あたりめおすすめランキングとカロリー・注意点

するめ・あたりめ

あたりめといえばお酒のおつまみとして最適です。晩酌には欠かせない存在として多くの方が好んでいるでしょう。

年配の方だけではなく、若い方でもあたりめが好きだという人はたくさんいます。日本酒との相性がいいので、毎日のように食べている方も多いのではないでしょうか。

このあたりめについて詳しいことを知らないという方は意外と多いでしょう。そもそもあたりめとするめの違いがはっきりしないという方もいます。

また、あたりめにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。ダイエットのときにあたりめを食べても良いのでしょうか。このような疑問を解決するための情報をまとめました。あたりめに関心のある方はぜひ参考にしてください。

「あたりめ」ってどういう意味?するめとの違い

あたりめとするめは違うものだと考えている方がいるかもしれませんが、実はこの二つは同じものを指します。

どうしてするめという言葉があるのにわざわざあたりめと呼ばれるようになったのでしょうか?

それは、「する」という言葉が忌み言葉として嫌われていたからです。日本というのは言霊信仰というものがあり、縁起の良い言葉を使おうとする傾向が強いです。縁起の悪い言い回しがあるなら、できるだけそれは避けようとします。商売をしている方にとって、「する」というのは損失という意味になってしまいます。

また、ものを盗むという意味も含まれています。そのため、「する」という言葉の含まれているするめという名称を嫌い、代わりとしてあたりめという呼び方が定着しました。あたりというのは「当たり」という言葉に置き換えられ、縁起の良い意味を持ちます。同様のことはすり鉢があたり鉢と呼ばれることからも分かります。

まれに、するめを加工したものがあたりめだと考えている方がいますが、それは勘違いです。単に縁起の良い呼び方をするために、あたりめという呼び方が生まれただけです。するめもあたりめも本質的にはまったく違いはありません。するめを細かくちぎったものをあたりめと呼ぶという説明を真に受けないようにしましょう。

「あたりめ」ってどういう意味?するめとの違い

なので、するめのことをあたりめと呼んでも間違いではありません。お店で扱われるときにするめと呼ばれることもあれば、あたりめと呼ぶこともあります。それはするめを忌み言葉として嫌っているというよりも、昔からの慣習としてあたりめと呼んでいるだけである場合が多いでしょう。

あたりめは漢字表記するなら、当たりめと書きます。かつてはするめは結納品として扱われることがありました。縁起の良い場で扱われるものなのに忌み言葉が含まれているのは、都合が悪かったという意味でもあります。そのため、あたりめと呼ぶようになったという説もあります。

また、あたりめというのは京ことばです。標準語では本来するめと呼ばれてきたもので、あたりめと呼んでいたわけではありません。しかし、今ではあたりめという呼び方は全国的に定着しています。商品として売られているときもあたりめと表記することは少なくありません。

これからも、するめのことをあたりめと呼ぶ方はいるでしょう。基本的にはどちらを使っても構いませんが、あたりめという言葉を使った方が縁起が良いということは覚えておきましょう。

カロリー、糖質が少ない!あたりめダイエット

あたりめの栄養は当然のことながらするめと同じで、イカを干して加工されたものです。イカを開いて内臓と目玉を取り除き、天日干しをして作られています。水分が抜けることによって、あたりめが完成します。あたりめの材料として最もよく使われるのはスルメイカであり、ほかにもケンサキイカやヤリイカが使われることがあります。

かつての日本では肉食という習慣はありませんでした。そのため、海の幸を食べることが主流であり、それが貴重なタンパク源となっていました。特にイカというのはタンパク質を豊富に含んでいるため、よく食べられていました。長期保存するために干すという方法が開発され、徐々にするめという食べ方が定着していきました。

あたりめというのは生のイカが縮んでいる状態のため、より栄養が凝縮されています。100gあたりのカロリーは334kcalとなっています。1食あたりの食べる量が20gだとすると、カロリーは67kcalとなります。そのため、基本的に低カロリーであるといえるでしょう。低脂肪であり糖質が少ないという特徴があります。

さらに、いろいろな栄養が豊富に含まれています。あたりめは成分の7割がタンパク質によって構成されています。20g食べるだけでも、一日に必要となるタンパク質の2割を摂取することができます。そのため、ダイエットをしている方には最適でしょう。

カロリー、糖質が少ない!あたりめダイエット

ダイエット中はどうしても肉の摂取量を減らそうとしてしまう方が多いですよね。そうするとタンパク質が不足してしまうという問題が生まれます。あたりめを食べることによって、タンパク質の不足を補うことができます。間食としてもおすすめです。あたりめを食べたとしても太ってしまう心配はなく、何度も噛む必要があるため自然と満腹感を満たすことができます。

あたりめは一食分でも100kcalにも満たないため、ほかのあらゆるおやつと比べてもかなりヘルシーであることが分かります。何度も噛むことによって、脂肪を燃焼させる効果も期待できます。噛むというのは運動の一種であり、エネルギーを消費します。

あたりめの中には亜鉛が豊富に含まれています。あたりめを食べることによって、健康に良い効果を与えてくれるでしょう。ナイアシンという栄養も含まれており、こちらはさまざまな効果があります。

このように、太りにくく栄養が豊富なあたりめはダイエットにとてもおすすめです。ダイエットで食べるものに困っている方はぜひ試してみましょう。

あたりめダイエットの注意点

あたりめをダイエットに活用したいという方がいるかもしれません。とてもおすすめですが、いくつか注意点があります

あたりめを食べると食欲が刺激されてしまうことがあります。販売されているあたりめの多くは塩味が効いているため、どんどん食べてしまいます。それによって、別のものも食べたいという気持ちになってしまう可能性があります。

また、あたりめにはいろいろな食べ方があります。マヨネーズにつけて食べるという方は多いと思いますが、おすすめしません。摂取カロリーがかなり高くなってしまうからです。またコレステロールが多いため、コレステロール値の高い方には不向きでしょう。プリン体の値も高くなっているため注意が必要です。

低カロリーといっても塩分は多く含まれているため、多く食べてしまうと塩分を過剰摂取してしまいます。なので、血圧が高くなってしまったり、むくんでしまう可能性があります。

あたりめダイエットの注意点

あたりめを食べるとき、基本的に20〜30gくらいにしておきましょう。コンビニで売られているあたりめなら、小さな袋一つ分だと覚えておきましょう。ダイエットに活用するのであれば、食事の前に食べることをおすすめします。そうすれば、お腹を膨らませることができて食欲を抑えることができるからです。

置き換えダイエットという方法がありますが、あたりめに置き換えるのはあまりおすすめできません。あくまで、おやつとして食べるべきでしょう。持ち運びやすいため、いろいろなところに持って行くと良いでしょう。口が寂しくなったときに気軽に食べられるようにするためです。

あたりめと一緒に飲むものについては水やお茶、炭酸水などが良いでしょう。ジュースやお酒はおすすめしません。ダイエット効果を半減させてしまうからです。一口につき30回以上噛むことをおすすめします。噛むことによって、満腹中枢を刺激させることができます。病気のある方は、あらかじめ担当医師に相談しておくと良いでしょう。

あたりめはとてもコスパが良いです。気軽に買うことができ、毎日食べたとしても家計を圧迫するようなことはありません。上記で説明したことを守れば、安心して食べ続けられるでしょう。ダイエット中に食べるものとしておすすめです。

ダイエット中に食欲を抑えたり、空腹をまぎらわせたいと考えている方には最適な食品の一つとなっています。いつでも気軽にあたりめダイエットを始めることができるでしょう。

あたりめおすすめランキング

5位: マルエス 素材にも仕上げにもこだわりました 大学するめ 袋35g

マルエス 素材にも仕上げにもこだわりました 大学するめ 袋35g
¥580/100g ¥203/個

商品説明

「マルエス 素材にも仕上げにもこだわりました 大学するめ 袋35g」は昭和22年創業、食品製造販売をおこなう株式会社マルエスから発売されている「こだわりシリーズ」のなかの、イカを加工した食品です。マルエスでは「おいしかったの笑顔が好き」をキャッチフレーズに、食品の品質安全を第一に考え、心を込めておもに魚介加工品などを作っている会社です。本品の原材料は砂糖、するめ、しょうゆ、食塩、カラメル色素が使用されています。原材料の一部に小麦、大豆を含みますのでアレルギーのある方はお気をつけください。1袋35gあたりの栄養成分にはエネルギーが119kcal、たんぱく質10.5g、脂質0.3g、炭水化物18.6g、ナトリウム403mg、食塩相当量1.0gが含まれています。昔から親しまれてきた懐かしい「のしいか」を従来よりも食べやすく、一口サイズにしました。手でつまむことが多いため、手がベトつかないように加工した新しいタイプ、のしいかです。砂糖の甘味とスルメの旨味がブレンドされ、味わい深い美味しさがあります。シンプルな素材と味付けで仕上げているため、お子さんからお年寄りまで楽しむことができます。おつまみに、ハイキングなどに便利な小袋サイズなので、まとめ買いがおすすめです。

4位: マルエス ピリッと甘するめ 32g

マルエス ピリッと甘するめ 32g
¥634/100g ¥203/個

商品説明

「マルエス ピリッと甘するめ 32g」は昭和22年創業、食品製造販売をおこなう株式会社マルエスから発売されている、「こだわりシリーズ」の、のしいかです。「こだわりシリーズ」とは素材にも仕上げにもこだわった、魚介を使用した加工品です。「味に厳しい本物志向のお客様に納得していただけるように」というコンセプトをもとに、素材のもつ美味しさを最大に引きだすためのこだわりを持って製造された本品は、スルメの胴部分のみ使用。甘辛く味付けをしたドライタイプでお酒にもよく合います。また、年代を問わず食べやすいように一口サイズにカットされています。原材料には砂糖、するめ、大豆粉(遺伝子組換えでない)、しょうゆ、食塩、こんぶエキス、唐辛子、カラメル色素が含まれています。1袋32gあたりの栄養成分にはエネルギが107kcal、たんぱく質10.8g、脂質0.5g、炭水化物14.8g、ナトリウム355mg、食塩相当量0.90gが含まれています。賞味期限は製造日から121日間です。高温多湿の場所や直射日光を避けて保存します。甘さのなかにピリッとした辛さがアクセントになり、おつまみはもちろん、大人のおやつとして美味しく食べることができます。

