安い・激安のそら豆

1

そら豆全4商品の価格を、100gあたり安い方から並べて紹介。 最安No.1商品は「MD 塩そら豆 130g」の¥278/100g、361/個で、あなたがいつも買っている商品より安い可能性あり!?
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較もチェックしてみて。

1位: MD 塩そら豆 130g

「そら豆」カテゴリの新着口コミ

お土産に頂きました。食べたらはまってしまい、お店より安い所ないかと探したらありました。お店では1つ、¥350+税だそうです。

お友達に頂いて食べたら美味しくて。お友達の買ったお店では1つ¥350+税でした。まとめ買いですが安く購入出来ました。ちょっとお土産に便利しております。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

そら豆通販で賢い買い方

そら豆は、さやを天に向けて実ることからこのような名前が付けられ、空豆と書きます。蚕が作るまゆの形にも似ていることから蚕豆とも言われる事があります。種類としては早生そら豆と一寸そら豆がありますが、最近は一寸そら豆が主流となっています。食べ方としては主流なのは塩湯でして食べる方法です。黒い爪の部分のお歯黒に切れ目を入れて茹でると、冷めてもしわが寄らず綺麗に茹でられます。また茹でる以外にもさやごと焼くと蒸し焼きになりうま味が増して美味しいです。さやごと焼くときは破裂しないようにさやに切れ目を入れておくのがポイントです。

そら豆

そら豆は日本では鹿児島県が出荷量日本一です。かごしまブランドとして認められており、品質や安全性の高いそら豆です。その他にも日本全国で作られており、それぞれの地域で旬が違います。関東では4月から6月、寒冷地方では6月から7月、温暖な鹿児島では12月から4月が旬を向かえます。その年の天気や気温で多少旬の時期は変わってきますが、そら豆は時間と共に食感やうま味が落ちてきますので、出来るだけ早めに食べた方が良いでしょう。スーパーなどで出回る時期は短く、現在の温室での栽培などが出来るときでも、季節や旬を感じさせる食べ物です。

そら豆の栄養は、若返りの野菜とも言われており、主成分はでん粉とタンパク質であり、ビタミンB1やB2にビタミンCに鉄分なども豊富に含まれる野菜です。特にビタミンB2は成長を促して皮膚や髪を維持する大切な栄養素で、そら豆には豆類の中でも一番多く含まれており、積極的に摂取したい栄養素です。またビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える働きがあり、疲労回復にも役立ちます。そして皮にはコレステロールを減らす食物繊維も豊富に含まれているので、皮ごと食べるべきです。

製品としては、MDホールディングスから販売されている塩そら豆の価格が約6,000円(2016年10月時点)で人気商品であり、おつまみに最適でしょう。日本橋菓房販売されているそら豆は価格が約1,000~2,000円でカレー味や黒故障味など色々あり、こちらも人気商品です。これらの製品は通販で買った方がいろいろと種類を選べて良いでしょう。単品でも価格が高めなので、通販で買っても送料無料となりお得です。売られているそら豆は、そら豆自体が旬の食べ物であり、数量を確保できないためか、他の豆に比べると少し値段が高めなのがネックです。

豆・ナッツ 人気トップ10商品

豆・ナッツ人気ランキング1位は"ミツヤ 梅そら豆 33g"で、人気スコアが74点。多くの通販ユーザーに見られている、おすすめの人気商品です。

そら豆の特集記事



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 

Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops