グルテンミートのおすすめ!栄養やカロリー、ダイエット効果ほか

グルテンミートのおすすめとカロリー・ダイエット効果ほか

グルテンミート

グルテンミートとは、グルテンを原料とした加工食品のことであり、セイタンとも呼ばれています。肉の代用品にもなることから、ダイエット食品としても近年注目を集めている食材です。

そもそもグルテンとは、麦類に多く含まれているもので、たんぱく質の一種。私たちが食品として食べている小麦粉や強力粉、中力粉、薄力粉の違いは、このグルテンの含有量の違いです。グルテンミートは、精進料理でも使われていたものであり、歴史もある食材です。

グルテンミートは、たんぱく質が多く含まれており、その特性から満腹感も出しやすくダイエットでもよく使われています。今回は、グルテンミートの味やカロリー、ダイエット効果などを紹介していきます。

最終更新日:   閲覧数:79
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グルテンミートってなに?

グルテンは、小麦粉などに含まれているタンパク質で、日本では、お麩がグルテンの食材として有名。生麩などは和菓子にも使われるように、とてもモチモチしたお餅のような食感が好まれています

グルテンが含まれている食材は、一般的には小麦が有名で、強力粉、中力粉、薄力粉が有名で、この順番でグルテンの量が減っていきます。

グルテンは、生麩の食感を見てもおわかりのように、非常にモチモチして弾力がありますが、お餅とは違い、弾力が長時間継続する特徴を持っています。グルテンは他の食材にも含まれており、大麦や押し麦または丸麦やライ麦などにも含まれています。麦以外ではそら豆がグルテンを含む食材です。

また、含まれる部分も決まっており、芽が出る胚芽の部分には含まれず、芽が出て成長するための栄養素として使われる胚乳部分に、このグルテンは含まれています。

グルテンの取り出し方は、至ってかんたんな方法で取り出すことができます。強力粉などを加水して時間を掛けながらよく練り込みますが、この生地を木綿の袋などに入れて、桶などの水の中で揉むようにこねていきます

グルテンミートってなに?

こうして水の中でよく揉むことで、でんぷんなどを含む粘りのない部分は、布のすきまからすべて外へ出てしまいます。最終的に、粘りが強いグルテンだけを残すことができるわけです。

モチモチした弾力や、歯ごたえのある食感を産み出すことに使われるグルテン。このグルテンに、醤油や酵母エキスなどで味つけをして、肉状に加工したものが、グルテンミートと呼ばれるものです。

実は、このグルテンミートは日本で生まれた食品です。その名称は、セイタンという名付けられており、健康運動の先駆者でもある、マクロビオティック創始者の桜沢如一氏が、このグルテンミートをセイタンとしてこの世に広めたのです。

グルテンミートは、肉代わりに食べることで、脂質やカロリーの摂取を抑えられるほか、ベジタリアンの方からも人気を集めています。

大豆を使って肉代わりの食材を作る、「ソイミート」と呼ばれるものもありますが、ソイミートに比べてグルテンミートは柔らかく、歯の弱い高齢の方や小さな子どもでも食べることができるでしょう。

また、ソイミートのように大豆の香りがしないため、料理の幅も広がります。市販の物を買うことができるのはもちろんのこと、自宅で作ることもできるため、さまざまな理由から肉を食べられないことで悩んでいる方にとって、有用な存在と言えます。

グルテンミートの味やカロリー、栄養は?

そもそもグルテンミートは、セイタンもよばれ近年脚光を浴びるようになってきたものですが、昔から精進料理には使われていました。

麩の歴史をさかのぼれば、南北朝時代にまでさかのぼりますが、精進料理に使われていることからも、中国からやって来た禅宗僧侶の手によって広められたものです。

日本は稲作中心の米文化と思われがちですが、稲作が始まったとされる弥生時代にも、小麦は栽培されており、パンに近い食べ物も作り出されていました。日本に麺の文化が定着しているように、米だけではなく麦文化も形成されていたのです。

中国から麩の製法がもたらされることで、麩の種類も日本独自のものが次々と生み出されていったのでしょう。

グルテンの特徴として、強い粘りがあることが有名です。他にも、グルテン強度が変化する要素として、ビタミンCなど酸化成分を添加すると強度が増すという特徴があり、反対に水分が多いと強度は弱まります。

グルテンミートの味やカロリー、栄養は?

