米に勝ることができません。古代米には、さまざま種類がありますが、米のルーツとも言われている赤米には、白米に比べて多くのタンパク質やビタミン、ミネラルが含まれているとともに、でんぷんの成分であるアミロースが多く含まれており、白米特有の粘りがあまりありません。

黒米も、タンパク質やビタミンB群、ナイアシンや鉄分、カルシウムやマグネシウムなどが白米に比べて豊富に含まれており、体にさまざまな効果をもたらす色素、アントシアニンは黒米独自のものです。緑米にも亜鉛やマグネシウム、食物繊維が白米よりも豊富に含まれています。栄養素のひとつであるビタミンB群は、生命を維持するために必要となるエネルギーを作り出すために欠かすことができないものです。どれかひとつだけでは効果を発揮しにくいため、互いに助け合いながら働くものです。動物性食品にも広く存在していますが、偏ると脂肪を溜め込んでしまうことになります。植物性食品である古代米から摂取すれば、効率的に栄養を摂取して不要なものを溜め込むこともありません。日本人の食生活においては欠乏が問題視されている栄養素のひとつでもあるため、適切に摂取することが望まれます。

白米よりも豊富に含まれるミネラルは、体液量や酸、アルカリ度の調整、筋肉や新家の働きの調節など、生命を維持するために必要不可欠な栄養素です。鉄分が不足して起こる貧血、カルシウムが不足して起こる骨粗しょう症など、ミネラルが欠乏することが体に及ぼす影響はとても大きいものです。必要となるミネラルの量はごく微量ですが、体内で合成することができないため、食事から補給するしかありません。現代人の食生活ではミネラルが大幅に不足していると言われています。古代米は、豊富なミネラル分を補給するとともに、ミネラルが代謝のサポートをする炭水化物も同時に摂ることができる健康米です。特に、生理や妊娠、更年期障害などの症状によって大量のミネラルを消費する女性には、おすすめのお米と言えるでしょう。

古代米にはどんな種類があるの?

古代米にはさまざまな種類があり、細かく分けると200種類以上もあると言われています。代表的なものとしては、赤米、黒米、緑米、香り米などがあげられます。赤米は、玄米の色が赤褐色で、果皮や種皮の部分に赤色系色素であるカテコールタンニンを含んでいます。少しだけ精米すると薄赤色となり、完全に精米してぬかを取り除くと白米になります。日本固有種であるジャポニカ種特有の短い粒とインディカ種にみられる長粒があり、国内ではジャポニカ種のうるち米が主流となっています。野生種のほとんどが赤米であることから、米のルーツ、赤飯の起源と言われることもあります。卑弥呼で有名な邪馬台国や大和朝廷の時代に献上米として納められた米も赤米がメインであったと考えられています。素朴な食感だけでなく悠久のロマンを感じられる米として人気があります。粘りが少なう、パラパラとした食感が味わえるため、魚介類を入れてパエリアにしたり、あっさりとした雑炊にしたりするのにも向いています。白米とブレンドして本格的な赤飯を作ることもできるでしょう。

黒米は、玄米の色が黒色でぬかの部分に、紫黒色系色素であるアントシアンを含んだ米です。少しだけ精米すると、米が鮮やかな紫色になるため、紫米や紫黒米などと呼ばれることともあります。米粒の形状は、ジャポニカ種とインディカ種の両方があり、世界的には長粒のインディカ種が多く、そのほとんどがもち米です。お彼岸などに食べられるおはぎの起源とされ、古くからお祝いのときに供される米として珍重されていました。また、不老長寿の米として、古くは中国歴代の皇帝に献上されたことがあることから、健康によい薬米としても重宝されていたと言われています。白米と混ぜて炊いたり、炊き込みご飯に使ったりするとおいしくいただけますが、ササゲを加えて炊くと本物の赤飯を味わうことができます。

緑米は、稲穂の色は黒く、葉が緑色をしていて、米に多くの葉緑素を含むため緑色をしています。完全に精米すると真っ白なもち米になります。市販のもち米でついた餅と食べ比べるとその差は明らかで、もっちりとした素朴で味わい深い餅を食べることができます。自然な柔らかさを感じることができるため、やき餅だけでなく、安倍川もちや料理などにも活用することができます。香り米は、西日本などで少量が栽培されています。見た目は精白米と変わりませんが、炊飯すると香りが引き立ちます。価格が安い白米に少量入れて炊くだけで、ご飯の味を引き立ててくれます。白米に5%ほどの割合で混ぜるのがコツで、多く入れ過ぎても香りが高くなるわけではありません。

古代米の効果とは?

さまざまな種類をもつ古代米は、どれをとっても白米よりも豊富な栄養素が含まれているため、健康によい効果があるとされ、そのなかでも、黒米は健康によいとされる効果・効能が多いと言われています。黒米に含まれているアントシアニンは、高い高酸化力があるとともに視機能を改善する効果があるとされています。ビジネス、プライベートを問わず、パソコンやスマホなどを絶えず使用して目を酷使していると、目には絶えず活性酸素が発生しています。目が活性酸素でダメージを受け続けると、慢性的な眼精疲労や白内障、黄斑変性症などの眼疾を引き起こす原因にもなってしまいます。黒米に含まれるアントシアニンには、活性酸素を除去する作用があるため、眼疾の予防に効果が期待できます。さらに、アントシアニンには、血管を保護して動脈硬化を予防する働きもあることから、生活習慣病の予防にも古代米を活用することもできます。

