甘酒のダイエット効果とは?おすすめ紹介も

甘酒は、古くからひな祭りや冬の寒い時期の飲み物として知られていましたが、独特の香りや舌ざわりがあるため、日常的な飲料としてはそれほど浸透しているものではありませんでした。最近になって、夏バテ防止にもいい飲む点滴であることや美容や健康、ダイエットにも効果が高いとメディアで注目されるようになって愛飲する方が増えています。米麹を材料にしている甘酒は、米のでんぷん質の自然な甘さがとても優しく、アルコールも含まれていないのでお子さんでも安心して飲むことができます。ビタミンや酵素などが豊富に含まれているため、美肌や美髪にも効果があるといわれており、ダイエットにも活用されています。そんな甘酒の驚くべき効能やダイエットの効果、飲み方のポイントなどについて紹介します。

最終更新日:   閲覧数:1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘酒には驚くべき効能が?

甘酒は、江戸時代には庶民の夏バテ防止ドリンクとして広く浸透しており、夏の風物詩として親しまれたものでもありました。甘酒の歴史を遡るとその起源は古墳時代にあるともいわれています。甘酒の効能として第一にあげられるのが疲労回復です。飲む点滴といわれるほど優れた効果があり、毎日少量ずつ継続して飲むことで体の疲れが残りにくくなるといわれています。

甘酒には、体内で合成することができない9種類の必須アミノ酸が豊富に含まれています。また、ビタミンも豊富に含まれており、なかでも代謝に関わるビタミンB群の種類の多さが際立っています。ビタミンB2は肌の機能を活性化する働きがあり、ハリや弾力をキープするのに効果があります。また、ビタミンB1、ビタミンB6、ナイアシンなどのそのほかのビタミンB群が豊富であることから、肌を美しく保つために必要なタンパク質の合成を促して内側から肌をきれいに整えてくれます。また、甘酒の原料である麹には、シミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれる働きがあり、美肌効果が高いといわれています。

甘酒にはビオチンという成分も含まれています。ビオチンはコラーゲンなどの良質なタンパク質を生成することで知られています。ビオチンは、エネルギー代謝にも深く関わっており、頭皮の新陳代謝を活発にさせることで頭皮環境を整えてくれます。麹酸とともに美しい髪の毛をつくる効果が期待されています。強い日差しや紫外線でダメージを受けることの多い髪の毛や頭皮を修復して美髪効果をもたらすとして、モデルやグラドルなどはいち早く甘酒を飲む習慣を取り入れたといわれています。

甘酒には、アミノ酸の一種であるパントテン酸やGABAも含まれています。これらのアミノ酸は、ストレスを軽減してくれる効果があるとされえいます。甘酒を飲むことによって副交感神経優位の状態に整えてくれるため、ストレスを抑えてリラックス効果が得られるともいわれています。自然の甘さが疲れをとってくれるため、心身ともにリフレッシュしてくれることでしょう。

甘酒には代謝に深い関わりがある酵素が100種類以上も含まれているといわれています。脂肪を分解、消化してエネルギーへと変換するリパーゼは、皮下脂肪や内臓脂肪の燃焼を促進してくれます。また、α-グルコシターゼは、体重増加を抑制してくれる効果が期待されているといわれており、ダイエットにも効果が高い飲み物として女性に人気となっています。

甘酒にダイエット効果はあるの?

名前が示すとおり、甘くて飲みやすくどちらかというとダイエットには不向きと思われる甘酒には、驚くほど高いダイエット効果があるといわれています。甘酒に含まれているブドウ糖は、脳を活性化し、体を動かすエネルギー源となる重要な栄養素のひとつです。ブドウ糖は血糖値に直接作用して空腹を満たしてくれるものです。甘酒を飲むと満腹感が得られ腹持ちもよくなるため、食事代わりに摂取することでダイエットにも効果があります。

アミノ酸の一種であるGABAには、血液中の中性脂肪やコレステロールに働きかけて脂質の代謝を促す作用や血液をサラサラにする作用があるといわれています。さらに、成長ホルモンの分泌を促して脂肪分解酵素を活性化する働きもあります。副交感神経優位の状態に整えることで内臓の働きが活発になり、代謝をあげて消費エネルギーを高めることも期待されています。代謝をあげるためには、体のなかからだけでなくエネルギーを消費しやすい筋肉を鍛えることも必要です。甘酒を飲む習慣に運動を加えれば、無理なく美しく痩せることができるでしょう。

