最終更新日:2018-02-09
 
閲覧数: 37

ホワイトチョコレートのおすすめとカロリー・ミルクチョコとの違い

ホワイトチョコ

庶民派チョコニスタ

ありとあらゆるチョコレートを求め、あちこちのデパ地下をさまようライター。銀座のショコラストリートは聖地。最近はコンビニでも買えるチョコレート菓子に夢中です。

誰もが大好きなチョコレート。バレンタインシーズンには、たくさんのチョコレートが街中にあふれ、 幸せな気持ちになります。

しかし、チョコレートといってもたくさんの種類がありますよね。今回ご紹介するのは、その中でも、ミルクチョコと肩を並べるほどメジャーになってきた、ホワイトチョコレートです。 そのミルキーでクリーミーな味わいは、実はミルクチョコレートよりもファンが多いかも?

そんな人気のホワイトチョコですが、どうしても気になるのはカロリーですよね。
一般的にカロリーが高いという先入観のあるチョコレートですが、ホワイトチョコレートのカロリーは、実際どのくらいなのでしょう。

そこで、ここではホワイトチョコレートのカロリーを、他のチョコレートと比べてご紹介します。また意外と知らない、ホワイトチョコレートとミルクチョコレートとの違いなども、詳しく解説します。ミルクチョコ好きさんは、是非チェックしてみてください。

ホワイトチョコのおすすめは?カロリーやミルクチョコとの違い

ホワイトチョコのカロリーは?

甘くて太る原因になるイメージがあるチョコレートですが、カロリーは一体どのくらいなのでしょうか。

ホワイトチョコのカロリー

ホワイトチョコのカロリーは、板チョコ1枚(50グラム)あたり、およそ300kcalほど。ミルクチョコレートはというと、1枚280kcalほどなので、ホワイトチョコは、ミルクチョコレートよりわずかにカロリーが高いということになります。

その理由は原材料にあります。

ホワイトチョコのカロリーは?

ホワイトチョコレートはココアバター、すなわちカカオマスの脂肪分からできています。そしてそれに加え、ミルクや砂糖が加わるため、高カロリーになります。

他のチョコレートと比べて

苦味があることから、カロリーが低いと思われがちなビターチョコレートは、意外にも高カロリーで、チョコレートの中では、一番カロリーが高い種類になっています。

しかし、その理由は糖分ではなく、カカオ豆に含まれる栄養豊富な油脂をたくさん含んでいるから。
そしてこの油脂は、体脂肪として蓄えられにくい脂肪分と言われています。そのため、カロリーが高くても肥満につながりにくいんだとか。

つまりどの種類においても、それほどカロリーの差はないですが、
ホワイトチョコよりも、カカオマスを含むミルクチョコレートや、ビターチョコレートの方が、太りにくいでしょう。ただし、太りにくいとはいえ、高カロリーなので食べ過ぎないよう注意が必要です。

ミルクチョコとなにが違うの?

真っ白な姿にクリーミーな味わい。ホワイトチョコは、ミルクチョコレートとは、見た目も、味もまったく異なります。では、なぜ違うのかと言うと、それはカカオ豆の使用方法、製造工程の違いにあります。

カカオ豆の使用方法の違い

ホワイトチョコも、原料は主にミルクチョコレートと同じ、カカオ豆、砂糖、ミルクからできています。 ミルクチョコレートは、カカオ豆を焙煎させた、カカオマスと呼ばれるものに、残りの材料を混ぜて作られます。

一方、ホワイトチョコレートはカカオマスの外皮を取り除いた後、ココアの粉とココアバターと呼ばれる脂肪分に分けます。そしてカカオマスは使わず、このココアバターのみに、残りの材料を混ぜて作られます。

すなわち、このカカオマスが入っているかいないかが、ホワイトチョコとミルクチョコレートの違いです。そして、茶色い色をしているカカオマス、これが入っていないためにホワイトチョコレートは真っ白な姿をしているということになります。

ミルクチョコとなにが違うの?

製造工程の違い

また、ホワイトチョコは、苦味成分が含まれているカカオマスの外皮を取り除いて作ります
そのため、ミルクチョコレートのようなほろ苦さは感じず、むしろミルキーな味わいになるのです。

ホワイトチョコは、このチョコレート独特のほろ苦さがないことにより加工がしやすいため、いちご味や抹茶味などのチョコレートには、ホワイトチョコが使用されています

違いは効能にも

ミルクチョコレートとホワイトチョコの違いは、味だけではなく、効能にもあります。
カカオマスには、ポリフェノールと呼ばれる健康成分が、実に多く含まれています。このポリフェノールには、老化や、ガン、動脈硬化などの原因にもなる活性酸素を抑える働きがあります。またそれに加え、ストレスを減少し、アレルギーやリウマチなどにも効果があると言われています。

そのため、カカオマスを使っていないホワイトチョコは、ミルクチョコのように、ポリフェノールの健康成分がありません。しかしその代わり苦味がないので、ミルクチョコレートよりも食べやすく、アレンジしやすいのが特徴です。

