モロヘイヤの栄養がすごい?!効能やカロリー、おすすめ商品ほか

モロヘイヤのおすすめと栄養・効能・カロリー

モロヘイヤ

野菜にはたっぷりのビタミンやミネラルが含まれているものが多くありますが、その中でも特に栄養素の高さが特徴的で、健康や美容に関心の高い方におすすめしたい野菜が、モロヘイヤです。

モロヘイヤは、たっぷりと栄養素が詰まった理想的な食品です。クセがないため万人受けしやすく、おいしく毎日食べることができます。濃い緑が特徴の栄養豊富なモロヘイヤは、具体的にどういった栄養成分が含まれているのでしょうか。

また、どんな健康や美容に関する効果を期待することができるのか、毎日食べるのにおすすめの食べ方はどういったものなのかを紹介します。特に、毎日でも食べることができるレシピを知っておけば、かんたんにいつでもモロヘイヤを食生活の中にたくさん取り入れていくことができるでしょう。

最終更新日:   閲覧数:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モロヘイヤの栄養成分がすごい!カロリーは?

いろんな緑黄色野菜が今では食べられていますが、緑黄色野菜の特長として、栄養が豊富で美容や健康にいいという点が挙げられます。

そんな緑黄色野菜の中でも、特に栄養素がたっぷりで、不足しがちな栄養素をかんたんに取り入れることができると注目されているのが、モロヘイヤです。

モロヘイヤはアオイ科の野菜で、日本では、つなそと呼ばれています。以前はあまり食べられていなかったものですが、健康志向が高い方に注目されるようになってから、今では多くの方が食生活の中に取り入れるようになりました。

ローカロリーでダイエットにも役立ち、栄養の摂取がかんたんというメリットを持っています。さらに、ポリフェノールも多く含まれています。

ポリフェノールには、活性酸素による体の細胞の老化を遅らせる抗酸化作用を持っています。そのため美容に関しても、モロヘイヤは非常に役立つ食材となっています。

モロヘイヤの栄養成分がすごい!カロリーは?

モロヘイヤはダイエット実行中の方には積極的に取り入れてほしい野菜です。モロヘイヤは、100gあたり38kcalくらいで、とてもローカロリーなので食べ過ぎの心配がありません。

そのため調理方法によっては、ほとんどカロリーを摂取することなく、満足感を得ることができます。ダイエットを健康的にしたい方は、油などを控えながらモロヘイヤを調理して食べると、太る心配がありません。

またモロヘイヤの注目すべき点は、ビタミンやミネラルがたっぷりと含まれているところです。カルシウムやカロテン、食物繊維などの栄養素が際立って多いのが特徴的です。さらに、なかなか食品から摂りにくいビタミンB群、ビタミンCといった栄養素もたっぷりと含んでいます。

モロヘイヤの栄養素の中でも注目したいのは、カルシウムとビタミンKの両方がたっぷりと含まれている点です。骨粗鬆症は今や多くの女性がかかっている症状ですが、これは現代の食生活ではカルシウムの摂取が難しいためです。そのため、サプリメントなどからカルシウムを補う方も多くいます。

しかし、本来栄養素は食品から摂取していくのが自然です。カルシウムたっぷりのモロヘイヤを食べることで、骨粗しょう症の改善に役立たせていくことができます。また骨を作るためには、カルシウムだけではなくビタミンKも必要になります。

モロヘイヤにはこれら両方の栄養素が含まれているので、骨を丈夫にしていくことができます。これらの栄養素をかんたんに摂取できるモロヘイヤは、理想的な野菜だといえます。

モロヘイヤの効果・効能

モロヘイヤの栄養素は緑黄色野菜の中でも特に高いとされ、それだけに健康や美容への効果を大きく感じることができます。

まずモロヘイヤの効果としては、ダイエットに効果があるという点です。代謝を高めていくためにはビタミンやミネラルの両方が必要です。ビタミンやミネラルに偏りが生じると代謝がうまく行われないため、摂取した栄養を十分に活用していくことができませんし、また太りやすい体になってしまいます。

