安い安い・激安の粕取り焼酎

3商品 お気にいり1お気にいり 575view

粕取り焼酎全3商品の価格を、1lあたり安い順に紹介。 激安No.1商品は「粕取焼酎 日の本 25% 瓶720ml」の¥1571/lで、よく買う商品より安い可能性あり!?
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較もチェックしてみて。

1位: 粕取焼酎 日の本 25% 瓶720ml

粕取焼酎 日の本 25% 瓶720ml
¥1571/l
粕取焼酎 日の本 25% 瓶720ml
¥1571/l
粕取焼酎 日の本 25% 瓶720ml
¥1,131 Amazon(アマゾン)
1

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

粕取り焼酎通販で賢い買い方

もろみ取り焼酎とは別の製法で、清酒かす(日本酒の酒粕)を蒸留して造られる焼酎は「粕取り焼酎」と呼ばれています。粕取り焼酎は九州北部を中心に発達し、全国の清酒蔵で製造されています。江戸時代の本草書『本朝食鑑』に、「焼酒は新酒の粕を蒸籠で蒸留して取る」とあるように、清酒が醸造される地域で焼酎といえば粕取り焼酎のことでした。新しくできた酒粕をそのまま蒸留する方法と、籾殻(もみがら)を混ぜて通気性を確保してから蒸留する方法があり、前者は吟醸粕取焼酎、後者を正調粕取焼酎と呼んで区別しています。貯蔵した酒粕を蒸留し早苗饗(さなぶり)という田植え後のお祭りで飲んだことから、別名「早苗饗焼酎」とも呼ばれています。蒸留した後の粕は田の肥料として使われていました。

粕取り焼酎

太平洋戦争後、カストリと混同されたこと、独特の香りが時代の嗜好に合わなかったことなどから需要が低迷し粕取り焼酎の製造から撤退する蔵が相次ぎました。また、かつては福岡県内を中心に粕取り焼酎専業の蔵も多くあったが、現在では米焼酎の製造を行うなど、専業蔵は消滅しています。しかしながら、昨今の焼酎ブームにより、日本酒製造メーカーが粕取り焼酎に再び進出するケースが増えているようです。梅酒をつける際にベースとなるアルコールやみりんの主原料としても使われたほか、日本酒の仕上げ工程において中途で発酵を止め、防腐や辛口に仕上げる目的で用いられる柱焼酎として使われる場合もありました。また、外傷の消毒薬としても用いられていました。

焼酎 人気トップ10商品

焼酎人気ランキング1位は"粕取焼酎 日の本 25% 瓶720ml"で、人気スコアが62点。おすすめの人気商品です。

粕取焼酎 日の本 25% 瓶720ml
¥1571/l
粕取焼酎 日の本 25% 瓶720ml
¥1,131 Amazon(アマゾン)

粕取り焼酎の特集記事

粕取り焼酎おすすめランキング!人気の銘柄や飲み方、作り方も


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。