ホワイトチョコのおすすめ

10位: ホワイト&ゴールド 箱250g

ホワイト&ゴールド 箱250g
¥1366/100g

9位: ハワイアン ハートギフト ホワイト 40g

ハワイアン ハートギフト ホワイト 40g
¥391/100g ¥157/個
37%安

8位: ピープル・ツリー フェアトレードチョコレート ホワイト・ジンジャー&レモン 50g

ピープル・ツリー フェアトレードチョコレート ホワイト・ジンジャー&レモン 50g
¥750/100g

7位: ホワイトチョコレート 40g [6832]

ホワイトチョコレート 40g [6832]
¥238/100g
61%安
¥95 SEIYUネットスーパー(ス)
¥105 イトーヨーカドー
他4ショップ

商品説明

ホワイトチョコレートは、砂糖、ココアバター、乳固形分で作られるお菓子です。通常の茶色いチョコレートと違う点は原料のカカオ豆の使用法にあります。通常のチョコレートはカカオ豆を発酵、乾燥、焙煎、磨砕し、冷却、固化した“カカオマス”と呼ばれるものに、残りの原料を入れて作られています。対してホワイトチョコレートは、カカオ豆を焙煎した後、外皮を取り除いて「ココアの粉(カカオマス)」と「脂肪分(ココアバター)」に分けます。このうち、カカオマスは使わず、ココアバターに、粉乳・砂糖を混ぜて作られるのです。そのためホワイトチョコレートは、カカオ豆の外皮を取り除くことによって、外皮にある苦味成分である「テオブロミン」が含まれていないため、より甘いと感じられます。またチョコレートのような独特の苦味成分がないため、お子様でも食べやすく人気です。

明治がつくるホワイトチョコレートは使う原料を厳選し、コクのあるミルク感とすっきりした後味を実現しています。また明治のチョコレートは「ピュアチョコレート」という、余計なものをいれない身体にも優しいチョコレートなので子供からお年寄りまで、おやつに食べても安心の品質です。そのまま食べても、お菓子作りに活用することも出来ます。

6位: マルルンマン ホワイト 360g

マルルンマン ホワイト 360g
¥428/100g
31%安

5位: ガーナ ホワイト 45g

ガーナ ホワイト 45g
¥211/100g
66%安
¥95 SEIYUネットスーパー(ス)
¥105 イトーヨーカドー
他4ショップ

商品説明

「ガーナ ホワイト」はロッテが満を持して発売したホワイトチョコ。ミルクを贅沢に使用しており、豊かなコクが特徴です。ちなみにですが、ホワイトチョコは甘さが強いのでカロリーが高いと思われがちですが、ミルクチョコとほとんど同じくらいです。

バニラの香りがしっかりと聞いていて、パッケージを開けるといい香りが漂います。口当たりの方はミルクチョコとは少し違い、ごく自然に下に馴染むような程よい滑らかさとなっています。甘さはホワイトチョコの中では少し控えめで、大人な味わいと言えるでしょう。甘さをとにかく求めたいときは他社のホワイトチョコの方がよいのではないでしょうか。コクのある大人な味のホワイトチョコを食べたいときにおすすめです。

ガーナホワイトを使ったレシピ集がロッテのホームページにまとめられてあるので、ぜひチェックしてみてください。手作りチョコに用いると綺麗な見た目になるため、一味違う手作りチョコを作りたいときに人気があります。レシピ集にも見た目が綺麗なものが多いので、味に加えて見た目も重視したチョコを贈りたいという方には非常におすすめです。

4位: ホワイト&クッキー 1個

3位: アルフォート バニラホワイト 袋10枚

2位: キットカット ミニ 応援パック 14枚

¥256 (x12) Amazon(アマゾン)
¥275 SEIYUネットスーパー(ス)
他2ショップ

商品説明

日本ネスレから「Have a break, Have a KitKat.」のキャッチコピーでおなじみの「キットカット ミニ 14枚入り」をご紹介します。キットカットの日本における販売は、1973年までさかのぼり、それ以降40年以上ロングセラーを続けています。細長い長方形のウエハースを重ねて、それをチョコレートでコーティングして棒状にしたものになりますが、チョコレートと中のウエハースのサクサクの食感のハーモニーが、これまで多くの人達に支持されてきました。今回は、ミニサイズのキットカットが14枚入っている商品ですが、職場などでリフレッシュをしたい時などに最適なサイズとなっています。また2014年の春には、さらにカカオ感をアップした製法が導入され風味が増してさらに美味しくなりました。ちなみに成分として含まれるカカオポリフェノールには、抗酸化作用による動脈硬化の予防やリラックス効果があるとされ、キットカット1枚あたりには約38mg含有しているということです。美味しさだけでなく、健康にも良いなんて嬉しい限りですね。またキットカットの個包装の裏にはメッセージ欄が付いているので、誰かに渡す時にちょっとしたメッセージを書くこともできます。

1位: カレ ド ショコラ マダガスカルホワイト 21枚

¥290 (x6) Amazon(アマゾン)
¥300 SEIYUネットスーパー(ス)
他4ショップ

ホワイトチョコのおすすめは?カロリーやミルクチョコとの違い

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。