吟醸酒のおいしい飲み方は?おすすめランキングも

吟醸酒は、数ある日本酒のなかでも低温でゆっくりと時間をかけてつくりあげる贅沢なものです。フルーツの甘さと共通する吟醸香という独特な香りやフルーティーな味が特徴です。甘い、辛いといった通常の日本酒の味のレベルとは別格の芳醇な香りとフレッシュな味を堪能することができます。少し冷やして飲むのがおすすめで、夏の暑い盛りだけでなく冬にアツアツの鍋料理に合わせて飲むのにもピッタリです。日本酒のなかでも価格が高いものになるため、産地や味の特徴を見極めてネット通販で賢く購入することをおすすめします。そんな吟醸酒の特徴や大吟醸酒との違い、おすすめのおいしい飲み方、吟醸酒にピッタリ合うおつまみなどについて紹介します。

吟醸酒ってどんなお酒? | 大吟醸酒との違いも

初めて日本酒を飲もうと思っても、純米酒や吟醸酒、生酒や純米酒などの種類が多すぎてどれを選べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。昔は、特級、一級、二級の3つのランク付けしかありませんでしたが、現在では酒造技術の進歩酒の種類が増えたことで、大吟醸酒や吟醸酒のような「特定名称」で呼ばれるようになっています。お酒にはそれぞれ独特な製造方法があり、製造法によって分類される場合と酒税法によって分類される場合があります。このうち、製造法で分類されるお酒の定義によると、醸造酒、蒸留酒、混成酒の3つに分けられています。醸造酒は、糖質やでんぷん質などを原料として、酵母の働きを利用して発酵させて作るものです。醸造酒は原料や製造方法によって、ワインやシードルのように果物の果汁を発酵させた単発酵酒、ビールのように糖化とアルコール発酵を分けてつくられる複発行酒、日本酒のように糖化と発酵を同時に行う並行複発酵酒の3つにさらに分けられます。

蒸留酒は、原料を発酵させたのちに蒸留してアルコール度数を高めたものです。乙類焼酎やモルトウイスキーなどの単式蒸留酒、甲類焼酎などの連続蒸留酒の2つがあります。混成酒は、醸造酒や蒸留酒に、糖類や生薬などを混ぜ合わせてつくられるもので、製造時のアルコール発酵の過程がないものです。梅酒やリキュールが代表的なものといえるでしょう。日本酒に記載されている大吟醸酒や吟醸酒などの名称は、数ある清酒のなかでも原料や製法をある一定の基準を満たしたものだけに与えられるものです。基準には、原料として使用される玄米のランク、麹米の使用歩合などがあります。さらに、原料や精米歩合によって、吟醸酒や純米酒などに分類されています。

吟醸酒は、精米歩合60%以下、米麹と水、醸造アルコールを原料とした「吟醸造り」という製法によってつくられた清酒です。吟醸造りには、吟味して醸造するという意味があり、つくるのに手間ひまがかかります。精米された米を低温でゆっくりと発酵させることによって酒粕の割合を高くします。こうすることによって、香りがいっそう際立つようになり、特有の吟香を発生させることができます。時間も手間もかかるものですが、昔ながらの伝統的な製造方法でしか味わえない香り高い極上の酒となります。大吟醸酒は、吟醸酒のなかでも、精米歩合が50%以下で、特に固有の香味、色、つやなどに優れているものです。吟醸酒よりもさらに時間をかけて低温でじっくりと発酵をさせます。

吟醸酒のおいしい飲み方

吟醸酒は低温長時間発酵によって、リンゴやバナナなどのようなフルーティーで華やかな香りのことを意味する吟醸香が存分に引き出された日本酒です。おいしく飲むには酒の温度が重要となります。日本酒は、季節や場所などに合わせていろいろな温度で楽しむことができるものです。飲み頃の温度帯を意味することばには繊細な趣を重視する日本人ならではの固有の表現がみられます。冷やして飲む際には、5℃程度の「雪冷え」、10℃程度の「花冷え」、15℃程度の「涼冷え」の温度帯があります。また、燗をつける際には、30℃程度の「日向燗」、35℃程度の「人肌燗」、40℃程度の「ぬる燗」、45℃程度の「上燗」、50℃程度の「あつ燗」、55℃程度の「とびきり燗」などの温度帯があります。

吟醸酒は、加熱すると香りが揮発してしまい味が悪くなってしまうため通常は燗をつけることはありません。吟醸香を存分に堪能するためには冷やで飲むのがおすすめです。しかし、冷やし過ぎると香りがたたないので涼冷え、花冷え程度で飲むのがいいでしょう。比較的リーズナブルな価格で手に入る吟醸酒は、冬に人肌程度に燗をつけると新しい味を楽しむこともできますので、一度試してみるのもいいのではないでしょうか。一升瓶などで購入した場合には、一度で飲み切ることができないことも多いものです。常温のまま保存しても問題はありません。時間をかけて少しずつ飲む場合やもろみがそのまま入っているような吟醸酒は、冷蔵庫で保管するのがおすすめです。

飲む温度とともに吟醸酒を飲むタイミングでもおいしさが変わってきます。酒質をよく知って飲むタイミングを選ばないとお酒だけでなく料理の味も台無しにしてしまうことがあります。お酒は、飲むタイミングで食前酒、食中酒、食後酒に分けることができます。食前酒には、文字通り料理を食べる前に口を潤して食欲を増進する目的があります。懐石料理などでもお膳のなかに、季節のフルーツを使った果実酒が添えられていることがあり、お酒が得意でない女性でもついつい飲んでしまうということもあるでしょう。食前酒はアルコール度数が低いものであることがほとんどですが、乾杯のビールや発泡酒なども食前酒に入ります。

ネット通販には、さまざまな産地で地元の銘柄米を使って手間ひまかけてつくられた吟醸酒が豊富に揃っています。飲み頃の適温や甘さ、辛さなどから飲むタイミングを判断して購入することをおすすめします。

吟醸酒に合うおすすめのおつまみは?