そのため、まんべんなく毎日栄養素を取り入れていくようにしなければなりません。その点モロヘイヤは、いろいろなビタミンやミネラルがたっぷりと含まれているため、健康はもちろんですがダイエットを効果的にしていくことができます

また、モロヘイヤはローカロリーなため、食べ過ぎてもカロリーの過剰摂取につながりません。ですから、毎日の摂取カロリーをうまく抑えるためにも、モロヘイヤを上手に取り入れていくことが大切です。

モロヘイヤには食物繊維が豊富な点にも注目したいところです。食物繊維は、便秘に対して効果を期待することができます。モロヘイヤを刻むとネバネバした成分が出てきますが、これは水溶性の食物繊維です。

モロヘイヤの効果・効能

水溶性食物繊維には水分を多く吸収するため便を柔らかくし、スムーズな排便を促します。また腸内で生活をしている善玉菌の餌にもなるので、腸内環境を良好に保ち便秘を改善してくれます。そのため、今現在便秘や便が固いといった症状で困っている方は、モロヘイヤを積極的に食べるといいでしょう。

また食物繊維は糖分とくっつき、糖分の急速な吸収を抑えます。結果として、血糖値の急激な上昇を抑え、糖尿病の改善に役立たせることができます

モロヘイヤにはポリフェノールがたっぷり含まれています。このポリフェノールは、抗酸化作用を持っています。人間の体は紫外線や加齢、ストレスによって活性酸素が内部で発生します。この活性酸素は、体の細胞を傷つけどんどん老化を促進してしまいます。

老化が促進されると、美容や健康を損ねてしまいます。また、免疫力も低下してしまいます。こういった望ましくない状況を改善するためには、ポリフェノールを多く含む食品をたっぷりと毎日食べることが大切ですが、モロヘイヤを食べれば上手に多くのポリフェノールを取り入れていくことができます

全体的な健康や美容への好影響を期待することが可能なのが、ポリフェノールの素晴らしい点でもあります。ただ、活性酸素は毎日発生するものなので、ポリフェノールはできるだけ毎日体内に取り入れていくようにしなければなりません

モロヘイヤを使ったレシピ

美容や健康維持、免疫力の向上などいろんないい効果を期待することができるのが、モロヘイヤの素晴らしい点です。それだけに、毎日の食生活の中にこの野菜を上手に取り入れていくようにしたいものです。

ただ、毎日同じような料理が登場すると飽きてしまいますし、また嫌いになってしまう恐れもあります。そのため、いろいろなレシピを知って実際に作っていくようにすれば、きっと飽きることなくモロヘイヤを食べることができることでしょう。

モロヘイヤをたっぷりと気軽に食べる方法として、最も最適なのが炒め物です。野菜は大量に見えても、炒めることでカサが減るので、たくさん食べることができます。そのため、モロヘイヤに含まれている栄養素を多く取り入れたい場合には、まず炒める方法を実践してみるといいでしょう。

炒め物としては、豚肉や牛肉と一緒に炒めてボリュームを出すことができます。肉と一緒に炒めれば夕食のおかずとしても十分のボリュームになるでしょう。

また、少しボリュームを抑える炒め物としては、卵と一緒に炒める方法があります。これだと、肉よりもカロリーダウンをすることができますし、料理初心者の方でもかんたんです。塩コショウでさっと作れる点も、おすすめポイントです。

モロヘイヤを使ったレシピ

炒め物と同様に、モロヘイヤをたくさん食べる方法として知っておきたいのが、スープへの活用法です。これは一般の野菜と同じように、モロヘイヤを食材として使用するものです。ホウレンソウなどと同じような使用法で、スープ作りに使ってみるといいでしょう。

スープにすれば、食が進まない日などでも口当たりがよく、しっかりと食べることができますし、栄養もしっかり摂取できるので、徐々に体の調子も整っていくことでしょう。スープにすれば、他の緑黄緑野菜との相性はもちろんいいですし、もっと食べやすくボリュームを出すために、ベーコンやハムなどをプラスするといいでしょう。

