ファイバーおすすめランキングと効果・使い方・飲み方

ファイバー

以前ではビタミンやミネラルのように活用されず排出されるので無駄な成分とされていたのがファイバーです。食物繊維という名前でよく知られている成分ですが、今では腸内環境を整えたり便通を促してくれる効果を持っているので、非常に重要な成分とされています。このファイバー(食物繊維)には便秘を改善するという大きな効果を期待することができます。しかしこれだけではなくいろんな効果を他にも持っているのです。健康や美容に対していい効果を期待できるファイバー(食物繊維)ですが、具体的な効果とはどういったものでしょうか。またどのように使っていったら効果をもたらしてくれるものなのでしょうか。気になる症状を持っている方に向けて、効果や使い方について説明したいと思います。

ファイバー(食物繊維)の1日の必要摂取量は?

現代の日本人の食生活はどんどん欧米化しており、それによってファイバー(食物繊維)の摂取量が減少しています。戦前であれば20g程度のファイバー(食物繊維)は摂取していたものですが、現代では非常に少なくなっています。ファイバー(食物繊維)は野菜や藻類、キノコといった食品に多く含まれていますが、これらを毎日摂取していくことは難しいものです。しかし免疫力にも関係しており、体の健康を司ると言っても過言ではない台帳の健康維持のためには毎日しっかりと食べなければなりません。この栄養素が不足すると腸内環境が悪くなりますし、便秘にもなってしまいます。美容への影響も出るので意識して摂ることが大切です。しかしここで疑問点が出てくるものです。毎日どの程度摂取していけばいいのかということです。1日の必要摂取量を頭に入れておき、それをクリアするような食生活をしていくことが重要になります。

ファイバー(食物繊維)の1日の必要摂取量は?

まずファイバー(食物繊維)は成人では男性と女性で目標摂取量は異なってくるものです。まず男性では1日20g以上がその量となっています。思った以上に多いと思われる方もいるのではないでしょうか。次に女性にとって必要な量ですが、女性では1日18g以上となっています。男性よりは少ない量ですが、ほとんど差はありません。そのため男性女性に関係なく誰でも20g程度は毎日摂取していかなければなりません。この1日に20程度摂取しなければならないというのは理由があります。便秘を改善するためにはこれだけの量は必ず確保しなければならないからです。日ごろ便秘がちな方は1日に20g程度のファイバー(食物繊維)は摂取する必要があると言えます。ただここで注意しなければならないことがあります。いくら便秘に効果がある、美容のために積極的に摂取しなければならないとされるファイバー(食物繊維)であっても過剰摂取をしてもいいのではありません。あまりにも過剰に摂取をすると胃腸が張ったり痛みを生じてしまいます。また下痢を引き起こしてしまう方もいます。ですから過剰摂取は避けなければなりません。

ファイバー(食物繊維)は1種類ではなく、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維に分けられます。そのためそれぞれの繊維をバランスよく摂取していくことも忘れてはいけません。どちらかが多すぎるといったバランスの悪い摂取の仕方は避ける必要があります。バランスとして適しているのは不溶性と水溶性が2:1の割合で毎日摂取できていることが理想です。ですからこのバランスを頭に入れて食事をしていくことが必要になります。

ファイバー(食物繊維)の効果は?便秘は解消する?

ファイバー(食物繊維)には美容と健康の両方の面でいい効果を期待することができます。そのため毎日きちんと摂っていくことが必要になります。それではこの栄養素はどういった効果を期待できるのでしょうか。多くの方が知っている効果として、腸内環境を整えるというものがあります。ファイバー(食物繊維)のうち水溶性も不溶性もどちらも腸内の環境を整える効果を持っています。まず水溶性の食物繊維ですが、これは水に溶ける性質を持っており、体内の悪い物質が吸収されるのを防いでくれます。またそれを便によって排泄させてくれる働きを持っています。また不溶性の食物繊維は水溶けない性質を持っていますが、たっぷりの水分を含み、それが腸を刺激してくれるので、腸の動きを良くしてくれます。さらに水溶性食物繊維は大腸内で生息している善玉菌にとって餌になります。善玉菌が活発な状態だと腸内環境はいいと言えます。そのため腸内環境を整えるために水溶性の食物繊維をしっかりと摂取することが大切になります。そうすることで腸の状態がよくなりますし、また便秘で悩んでいる方は少しずつ改善を図っていくことが可能になります。さらに便が固くて肛門に負担がかかっている方は便が柔らかくなるのでスムーズな排便をすることができます。

