チョコレートトリュフおすすめのブランドは?カロリーも

日本国内では様々な種類のチョコレートが販売されていますが、チョコレートはどれも特徴が異なっていますし、見た目や味も大きく違います。それぞれに魅力がありますが、その中でもとろっとした柔らかいチョコをさらにチョコでコーティングした小さい球形の見た目がキュートなチョコレートトリュフは食べやすいサイズもあって昔から人気が高いチョコレートです。味もそれぞれ異なっていて、違ったおいしさを楽しむことができます。このチョコレートトリュフはどういった特徴があり、また気になるカロリーはどのくらいなのでしょうか。またさらにいろんなタイプを楽しめるように、魅力あるブランドはどんなものがあるのかご紹介してみたいと思います。

チョコレートトリュフってどんなチョコ?

チョコレートトリュフの最も大きな特徴として小さい球形になっている点が挙げられます。直径3センチ程度で小さく、指で軽くつまんで口に運ぶことができます。そのため職場でちょっとした休憩で気軽に味わうことができたり、またかわいいプレゼントとして活用することができます。とても小さい形がキュートですが、中に入っている柔らかい部分をガナッシュといいます。チョコレートトリュフは一般的に中の部分が柔らかいガナッシュ状になっており、口の中でとろけるような食感を味わうことができます。またそのガナッシュを溶けないようにコーティングしているのがクーベルチュールチョコレートです。クーベルチュールチョコレートは高級なチョコレートですが、ガナッシュと2層になっていることでより一層味わいがリッチになりますし、また複雑な味を口の中で感じることができます。

チョコレートトリュフの外部はプレーンな状態になっているものもありますが、いろんなアイテムでまぶしていることが多いものです。例えばクリスマス時期などには粉砂糖をまぶして雪のような見た目にしているものもあります。シンプルで優しい口どけがこのタイプの特徴です。またココアをコーティングしてちょっと苦みを効かせた大人の味わいに仕上がっているタイプもあります。さらによりリッチ感のある味わいに仕上げるためにクラッシュドナッツをまぶしているチョコレートトリュフもあります。クラッシュドナッツとはヘーゼルナッツやアーモンド、ココナッツなどのナッツ類で、クラッシュしてパウダーのようになっています。素材だけではなく、デコレーションやチョコによるデザインでより高級感やアートな雰囲気の見た目に仕上がっているものも見られます。

ガナッシュの部分もシンプルなものもありますが、アイデアを凝らした商品も最近では見られます。例えば生クリームをよりたっぷり使用してリッチ感と口どけの良さを追求しているタイプもあります。またより香ばしさを感じさせるためにナッツやキャラメルをミックスしているものもあります。さらにフルーティーな味わいを引き出すために、フルーツを混ぜ込んだタイプなども登場してきています。このようにチョコレートトリュフといっても1種類だけではなく、いろんな食材を使用していろんな組み合わせの商品が実際には販売されています。見た目の高級感やかわいさから、今後も日本のチョコレート市場では主流のタイプであることには変わりないように思われます。

カロリーはどれくらいなの?

チョコレートを食べる時に最も気になるのがカロリーでしょう。とてもおいしい食品ですが、反面食べやすくさらっと何個も口に入ってしまうたびにカロリーのことが気になってしまう方も多いことだと思います。チョコレートの中でも比較的見た目が小さいチョコレートトリュフに関してはカロリーが高いものなのでしょうか。

チョコレートトリュフ自体は見た目が小さいのであまりカロリーが高いように思わない方もいることでしょう。しかしこのチョコレートはガナッシュが柔らかく、その分脂肪が多くなっています。またガナッシュをチョコレートでコーティングしているため、さらに脂肪や糖質が高くなっています。そんなチョコレートトリュフですが、今ではいろんな商品が販売されているため、商品によってカロリーが当然のことながら異なっています。しかしちょうど中間の点を見てみると、一般的に50キロカロリー前後がチョコレートトリュフの熱量となっています。