甘酒には、腸内環境を整えることでよく知られているオリゴ糖も含まれています。オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサとなり、悪玉菌の繁殖を抑えて腸内フローラを整えてくれる働きがあります。老廃物や有毒物質などが腸内にとどまったり、排出が抑制されて便秘になったりすることを防いでくれるため、必要な栄養分のみが効率的に消化、吸収されて残りはエネルギーに変換されるという流れを整えてくれます。食物繊維も豊富に含まれているため、ダイエットを阻害する大きな原因のひとつである便秘解消に効果が期待できます。

甘酒は100gあたり約80kcalです。ご飯と比較すると半分ほどのカロリーですが、飲み物としては決してカロリーの低いものとはいえません。普通の食事にプラスして甘酒を飲めば、ダイエットどころか太る原因になることもあります。痩せるために最も大切なことは1日の総摂取カロリーを抑えることです。主食や間食などの高カロリー食品を甘酒に置き換えることで摂取カロリーを抑えることができればダイエットのサポートになります。ご飯の代わりに、おやつの代わりに甘酒を飲むことによって、ダイエットの効果が得られることでしょう。極端な置き換えはストレスや栄養不足になるため、タンパク質などの栄養素をしっかり摂りながら、無理なくダイエットできるようにしたいものです。

甘酒の飲み方のポイントは?

甘酒には、原料に米麹を使ったものと酒粕を使ったものの2種類があります。米麹を原料とした甘酒は、アルコール分を含まないため子どもでも飲むことができます。一方、酒粕を使用したものは、アルコール分が含まれており、お酒独特の香りもします。米麹を使用した甘酒はお粥の状態にした米と米麹を合わせて発酵させてつくるものです。砂糖は一切使用していないのに甘みが感じられるのは、全てでんぷんによるものです。一方、酒粕を使用した甘酒は、日本酒をつくるときにできるもろみを搾った後のカスをお湯で溶いて加熱して砂糖を加えてつくります。酒独特の香りと砂糖の甘さがあるため、米麹を使ったものよりも飲みにくいという特徴があります。アルコールを含まないこと、砂糖を含まないこと、米本来の甘さをかんじられること、などから、毎日継続して飲んだり、ダイエットに活用したりするのには、米麹を使った甘酒がおすすめといえるでしょう。

滋養強壮や美肌・美髪効果を得るために甘酒を飲むのであれば、飲む時間やタイミングにそれほどこだわることはありません。美容効果を高めるためには就寝前に飲むといいともいわれています。しかし、ダイエットのために甘酒を活用するのであれば話は違ってきます。甘酒はエネルギー源となるものでもあります。朝、甘酒を飲めば脳を活性化して基礎代謝をアップすることもできます。1日のスタートに甘酒を飲めば、さまざまな活動をするためのエネルギーとして変換されます。温めて飲むとさらに効果が高くなるので、朝、コップ1杯程度の甘酒を温めて飲む習慣をつけるといいでしょう。

米麹を使用した甘酒は、酒粕を使用したものよりは飲みやすいものですが、それでも独特な香りや飲み心地から苦手という方もいるでしょう。甘酒に何かひとつプラスすることによって飲みやすくなるだけではなく、甘酒の効果を高めることもできます。女性ホルモンとの関係が深いとされるイソフラボンは、美容と健康にいいことで知られています。甘酒と豆乳を1:1で混ぜるだけで豆乳と甘酒の相乗効果を得ることができます。また、体を温めて代謝を上げてくれる効果のある生姜をプラスすることによって甘酒特有の飲みにくさがなくなります。ホッと一息つくときに飲むリラックス効果が得られるものとしてもおすすめです。

ネット通販では、甘酒をお得なまとめ買いすることができるのが最大のメリットです。まとめ買いすることで価格を抑えて購入することができ、玄関先まで届けてくれるのでお店から持ち帰る苦労もありません。お子さんから高齢の方までおすすめの甘酒を常備しておくことをおすすめします。