水溶性食物繊維にはコレステロール値を下げる効果を期待することができます。脂肪の消化吸収に関係している胆汁酸の排泄量を増やす働きを水溶性の食物繊維は持っているので、しっかりと摂ればコレステロール値の低下をサポートしてくれます。日ごろコレステロール値が高い方はしっかりと水溶性の食物繊維を摂ることが必要です。また不溶性の食物繊維の仲間であるリグニンとヘミセルロースは血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあります。コレステロール値が高いと血液がどろどろになり、成人病などの症状を引き起こしてしまいます。ですから健康維持のためには食物繊維は水溶性も不溶性も両方摂る必要があります。

ファイバー(食物繊維)の効果は?便秘は解消する?

水溶性の食物繊維は胃から小腸への食物の移動を緩やかにしてくれる作用があります。それによってブドウ糖の吸収速度を遅らせ、血糖値の急激上昇を抑えることができます。血糖値が急激に上がると糖尿病を引き起こしやすくなります。現代人の多くが糖尿病にかかっていたり予備軍になっていますが、この病気を予防するためには水溶性の食物繊維をしっかりと食事を通して摂取していくように努力しなければなりません。

水溶性食物繊維は、水に溶けるとゲル化し、胃から小腸への食べ物の移動を緩やかにします。そうすることで、糖質の吸収速度を緩慢にし、食後の急激な血糖値の上昇を防ぐ働きがあります。

ファイバー(食物繊維)の使い方と飲み方

ファイバー(食物繊維)は毎日しっかりと摂取していくことが大切ですが、基本としては食品から取り入れていくことが必要になります。それはファイバー(食物繊維)の摂取を習慣的にするためです。食生活が乱れていると食事からファイバー(食物繊維)を摂っていくことが難しくなります。ですから意識して摂るような生活を送っていくことが何よりも重要なのです。まずこの栄養素をきちんと摂っていくためにはどのようにしていけばいいのかについてですが、先ずファイバー(食物繊維)が多い食品を意識して食べるようにすることです。この栄養素が多い食品としてはまず野菜や果物、キノコや藻類といったものが挙げられます。これらはファイバー(食物繊維)だけではなくビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、そういった意味でもきちんと摂っていくようにしたいものです。また主食である穀物からもファイバー(食物繊維)を上手に摂ることができます。白米には少ないのですが、玄米や麦ごはんになると多くのファイバー(食物繊維)が含まれています。ですから白米だけではなく玄米や麦ごはんを積極的に食べるように意識することも大切です。これらのことを意識すれば上手に摂取することが十分に可能です。

ファイバー(食物繊維)の使い方と飲み方

理想的な食生活を送っていけばきちんとファイバー(食物繊維)を摂取することはできるものです。しかし現代人は忙しくなかなか普段から健康的な食生活を送っていくことは難しいものです。特に外食が多い営業職の方などにとっては困難だと言えます。そんな時にはサプリメントや健康食品を活用してファイバー(食物繊維)を上手に摂取していくようにすればいいでしょう。まず補助食品の中ではパウダータイプの食品が最近では販売されています。これはドリンクなど液体に溶かして飲むものですが、これは常時持ち運びができるので、職場などに持参するといいでしょう。そしてお茶などに入れておき、時々喉が乾いたら飲むようにするといいでしょう。また健康食品でファイバー(食物繊維)が含まれている商品もあります。こういったアイテムも持ち運びができるので、今日はファイバー(食物繊維)が上手に摂れていないと感じたら食べるようにするといいでしょう。しかしファイバー(食物繊維)はいくら健康や美容にいいからといって過剰摂取はくれぐれも避けるようにしなければなりません。食事を通して多く摂取できている場合にはサプリメントや健康食品から無理をして摂取する必要はありません。不足しているときだけ補助的に活用することが大切です。

ファイバーおすすめランキング

10位: オリゴ&ファイバー(5g*30包入)

