ショコラおすすめランキングと種類や人気ブランドを分析!

ショコラ

クリーミーで食べやすいミルクテイストのものから、ちょっとビターでお酒が入ったものなど、子どもから大人までを虜にするチョコレートやショコラ。年に1回開催されるチョコレートの祭典『サロン・デュ・ショコラ』は、年々来場者数が増加し、2017年には1,000人が入場待ちするほどの人気ぶり。そして街角にはカカオ豆の仕入から全ての製造工程をハンドメイドで行う「Bean to Bar」の専門店がオープンするなど、密かに今、チョコレートがアツいのです。そんな流れを受けてか、菓子メーカーも負けじと次々と新たなチョコレートを発売。この数年で高級志向の商品が続々登場し、人気を集めています。ここでは、トレンドを意識した新感覚のチョコレート菓子をチェックしていきます。

ショコラおすすめランキング!種類や人気ブランド、その理由は?

ショコラにはどんな種類が?

子どもの頃から親しんできた、おやつの代表格ともいえるチョコレート。最近では「ショコラ」とも呼ばれます。「チョコレート」は英語、「ショコラ」はフランス語で、基本的に同じものを指しますが、厳密に言うと板チョコやチョコチップのように加工されていないものが「チョコレート」、トリュフやボンボンなど加工されたチョコレート菓子が「ショコラ」となります。しかし、日本では「チョコレート」のほうが馴染みある言葉のためか、『GODIVA』や『ピエール・マルコリーニ』では「ショコラ」ではなく「チョコレート」と表記されていたりします。

チョコレート菓子(ショコラ)はかなり豊富な種類が発売されていますが、いくつか代表的なものを紹介します。

・タブレット

チョコレートを板状にしたもの。英語では「チョコレートバー」、フランス語では「タブレット・ド・ショコラ」と呼ばれます。ここ数年、フルーツなどを加えて見た目が華やかなものや、デザインがオシャレなものなどが多く販売され、人気となっています。

・キャレ

ひとくちサイズの正方形の薄い板状チョコレート。「キャレ」はフランス語で「四角」という意味。「カレ」とも呼ばれます。カカオの味わいが口のなかで広がるようにと、1986年に誕生したかたちです。

・アマンドショコラ

ショコラにはどんな種類が?

ローストしたアーモンドをチョコレートでコーティングしたもの。日本では「アーモンドチョコレート」の名前でお馴染み。

・マンディアン

ドライフルーツやナッツをトッピングしたチョコレート。見た目が華やかなのでプレゼントにも人気。ドライフルーツやナッツを混ぜたものを指すことも。

・ボンボンショコラ

中にガナッシュやプラリネなどを使った、ひとくちサイズのチョコレート。『GODIVA』『ピエール・マルコリーニ』『ジャン=ポール・エヴァン』など、高級チョコレートブランドの趣向を凝らしたボンボンが、現在のチョコレート人気の火付け役といっても過言ではありません。

近頃では、世界中から選りすぐりのチョコレートを集めたイベント『サロン・デュ・ショコラ』に10万人もの人が詰めかけ、オーガニックやハンドメイドにこだわったチョコレート専門店も相次いでオープンするなど、チョコレート業界が賑わいを見せています。チョコレート人気の勢いはお菓子業界にも影響を与えており、日本で生産されるお菓子の推定生産数量(日本チョコレート・ココア協会より)を見てみると2011年には約211トンだったチョコレート菓子の生産量は、2016年には約238トンに増加。一方、お菓子の代表格であるスナック菓子は生産量数が減少しています。

お菓子メーカーは、大人をターゲットにした高級志向のチョコレートや、健康効果をアピールした高カカオチョコレートを次々と発売。もはや日本のチョコレート菓子は「おやつ」というより、大人を虜にする身近な「スイーツ」へと進化しているのです。

ショコラの人気ブランドは?

チョコレート界の新トレンドとして2016年頃から話題になったのが「Bean to Bar」。これは、カカオ豆からチョコレートまでを一貫して手がける、ハンドメイドのチョコレートのこと。都内でも続々とBean to Bar専門店がオープンして人気となっています。

この流れを受け、女性を中心に人気なのが2016年に発売されたタブレットタイプの『ザ・チョコレート』(明治)。カカオ豆の品種や産地に徹底してこだわったハイクオリティなチョコレートは、そのユニークなデザインも話題に。風味に丸みを持たせたドームゾーン、香り立ちを印象付けるギザギザゾーンなど、4つのゾーンで異なるデザインを施すことで、様々な味わいを楽しめます。

ショコラの人気ブランドは?

2000年代から広がった高級チョコレートブームにより、お菓子メーカーが手がけるチョコレートも高級志向の商品が登場。その先駆けとなったのが、2002年から発売されている『カレ・ド・ショコラ』(森永製菓)です。上品な個包装も高級感を感じさせますが、「原料や製法に徹底してこだわった森永チョコの自信作」と謳われるように、芳醇なカカオの香りと味わいが口いっぱいに広がります。なかでも、"フレーバービーンズ”と呼ばれるほど香りの良いベネズエラ産カカオ豆を使った『カレ・ド・ショコラ ベネズエラビター』は人気が高く、「スマートショッピング」でもショコラの人気ランキングで1位になっています(2017年7月現在)。