吟醸酒を食中酒として飲むときには吟醸酒に合うおつまみや料理について吟味することも必要になります。食中酒は料理を引き立てるものであり、料理、酒ともにお互いを邪魔せずに旨さを引き出すことができるものでなければなりません。フレッシュでフルーティー、爽やかな飲み口が特徴の吟醸酒には、あっさりしていて酒の味を邪魔しないおつまみが合います。脂の重くない淡白な白身魚の刺身やカルパッチョ、ドレッシングの味を抑えたシーフードサラダ、貝類の酒蒸しなどもおすすめです。和食系のおつまみはなんでも合いますが、意外にワインに合わせる料理も合います。牡蠣料理やブイヤベース、ジャガイモ料理や肉料理、パスタやステーキ、スモークサーモンなどあらゆる料理に不思議にピッタリと合います。

手の込んだ料理でなくても、冷奴やチーズなど下ごしらえなしですぐに食べられるおつまみでもおいしく飲めます。おにぎりを作るときに使う味付け海苔などもシンプルですが、お酒が進むものです。ワインにはフランスパンを合わせることもありますが、米を原料としている吟醸酒には、当然のように米料理も合います。ご飯のお供にはなりませんが、焼きおにぎりや煎餅なども格好の肴となるので、一度試してみてはいかがでしょうか。和食料理に定評のある宿は、食前酒にビール、食中酒に日本酒を飲むことを考えてメニューの構成を考えることがあります。先付け、刺身、焼き物、天ぷら、煮付け、蒸し物、鍋などどれをとっても吟醸酒と相性のいいものといえるでしょう。

蕎麦屋でそばの出汁を使った出汁巻き卵を肴に日本酒を飲む姿はとても粋なものです。ウナギの白焼きと日本酒、焼き鳥やおでんと日本酒、など、吟醸酒をはじめとする日本酒が合わない料理の方が少ないといえるのではないでしょうか。寒い季節のふぐのひれ酒は格別なものですが、これも日本酒の味と香りをさらに引き出してくれるものです。会席料理の最後にブドウやイチゴなどのフルーツが出されることがありますが、フルーティーな吟醸香という共通点があるためか、フレッシュフルーツをつまみにしても吟醸酒をおいしく飲むことができます。このように吟醸酒に合う料理やおつまみは数多くありますが、なかには避けたいものもあります。吟醸酒の香りや味を打ち消してしまう、にんにくや唐辛子などの強い香辛料が入った料理はおすすめできません。韓国の家庭の味として有名なキムチですが、吟醸酒に合わせて食べるのは避けた方がいいでしょう。

手間ひまをかけてつくられる吟醸酒は日本酒のなかでも高級酒の部類に入るもので、価格も決して安いものではありません。ネット通販では、産地や使用されている米のランク、賞味期限などを吟味して、好みの1本に狙いを定めて購入して試飲してみて、徐々にレパートリーを広げていくのもおすすめです。

吟醸酒おすすめランキング

5位: 濃姫の里 隠し吟醸 パック 900ml

濃姫の里 隠し吟醸 パック 900ml
¥900/l ¥810/個
56%安

4位: 白鹿 黒松 生貯蔵酒 吟醸 瓶 720ml

3位: 萬歳楽 吟醸 菊のしずく 瓶 1.8L

萬歳楽 吟醸 菊のしずく 瓶 1.8L
¥2129/l

2位: 八海山 吟醸 瓶 720ml

八海山 吟醸 瓶 720ml
105円お得
¥3056/l
¥2,200 Amazon(アマゾン)
¥2,580 カクヤス

1位: 久保田 千寿 吟醸 瓶 1.8L

久保田 千寿 吟醸 瓶 1.8L
175円お得
¥1626/l
¥2,926 Amazon(アマゾン)
¥3,248 LOHACO(ロハコ)
他4ショップ

商品説明

「久保田 千寿 1.8L」は新潟県長岡市の1830年創業の蔵元、朝日酒造が製造販売する日本酒です。「久保田」には常時販売されているものが5種類あります。純米大吟醸「萬寿(まんじゅ)」、純米大吟醸山廃仕込み「碧寿(へきじゅ)」、純米吟醸「紅寿(こうじゅ)」、吟醸「千寿(せんじゅ)」、特別本醸造「百寿(ひゃくじゅ)」です。他に生酒として、「翠寿(すいじゅ)」があります。

「久保田 千寿 1.8L」は酒米に五百万石を使用し、アルコール度数は15度です。香りは穏やかに、飽きることがない飲み味に仕上がっています。食事と一緒に楽しめる吟醸酒をモットーにしています。「久保田」の中でも一番スッキリとして辛口のお酒です。辛口を好む人にオススメです。ほのかな甘さのアクセントを感じることもでき、女性のユーザも多いのが特徴です。飲み方は常温でも、冷でも、燗にしても美味しく楽しめます。

「久保田」は淡麗辛口の代表の日本酒で、数ある日本酒の中でも非常に人気が高いお酒です。そのため、「久保田 千寿 1.8L」もプレミアム価格が設定されており、定価よりも高値で販売されていることもあります。正規の販売店では定価で販売しているので、誤って高値で購入しないように注意が必要です。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。