ただし、水分が少なすぎてもグルテン自体の量が少なくなりますので、もろくなるということが挙げられます。こねる時間や強度によっても、粘度がかわっていきます。うどんや素麺づくりなどで欠かせないのが、塩水での加水ですが、この塩分を添加することで強度が増していきます

一方、砂糖などの糖分を添加することで、グルテンの強度は弱まってしまいます。同じ様に油脂類を添加することで、たんぱく質の結合を阻害するという現象が起こり、強度が弱まるという結果に繋がってしまいます

もちろん完成したグルテンには何ら問題はなく、揚げ麩などに見られるように、油との相性は悪くはありません。また、サワードウなどは、生地本来の酸性度により強度が変化するのが特徴です。サワードウとは、小麦粉やライ麦粉を混ぜたパン生地のことをいいます。グルテンミートのカロリーは、油を使ったり調理法でも変わってくるので、カロリーを決めるのは難しいです。

しかし、乾燥させたグルテン粉がありますので、グルテン粉の栄養価を知ることで見当が付けられるようになるでしょう。

このグルテン粉は、乾燥した状態で100gが437kcalほどあり、たんぱく質が多く、約79gも含まれているのが特徴です。その他は、炭水化物が約11.7g脂質が約10.7gとなっており、ビタミンやミネラルの栄養素を見てみると、銅とマンガンの成分が高いという特徴があります。

グルテンには、味そのものは全くなく、無味の状態ですので、グルテンミートを作る場合には、味付けを行うことで肉に近い風味を作り出すことができます

ダイエットに効果はある?

グルテンミートは、日本発祥の食材で、セイタンが初めて付けられた名称であり、この名付け親はマクロビオティック創始者の桜沢如一氏の手によるものでした。

日本発祥でありながら、あまり認知度は高くなく、全く聞いたことの無い方の方が多いのではないでしょうか。セイタンが脚光を浴びたのは、その名称が付けられた日本では無く、海外でした

1960年に桜沢氏の命名で生まれたセイタンは、長い時を経て、2015年にイタリアでブームとなり、この人気のおかげで、日本でもTVで紹介されることとなり、再び脚光を浴びたのでした。

イタリアではSEITANとして紹介され、ダイエットに成功したイタリア女性は、半年で20kgものダイエットに成功し、肉と食感がよく似ており、おいしく食べることのできるダイエット食品として、人気の食材となったのです。

ダイエットに効果はある?

グルテンミートは、主にたんぱく質で構成されており、たしかに肉に非常に近い食材で、昔から畑のお肉と言われる大豆にも、引けを取らない食材の代表と言えます。肉にかなり近い食品構成ですが、同じたんぱく質でも植物由来のものであり、肉が食べられない方にも受け入れられやすい食材なのです。

現在このグルテンミートを手に入れるには、缶詰を手に入れるか、自作するかの方法がありますが、缶詰タイプのグルテンミートは、一切味付けがなされていないものが多いようです。

また、昔ながらの方法で、強力粉を練ってグルテンを取り出す方法もあります。現在では、取り出したグルテンだけを粉末にした、グルテン粉も販売されており、オンラインショップで購入できるようになっています。このグルテンには脂質も10%程度含まれていますが、植物由来の油分なので、コレステロールが存在しないという利点があります。

栄養価はそこそこあり、バランスもまずまずヘルシーなのは間違いありませんが、ダイエットに最適とは言えず、ほかの食材との組み合わせによって、満足感を出すことができるでしょう。

調理の工夫次第で、食感と栄養のバランスは、元々肉類と比べてもそん色のないものなので、そのヘルシーさから、ダイエットに利用することも充分に価値があるでしょう。特に効果が見込めるのは、目で見て判るほどの肥満の方で、こうした方は大食漢が多いので、肉料理の量を減らすメニューとしての効果が期待できます。

