ガレットの気になるカロリーは?おすすめ紹介も

ガレットはフランスではポピュラーなスイーツです。ガレットはフランス語で小石を意味する言葉です。スイーツとしてのガレットは、丸くて薄いモノを表しており、パンケーキもガレットに含まれます。意味としては幅広くなりますが、実際には、そば粉で作ったクレープのような生地を使ったスイーツをガレットとしています。

日本ではそば粉のクレープをガレットとしていますが、本場フランスでは丸い形をしているモノの総称として使用されていますので、パンケーキやビスケット、パイなどもガレットに含まれています。スイーツだけでなく、ジャガイモの千切りを並べカリカリに焼いたモノもガレットに含まれます。日本とは少し違いもありますが、ガレットの魅力を紹介します。

ガレットのおすすめ特集 | 気になるカロリーやダイエットは?

ガレットのカロリーはどれくらい?

ガレットは本場フランスでは薄くて丸い食べ物の総称とされていますが、日本ではそば粉で作ったクレープのことをさします。スイーツとして食べることもできますし、おかずとして食べることもできます。一般的なレシピで作るガレットは、1人分のカロリーは焼く446kcalとなります。そば粉を使うのでヘルシーなイメージですが、シンプルなお好み焼きで1人分500kcalと比較しても、イメージよりはカロリーが高めになります。

ガレットの面白いところは、上に何を載せるかによってスイーツになったり、おかずになったりするところです。クレープによく似ていますが、基本的にガレットには砂糖を使いません。使うのは、そば粉と塩と水、そして卵です。お好みで牛乳や溶かしバターを加えることもできますが、カロリーを抑えたい場合は、シンプルな材料で作るのがおすすめです。

生地はフライパンで薄く焼いておきます。薄く均一に広げたら、その上にお好みの具材を乗せ焼きます。生地の周囲が焼けてきたら、四角になるよう皮の周りを内側に折り曲げていきます。中の具材は少し見えていてもOKです。食べる時に塩コショウをかけて食べます。フランスではシードルというリンゴ酒と一緒に食べるのが定番となっています。スイーツとして食べたい時は、皮だけを四角く焼いておき、お皿に乗せその上にアイスクリームやフルーツ、チョコレートソースなどをかけていただきます。具材は基本的に何を載せてもいいので、お好みで調整できます。

一見似ているので間違えることも多いクレープとの違いは、材料です。ガレットはそば粉を使いますが、クレープは小麦粉を使います。さらにガレットは塩と水と卵ですが、クレープは牛乳と卵です。砂糖を入れることもできます。クレープも中に野菜やハム、チーズを入れればおかずのように食べられますので、この場合は砂糖は入れません。スイーツとして食べる時も、アイスクリームや生クリームを使うので、具材の甘味があれば砂糖はいれないことが多いです。

日本ではガレットとクレープは分けて考えるので、コース料理にどちらも出てくることはほとんどありません。しかしフランスの一部では、前菜にガレットを、デザートにクレープを出すことも多いようです。生地だけでなく具材をのせて食べるので、カロリーを抑えたいなら具材にヘルシーな物を選ぶのがおすすめです。そば粉を使ってもいいですし、本場フランスのようにジャガイモの千切りを並べて焼いたガレットも美味しいので試してみてはいかがでしょうか。

ダイエット中に食べても大丈夫?

ダイエットをする時、どうしてもカロリーばかりを気にしてしまいます。そば粉を使ったガレットは一見ヘルシーに思えますが、カロリーで見てみると1人分で446kcalと意外と高めです。カロリーだけで見てしまうと、ガレットはヘルシーなイメージではなくなってしまいそうですが、実はダイエットにとてもおすすめな食材なのです。なぜガレットがダイエットにオススメなのか?その理由を紹介します。

ガレットはそば粉で作るので、そば粉の栄養も摂取できます。そば粉にはルチン、ビタミンB1が豊富で、健康な体を維持するために必要なタンパク質やアミノ酸も含まれています。クレープとよく似ているので、クレープでも良さそうに思えますが、クレープは小麦粉を使うのでダイエットには、不向きとなってしまいます。ガレットならそば粉を使うので、ダイエットには向いていると言えます。

そば粉を使うならわざわざガレットにしなくても、普通にそばを食べればいいのにと思うかもしれません。しかしそばに使われているそば粉はお店やメーカーによって割合が違います。10割そばならいいのですが、ほとんどが小麦粉を混ぜているので純粋なそばではなくなってしまうのです。その点ガレット用のそば粉は、ほとんどがそば粉100%ですから、そばを食べるよりも手軽にそばの栄養が摂れるのです。

ここで気になるのがガレットのカロリーです。他のメニューに比べるとそれほど高くはありませんが、ダイエットを目標にしている場合は、もう少し低い方が良さそうに思えてしまいます。でもそばは低GI食品ですから、ガレットも低GIという意味ではダイエットに向いているのです。

低GI食品は食後の血糖値が緩やかに上がるので、インスリンの過剰分泌を防げます。インスリンには脂肪燃焼を邪魔する働きがあるので、GI値が高い食品を食べる人は血糖値が上がりやすくインスリンの過剰分泌をまねきます。インスリンが過剰に分泌されると、体脂肪が燃えにくくなるので、ダイエットの目的とは正反対の作用となってしまいます。

このことを考えても、低GIのそば粉を使ったガレットなら、大量に食べない限りダイエット中に取り入れても問題ないと言えます。カロリーについては、のせて食べる具材をヘルシーな物にすれば、1食分あたりのカロリーも控えめにできます。ダイエット中は食事制限が必要ですから、どうしても栄養不足になりがちです。その点そばには豊富な栄養が含まれていますので、ガレットを食べていれば不足しがちな栄養も補えます。

ガレットのおすすめ

9位: 無印良品アーモンドチュイル 無印良品

8位: 無印良品 無印良品 ビスキュイシャンパーニュ 38722373 良品計画

7位: ル・コルドン・ブルー プレーンガレット 缶入り 350g

6位: 無印良品ガレット 無印良品

商品説明

フランスのブルターニュ地方に伝わる、風味豊かな、サクッとした食感のお菓子です。小さめのサイズに焼きあげました。

5位: ル・コルドン・ブルー アールグレイガレット 100g

ル・コルドン・ブルー アールグレイガレット 100g
¥626/100g

4位: ステラ バターガレット 4枚

対象ショップで取扱いなし

3位: ル・コルドン・ブルー 塩バターキャラメルガレット 100g

ル・コルドン・ブルー 塩バターキャラメルガレット 100g
¥626/100g

2位: ル・コルドン・ブルー プレーンガレット 100g

ル・コルドン・ブルー プレーンガレット 100g
¥605/100g

1位: ル・コルドン・ブルー レモンガレット 110g

ル・コルドン・ブルー レモンガレット 110g
¥569/100g

ガレットのおすすめ特集 | 気になるカロリーやダイエットは?

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。