そして“プチ贅沢なお菓子”として人気なのが2013年から発売されている『ショコランタン』(ロッテ)シリーズ。フランスの伝統的なお菓子フロランタンとチョコレートを合わせ、手頃な価格でちょっぴり贅沢な気分を味わえると人気に。2014年にロッテが実施した現役パティシエやショコラティエ56名を対象にした実食調査でも、96%が「おいしい」と評価。プロも認めたチョコレート菓子として、現在でも高い人気を誇っています。

ちなみに、同じくロッテが行った調査ではパティシエたちの82%が市販のお菓子に注目しているとの結果が出たそう。また、91%のパティシエが「本格的な市販のお菓子が増えていると思う」と回答。プロも認めるお菓子メーカーのショコラから今後も目が離せません。

ショコラおすすめランキング

5位: カバヤ ピュアショコラ 162g

カバヤ ピュアショコラ 162g
39円お得
¥196/100g
48%安
¥317 爽快ドラッグ
¥2,138 Amazon(アマゾン)

商品説明

「カバヤ ピュアショコラ 162g」はカバヤ食品が販売するチョコレートです。原材料は砂糖、カカオマス、ココアバター、全粉乳、レシチン(大豆由来)、香料です。1粒(5.3g)あたり29.0kcalです。栄養成分表示は1粒あたり、たんぱく質0.37g、脂質1.87g、炭水化物2.93g、食塩相当量0.011g、カカオポリフェノール39mgです。商品サイズは高さ180mm×奥行165mm×幅239mmです。

全国チョコレート業公正取引協議会が定めた5つの基準をクリアした純チョコレート規格に適合しています。(カカオ成分は、カカオマスとココアバターのみ使用。脂肪は、ココアバターと乳脂肪のみ使用。糖類は全重量の55%以下で、ショ糖のみ使用。レシチン(乳化剤)が全重量の0.5%以下。添加物はバニラ系の香料、レシチン以外含まない。)

一つずつ個包装です。保存は直射日光、多湿を避け、28度以下で冷暗所で保管します。ショップにより販売価格差があります。価格比較を行い、お得に購入しましょう。ネット通販で購入する場合はまとめ買いをすると、1袋当たりの単価が下がります。ショップの違いで、送料も違います。忘れずチェックをしましょう。

4位: 乳酸菌ショコラ 56g

対象ショップで取扱いなし

商品説明

「乳酸菌ショコラ 56g」ロッテ商事が販売するスイーツデイズシリーズのチョコレートです。他に同シリーズでは、「ビター」、「アーモンドチョコレート」、「アーモンドチョコレートビター」、「ショコラボール」、「デイリーパック」があります。

商品サイズは高さ106.0mm×奥行208.0mm×幅216.0mmです。1箱56gです。原材料は砂糖、全粉乳、カカオマス、ココアバター、植物油脂、乳酸菌末、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆、ゼラチンを含む) です。栄養成分は1枚(標準4g)当り、エネルギーは22kcal、たんぱく質が0.3g、脂質が1.3g、炭水化物が2.3g、ナトリウムが3mgです。カロリーは22kcalです。

チョコレートに含まれる食物繊維の他に、乳酸菌も取ることができる優れたチョコレートです。生きた植物由来の乳酸菌T001を摂れます。チョコレートで乳酸菌を包むことで、常温保存を可能にしました。保存は28度以下ですが、冷蔵庫での保管が不要です。好きなタイミングで、好きな場所で食べられます。本製品は常温で12カ月保存が可能です。植物性乳酸菌を生きたまま、100倍腸まで届けることが出来るスーパースイーツです。

3位: 神戸ローストショコラ ゴーフレット 袋185g

神戸ローストショコラ ゴーフレット 袋185g
¥449/100g

商品説明

・グリコ神戸ファクトリーで自家焙煎したカカオを使って丁寧に仕上げた、ちょっと贅沢な大人のためのひとくちチョコレートです。・香ばしい堅焼きゴーフレットクランチを練りこんだ、サクサク軽快な食感です。

2位: ショコランタン 8個

対象ショップで取扱いなし

1位: カレ・ド・ショコラ ベネズエラビター 21枚

¥300 SEIYUドットコム(西友)
¥319 イトーヨーカドー
他5ショップ

商品説明

「カレ・ド・ショコラ ベネズエラビター 21枚」は森永製菓が販売しているチョコレートです。同シリーズには他にフレンチミルク、カカオ70、カカオ88、マダガスカルホワイトがあります。内容量は21枚102gです。原材料はカカオマス(ベネズエラ産カカオ豆30%)、砂糖、ココアバター、乳化剤、香料です。商品サイズは高さ186mmx奥行120mmx幅83mmです。栄養成分は1枚4.9gあたり、エネルギーは28kcal、たんぱく質0.2g、脂質1.8g、炭水化物2.7g、食塩相当量0.0005gです。カカオポリフェノールが1枚あたり82㎎、1箱あたり1710㎎含有しています。

希少品種であるベネズエラ産カカオ豆を用い、深く複雑な香りを味わえます。カカオ分55%の本格的なビターチョコレートです。ストレートのエスプレッソとの相性が良く、一緒に味わうのがオススメです。1枚ずつの個包装も可愛くオシャレで、香りも良く多くの人を惹きつけるチョコレートです。

本製品はショップにより価格差があります。お得に購入するには、まとめ買いがオススメです。通販で購入の場合は、夏季はクール宅急便の使用になります。送料には気を付けましょう。

ショコラおすすめランキング!種類や人気ブランド、その理由は?

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。