生酒に合うおつまみは?おすすめランキングほか

最近では、ビールやカクテルなどではなく日本酒を好んで飲む若い女性も増えています。サツマイモを主原料とする焼酎とは違って、日本酒は米麹の豊かな香りと味が受け入れられているようです。日本酒は、少し前までは特級、一級、二級の3つにランク付けされていました。現在では、酒造技術が進歩したこともあって、大吟醸酒や本醸造酒などさまざまな種類の日本酒が販売されています。生酒は、数ある日本酒のなかでも製造過程で加熱処理を一切していないフレッシュなお酒です。爽やかでスッキリした飲み心地は日本酒が苦手という方にもおすすめです。そんな生酒の味と特徴、原酒や他の日本酒との違い、生酒に合うおすすめのおつまみなどについて紹介します。

生酒おすすめランキング | 合うおつまみは?味や特徴も

生酒の味と特徴 | 原酒との違いは?

日本酒には味やコク、製法などによってさまざまな種類があり、生酒のように名前に「生」がついていてもフレッシュなお酒とはいえないものもあります。全ての日本酒の元となるものが原酒です。原酒は、もろみを搾ったもので、アルコール度数が高く20度ほどになります。一般的な日本酒は、この原酒に水を加えて15度~17度くらいの飲みやすいアルコール度数に調整します。もろみを搾っただけの原酒は、加水処理を一切していない状態のものでありそのまま出荷、販売されることもあります。

生酒は、日本酒の状態を安定させるため、また殺菌処理をして日持ちをよくするために行われる加熱処理(火入れ)を一度もしていないものです。火入れを一度もしないため、出荷された後も酵母が生きたままの状態であり、保存状態によっては味や品質が大きく劣化することもあります。生酒は、数ある日本酒のなかでもとてもデリケートなお酒と言えるでしょう。ちなみに、生原酒と呼ばれるものは、加水調整も加熱処理もしていないものです。日本酒の製造が最盛期を迎える秋から冬にかけて新酒として登場する、できたて、しぼりたての人気商品となります。

日本酒は吟醸酒や醸造酒などさまざまな名称で呼ばれることがあります。これは、精米や麹の歩合、加水調整するアルコールの量などによって区別されているものです。従前は、名称ではなく、特級、一級、二級という三段階で区別されていました。酒造技術の進歩により、酒の種類が多くなったことから「特定名称」で区分分けするようなったようです。

大吟醸酒は、精米の歩合が50%以下、麹の歩合が15%以上、アルコールは若干量、純米吟醸酒は、精米の歩合が60%以下、麹の歩合が15%以上、アルコール無添加、吟醸酒は、精米の歩合が50%以下、麹の歩合が15%以上、アルコールは若干量、などのように基準が決まっています。これらの日本酒は、出荷するまでに2回の火入れが施されています。一方、生酒は、一度も火入れを行っていないため、フレッシュで新鮮な味を楽しむことができます。

「生」とつく日本酒は、生酒以外にもいくつかあります。生貯蔵酒は、原酒を搾って貯蔵した後、製品にする前に1回の火入れを行うものです。生詰酒は、原酒を搾った後に1回の火入れを行うものです。このように「生」がつく日本酒で火入れしていないフレッシュなものは生酒だけということになります。開封後は冷蔵庫で保存して早目に飲み切ることをおすすめします。

生酒に合うおつまみは?