甘酒のおすすめ

5位: 森永冷やし甘酒 190X30

対象ショップで取扱いなし

レビュー: 4.63点/5点

4位: 伊勢惣 麹屋さんが造ったあま酒 かたねり 袋350g

伊勢惣 麹屋さんが造ったあま酒 かたねり 袋350g
¥864/l ¥303/個
50%安

商品説明

飲む点滴とも評される甘酒ですが、砂糖が入っているものが多いです。しかし伊勢惣 甘酒 無加糖 かたねり 350gは自然な甘さで砂糖を使用していないのが特徴です。

伊勢惣 甘酒 無加糖 かたねり 350gは米と麹と食塩のみでできています。350mlのお湯に溶かして飲むだけですから簡単に調理できますし、1袋あれば5人分の甘酒が一気にできます。ですから家族みんなで飲むこともできますし、友達が遊びに来たときや寒い日に飲むのにも最適です。甘酒は酒粕を使ったものと米麹を使ったものがありますが、麹の便秘解消効果や美肌効果、ダイエット効果を引き出すには米麹を使用した甘酒がいいそうです。伊勢惣 甘酒 無加糖 かたねり 350gは余計なものが一切入っていませんのでぴったりと言えます。また砂糖を使用していませんので、甘酒本来の自然な甘みと旨味を味わうことができるでしょう。ただし一度開封すると2~3日しか持ちませんので、一気に使ってしまった方が無難です。

伊勢惣 甘酒 無加糖 かたねり 350gはそのまま甘酒として飲んでもいいですが、塩大さじ1杯を入れて乱切りの大根やニンジンを漬けても美味しく食べられます。お餅を入れるとお汁粉のように食べることができますのでぜひ試してみてください。

商品詳細

  • 内容量:300g以上
  • カラー:クリアカラー

3位: 國盛 酒蔵のあまざけ 500g

國盛 酒蔵のあまざけ 500g
¥824/l
52%安
¥412 爽快ドラッグ
¥432 (x4) Amazon(アマゾン)
他1ショップ

レビュー: 3.90点/5点

全対象ショップのレビューは計124件、その平均は4.30点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
爽快ドラッグ4.44点16件
Amazon3.90点16件
ケンコー4.35点92件

2位: 森永甘酒 しょうが入り 190X30

森永甘酒 しょうが入り 190X30
¥415/l ¥79/個
76%安
¥78 (x60) ケンコーコム
¥87 (x30) 爽快ドラッグ

レビュー: 4.57点/5点

全対象ショップのレビューは計35件、その平均は4.57点(5点満点)。レビューが多く、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
爽快ドラッグ4.57点35件

1位: 森永甘酒 ドリンク 缶 19030

森永甘酒 ドリンク 缶 19030
¥456/l ¥87/個
73%安
¥2,600 Amazon(アマゾン)
¥2,627 ケンコーコム
他2ショップ

商品説明

「森永甘酒 ドリンク 缶 19030」は1974年より森永製菓から発売されている缶入りの甘酒です。

甘酒とはお米から発酵を利用して作られた、奈良時代から親しまれる伝統的な飲みものです。水分と塩、糖分の3つがバランスよく含まれるため、飲む点滴ともいわれています。

甘酒の製造方法としては酒粕から作るタイプと米麹から作るタイプがあります。こちらの甘酒は酒粕と米麹の両方を使用。この2つを絶妙なバランスでブレンドすることに成功しました。日本酒を製造する過程でできる、さまざまな栄養分が含まれる酒粕を加えることで豊かな香りと深いコクを生み出し、そして米麹はお米が本来持っているやさしい甘さを作ります。そのほかの原材料は砂糖、食塩、酸味料です。100gあたりの栄養成分はエネルギーが64kcal、炭水化物15.1g、たんぱく質0.8g、ナトリウム73mgとなっています。

1缶190g入りで飲みきりサイズ。持ち運びにも便利で、外出先で飲むのにも適した容量です。またアルコール1%未満なのでお酒ではありませんが、酒粕を使用しているためお酒に弱い方、お子さん、妊娠中の方、授乳期の方はご注意ください。手軽なサイズの栄養補給としてまとめ買いがおすすめです。

商品詳細

  • 内容量(g):190g
  • ブランド:甘酒
  • 容器の種類:缶

レビュー: 4.43点/5点

全対象ショップのレビューは計233件、その平均は4.42点(5点満点)。レビュー数が充実しており、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.30点85件
爽快ドラッグ4.56点108件
LOHACO4.30点40件

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。