オリゴ&ファイバー(5g*30包入)
¥556/100g
48%安
¥834 爽快ドラッグ
¥1,008 ケンコーコム
他1ショップ

商品説明

「オリゴ&ファイバー(5g*30包入)」は株式会社アスティから発売されている、顆粒タイプの食物繊維入りのオリゴ糖です。原材料にはイソマルトオリゴ糖と難消化性デキストリンが含まれます。職場でのランチやお出かけ先にも持ち運びに便利な分包タイプです。また、1包(5g)あたりの栄養成分はエネルギーが10.7kcal、たんぱく質0.0g、脂質0.0g、糖質0.5g、食物繊維4.3g、ナトリウム0.07mg、オリゴ糖0.2g、コレステロール0.0mgが含まれ、脂質やコレステロールが気になる方も楽しめます。1日に1包から2包程度を目安にして本品1箱で15から30日分です。食べ方はお好みで料理や飲み物に混ぜて摂取することができます。ほとんど無味無臭のため味が変わらず、また固まることなく素早く溶けて使いやすいためコーヒーや紅茶、味噌汁やスープだけでなくカレーやシチュー、煮物にも加えて美味しく摂取できます。なお、摂り過ぎるとお腹がゆるくなることもあるため1日の取目安量を守りましょう。開封後は直射日光と高温多湿をさけて早めに使い切ります。また、薬を服用している方や通院中の方は医療機関に相談のうえ摂取するようにしましょう。

9位: リビタ ドゥファイバー粉末スティック グアーガム

8位: ジェルブレ ファイバー イチジク&ブランビスケット 箱210g

ジェルブレ ファイバー イチジク&ブランビスケット 箱210g
76円お得
¥193/100g
82%安

商品説明

ジェルブレファイバーイチジク&ブランビスケット箱210gは、大塚製薬から出ている商品です。ジェルブレは、フランスで30年以上長く愛され続けている栄養食品のブランドです。健康的に毎日を過ごすために欠かすことのできない栄養を毎日、おいしくバラエティ豊かな食品として作り続けています。ジェルブレの中でもファイバーシリーズは、現代人に不足しがちな食物繊維を多く含んだシリーズになります。より多くの食物繊維に加え、健康に配慮し、ブラウンシュガーを使用しており、保存料・着色料は不使用です。ショートニング・マーガリン不使用、トランス脂肪酸ゼロなので、添加物などが気になるかたにも、安心してお召し上がりいただけます。イチジク&ブランビスケットは、イチジクのフルーティーな香りが、小麦ブランの素朴な味わいによく合います。食物繊維によって食べ応えがあり、忙しい人の朝食や、残業時の軽食にピッタリです。フランスでは、朝食の定番となっており、紅茶に少し浸してふやかして食べるのが現地流です。1袋5枚当たり185kcalと、カロリー控えめなことも嬉しいポイントです。ダイエット中にどうしても甘いものが食べたくなってしまう方にも、強い味方です。1箱で、5枚入りが4袋に小分けされていますので、手軽に持ち歩くことも出来ます。

7位: イージーファイバー お通じの改善に役立つ 食物繊維 30袋 156g

¥850 ヨドバシカメラ
¥859 Amazon(アマゾン)
他3ショップ

商品説明

イージーファイバー特保30袋は、小林製薬から出ている特別健康補助食品です。食物繊維により、便通改善が期待できる商品です。一般成人女性の食物繊維摂取目標量は1日当たり18g以上ですが、私たちは1日平均14.4gしか食物繊維を摂取できていません。イージーファイバーは、1パックで食物繊維が4.2g摂取できるため、1日の不足分を十分に補うことが出来ます。 ほとんど味や香りがないため、料理や飲み物に溶かしても、元の味を損なわずに美味しく召し上がることが出来ます。水に入れると若干黄色く見えますが、品質に問題はありません。また、お茶やジュースに入れてもダマにならずにさっと溶けることも特徴です。1袋ずつ個包装されているため、携帯に便利です。出張先・旅行先などでも、どこでも手軽に、いつもと同じように食物繊維を補うことが出来ます。一度に大量に摂りすぎると、おなかがゆるくなることがありますので、1日1袋を目安に、服用量を守って利用してください。1箱約1ヶ月分で850円程度で、日々の食生活では賄いきれない食物繊維を摂ることができる、お得な商品です。便秘で悩んでいる方、野菜などで十分な食物繊維を摂ることが難しいご高齢の方に、特にお薦めです。

6位: サンファイバー 180g

サンファイバー 180g
¥1129/100g
¥2,032 ケンコーコム
¥2,052 Amazon(アマゾン)

商品説明

サンファイバー180gは、タイヨーラボから出ている商品です。手軽に食物繊維を摂ることが出来、便通改善が効果があります。また便秘による体の不調は全身に出るため、便通改善により、美肌効果や体臭軽減、体重減少などはもちろん、肩こりや体のだるさが改善されるなど、様々な効果が期待出来ます。個人差はありますが、サンファイバーを使用し始めて2週間から1ヶ月ほどで、このような効果を感じる方が多いです。サンファイバーは、インドやパキスタンで多く採れるエンドウ豆の一種であるグァー豆から採取される、天然由来のグアー酵素分解物である水溶性食物繊維から作られています。ほとんど無味無臭ですので、毎日の飲み物や料理に入れるだけです。冷たい飲み物でも、さっと溶けます。面倒な工程がないため習慣化しやすく、忙しい生活の中でも継続的に食物繊維を摂ることが出来ます。1日あたり10~15gを目安にしますが、個包装ではないため、毎日の体調や年齢・体の大きさなど合わせて、微調整出来ることが特徴です。お子様でも使用でき、体重1kgあたり0.2~0.5gを目安にしてください。日々の食生活にプラスして、ご家族全員で使用することが出来ます。180gで2000円程度ですので、同商品の個包装よりお買い得なパックです。

5位: 松谷化学 パインファイバーW 60包 360g

松谷化学 パインファイバーW 60包 360g
225円お得
¥844/100g ¥51/個
¥3,040 Amazon(アマゾン)
¥3,046 ケンコーコム

商品説明

パインファイバーW6g×10包×6袋1箱は、松谷化学から出ている特定保健用食品です。食物繊維の摂取をより手軽にし、便通改善を促してくれると評判です。モンドセレクション6年連続最高金賞受賞した実績のある、高品質の商品です。原材料、難消化性デキストリンで作られています。難消化性デキストリンは馴染みの薄い名前ですが、トウモロコシから作られた、水溶性の食物繊維です。食生活が欧米化したことで、現代の日本人の食物繊維摂取量は、必要量に達していないことが多いです。そのため、不足しがちな食物繊維を補う目的で作られた成分です。また、難消化性デキストリンはただ食物繊維が豊富なだけでなく、食後の血糖値急上昇を抑える作用や、食後の中性脂肪の吸収抑制作用、整腸作用、内臓脂肪の低減作用があります。パインファイバーWほぼ透明で、耐熱性・耐酸性に優れています。また冷たい水にも溶けやすいため、大変便利です。いつも飲んでいる飲み物に混ぜたり、料理にさっと溶かして使ってください。体調に合わせ、1日1包〜2包を目安に利用してください。副作用は特にありませんが、多く摂取すると、お腹が緩くなることがあります。ダイエット中の方や、食生活が偏りがちの方、血圧や血糖値の値が気になる方にお薦めです。3回の食事では摂りきれない栄養素を、パインファイバーWで補いましょう。

4位: オリヒロ ダイエタリーファイバー 200g

オリヒロ ダイエタリーファイバー 200g
¥285/100g
74%安
¥569 ケンコーコム
¥593 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

オリヒロダイエタリーファイバー顆粒袋200gは、オリヒロから出ている健康補助食品です。高品質ながら、200gで600円程と、お得なことも人気の1つです。小麦由来の澱粉から作られた水溶性の難消化性デキストリンから作られています。難消化性デキストリンは、1g当たり1kcalと低カロリーな食物繊維ですので、便通の気になる方はもちろん、ダイエット中の方や、甘い物が好きな方、外食が多い方も安心して摂取することが出来ます。臭いや味はほとんどなく、冷たいものにも良く溶けます。1日6g(大さじスプーン1杯弱)を目安に、普段から飲まれているお茶やジュースなどの飲み物や、料理に溶かして召し上がってください。また、摂取しすぎるとお腹が緩くなることがあります。初めは少量から、慣れてきても、1日摂取量は守って利用しましょう。個包装ではないので、日々の体調に合わせて量を微調整できることも魅力の1つです。年齢制限はありませんので、小さなお子様からご高齢の方まで、家族全員で使用することが出来ます。1日に必要とされる食物繊維を野菜で摂るためには、レタス4玉、白菜1.5玉、ホウレンソウ2束、ブロッコリー2株食べても足りません。効率的に、必要栄養素を摂取していきましょう。