生酒は、できたて、搾りたてで酒麹の香りや味を強く感じることができる爽やかな味が特徴です。せっかく火入れしていない生酒を加熱しては味が台なしになってしまいます。10℃~15℃くらいに少し冷やすか、5℃~10℃くらいにキリリと冷やして飲むのがおすすめです。

ネット通販では、生酒や生原酒が缶入り、瓶入り、紙パック入りなどさまざまな種類で販売されています。なかにはお得なパウチタイプで1.5ℓほど入ったものや生酒や生貯蔵酒、吟醸酢や純米酒などがセットになっていて飲み比べを楽しむことができるものもあります。フレッシュな味が楽しめる一方で繊細な生酒は、長期保存には向いていないため、飲み切る量を考えてその都度購入するのがおすすめでしょう。

フレッシュで爽やかな香りを楽しめる生酒は、濃厚なコクや深みなどがないのでどんな料理にも合わせることができます。冷奴や刺身など淡白でフレッシュな食材でも酒が負けてしまうことがありません。あっさりした味付けの薄い料理でも物足りなさを感じることがないでしょう。また、こってりとした料理でも合うので、フライドチキンや酢豚、ステーキやすき焼き、豚の角煮や麻婆豆腐など、味付けの濃さや料理のジャンルを気にすることなくおいしく食べて飲むことができます。

つまみでチーズといえば、ワインと相場は決まっていますが、実は生酒をはじめとする日本酒とチーズの相性も抜群なのです。リーズナブルな値段のプロセスチーズやスライスチーズをそのまま合わせても日本酒をおいしく飲むことができます。また、居酒屋でも、カマンベールチーズのフライを日本酒に合わせたり、クリームチーズと酒盗を合わせてつまみにしたりと、一見ミスマッチな組み合わせが受けています。

世界的に日本ブーム、和食ブームとなってからしばらく経ちますが、日本酒を海外で展開しようという企業も増えており、さまざまな国や地域で利き酒会のようなイベントが開催されています。海外では和のつまみではなく、その土地の料理をつまみとして提案されることが多く、どんな料理にどのような日本酒が合うかという研究が盛んに行われています。ワインに慣れている外国人には、生酒のようなフルーティー、フレッシュなものが人気のようです。

ネット通販を利用して、産地やメーカーの異なる生酒を飲み比べしながらそれぞれの生酒に合ったおつまみを考えるのも楽しいのではないでしょうか。家飲みやパーティーのドリンクには、ビールやワインだけでなく、ピッタリ合うおつまみとともに生酒を提供してみるのもおすすめです。

生酒おすすめランキング

5位: 月桂冠 生酒 金箔付 ビッグエーオリジナル 280ml

月桂冠 生酒 金箔付 ビッグエーオリジナル 280ml
¥1139/l
33%安

4位: 菊水 ふなぐち 一番しぼり 純生原酒 箱720ml

菊水 ふなぐち 一番しぼり 純生原酒 箱720ml
¥1653/l

3位: 日本盛 日本盛 日本盛 生原酒 大吟醸 缶200ml

日本盛 日本盛 日本盛 生原酒 大吟醸 缶200ml
680円お得
¥1620/l
¥324 カクヤス
¥332 (x30) Amazon(アマゾン)
他1ショップ

商品説明

生原酒だからこそ楽しめる、鮮度感あふれる贅沢な美味しさと香り。デリケートなお酒を手軽に楽しめる様、「品質保持性と利便性に優れたボトル缶」を採用。ちょっと贅沢な食中酒として、くつろぎのひと時に、アウトドアで、移動中に(旅行、出張帰りなど)。特に大吟醸はフルーティーな香りと味が特徴です。

2位: 日本盛 生原酒 200ml

日本盛 生原酒 200ml
¥4130/l
¥826 LOHACO(ロハコ)
¥8,267 Amazon(アマゾン)

商品説明

生原酒だからこそ楽しめる、鮮度感あふれる贅沢な美味しさと香り。デリケートなお酒を手軽に楽しめる様、「品質保持性と利便性に優れたボトル缶」を採用。ちょっと贅沢な食中酒として、くつろぎのひと時に、アウトドアで、移動中に(旅行、出張帰りなど)。

1位: あきあがり 秋の贅沢 ひやおろしセット ぐい飲み付き 瓶

¥1,315 イトーヨーカドー
¥1,327 Amazon(アマゾン)

生酒おすすめランキング | 合うおつまみは?味や特徴も

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。