3位: きざみたかな漬(180g)

きざみたかな漬(180g)
¥189/100g
73%安

商品説明

「きざみたかな漬(180g)」は創業昭和28年、自然食品・オーガニック食品を中心とした日本食の輸出業や原材料の輸入卸売業をおこなう株式会社むそう商事から発売されている有機JAS認定の、たかな漬です。日本三代菜の一つである高菜のなかでも国内産で有機栽培にこだわった高菜を使用して、あっさりとした味に漬け込みました。また有機認証の工場を使用し、漬け込み液には有機醤油を使い、酸味料はクエン酸(タピオカ由来)を使用して素材の良さを生かした漬物です。原材料は有機高菜、漬け原材料(食塩、有機醤油、ウコン粉)、酸味料、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)を使用しています。そのままで、ご飯に添える漬物として、また、少し液をしぼってから包丁でカットし、フライパンにかつお節と加えて、油で炒める「たかな炒め」は、おかずの一品として食べることができます。また「たかな炒め」を混ぜ込んでおにぎりの具にするだけで野菜が同時に摂取できます。さらに「たかな炒め」にちりめんを加えてご飯も加え炒めます。仕上げに塩、こしょうを適量加えて味を整えて「たかなチャーハン」のできあがりです。100gあたりの栄養成分にはエネルギーが23kcaL、たんぱく質2.4g、脂質0.3g、炭水化物7.9g、ナトリウム2300mg、食物繊維5.2gが含まれています。料理の素材として毎日食べることができるのでまとめ買いがおすすめです。

2位: 道南冷蔵 いかなんこつ 甘酢味 90g

道南冷蔵 いかなんこつ 甘酢味 90g
47円お得
¥467/100g ¥420/個
34%安

商品説明

「道南冷蔵 いかなんこつ 甘酢味 90g」は昭和45年設立、北海道近海で漁獲された新鮮で豊かな魚介類をメインにさまざまな水産加工品をご家庭やレストランに提供する、株式会社道南冷蔵から発売されているイカの軟骨を使った加工品です。原材料はいか軟骨(国産)、砂糖、食酢、食塩、たん白加水分解物、調味料(アミノ酸等)、酸味料、保存料(ソルビン酸K)、甘味料(ステビア)が使用されており、原材料の一部に大豆を含みます。道南冷蔵は、北海道を拠点に衛生的な生産環境づくりをおこない、安定生産や少ロット対応を可能にする一貫生産体制とワンウエイ方式の採用。さらに製品に対する厳重な品質管理を実施しています。そのなかで生まれた本品は、肉厚でやわらかいイカの軟骨を甘酢で味付けし、コリコリとした食感に仕上がっています。100gあたりの栄養成分にはエネルギーが175kcal、たんぱく質20.7g、脂質1.3g、炭水化物20.0g、ナトリウム1400mgが含まれています。開封前は直射日光や高温多湿を避けて保存することが可能です。おつまみに、おやつに、ひとりでもあっという間に食べきる美味しさのため、まとめ買いがおすすめです。

1位: マルエス 恋するめ 17g

マルエス 恋するめ 17g
¥635/100g ¥108/個

商品説明

「マルエス 恋するめ 17g」は昭和22年創業、食品製造販売をおこなう株式会社マルエスから発売されている「食べきりシリーズ」の、のしいかです。マルエスが「”おいしかった”の笑顔が好き」をコンセプトに開発した食品のひとつである本品は、ドライタイプの「のしいか」が食べやすく一口サイズにカットされています。1袋に17gが入っているため、小腹が、すいたときにも一人で食べきるのにもちょうどいい量です。味わいは甘辛く仕上がっているため、ちょっぴり刺激的でお酒のおつまみにぴったりです。1袋(17g)あたり栄養成分はエネルギーが57kcal、たんぱく質5.7g、脂質0.3g、炭水化物7.9g、ナトリウム189mg、食塩相当量0.48gが含まれています。原材料が砂糖、するめ、大豆粉(遺伝子組換えでない)、しょうゆ、食塩、こんぶエキス、唐辛子、カラメル色素が使用されています。唐辛子が含まれるので小さなお子さんには与えないようにしましょう。原材料の一部に小麦、いか、大豆が含まれるため、それらのアレルギーの方はお気をつけください。常温で保存する場合は製造日から120日です。開封後は開封口をしっかりと閉じでなるべく早く食べきりましょう。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。