3位: イージーファイバー 毎日たっぷりとれる 280g

イージーファイバー 毎日たっぷりとれる 280g
¥389/100g
64%安
¥1,089 ヨドバシカメラ
¥1,100 Amazon(アマゾン)
他4ショップ

商品説明

イージーファイバーパウチ280gは、小林製薬から出ている特定保健用食品です。食物繊維が手軽に摂れる健康食品です。スプーン1杯で、なんとレタス約2個分の食物繊維を摂取することが出来ます。原材料はとうもろこし由来の食物繊維、難消化性デキストリンが使われています。薬に頼ることなく便通のリズムが改善されることが期待できます。使用開始から2週間から1ヶ月ほどで効果を実感される方が多く、利用した95%が使い続けたいとの声が上がっている人気商品です。

味も匂いもほとんど無いため、お茶やコーヒなどの飲み物に入れても味を損ねずにお楽しみいただけます。また、冷たい物にも、サッと溶けてるのも魅力の1つです。水など透明な飲み物に入れると、少し黄色くなりますが、品質に問題はありません。大量に摂り過ぎると、お腹が緩くなることがあります。お子様や妊娠・授乳期の方、ご高齢の方もお召し上がり頂けますが、摂取量に十分注意して下さい。体調に合わせて量を微調整できるのもパック買いの魅力ですので、1日にスプーン1杯から2杯を目安に、毎日の体の様子と相談しながらお召し上がりください。280g専用スプーン50回分で1200円程度ですので、大変お買い得です。食事だけでは補いきれない食物繊維を、手軽に効率的に、摂取していきましょう。

2位: サンファイバー サンファイバースティック 30包 180g

サンファイバー サンファイバースティック 30包 180g
¥1307/100g ¥78/個
¥2,352 Amazon(アマゾン)
¥2,460 ケンコーコム

商品説明

サンファイバースティック6gX30は、タイヨーラボから出ている商品です。食物繊維を手軽に摂ることができるので、便通改善に効果があります。また便通改善により美肌効果や体重減少はもちろん、めまいや体のだるさが改善されるなど、様々な効果が期待出来ます。個人差はありますが、使用開始から1ヶ月以内で、このような効果を感じる方が多いです。原材料は、エンドウ豆の一種であるグァー豆から作られる、グアー酵素分解物である水溶性食物繊維が使われています。ほとんど味も臭いも無いため、普段愛飲している飲み物や、毎日の料理に入れるだけとても手軽です。冷たい飲み物でもダマにならずに溶けます。個包装のため、外出先に持ち歩くことも出来、習慣化することが出来ます。1日1または2包を、体調に合わせて使用してください。対象年齢はありませんので、野菜嫌いお子様や、ご飯を多く食べることのできないご高齢の方、栄養摂取の難しい方も使うことができます。服薬中の方もご利用可能ですが、念のため、主治医に相談されることをお勧めします。また、流動食を利用されている方は、流動食に溶かして利用することが可能ですが、溶け残りがチューブを詰まらせる可能性があるため、水などに溶かすことをお勧めします。

1位: ジェルブレ ファイバー ハチミツ&全粒粉 5枚x4袋 200g

商品説明

ジェルブレファイバーハチミツ&全粒粉ビスケット1個は、大塚製薬から出ている商品です。ジェルブレは、フランスで長く愛され続けている栄養食品のブランドです。健康でい続けられるための栄養素が含まれ、かつ美味しい食品を作り続けています。ジェルブレのファイバーシリーズは、普段の食生活だけでは不足しがちな食物繊維を多く含んだシリーズです。多くの食物繊維に加え、ブラウンシュガーを使用しており、保存料・着色料不使用、ショートニング・マーガリン不使用、トランス脂肪酸ゼロの商品です。添加物などが気になる方も、安心してお楽しみいただけます。ハチミツのやさしい甘さが楽しめ、紅茶と相性が良いため、朝食や、おやつにぴったりです。5枚入りが4袋入っており、1袋5枚当たり305kcalです。食物繊維が豊富に含まれたシリーズで、5枚あたり食物繊維が6.5g含まれており、他にも葉酸が86μg、ビタミンB1が1.6mgなど、女性に嬉しい成分が豊富に含まれています。栄養豊富で5枚でしっかりとお腹を満たしてくれ、ハチミツの甘さも楽しめるため、ダイエット中の方の強い味方にもなる、大変お勧めの商品になります。1箱約400円と、良心的な価格も魅力的です。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。