カルパスはダイエットに向いてる?おすすめのカルパスは?

カルパス

クセになって食べ過ぎてしまうものとしてカルパスがあります。好きな人は、たくさんのカルパスを食べてしまう傾向があります。お酒のおつまみとしても最適であり、多くの方がカルパスを好んで食べています。そんなカルパスは実はダイエットに向いているのではないかという説があります。

カルパスについては多くの方はそれほど詳しいことは知らないでしょう。まだまだカルパスについて知らなかった知識がたくさんあるはずです。そんなカルパスに注目して情報をまとめました。カルパスが大好きだという方やカルパスに興味のある方はぜひとも参考にしてください。カルパスについて知っておくと、とても役に立つ情報をたくさん紹介します。

カルパスとは?サラミとの違い

カルパスというのはサラミとどのような違いがあるのか意外と知らないという方が多いです。どちらも似たようなものと認識している人がたくさんいます。しかし、当然のことながら、サラミとカルパスというのはどちらも異なるものです。

その主な違いとして原材料があります。主原料となっているのがサラミの場合は豚肉と牛肉です。そして、カルパスの場合は豚肉と牛肉に加えて鶏肉も使われています。このように肉の種類がそもそも違っています。そうなれば味や風味、栄養なども異なってくるでしょう。

また、サラミというのはイタリアが発祥であり、一方、カルパスというのはロシアが発祥となっています。見た目としてはほとんど違いはありませんが、メーカーによっては長さに違いを出すことによって見分けやすくしている場合もあります。

サラミもカルパスもどちらもドライソーセージとして分類されています。ドライソーセージというのは腸の中に肉を詰めてからそのまま乾燥させたものです。そして水分量が35%以下になっているものを指します。このようなものはすべてドライソーセージとして分類されています。

カルパスとは?サラミとの違い

また、よく似たものとしてセミドライソーセージというものもあります。こちらは水分量が55%以下のものとなっています。カルパスはセミドライソーセージとして分類されることもあります。この点はサラミとの違いといえるでしょう。

サラミとカルパスの食感を比較してみると、カルパスの方が多少やわらかいと感じることが多いでしょう。これは水分量の違いです。水分量の違いが、そのまま食感の違いとして生じています。そのため、慣れてくるとサラミとカルパスを実際に食べてみればその違いがはっきりと分かるようになるでしょう。

どちらも似たような用途で使われていることが多いです。ピザやサラダのトッピングとして活用されていることが多いです。もちろんお酒のおつまみとして、そのまま食べられることもよくあります。スーパーやコンビニなどへ行けばどちらも売られているのを目にするでしょう。

大きな違いがあるというわけではなくて、どちらも仲間のようなものだと考えて良いでしょう。人によってどちらの方をより好むのかは違います。どちらでも自分の好きなものを食べましょう。いろいろなレシピに活用することもできます。それほど高価なものではないので、気軽に買うことができます。日本ではどちらも好んでいる方が多いでしょう。

ダイエット向き?高タンパクなカルパス

カルパスはダイエットに果たして向いているのでしょうか?それを考えるためにはカルパスの栄養について知ることが大切です。カルパスのカロリーは比較的高くなっています。100gあたりのカロリーは400kcalくらいとなっています。

一見、高カロリーのためにダイエットには不向きだと思われるかもしれません。しかし、意外とカルパスというのはダイエットに向いているものです。実際、最近ではカルパスがダイエットに適していることが話題となっています。

まずカルパスというのは腹持ちが良いことで知られています。おやつとしてちょっとだけカルパスを食べれば、それでずっとお腹が減らずに済むので、空腹感をまぎらわすために最適な食品となっています。腹持ちの良いものというのはダイエットにとって、とても良いものです。

少量食べただけでも、満足感が出るためです。いくら低カロリーだったとしても、腹持ちが悪いと、たくさん食べてしまうことになります。そうなれば、結果的にカロリーをたくさん摂取することになるでしょう。

