モリンガのおすすめと効能・ダイエット効果

モリンガ

近年、スーパーフードとして注目されているモリンガは、学名がワサビの木という常緑、あるいは場所により落葉樹のものであり、古代ギリシャ時代から薬用で利用されている歴史があります。当時はインドからアジア各国、またアフリカなどの熱帯地方に広まっていったとされており、インドの伝承医学であるアーユルヴェーダでも、メディカルハーブのひとつに数えられています。このモリンガの特に葉の部分に栄養素がたくさん含まれており、ビタミンBやカロテンなどがバランスよく含まれています。そのため、ダイエット時に栄養を補助する食品として注目を集めるようになったのです。今回は、モリンガの効果や効能、ダイエット効果を高める方法を紹介します。

世界が注目しているスーパーフード「モリンガ」とは

モリンガは非常に成長の早い木で、高さは10mを越え幹回りは45cmにもなるのだそうですが、半乾燥地帯や熱帯あるいは亜熱帯地域と、幅広い地域で栽培されています。沿岸地域でも育ち、広い土壌でなくとも育てられますし、乾燥地帯であっても栽培することができます。

モリンガの木は、葉や花に根っこ、種はエンドウ豆のような鞘となりますので、若く柔らかなうちに採取して食用にされます。また種を蒔いた1年目は、全ての部位を食べることができるといいますが、実生よりも挿し木で育てる方が生育が良いとされます。

日本でモリンガの生育条件に叶うのは、沖縄などの暖かい気候の地域で、実際にこのモリンガは沖縄でも栽培されており、商用にお茶の葉として販売されています。

モリンガは、主に葉を食用に種子はオイル抽出に利用されているもので、その収穫量は様々な条件下で地域差や灌漑方法によっても、大きく異なるとされています。

世界が注目しているスーパーフード「モリンガ」とは

モリンガの果実は、日本でいうところのササゲのような、棒状のさやまめで若い未熟なうちに収穫し、食用にされますが、完熟し種が硬くなるころには、房から豆だけを取り出して煎って食べます。

モリンガの葉も食用に収穫されますが、生食でも食べられます。葉は、甲殻類や貝の毒を中和する作用があるため、料理に入れて食べられています。また、乾燥させて粉末状にしたモリンガ茶としても販売されています。日本ではまだ知名度も低く、流通量はかなり少ないようです。

モリンガの種子は、完熟したものがベン・ナッツとも呼ばれ、この種子からとれるオイルをベンオイルと呼んでおり、モリンガではこのオイルが一番利用価値の高いものとなります。

ベンオイルは、味や香りが無く色は無色で、非常に酸化しにくいために、食用ではサラダやドレッシングなどの調理に使われ、工業用では時計の潤滑油や画材として使われており、薬用では軟膏などの薬剤の成分に、幅広く利用されています。

こうした薬効や酸化しにくい特徴は、美容の世界にも生かされています。肌に優しい成分とされ、フランスでは高級化粧品の材料として使われています。モリンガの利用部分はこれだけではなく、樹液を顔料として使用するほかにも、樹皮、根、根皮は独特な風味があるためにジュースにしたり、生や乾燥させることで煎じ薬にしたりします。

モリンガの効果・効能を徹底分析

モリンガの栄養価で、一番その栄養価が高いのは葉の部分とされ、優れた栄養素が含まれています。その栄養素はビタミンBやビタミンC、β-カロテンであるプロビタミンAのほかにも、ビタミンK、マンガン、タンパク質も含まれており、人間の栄養分の重要な供給源ともなっています

モリンガの栄養素は、バランスよく含まれているために、一般食品と重量100グラムあたりで栄養素を比較しても、多くの食材を摂取するのに匹敵する効果があります。

こうした食用のみならず、工業用にも利用されているのが特徴で、種から採取されるベンオイルはもとより、レイヨンやセロファン製造などにも利用されています。

モリンガの効果や効能は、ワサビの木と呼ばれるほど抗菌作用が強いもので、炎症を抑制する効果がみられます。関節炎発症のラットの実験においては、モリンガの根や葉にメタノール抽出液を与えた痛みの実験を行なった結果、非ステロイド性鎮痛剤であるインドメタシンと同様に作用することが報告されています。

またこのモリンガの種子には、β-シトステロールという成分が含まれおり、喘息モデル動物での実験では、気道の炎症を抑える効果が報告されています。

モリンガの効果・効能を徹底分析

このβ-シトステロールと呼ばれる成分は、不飽和脂肪の一種で、コレステロールと非常によく似た構造をしており、β-シトステロールが、免疫系細胞の反応を抑制して、T細胞からの放出や合成を阻害することで、喘息に対して効果があるとされ、モリンガの根のジュースは、炎症性疾患に効果があると言われています。

また、モリンガの種子に含まれる抽出物は、特定の食中毒原因菌に効果があることがわかっており、コレラや大腸菌に黄色ブドウ球菌の3種の細菌に対して、抗菌作用を示したという研究があります。

モリンガに含まれるさらなる抗菌効果は、モリンガの含有成分であるイソチオシアネート類によって、胃炎や胃潰瘍と十二指腸潰瘍の原因と言われるピロリ菌に対する除去作用も報告されています。

モリンガは、炎症を抑えたい方や免疫力を向上させたい方には、非常におすすめの食材であり、さらに自然食品の一種であるために、安全に摂取することができます。

モリンガには、まだまだ解明されていない働きがあるとされている植物ですが、種子からベンオイルを採るために、種を圧搾した時の搾りかすは副産物となることがわかっており、水の不純物の沈殿を促進する作用によって、飲用の水を浄化するためにも使われています。

ダイエット効果をより高めるには

モリンガの木は、乾燥や半乾燥環境下、あるいは貧相な土壌でもよく育ち、発展途上国の間では栄養価の高い食材として利用されてきました。

生食も可能で、葉の部分や若いさやは、栄養価が特に高く、現地では非常にありふれた食材として流通していますが、日本でこうした生の状態で手に入れることは難しいのが現状です。

代わりに、モリンガの若いさやの缶詰や、ベンオイルなどを始め、葉の部分を粉末にしたパウダーなどの商品を利用することになります。

こうした商品は通販で購入することはできますが、手に入れにくいものもあるために、主に乾燥葉パウダーやモリンガのベンオイルなどを利用していくと良いでしょう。

モリンガが注目され始めたのは、今世紀に入ってからで、ミネラルやビタミンにアミノ酸などを豊富に含む、奇跡の木として注目を集めました。モリンガの節くれだった木は、病気を治療してくれるほかにも、水を浄化し空腹を満たす最も栄養価の高い野菜として、アメリカで紹介されたことから脚光を浴びることになります。

ダイエット効果をより高めるには

特に、ダイエットを行う上で注目されるものは葉の利用方法で、生葉での分析値を見ると、ポリフェノールが赤ワインの8倍、γ-アミノ酪酸が発芽玄米の30倍、ビタミンCがオレンジの7倍も含まれています。

さらにこのモリンガには、ビタミンAが人参の4倍も含まれ、カルシウムは牛乳の7倍、パントテン酸はバナナの3倍以上も含まれているものです。ダイエット効果をより高めるには、こうした栄養価の高い食材を利用することで、少ない量であっても栄養価が高く、効率の良いダイエットが期待できるでしょう。

モリンガの葉は、乾燥したパウダー状のものが売られていますので、料理に混ぜることで手軽に調理することが考えられます。モリンガパウダーは、そのままの状態でスープやソースに混ぜることで使用できます。

日本では実際に、このモリンガパウダーの加工食品も販売されており、葉の粉末をうどんに練り込んだモリンガ麺、クッキーの生地に練りこんだモリンガクッキー、またモリンガの葉を配合した青汁と、これを錠剤加工した健康食品なども販売されています。

ダイエットで一番危険なのは、食べる量を減らすために栄養不足に陥ってしまうことです。その点モリンガは、少量であっても栄養価が高く、人間にとって必要な成分が凝縮されていることもあり、 ダイエット補助食品としても、非常に利用価値のあるものと言えるでしょう。

パウダータイプであるために、ドリンクなどにも簡単に混ぜて服用できる手軽さは、非常に良いポイントと言えます。

モリンガのおすすめ

5. モリンガですよ パウダー 30g

対象ショップで取扱いなし

「モリンガですよ パウダー 30g」は沖縄県国頭郡にある諸喜田農園から発売されている自家生産のモリンガをパウダーにした商品です。沖縄県(今帰仁村)産モリンガを100パーセントを使用しています。農薬や化学肥料、添加物も使用されていません。また、カフェインを含んでいないため子供からお年寄りの方でも安心して飲むことができます。モリンガの葉はGABA、カルシウム、カリウム、ポリフェノールなど栄養素を90種類以上も含んでいるといわれています。またタンパク質やアミノ酸も豊富で、美容や健康が気になる方や不足しがちな栄養を補いたい方にもおすすめです。栄養成分は100gあたりのエネルギーが320Kcal、カルシウム2.71mg、たんぱく質26.5g、ギャバ525mg、脂質4.1g、鉄12.3mg、炭水化物11g、カリウム1.26mg、ナトリウム 84.5mg、ポリフェノールは2.24mgです。粉末タイプなのでお湯に溶かしてお茶として飲用するほかに、抹茶パウダーと同じようにクッキーやケーキなどお菓子作りや料理に使うことができます。賞味期限は製造日より8ヶ月で、直射日光や高温多湿を避け保存します。妊娠中の方や腎臓が悪い方は飲用を控えましょう。


4. FreeOurSoul モリンガのチカラ タブレット 250粒

「FreeOurSoul モリンガのチカラ タブレット 250粒」はFree Our Soulから発売されている、タブレットタイプのモリンガです。人間が必要とするほぼ全ての栄養素を持つといわれるモリンガの葉のなかでも沖縄県産100%の朝摘みモリンガを使用。さらに農薬や化学肥料不使用のものだけが使用されています。1日の摂取量目安は4粒から8粒程度です。ノンカフェインで無香料、無着色のため年齢を問わず飲用できます。またタブレットに加工する際にも凝固剤などの添加物は使用されていません。できれば口に入れて歯で噛み砕いてから飲むと栄養素の吸収率が高まります。薬を服用中や通院中の方、妊娠中の方、人工透析をしている方は飲用前に医師に相談してからの使用をお願いします。1袋25gあたりのエネルギーは96kcal、たんぱく質7.5g、脂質2.8g、炭水化物11.5g(食物繊維6.0g、糖質5.5g)、ナトリウム20.5mg(食塩相当量0.05g)、カリウム282mg、カルシウム772mg、ビタミンC4.3mg、ビタミンE28mg、マグネシウム128mg、鉄分2.3mg、β-カロテン17.1mg、γ-アミノ酪酸(ギャバ)56mg、アスパラギン酸517mg、グルタミン酸647mg、ポリフェノール650mgです。開封後は直射日光を避けて、湿気の少ない冷暗所に保存するようにします。


3. モリンガパウダー 80g

モリンガパウダー 80g
¥2424/100g
40%安
¥1,939 ケンコーコム
¥1,998 Amazon(アマゾン)

「モリンガパウダー 80g」」は株式会社スーパーフーズ・インターナショナルジャパンから発売されている100%のフィリピン産のモリンガを使ったパウダーです。原材料はモリンガ葉粉末のみ使用し、100gあたりの栄養成分にはエネルギーが382kcal、たんぱく質30.5g、脂質7.6g、炭水化物20.9g、ナトリウム99.5㎎、葉酸0.74㎎、GABA278㎎、ポリフェノール1.1g、トリプトファン0.502g、BCAA4.78g、必須アミノ酸総量10.66gが含まれます。モリンガはインド原産のワサビノキ科の樹木で、葉だけなく根や樹皮、果実、種までも食用として利用されます。なかでも根は刺激があることから「ワサビノキ」とも呼ばれ、香辛料として使用されています。杉の木の50 倍ともいわれるCO2の吸収力を持つといわれ、地球環境にも良い植物とされています。1日あたりの摂取目安は小さじ1杯から2杯程度を水に溶かしたり、またはミルクに加えても美味しく飲めます。またスムージーにしたりスープ、カレーなどに入れて楽しむこともできます。葉にはビタミンAやビタミンC、β-カロテン、カルシウム、鉄、カリウム、たんぱく質、メチオニン、シスチン、トリプトファン、リジンなどのアミノ酸が含まれ、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、GABAも含有しているすぐれた食材です。


2. 石垣島モリンガ 野菜モリンガ 28g

対象ショップで取扱いなし

「石垣島モリンガ 野菜モリンガ 28g」は沖縄・石垣島を中心とした名産品や特産品の通販販売をおこなう株式会社サンライズから発売されている国産モリンガのリーフタイプです。今注目を集める植物、モリンガは90以上の栄養素と46の抗酸化物質を持つといわれており、スーパーフードよばれる食材のひとつです。本品は沖縄の太陽と自然の恵みを受けた沖縄産のモリンガを農薬や除草剤、化学肥料を使わずに丹精込めて丁寧に栽培しています。毎日食前食後やお茶の時間に、ティースプーン約2杯(2g程度)を、1Lのお湯で煮出すとモリンガ茶が簡単に楽しめます。水出しの場合は冷蔵庫で数時間置きます。お好みで濃さは調節することができ、アイスでもホットでも1年中美味しく飲むことができます。また味にクセがないため、炒め物や煮物、カレー、味噌汁やスープなど、料理にも混ぜることができます。本品は約1週間楽しむことができるお試し用のサイズで、初めてモリンガを飲む方や一度飲んでみたいと思っている方にもおすすめです。さらにパック入りのため開封後もチャック閉めて保存することができる便利なタイプ。なお妊娠中や授乳中の方は多量摂取を控えるようにしましょう。


1. アドナ モリンガ スーパーリーフパウダー 100g

アドナ モリンガ スーパーリーフパウダー 100g
¥1680/100g
59%安
¥1,680 Amazon(アマゾン)

「アドナ モリンガ スーパーリーフパウダー 100g」はアフリカのスーパーフードの製造加工をおこなうイギリスのブランド「ADUNA(アドナ)」から発売されているモリンガのパウダーです。モリンガとは奇跡の木とよばれる、アフリカやインド原産の樹木で最古のインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」によると何百年もの間、多くの病を防ぎ、人々の健康維持のため重宝されていたといわれています。またモリンガの葉の栄養素は豊富でビタミン、ミネラル、アミノ酸の宝庫といわれています。その葉は一般的には機械によって高温で乾燥させますが、ADUNAではガーナで育ったモリンガの樹から日没後に葉を収穫します。その後、丁寧に水で洗浄しモリンガの栄養価を最大限に維持するため日陰で自然乾燥させます。この過程で、生鮮時のモリンガの葉の10倍以上もの栄養価が濃縮されます。またほかの工程も45度以下でおこなうため、熱に弱いビタミンなどの栄養素もそのまま維持することができます。また無着色・無香料の完全無添加に、保存料も使われていません。使い方は1日にティースプーン2杯程度をお湯や水に溶かしてハーブティーとして、また料理に使うことも出来ます。こちらはお試し100gタイプですが、ご家族で毎日楽しむには200g入りタイプや275g入りの大容量タイプもおすすめです。


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。