安い・激安のひまわりの種

1

ひまわりの種全3商品の価格を、100gあたり安い順に紹介。 激安No.1商品は「ひまわりの種 生 1kg」の¥143/100gで、あなたがいつも買っている商品より安いかも!?
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較も確認することをおすすめ。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

ひまわりの種通販で賢い買い方

ペットショップでよく見かけるひまわりの種ですが、これはリスやハムスターなどのげっ歯目、あるいは鳥類の餌として売られているからです。しかし、一方でこのひまわりの種は、ひまわりオイルやヒマワリの仁を取り出して煎っておつまみにしたものや、調理用の食材としても使われています。植物の種は動物で言うところの卵にあたり、これから生まれ出てくる生命の為の栄養素がふんだんに詰まっています。多くの木の実や豆類も同様で、この栄養価の高い食材は昔から人間の食料としても、利用されて来たものだったのです。

ひまわりの種の原産地は北米大陸とされており、紀元前3000年にはすでにネイティブアメリカンがヒマワリを栽培し活用していたと見られているもので、歴史的に見ても人とのかかわり合いはかなり古いものです。種は食用や染料のほかにも、薬用効果のあるものとして医療用に使われた為に、栽培する必要があったとされ、大航海時代にはその利用効果の高さから、ヨーロッパを始め世界諸国へと広まって行く事になりました。しかし、かなりの広まりを見せたものの、そのほとんどが花を観賞する為に育てられていたもので、ロシアにまで広まる事で食用としての価値を、改めて見出す事になるのです。

理由はロシア正教による教えで、正教では大斎という40日間の禁食期間が設けられており、その中で19世紀の初期までは全ての油脂食品が禁止食品とされていたのです。しかし、ヒマワリはまだ一般的ではなく、禁止食品の目録には入っていなかったために、重要な蛋白源としてこのひまわりの種が用いられ、一般人にも普及し始めるわけです。お陰で、ロシアが食用ヒマワリ生産の世界の先進国となり、様々な料理に使われるようになって行きました。実は以外にもロシアの国花はこのひまわりで、現在でもヒマワリ油で世界一の生産量として知られています。

日本にこのヒマワリが入って来たのは意外に早く、17世紀頃と言われており江戸時代ごろですが、現在では多くの市町村などの自治体で、北は北海道から南は九州までひまわりの特産化が行われています。耐寒性がある為に北部地方でも栽培は容易で、オイルや化粧品の材料としても利用されています。食用のひまわりの種は、通販などでも簡単に購入する事ができます。種には血流を改善する作用や髪と肌を若々しく保ち、健康を保つ作用があるとされていますので、健康食品としても非常に有用な食材なのです。

豆・ナッツ 人気トップ10商品

豆・ナッツ人気ランキング1位は"アリサン 有機ひまわりの種(生・無塩) 100g"で、人気スコアが60点。レビューも高く、多くの通販ユーザーに見られている、おすすめの人気商品です。

ひまわりの種の特集記事



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。