ダイエット向き?高タンパクなカルパス

カルパスは高タンパクとなっています。基本的に肉の塊であり、タンパク質がとても豊富に含まれています。ダイエットをしている方は、タンパク質が不足してしまうことが多いです。そのような場合にカルパスはとてもありがたいものです。

しっかりとタンパク質を補給することができます。ダイエット中のおやつとしてカルパスはとてもおすすめできます。タンパク質というのは筋肉や骨などを作り出すためにとても重要なものとなっています。しっかりとタンパク質を補給しておかないと体を維持することが困難になってしまいます。

また、カルパスは炭水化物や糖質の量が少ない点もダイエット向きとなっています。糖質というのは太ってしまう原因となってしまうものです。最近は糖質ダイエットが話題になることも多く、糖質の弊害が注目されるようになっています。

糖質をしっかりとカットすることは、ダイエットのために必要不可欠なことです。しかし、お菓子や菓子パンなどをおやつとして食べている方はどんどん糖質を摂取してしまうことになります。それはダイエットにとって悪い影響を与えてしまいます。

その点、カルパスというのは高タンパクであり、糖質は少ないためダイエットにとても良いものです。これからも多くの方がカルパスをダイエットに活用していくでしょう。それだけの可能性のある食品となっています。

カルパスおすすめランキング

5位: なとり ペンシルカルパス 袋7g

なとり ペンシルカルパス 袋7g
¥481/100g ¥34/個

商品説明

珍味やおつまみで有名な「なとり株式会社」のペンシルカルパスです。鶏肉と豚肉をメインにジューシーな味わいと、ほどよくソフトで弾力のある食感、そして肉のうまみをうまく引き立たせたスパイシーな味わいは、おやつはもちろん、ビールなどのお酒のおつまみとしてぴったりなドライソーセージです。また、しっかりとした個別包装になっていますので、手を汚さないでスマートに食べることができるのもとても便利です。1本が7gというのも絶妙な量に感じます。弾力性があるのでしっかりと食べた気にもなれます。少し、おなかがすいたときに、ある程度のしっかりしたものを食べたいときなどに最適なおやつです。もちろんお子様から大人の方までおすすめできます。保存料を使用していないのもいいですね。

この商品の最安値の価格は40本入りで約1,000円代前半、1本あたりで計算すると約30円弱です。おやつとしては買いやすい値段ですね。おつまみとして考えると、40本でもすぐになくなってしまうかもしれません。通販では送料が別に必要になる場合が多いので、家族の多い方や、仲間が集まって食べられる方は、まとめ買いもいいですよ。きちんと送料を含めた金額でショップを比較して購入しましょう

4位: CTF ジャッキーカルパス 15g

対象ショップで取扱いなし

商品説明

豚さんのパッケージがかわいい、株式会社CTFのジャッキーカルパスです。こちらの商品は通常のジャッキーカルパスをカットするときに出る不揃いな商品を袋に詰めたものですので、大きいものとかすごく小さいものとかがかなり混ざっています。見た目は悪いですが、味は変わらないので、日ごろ食べるおやつには十分ではないでしょうか。15g入りの小袋タイプで、見た目は子供向けの駄菓子ですが、中身は本格的なおつまみのジャッキーカルパスなので大人でも十分おいしいですし、後を引くスパイシーな味わいがくせになりそうです。もちろんビールなどのお酒のおつまみにも最適です。ただ、飲みすぎ、食べすぎに注意しましょう。ちなみに株式会社CTFはおつまみや珍味で有名な株式会社なとりのグループ会社です。

インターネットのショップではこの商品は20袋まとめて販売されているところが多いです。最安値の価格は1,000円位です。1袋当たり50円くらいなので、とてもお買い求めになりやすい値段ではないでしょうか。小袋タイプになっているのも、お子様には一袋ずつ、大人がおつまみで食べるときはたくさんなど、その時々で選べるので、20袋では足りないかもしれません。ショップによってかなり値段が違うようですので、しっかりと比較をしてお得にショッピングをしましょう。