グルテンミートのおすすめ

22位: 三育フーズ グルテンミート 430g

商品説明

「三育フーズ グルテンミート 430g」は設立1987年、三育フーズ株式会社から発売されている、小麦をまるでブロック肉のようなかたちに加工した100%植物性原料とした食品の缶詰タイプです。原材料には小麦たんぱく、しょうゆ(大豆を含む)、食塩(粗精塩)、コンブエキス、大豆油、砂糖(三温糖)、植物たんぱく酵素分解物、酵母エキスが含まれます。うす味をつけてあるため、料理の素材として調理の際にはさらにお好みの味付けが可能です。和食、洋食、中華料理の肉類の代用としてお肉を制限されている方やコレステロールが気になる方、そして菜食主義の方も美味しく楽しめます。またブロック状になっているので、カレーや煮物、シチュー、酢豚の食材としてもおすすめです。1缶430gあたりの栄養成分はカロリーが109kcal、たんぱく質17.5g、脂質2.8g、炭水化物3.4g、ナトリウム295mg、カルシウム24.7mg、マグネシウム31.7mg、鉄2.5mg、コレステロール0mg、飽和脂肪酸0.40g、食塩相当量0.75gです。賞味期限は2年ですが、開缶後は別の容器に移し替えてから冷蔵庫に保存し早めに使い切ります。大豆と小麦が使用されているのでアレルギーの方はお気をつけください。

レビュー: 4.33点/5点
外部ショップでの口コミ: 1件
  • ヴィーガン生活に欠かせない食品。唐揚げにしてチリソースでいただきます。

11位: 三育フーズ グルテンバーガー 215g

商品説明

「三育フーズ グルテンバーガー 215g」は植物たん白食品やクッキー、玄米加工品など食品加工をおこなう三育フーズ株式会社から発売されている、ひき肉のような形状に加工した植物性たんぱく食品で、215gサイズの缶詰に入っています。原材料は小麦たんぱく、大豆たんぱく(非遺伝子組換大豆使用)、大豆油、小麦でんぷん、しょうゆ、植物たん白加水分解物、食塩(粗精塩)、酵母エキス、三温糖、コンブ末が使用されています。植物性の原料のみで作られており、動物エキス、肉フレーバー、着色料、酸化防止剤、保存料等は一切使用されていません。味つけは薄味のため、しょう油やなどの調味料で味の調節が可能です。また和食や中華、洋食にとどんな料理にも合わせやすいです。100gあたりの栄養成分はエネルギーが173kcal、たんぱく質16.2g、脂質 0.6g、炭水化物3.2g、ナトリウム396mg、カルシウム54.0mg、マグネシウム24.4mg、鉄2.2mg、コレステロール0mgです。純菜食(ビーガン)対応食品でコレステロールを気にせずに、餃子、ハンバーグ、ミートボール、そぼろご飯、ピーマンの肉詰めなど、ひき肉を使用する料理の代用として使うことができます。

レビュー: 4.56点/5点

全対象ショップのレビューは計78件、その平均は4.58点(5点満点)。レビュー数が充実しており、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー4.59点61件
爽快ドラッグ4.53点17件
外部ショップでの口コミ: 3件
  • 味がとてもよくこのお品を入れて調理すると美味しくなり家族に人気です。
  • 大豆は体に良いので、たまにはお肉をお休みしてこういうのもいいと思います。 味はお肉には適いませんが、調理次第でおいしくいただける商品です。
  • 1週間の献立で1日の夕食だけ、動物性タンパク質を使わない日を設けています。このグルテンバーガーで作る餃子や麻婆豆腐が子供達も喜んで食べています。使いやすくて気に入っています。

「グルテンミートのおすすめ」に挙げた商品以外にも、「グルテンミート」カテゴリ内で最近スマートショッピングで注目を集めている商品をご紹介します!

11位: 三育フーズ グルテンバーガー 缶 435g

レビュー: 4.58点/5点

全対象ショップのレビューは計12件、その平均は4.58点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー4.58点12件

グルテンミートの関連ページ

スマートショッピング人気記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。