モロヘイヤはネバネバする性質を持っていますが、この特長を生かした料理もおすすめです。さっぱりとした料理を食べたいという時にはまずモロヘイヤを刻んでみましょう。

モロヘイヤの葉の部分を包丁で刻んでいくと、ネバネバが出てきます。これに同じように刻んだオクラと混ぜて和えるだけで、栄養たっぷりでさっぱりとした料理を作ることができます。

また、イソフラボンが豊富に含まれている納豆を混ぜるだけで、ボリュームのある料理を作ることもできます。ネバネバした食材とモロヘイヤとの相性は抜群ですし、栄養が豊富なので、美容と健康維持に生かしていくことができます

モロヘイヤのおすすめ

22位: 川端のモロヘイヤ100 粒 110g

商品説明

川端のモロヘイヤ100粒110gは、明治15年から続く株式会社川ばた乃エキスの商品です。昔ながらの製法にこだわっており、職人が鉄釜で素材を煮出し、長時間煮詰めていくという、シンプルながら丁寧な手法でつくられています。そのため、素材も一流です。川端のモロヘイヤ100粒110gで使われているモロヘイヤは、国内でモロヘイヤの栽培が盛んな岐阜県で、契約栽培した物のみを使用しています。葉の部分のみを乾燥・粉砕し、圧力だけで粒状にしています。賦形剤や保存料・着色料などは一切使用していません。古代エジプト時代から野菜の王様と言われ、栄養価の高いモロヘイヤは、植物繊維がこんにゃくの約13倍、カルシウムはほうれん草の約5倍含まれています。味に癖がないため、モロヘイヤそのままでは青くささが気になる方にも、安心して摂取することが出来ます。1日10粒を目安に水またはお湯と一緒に摂取してください。また水にすぐ溶けるため、錠剤が苦手なお子様や、飲み込みに心配なご高齢の方は、スープやカレーに入れていただいて溶かすと、簡単に摂取することが出来ます。3500円程で、純正の緑黄色野菜の栄養が摂取でき、日々の食生活を手助けしてくれるのは心強いです。

11位: 特上モロヘイヤパウダー(100g)

商品説明

特上モロヘイヤパウダー(100g)は、宮崎県のまるも株式会社が販売する商品です。宮崎県・高鍋町にあるモロヘイヤ栽培に適したまるもの契約農場のモロヘイヤを使用しています。これも、安心して多くの方々にご利用いただきたいという想いのい表れです。無農薬栽培・有機農法で栽培することで、高品質なモロヘイヤが生み出されています。この商品には、各種ビタミンや食物繊維などの栄養価をビックリするほど含んでいる緑黄色野菜が含まれていることが特徴的。特に、カロチン、カルシウム、ビタミンB2を多く含みます。具体的には、カロチンはほうれん草の約3.5倍、カルシウムは約8倍、ビタミンB2約20倍もの違いがあります。これほどの栄養価があると、普段の食事に加えたいものですよね。普段の食事に加えてご利用いただく購入者が多く、山芋とろろなどに加えたり、酢みそ和えに加えておつまみとして召し上がると、とても美味しいと評判です。パウダータイプなので、面倒な手間や下準備が不要なのもお料理をする方にとっては嬉しいポイント。また、おやつなどにも加えるととても健康的ですので、お子様をお持ちのご家族にもぴったりの商品です。お手軽にかつ健康的な食生活を送りたいという方に、ぜひ一度お試しいただきたい商品です。

モロヘイヤのおすすめの上位商品比較

  商品画像 商品名 最安価格 単位あたり価格 メーカー ブランド
1位の商品特上モロヘイヤパウダー(100g)特上モロヘイヤパウダー(100g)¥1,750¥1750/100gまるも特上モロヘイヤパウダー(100g)
2位の商品川端のモロヘイヤ100 粒 110g川端のモロヘイヤ100 粒 110g¥5,400¥4909/100g川ばた乃エキス川端のモロヘイヤ100

モロヘイヤの関連ページ

スマートショッピング人気記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。