チョコレートトリュフは1個だけだとそんなにカロリーの面では大きくないものです。おやつの中でも比較的ヘルシーだとされているゼリーでは50キロカロリー程度の商品は多くあるので、そう考えてみるとチョコレートトリュフ1個を食べても肥満の原因になるとは言えないものです。しかしこのチョコレートトリュフも何個も食べるとカロリーオーバーになってしまい、肥満の原因となってしまうものです。そのためたくさん食べすぎないようにすることが大切です。

チョコレートトリュフは1個当たり50キロカロリーなので、少しだけ食べればダイエットに影響を与えることはありません。またこの食品のメリットとして脂肪が多いので腹持ちがいいという点です。他のチョコレートで脂肪が少なめのタイプだと砂糖が多く入っていることもあり、また腹持ちがチョコレートトリュフほど良くありません。そのため何個も食べてしまう恐れがあります。チョコレートトリュフは意外にもカロリーオーバーになりにくいチョコレートだと言えます。また選ぶのであれば腹持ちがいいタイプを選択するとよりいいでしょう。例えばガナッシュに生クリームを多く使用している高脂肪のタイプ、ナッツを使用し、脂肪が多めで腹持ちがよりいいタイプなどが特におすすめになります。チョコレートトリュフを1つ食べるだけで満足感が得やすいですし、50キロカロリーなのでおやつとしてはちょうどいいのではないでしょうか。ダイエット中の方も適量なら我慢することなくおいしくいただくのもいいでしょう。

チョコレートトリュフの人気ブランドは?

チョコレートは世界中で食べられていることもあって、いろんなブランドがありますし、メーカーからも手軽な商品が販売されています。ちょっと職場や自宅などで簡単に食べるようなリーズナブルなもの、大切な方へのプレゼントとして購入したいものなど、価格によって分類されます。チョコレートトリュフに関しても同様にいろんなブランドが販売していますし、商品によって大きく価格も異なっています。そんな中でどんなブランドが人気となっているのでしょうか。

チョコレートのブランドが多い国としてトップクラスなのがベルギーです。ワッフルでもおなじみの国ですが、ベルギーで最も人気が高いのがやはりゴディバです。高級チョコレートというとこのブランドを思い出す方も多いことでしょう。ゴディバもいろんな種類のトリュフチョコレートを販売していますが、まず味わいについては最高級のカカオを使用していることもあって香りがとても上品で、優雅な気分に浸ることができます。上質なカカオは香りで癒されますし、チョコレートの味わいを最高のものにしてくれます。また他の原材料も上質なものを使用しているため、トリュフチョコレートのおいしさは格段に違います。口どけが良く、1つだけでも満足感が感じられます。

チョコレートは日本でも大人気となっていますが、ゴディバと同じように最高級のトリュフチョコレートを販売している人気のブランドがあります。メディアにも登場したことがある辻口博啓氏がプロデュースするモンサンクレールは厳選された材料を使用し、高級感にあふれる商品を提供しています。特にトリュフチョコレートは口どけの良さが素晴らしく、リッチな味わいと芳醇なカカオの香りが特徴となっています。高級感のあるどっしりとした風格のトリュフチョコレートを食べたいと思ったらモンサンクレールがお勧めです。日本のブランドでモンサンクレールよりももっとリーズナブルで人気のあるブランドではモロゾフが挙げられます。品質の高い原材料を使用しており、大人の味わいのトリュフチョコレートを販売しています。日常使いで高級感が感じられるチョコレートを食べたいと思ったらモロゾフを選ぶといいでしょう。以前ではベルギーやフランス、スイスといったチョコレートのブランドを多く販売している国のトリュフチョコレートが人気でしたが、日本でも本格的なものを販売している人気のブランドも多く登場してきています。

チョコレートトリュフのおすすめ

2位: ショコモドトリフ ブルーベリー(100g)

対象ショップで取扱いなし

1位: バートリュフ 44g

バートリュフ 44g
¥417/100g ¥184/個

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。