3位: ヤガイ ベビーカルパス 460g

ヤガイ ベビーカルパス 460g
152円お得
¥301/100g
34%安

商品説明

「ヤガイ ベビーカルパス」は昔から変わらない味付けと製法で作られた、昔ながらの懐かしい味わいを持ったカルパスです。肉のうまみを引き出させるようにスパイスを利かせて、山桜のチップでスモークして香り豊かに仕上げています。少し柔らかめの食感が食べやすく、ついつい食べ過ぎてしまいそうです。商品名にベビーがついている通り、一口サイズで食べやすい大きさになっていて、それに個別に包まれているため、ホームパーティのおつまみにもぴったりです。もちろん、ご家庭でもお子様のおやつや、お父さん、お母さんのビールのお供としても最適です。少しおなかがすいたときのつまみ食いにもおすすめです。たっぷり入っているのがいいですね。ただし、個別に包まれているといっても、密封包装されてはいませんので、開封後は早めに食べてください。

ネット通販で購入するときは、あらかじめ、いろいろなショップの価格を比較してください。ショップによって値段の幅が結構ありますので、しっかりと比較しましょう。この商品のネット通販での最安値の価格は、大体1,000円前半くらいです。送料も別に必要になるところが多くあります。送料を含めて1,500円前後がお得の目安ではないでしょうか

2位: なとり 徳用カルパス 170g

なとり 徳用カルパス 170g
¥198/100g
57%安
¥336 ヨドバシカメラ
¥377 LOHACO(ロハコ)
他3ショップ

商品説明

主におつまみや乾燥珍味を製造する食品メーカーの「なとり」から、オリジナルブレンドのスパイスを効かせてスモークをしたボリュームたっぷりのお徳用ドライカルパスをご紹介します。同社はこれまでに、チーズ鱈やビーフジャーキーなどをヒットさせ多くの人達に愛されてきましたが、そのブランド力と生産ノウハウを活かした商品となっています。お酒の席で欲しくなるおつまみ・乾き物を生産・提供するという少しニッチな分野に特化している会社ですが、お酒好きな人に好まれる商品開発には定評があります。こちらのカルパスもスパイスが良く効いていて、ビールを飲みながら食べだしたら止まらなくなってしまうといった方も多いようです。そうした声を反映させたのか、内容量が170gとお徳用になっての提供となっています。お値段も一袋400円前後で販売されているので、この点もお得といえます。この商品の原材料は、主なところで鶏肉・豚肉・牛肉そして豚脂肪となっています。アレルギー情報は「特定原材料及びそれに準ずるもの」として、小麦・乳・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉となっています。また開封後は、比較的短時間で劣化するようですので、早めに完食するのが良いでしょう。

1位: ヤガイ おやつカルパス 3.4gx50本

ヤガイ おやつカルパス 3.4gx50本
¥314/100g ¥11/個
31%安

商品説明

パンダの箱がかわいい、ヤガイの「おやつカルパス」です。鶏肉をベースに、豚肉を加えてあり、ソフトな食感とスパイスを抑えた味に仕上げられていますので、小さい子供でも安心して食べられます。また、子供向けの商品となっていますが、実はビールなど酒のおつまみによく合いますので、大人の方にも人気があります。食べきりの小さいカルパスが個別に真空包装されているのもいいですね。また、常温で保存できるので買い置きやお出かけするときのお供にも便利です。

カルパスとは何かよくわからない方もいるかもしれません。よく似た食材にサラミがあるけど違いは何か知らない方も多いと思います。簡単にいえば発祥の地が違います。サラミはイタリア発祥でカルパスはロシアが発祥です。材料もサラミは豚肉と牛肉で作られていますがカルパスは豚肉と牛肉のほか、例えば鶏肉などで作られる場合も多いようです。また、カルパスは水分量もサラミより多く柔らかいので、おつまみとしてよく利用されています。

ネットショップでの価格平均は、主要モールなどの平均では約500円前後です。最安値の値段は400円前半くらいですので、あまり価格差はないようです。だから、送料やお使いのポイントがあれば、それも含めてお得なショップで購入しましょう。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。