離乳食にはどんな種類があるの?おすすめ紹介ほか

赤ちゃんがオッパイやミルクを卒業する頃に初めて口にする離乳食は、成長過程のなかでもほんの一瞬しか食べる機会がないものの、赤ちゃんの食の最初の一歩となる大切なものです。さまざまな段階を踏みながら食べ物の噛みごたえやおいしさに目覚める、生後5ヵ月~1歳過ぎまでの間が味覚を形成する時期にも当たるため、何をどのような状態でどのくらい与えればよいか、食物アレルギーへの配慮はどのようにすればいいのか、など、新米ママにとっては、悩みも多いものです。免疫力が不完全で、新しい食べ物に不慣れな赤ちゃんは、ちょっとした不注意ですぐにお腹をこわしてしまいます。そこで、離乳食の種類や簡単な作り方、発達段階に合わせた離乳食の進め方や食物アレルギーなどについて紹介します。

離乳食のおすすめ!種類や簡単な作り方、アレルギーについて

離乳食の種類

最近では、ドラッグストアのベビーフードや離乳食コーナーが充実しており、成長の段階に合わせてさまざまな種類のものを手に入れることができるのでとても便利です。しかし、1年にも満たない離乳食期であるとともに、ミルク以外に初めて赤ちゃんのお腹のなかに入る食べ物となるため、できれば手作りのものを食べさせたいものです。手作りであれば、材料の吟味にママの目を光らせることができ、安全、安心な食べ物を与えることができるとともに、バランスよく赤ちゃんの味覚の発達を促すこともできるでしょう。意外に簡単に作ることができるので、初めての離乳食づくりでもそれほど苦労することはありませせん。免疫力が不全の状態である赤ちゃんのお腹は、細菌に弱くとてもデリケートなものです。新鮮な食材を使うことはもちろん、ママの手や食器などを清潔にすることにも配慮して食中毒防止にも心が得蹴ることが大切です。食器用洗剤などが残ることもあるため、食器や調理器具は熱湯消毒、ママは使い捨ての手袋を使うなどの工夫も必要です。栄養を摂るのに「飲む」という行為しかしらない赤ちゃんにとって、離乳食は食べ物を噛むことを練習する大切なステップとなります。ペースト状のものからスタートして、半固形食、固形食と形がしっかりしている物へと段階的に進めていくことが大切です。また、大人にとってちょうどいい味付けも、赤ちゃんにとっては濃すぎるものです。ダシなどを効果的に活用して、素材の風味を活かした薄味のメニューを取り入れるようにしましょう。

オッパイやミルクと併用して離乳食を始める時期は、おおよそ生後5、6ヵ月頃となります。赤ちゃんは、それまで飲むことしか経験したことがないため、始めは、薄めの果汁ジュースやスープなど、そのまま飲み込めるものを与えるようにします。7ヵ月頃になると、モグモグ期に入り、ひき肉や赤身魚など食感のある種類の食べ物をすりつぶして与えることができるようになります。まだ、固形物が食べられる時期ではないので、小さくすりつぶしたものを与えるようにします。その後、半固形物から固形物へと移行していくことになります。よくわからない場合は、離乳食やベビーフードのコーナーで商品をみると、どんな種類の食材をどのような状態でどれくらい与えればよいかということがわかるので参考になるでしょう。栄養バランスを考えて野菜を冷凍させたものを潰したりして加えるのもおすすめです。赤ちゃんの発達段階に合わせて、食材の種類、硬さの具合、量などを考慮して作ることが大切です。

離乳食の簡単な作り方

ゴックン期と言われる離乳食初期は、薄い果汁やおかゆが定番メニューとなります。消化によいりんごジュースは、りんごを洗って4つ切りにして、芯と皮を取り除いて塩水に漬けて酸化しないようにします。おろし器を使って手早くすりおろした後に、茶こしで濾して2倍程度に薄めれば、離乳食用りんごジュースのできあがりです。おかゆのスタートは、10倍がゆが定番です。鍋にご飯2分の1カップに対して水2カップを入れ、軽く混ぜてから弱火にかけます。蓋をして30分ほどそのまま煮込み、火を止めてから10分ほど蒸らします。その後、すり鉢で粒がなくなるまですり潰して濾したら10倍がゆが完成します。電子レンジや圧力鍋、フードプロセッサーなどを使えばより簡単に時間をかけずに作ることができます。

離乳食中期になると舌や顎を使ってモグモグする時期になるため、離乳食に使用できる食材の幅も広がります。赤ちゃんにとって初めての肉とる鶏のひき肉を使ったハンバーグは簡単に作れておすすめです。茹でて水けを十分に切った豆腐を手で細かくほぐします。鶏ひき肉をすり鉢で細かくすりつぶしたら、卵やパン粉、オニオンスープを加えてよく混ぜます。フードプロセッサーを使用すれば、すりつぶしたり、混ぜたりが一度で済むので便利です。ほぐした豆腐と肉だねを混ぜて平たくしてフライパンで両面をしっかりと焼いたら鶏ひき肉ハンバーグが完成します。

離乳食後期になると歯茎を使ってカミカミする時期になるため、少し硬めのものも食べられるようになります。赤ちゃんの発達にも深く関係すると言われている手づかみ食べができる時期でもあるため、手に握って食べられるパンケーキなどおすすめです。市販のホットケーキミックス、牛乳、キャベツやブロッコリーなどの野菜を入れて混ぜ、フライパンやホットプレートで焼けば、栄養たっぷりのベジタブルパンケーキを作ることができます。また、大人と同じような食事ができる1歳頃は、もう少し硬いものであっても歯を使って食べられます。食パンに融けるタイプのチーズをのせ、湯向きして種を取ったトマト、みじん切りしたパセリを乗せてオーブンで焼けば、大人も一緒に食べられるピザ風トーストができます。このように、赤ちゃんの発達段階に合わせて、硬さや食材の種類に配慮すれば、簡単に離乳食を作ることができます。食の安全を考慮しながら、調理家電などの便利アイテムを使って時短で手作り離乳食を作ってみてください。

離乳食の進め方 | アレルギーに注意

離乳食初期は、果汁などから徐々に進めていくこととなります。100%果汁のような濃いものや冷た過ぎるものは、下痢の原因になることがあるため、湯冷ましなどで薄めたもの1さじから始めます。また、舌で送って食べ物を飲み込めるようになるので、ポタージュなどのドロドロとした液状のもので噛む必要がないものを与えるようにします。調味料は使用せず、ダシなどを使った穀物や野菜類からスタートするようにしましょう。消化のいい果物をすりおろして薄めたジュースや粒のないおかゆなどから始めると、抵抗が少なく離乳食に移行できるでしょう。離乳食中期は、舌の動きが活発になって上あごと舌で食べ物を潰せるようになるため、豆腐程度の硬さのものを目安として与えるようにしましょう。この頃になるとメニューの幅が広がるので離乳食メニューを考える楽しみもあります。調味料を使ってもいい時期にもなりますが、基本は薄味ということを守るようにしましょう。離乳食後期は、歯茎を使って嚙み潰せるようになるため、バナナ程度の硬さを目安にして食材を選びましょう。手づかみ食べできる野菜スティックなど、持ちやすさも考慮したメニューを与えるといいでしょう。離乳食完了期になると歯も生え始めるため、肉団子程度の硬さを目安とするといいでしょう。この頃になると大人と同様に食事ができるようになるため、いろいろな味に挑戦させてみましょう。

離乳食が始まる悦びとともに食物アレルギーへの心配が出てきます。乳児期のアレルギーに多いものとしては、卵や乳製品、小麦などがあり、ナッツ類やそば、大豆やフルーツにアレルギー反応を示すこともあります。食後の口元が赤くなるなどの症状が出てもそれが必ずしもアレルギーであるとは限りません。長泣きをしたり、嘔吐や発疹が見られたりした場合にはすぐに受診するようにしましょう。離乳食アレルギーの症状として最も出やすいのが皮膚症状であると言われています。強い赤身やブツブツができることがあり、程度も軽い物から重篤なものまでさまざまです。また、アレルゲンとなる食べ物は、胃でうまく消化することができないため、嘔吐や下痢という形で異物を排出しようという症状に現れることもあります。新しい食材を食べる機会が増える離乳食中期が、食物アレルギーに一番留意しなければならない時期となります。どの食品に対してアレルギー反応が起きるのかを事前に予測することは不可能であるため、新しい食材を試す際には、少量から与えるのが基本となります。朝または昼間に、小さいスプーン1杯程度を1回のみという頻度で与えてみて異常が出ないかどうか様子をみるようにしましょう。

離乳食のおすすめ

5位: ベビーフード 野菜の炊き込みごはん 7ヶ月頃から

ベビーフード 野菜の炊き込みごはん 7ヶ月頃から
¥143/100g
58%安
¥100 SEIYUドットコム(西友)
¥134 (x12) Amazon(アマゾン)
他1ショップ

4位: 栄養マルシェ 野菜あんかけ鯛ごはん 80gX2

栄養マルシェ 野菜あんかけ鯛ごはん 80gX2
282円お得
¥154/100g ¥123/個
55%安
¥246 SEIYUドットコム(西友)
¥248 (x3) Amazon(アマゾン)
他3ショップ

3位: グーグーキッチン BIGサイズ 開けたらすぐに しらすと大根のまぜご飯 ごはん入り 袋120g

グーグーキッチン BIGサイズ 開けたらすぐに しらすと大根のまぜご飯 ごはん入り 袋120g
¥105/100g
69%安
¥126 ヨドバシカメラ
¥127 (x12) Amazon(アマゾン)
他4ショップ

2位: グーグーキッチン BIGサイズ まぐろとわかめの炊き込みご飯 ごはん入り 袋120g

グーグーキッチン BIGサイズ まぐろとわかめの炊き込みご飯 ごはん入り 袋120g
¥105/100g
69%安
¥126 ヨドバシカメラ
¥131 SEIYUドットコム(西友)
他6ショップ

1位: キューピー キユーピーベビーフード ハッピーレシピ とり五目ごはん 9カ月頃から(80g)

キューピー キユーピーベビーフード ハッピーレシピ とり五目ごはん 9カ月頃から(80g)
¥109/100g
68%安
¥87 SEIYUドットコム(西友)
¥101 ヨーカドーネットスーパー(ス)
他2ショップ

離乳食のおすすめ!種類や簡単な作り方、アレルギーについて

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。