栄養素が豊富で消化のよい黒米には、胃腸を丈夫にする効果があると言われています。食欲不振の時でも食べることができ、胃腸の機能を高めることで、慢性胃腸疾患、虚弱体質などの改善や滋養強壮に効果を期待することができます。柔らかくて食べやすく、腹持ちもいいので、お子さんから高齢者まで安心して食べることができます。また、黒米に代表される古代米は、血液中の血糖値が常に高い状態で、尿とともに糖質が排出される糖尿病の予防にも効果があると言われています。黒米には、アミラーゼなどの糖質を分解する酵素の活性を抑えることで、糖質の吸収率を低下させ、糖尿病を予防すると期待されているのです。おいしく食べて豊富な栄養素を摂取しながら、糖尿病の予防もできるメリットの多いお米が古代米なのです。

黒米には、細胞を錆びさせ、老化に導く大きな原因となる活性酸素の活性を抑制する働きがあるとも言われています。チロシンをメラニンに変換する酵素であるチロシナーゼをはじめとして、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどを壊す働きをもつ酵素の働きを抑制することができるため、肌のハリや弾力、潤いなど、美肌にも働きかけてくれるとされています。また、肌だけではなく、髪の毛の色も黒く、若返ると言われており、その理由として、黒米に髪に必要なビタミンや鉄分、カルシウムやマグネシウム、亜鉛などの栄養素が多く踏まれていることがあげられています。アンチエイジングや美肌、美髪に関心の高い女性にもおすすめできる美容米と言うこともできるでしょう。

古代米のおすすめ

55位: 鹿北製油 カホクの古代米 国産黒米 200g

商品説明
有機肥料栽培の鹿児島県産黒米を使用。黒米は、稲の原種の中でも特に栄養価が高く、アミノ酸・ビタミン・ミネラルを多く含んでいます。中でも、黒紫色の色素に含まれるアントシアニン(ポリフェノールの1種)は、強い抗酸化作用を持ち、体内の活性酸素を中和するので、生活習慣病の防止に役立ちます。白米等に1~2割混ぜて普通炊飯しますと、赤飯のように炊きあがります。もち系の米ですので、もちもちとして美味しいです米の原種ですので、冷夏・干ばつといった悪条件でも生育する非常に強い品種です。中国・秦の始皇帝が不老長寿のためにしていたとされる米です。
商品詳細
  • 商品重量:200 g
  • 産地(地方):九州地方
  • 産地(都道府県):鹿児島県
  • 原産国名:日本
  • 原材料:黒米
レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計2件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon5.00点2件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • 雑穀米に少し混ぜたくて購入しました。ご飯の色がますますピンク色になって、プチプチもちもち、食感も良くなって雑穀米が美味しくなりました。

44位: はくばく 雑穀クッキングクラブ もち黒米 袋150g

商品説明
美容食や長寿食として珍重され、「薬米」の別名も持つ黒米。ぬかの部分の黒色色素「アントシアニン」はポリフェノールの一種でございます。もち種の国内産黒米を使用し、炊き上がりはふっくらもちもち。ほんのりピンクに色づきます。ごはんだけでなく、ざまざまな料理にお使いください。
レビュー: 4.49点/5点

全対象ショップのレビューは計24件、その平均は4.67点(5点満点)。レビュー数が充実しており、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー4.88点8件
爽快ドラッグ4.60点15件
Amazonパントリー4.00点1件

33位: 黒米 袋250g

商品説明
商品説明文「種商 国内産黒米 250g」は、炊き上がりのご飯の外観も美しい黒米です。赤ワインの色素ポリフェノール(アントシアニン)を含むほか、カルシウム、食物繊維なども多く含む、栄養価の高い健康食品です。お好みのお米にお好きな分だけ加えられる、お手軽パック。調理法、お赤飯 お米1合に対して小さじ1杯入れて、普通の水加減で炊飯してください。小豆を入れて炊いたようになります。 (お塩とお酒を少々入れますと、より美味しくいただけます。) 、黒米おこわ もち米1合に対して小さじ1杯入れて、普通のおこわと同じように炊いてください。赤紫色のお赤飯になります。黒米おはぎ 黒米を4対1の割合で混ぜて洗い2時間浸し、塩少々加え普通に炊飯します。あんこを小さくまるめ外側を包んでください。
商品詳細
  • 商品重量:249 g
  • 産地(地方):九州地方
  • 産地(都道府県):佐賀県
  • 容器の種類:パック
  • 原産国名:日本
レビュー: 4.60点/5点

全対象ショップのレビューは計5件、その平均は4.60点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.60点5件

22位: ライスアイランド 素材 黒米 国産 500g

商品説明
雑穀で一番人気の国産の黒米です。別名「紫黒米」とも呼ばれ、玄米の皮の部分に抗酸化作用として有名なポリフェノールの一種であるアントシアニンを含んだ品種です。お米に10%ほど入れて炊くときれいなあずき色になり高級感ともっちり感をプラスしてくれます。玄米の代わりに黒米のみで炊いてもおいしくお召し上がりいただけます。
商品詳細
  • 商品重量:517 g
  • 原産国名:日本
レビュー: 4.70点/5点

全対象ショップのレビューは計8件、その平均は4.70点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.70点8件

11位: ライスアイランド パフソフト黒米 200g

商品説明
パフソフトは後混ぜできる、使いやすさナンバーワンの穀物です。ごはん以外にパン、ホットケーキ、スープ、餃子など黒米の常識を覆す使い方ができます。鮮やかな紫黒色が特徴の黒米をお菓子やパンにお使い頂く際、少量でも「入ってる感」を演出することができます。
商品詳細
  • 商品重量:381 g
レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon5.00点1件

古代米のおすすめはどれ?栄養やカロリー、種類や効果を徹底分析



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops