高カカオチョコレートの効果やおすすめのダイエット方法は?

健康やダイエットに関心が高い方が注目しているお菓子というと高カカオチョコレートです。カカオの分量が高く、それに対して砂糖の量が一般的に少なくなっており、ヘルシーなイメージを持っている方も多いことでしょう。チョコレート自体は多くの方が好きな食品ですが、デメリットとしてとてもカロリーが高いという点も否定できません。特にダイエット中の方は避けた方がいいといわれる食品となっています。しかしダイエット中でも時には食べたいものです。そんな時にぴったりなのが高カカオチョコレートです。しかし具体的な効果や効能といったものはわからない方も結構いるのではないでしょうか。そんな方に高カカオチョコレートに関する役立つ情報をご提供します。

高カカオチョコレートの効果・効能

高カカオチョコレートは一般のチョコレートに比べてカカオマスが多く配合されています。中には70%ものカカオマスが含まれているものや、それ以上のタイプなども登場してきています。カカオマスには食物繊維やミネラルなどが豊富に含まれているのですが、まずその中でも最も注目したいのがポリフェノールです。カカオマスにはポリフェノールが多く含まれていますが、この成分は活性酸素を除去する働きが期待できるので、まず美容に対して効果があります。赤ワインにも多いポリフェノールですが、体内に取り入れることで活性酸素を除去し、活性酸素による細胞の攻撃を弱めていくことができます。活性酸素が多く活動をすると細胞へのダメージが大きくなり、老化を促進してしまいます。そのため肌の衰えが加速し、美容に対して悪影響を及ぼしてしまうことになるのです。アンチエイジングのため、いつまでも肌を美しく保っていくためにポリフェノールを積極的に摂取することはとてもいいことですし、そのために高カカオチョコレートを食べることは美容にいいと言えます。しかも製品自体おいしいので苦痛を感じることもありません。

カカオのポリフェノールはストレス耐性に役立たせることができます。チョコレートを食べると幸せな気分になり、癒しの効果を得ることができますが、これはカカオマスのポリフェノールの効果も一部影響しているのです。リラックスしたりストレスに対して耐性をつけていくために、ポリフェノールを積極的に体内に取り入れていくのはとてもいい方法です。またポリフェノール自体は天然由来で安心なので、毎日のように体内に取り入れたとしても健康を損ねることはありません。日常的に忙しく働いていたり、家事などでストレスなどを感じている方は体調を崩しやすく、また美容の面でも影響があります。ストレスによって活性酸素が体内で発生することもあり、美容や健康に対する悪い影響が出てくるものです。全体的な体の健康維持、またストレスを軽減させて元気に生活を送っていくために、カカオマスがたっぷり含まれている高カカオチョコレートを取り入れていくといでしょう。一般のチョコレートは肥満などの心配がありますが、高カカオチョコレートなら適量を守るようにして、日常の生活に上手に取り入れていけばリラックスしたり癒しをかんじやすくしてくれます。我慢せずに少しだけを守っていると、体全体の健康や美容への効果を得ることができます。

高カカオチョコレートのカロリーは?

チョコレート一般に言えることですが、脂肪分が多いのでカロリーが高いという点でダイエット中の方などにはとても気になるものです。チョコレートのメインとなる原料はカカオマスですが、このカカオマスは脂肪が多いため、チョコレートも脂肪が多くなりがちです。またチョコレートの中でもカカオマスの配合量がより高くなっている高カカオチョコレートになるとより一層脂肪分が多いため、カロリーが高いのではないかと思われています。実際にカロリーが顕著に高いものなのでしょうか。

実際には高カカオチョコレートは脂肪分が高くなりがちで、一般のチョコレートに比べて1.2倍から1.5倍程度に脂肪の量になっています。カカオマスが多く入っているためこのような結果になるのは当然かもしれません。ただ脂肪が多いかどうかではなく、全体的なカロリーの点を比較してみるとどうでしょうか。全体的なカロリーの面では一般のチョコレートも高カカオチョコレートもあまり変わりは見られないのが実情です。脂肪分が多くてもカロリーに違いが見られないため、高カカオチョコレートだからといってカロリーが大幅に高いとは言えません。また高カカオチョコレートは多くの商品が販売されており、それぞれでカカオマスの配合量が異なっています。全体の50%程度カカオマスが入っている商品や、80%という高さでカカオマスが入っている商品も見られます。こうカカオチョコレート同士の比較でもカロリーの面では大きな差は見られません。そのためカロリーを気にする必要はありませんし、味やカカオマスの配合量などで自分の好みの商品を選択して、生活の中に取り入れていけばいいでしょう。カロリーの面で高カカオチョコレートでは他の商品との違いがないことは結構意外に思った方もいることでしょう。しかしそれほど不安になることもないものなのです。

一般的なタイプも高カカオチョコレートもカロリーは変わりませんが、ただそれでもカロリーが高めなのは事実です。ですからいくら美容や健康にいいからといって多く食べることは避けなければなりません。この点をしっかりと意識してちょっと食べるようにすることでカロリーの面でのデメリットを受けることはありませんし、リラックスや癒しの効果を得ることができます。また高カカオチョコレートに含まれているポリフェノールや食物繊維による美容や健康への効果もあるので、適度に取り入れていくようにしていけば問題はありません。

おすすめのダイエット方法

色んなメーカーで販売されているチョコレートですが、高カカオチョコレートは他の商品に比べてカロリーが特に高いものではありません。ですから心配して一般的なチョコレートを選択する必要もありませんし、上手に量を考えていけば健康や美容に役立たせていくことが十分にできるものなのです。チョコレートが大好きな方は多いものですが、カロリーの点が不安になって食べるのを控えてしまうと反動でつい多く食べてしまったり、他のお菓子を食べてしまうということもあり得ます。チョコレートが好きな方は無理をする必要はありません。ただ上手に生活の中に取り入れていけば太る心配はないものです。それでは誰もが成功させたいダイエットで、どのようにしてチョコレートを活用していったらいいのでしょうか。

高カカオチョコレートは甘すぎないため、甘いものを多く食べる習慣を避けることができます。ダイエットを成功させるためにはあまり甘いものばかり食べないようにすることが大切です。甘いものを多く食べると習慣になってしまい、高カロリーな甘いものを多く食べたくなってしまいます。しかし我慢をしすぎると反動が起きてしまい、ついたくさんの甘いものを食べてしまうようになります。そんな時にあまり甘くない高カカオチョコレートを少しだけ食べれば満足感を得ることができますし、ゆっくりと口の中で溶かしていくことで癒しの効果を得ることができます。少量のチョコレートだけでも満足感が得られますし、甘いものをドカ食いする習慣を脱することが可能です。これによってダイエットを成功に導いていくことができます。

チョコレートが好きな方はどうしても毎日たくさんチョコレートが食べたくなってしまいますが、これを我慢すると反動のドカ食いが起こってしまいます。高カカオチョコレートは甘さがあまりないため、一気にたくさん食べることは結構難しいものです。そのため少しずつ食べることになりますが、チョコレートが大好きな方はあまり食べすぎることがなくなるのでダイエットには好都合です。チョコレート好きな方は高カカオチョコレートに変更してみることをお勧めします。そしてチョコレートを食べたくなったら、高カカオチョコレートを少し食べて満足感を得てみましょう。きっといつの間にか今までよりもチョコレートの消費量を軽減させていくことができるはずです。ダイエットをしながらチョコも食べたい方は是非実践してみてください。

高カカオチョコレートのおすすめ

5位: カレ・ド・ショコラ カカオ70 21枚

¥300 SEIYUドットコム(西友)
¥319 イトーヨーカドー
他4ショップ

4位: ガルボ プレミアム深みカカオ 箱60g

ガルボ プレミアム深みカカオ 箱60g
¥467/100g ¥280/個

3位: 毎日カカオ70% 152g

毎日カカオ70% 152g
137円お得
¥182/100g
53%安
¥276 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥352 (x2) LOHACO(ロハコ)
他1ショップ

商品説明

毎日カカオ70% 152gは、健康志向の方のための高ポリフェノール入りチョコレートです。

カカオ分が70%と高く、1袋に3,000mgもポリフェノールが含まれているのです。

食べるだけで抗酸化力をアップして、身体のバリアを強くしてくれます。

チョコレートは健康に悪い食べ物というイメージがあるかもしれませんが、現実はそうではありません。

砂糖と脂肪分さえ抑えることができれば、チョコレートほど健康によい食べ物はないと言われているのです。

毎日カカオ70% 152gの平均価格は400円くらいですが、内容量が多いので決して高くはありません。

健康食品として考えるならば、この価格は激安とも言えるでしょう。

最安値モールだと送料を除けば、300円くらいで販売しているところもあります。

他商品と一緒に購入して、送料を抑えるという方法もおすすめです。

市販のチョコレートは砂糖と脂肪が多く含まれているので、毎日食べていると肥満の原因になりやすいです。

ミルクチョコレートよりもブラックチョコレートのほうが栄養価は高いですが、さらに毎日カカオ70% 152gは高栄養価となっています。

チョコレートの栄養価だけを濃縮したような商品なので、ポリフェノール補給としても最適です。

2位: チョコレート効果 72% 箱75g

チョコレート効果 72% 箱75g
¥283/100g
¥212 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥235 SEIYUネットスーパー(ス)
他2ショップ

1位: チョコレート効果 86% 箱70g

チョコレート効果 86% 箱70g
¥303/100g
¥212 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥235 SEIYUネットスーパー(ス)
他3ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。