非常食のおすすめ商品。さらなる災害に備えて

非常食

ここでのテーマは「おすすめの非常食」です。万が一のための備えとして非常食を買っている方はたくさんいるでしょう。特に日本というのは地震の多い国です。そのため、いつ何が起きてしまうのか分かりません。非常時にに対応するためにも、非常食というのは必要不可欠なものです。東日本大震災からも時間がテチましたが、特に被害の大きかった岩手、宮城、福島の3県を中心とした被災地では、現在も震災からの復興に向けた取り組みが続いています。一方で、それ以外の地域では、歳月が経つにつれ震災や復興に関する情報が少なくなり、関心も失われつつあるなど、震災の“風化”が叫ばれて久しいです。

東日本大震災のような自然災害というのはいつ起こるかわかりません。こういう気づいた機会にいざというときのためのグッズを揃えておくというのは非常に重要です。今日は非常食についてのご紹介をしたいと思います。

非常食を準備する前に考えるべきこと

まずは非常食を準備する前に、押さえておくべき注意点について説明します。

  • ①必要となる非常食の種類
  • まず必要となる非常食の種類を検討することが重要です。必要な非常食を検討するにあたっては、それぞれの家族構成を考えなければなりません。小さなお子さんがいる場合には粉ミルクと水と水を沸かすための道具が必要になりますし、お年寄りの方がいる場合には常備薬も必要になる可能性もあります。

    さらに、実際に避難することになった際、ただでさえ水は貴重となりますので、水なしで食べられる缶詰や乾パン、アメ、カロリーメイトなどが非常食としては適しています。また賞味期限の問題があるので、色々インターネットで探せば賞味期限も長く、非常食として有効なものがこれら以外にも見つかると思います。

  • ②非常食の日数
  • ある程度の自然災害を想定して、持出用非常食として準備する食料の量を検討しておかなければなりません。結局たくさんの非常食を用意していても、持ち歩けないようじゃ意味がありません。さらに、この情報は家族間でも情報を共有しておく事が大切です。

    最悪の場合を想定し、例えば遠く離れた避難所までその重量で背負っていっても問題無い量にとどめるようにしないといけません。現在の日本の対応状況からは、3日~5日分もあれば十分と思いますが、どの程度あれば十分なのかは起きた災害状況やお住まいの地域状況にもよるので、一概にこうだとは決められないので、各自で想定が必要です。

非常食の種類や賞味期限は?あると便利なおすすめの非常食は?

万が一のための備えとして非常食を買っている方はたくさんいるでしょう。特に日本というのは地震の多い国です。そのため、いつ何が起きてしまうのか分かりません。そんなときに対応するためにも、非常食というのは必要不可欠なものです。そんな非常食ですが、実際に買ってみたあとの対処について分からないことがある方はたくさんいるでしょう。

賞味期限がどのくらいあるのか、賞味期限が近づいてしまった場合はどうするべきなのか迷ってしまうことがあるはずです。そんな非常食についての情報をまとめました。これから非常食を活用するときのポイントを、ぜひとも参考にし、非常食を有効に活用しましょう。非常食があなたを助けてくれます。

いつ買い換えればいいの?非常食の賞味期限

災害が起きたときには食料を確保しておくことが大切です。食料さえあれば、人間は生きていくことができるからです。そのための食料として非常食というものがあります。非常食を自分は常備しているから大丈夫だと安心している方は多いでしょう。

しかし、非常食にも賞味期限があることは知っておくべきです。もちろん普通の食品と比較すれば、非常食の賞味期限はとても長くなっていますが、それでも賞味期限が設定されています。いつまでも長持ちするわけではないことは覚えておきましょう。

非常食の賞味期限はもちろん商品によってかなりの幅があります。3年となっているものもあれば、5年のものもあります。中には10年や20年経過しても食べることができるものも売られています。これから非常食を買う場合には、賞味期限をきちんと把握しておくことが大切でしょう。

一般的な非常食の賞味期限は3年から5年に設定されていることが多いです。アルファ化米であれば3年くらいのものが多く、レトルト食品や乾パンなどの場合は5年となっていることが多いです。

それでは賞味期限が切れてしまうと食べられなくなってしまうのでしょうか?普通の食品でも賞味期限切れのものを普通に食べられることがあります。これは非常食に関しても同じことです。賞味期限が切れたからといって、すぐに食べられなくなるわけではありません。しかし、どうしても味や品質は劣化してしまうでしょう。

普通、食品には賞味期限と消費期限の2つが設定されています。このうち消費期限というのは、腐りやすい食品について決められたものです。消費期限を過ぎてしまうと食べてしまったら危険なものが多いです。一方、賞味期限というのはもともと長期保存できるものに設定されていることが多く、メーカーが独自に決めることができます。

そのため、メーカーは賞味期限を短く設定していることが多いです。その方がおいしく食べてもらえる可能性が高くなるからです。なので、賞味期限が切れたとしても我慢をすれば食べることはできるでしょう。

ただし、賞味期限切れのものにも限度はあります。非常食の賞味期限が切れたのであれば、新しいものを準備する方が良いでしょう。3年や5年おきに買い換えるならばそれほど大きな出費にはならないです。その間に非常食の新商品が出ている可能性もあります。そして、より自分の好みに合った非常食を用意できるようになります。賞味期限はしっかりと把握しておきましょう。

おすすめの非常食とその特徴

家に置いておくと便利な、スマートショッピングおすすめの非常食をご紹介します。


1. カロリーメイト ブロック プレーン 4本 80g

カロリーメイト ブロック プレーン 4本 80g
¥203/100g
カロリーメイト ブロック プレーン 4本 80g
¥162 ヨドバシカメラ
¥189 SEIYUネットスーパー(ス)
他5ショップ

「カロリーメイト ブロック プレーン 4本」は、生活に必要な栄養分をバランスよく補給できる栄養食品です。11種類のビタミンをはじめ、6種類のミネラル、タンパク質、脂質、糖質を手軽に補給でき、ビタミンは1日に必要な量の約半分が含まれています。

コンパクトにまとまっているため、持ち運びも簡単。朝食を食べる時間がないときにでも、かばんに忍ばせておけば、学校や会社で簡単に栄養補給ができます。

賞味期限も長く、常温で長期間保存できるため、実は非常食としても優秀なカロリーメイト。あっさりとした癖のない味わいで、どんな人でも無理なく食べることができます。


2. 明治屋 MY おいしい缶詰 牛肉のデミグラスソース味 缶75g

明治屋 MY おいしい缶詰 牛肉のデミグラスソース味 缶75g
¥572/100g
明治屋 MY おいしい缶詰 牛肉のデミグラスソース味 缶75g
¥429 爽快ドラッグ
¥447 LOHACO(ロハコ)
他2ショップ

「明治屋 MY おいしい缶詰 牛肉のデミグラスソース味 缶75g」は、明治屋の名にふさわしい、高級なごちそうとも言える缶詰。赤ワインをベースにした特製デミグラスソースが濃厚で、牛肉は柔らかく煮込まれています。

この缶詰1つあると、パンにつける、ご飯と一緒に食べるなど幅広い使い方ができます。ちょっとしたワインの贅沢なおつまみにはもってこいの商品です。実は、非常食としても長期保存できる缶詰で、主食を選ばないためとても便利。気が滅入る災害の際にも、ちょっとした贅沢ができ、気分をほっこりさせることができるでしょう。

災害は突然やってきます。いざという時のために備えて、早めに対策を打っておきましょう!


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。