赤ワインのおすすめはどれ?特徴やカロリー、おつまみを紹介

赤ワインのおすすめと特徴・カロリー・おつまみ

赤ワイン

赤ワインは、赤味がある果皮のブドウの果皮や種子、果肉などすべて合わせて発酵して作るというワインです。世界各国で作られており、フランスやイタリアが産地になっています。赤ワインの特徴としては、種子の発酵からくる渋みや果皮からくる酸味、そして赤い色が特色です。赤ワインのカロリーは1杯73から77キロカロリー程度ですが、アルコールによるカロリーなどで蓄えにくいです。さらには、タンニンなどポリフェノールを含んでおり健康効果も高いです。赤ワインに合う料理やおつまみは味の濃い肉料理にマッチしています。ステーキなど肉の素材を生かすものやトマト、チーズを使った料理、赤ワイン自体を使った煮込み料理にも適しています。

最終更新日: 2018-04-04   閲覧数:2426

赤ワインの特徴

ワインとは、主にブドウの果汁を発酵させて作ったアルコール飲料です。一般的に知られているのは赤ワインと白ワイン、ロゼワインの3種類があります。そのなかでも赤ワインは印象的なブドウの赤色をしており、力強い味わいが特徴的です。

ワインの原料はもちろんブドウですが、そのなかで赤ワインは濃色の黒ブドウから作られます。赤ワインの原料となるブドウには何種類かありますが、代表的なブドウとしてカルベネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ピノ・ノワール、シラー、ガメイなどが挙げられます。どれも濃色のブドウになります。カルベネ・ソーヴィニヨンはボルドーのワインに使われる代表的な赤ワイン用ブドウであり、メルローもボルドー地方のブドウになります。そしてピノ・ノワールはブルゴーニュの赤ワインとして有名であり、シラーは日本でも人気のボジョレー地方で栽培されているブドウです。イタリアでも赤ワインが積極的に食されており、トマトで有名なイタリアのピエモンテで栽培されているネッビオーロ、イタリアのトスカーナ地方で栽培されているサンジョヴェーゼなどがあります。近年アルゼンチンで注目されている品種が、フランスなどで栽培されているマルベックです。日本ではマスカット・ベーリーAという品種が赤ワイン用に栽培されています。

赤ワインは製造の過程で果皮・種・果汁を一緒に発酵して作られますので、ブドウの果皮の美しい赤色や、種の独特の渋みなども一緒に味わえます。そのため、赤ワインの色は比較的赤黒く、熟成の長いものでは光を通さないほどです。味といえば、突出した渋みと酸味が特徴的で、力強い味わいをしています。この渋みと酸味は、皮や種を取り除いていないことが理由の一つです。香りがよく、室温で飲むと苦みを抑えられるという特徴もあります。

赤ワインの特徴としては、飲み口が重厚な口当たりであることです。そのため、旨みや甘みの強い肉料理とあわせることで味のバランスを整えてくれます。そのため赤ワインは肉料理に向いていると言われています。

また、健康効果が高いのも赤ワインの特徴です。赤ワインは、抗酸化作用に優れているポリフェノールを多く含むことはよく知られています。ブドウの果皮や種に含まれるポリフェノール類、タンニン、アントシアニン、フラボノイドなどが細胞の酸化を防いで、身体を若々しく保ってくれます。美容と健康に良い赤ワインが今健康ブームの中で注目されています。

赤ワインのカロリー

ワインの中でも濃厚な味わいと渋み、酸味が特徴であるのが赤ワインです。赤ワインは健康効果の高い飲み物として知られていますが、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?特にダイエット中の女性にとっては気になるところです。

一般的に赤ワインのカロリーは100ミリリットルあたり73 から77キロカロリーが含まれています。コーヒーなどに比べると高いですが、カプチーノなど甘い飲み物に比べるとそんなに高くありません。炭酸飲料が100ミリリットルあたり50キロカロリー程度ですので、炭酸飲料に比べると高くなります。

ですが、赤ワインのカロリーが高いからと言って悲観することはありません。赤ワインの1杯のカロリーは73から77キロカロリー程度ですが、炭酸飲料などと違ってがぶ飲みをすることはまずありません。レストランなどで提供される赤ワインはたいていグラスあたり125ミリリットル、カロリー換算では90キロカロリー程度です。飲める人でもたいてい3杯程度で済みますので、280キロカロリー程度ということになり、そこまで高カロリーか、というとそうではありません。

しかしながら、赤ワインにはそれだけのカロリーがありながらも、ダイエットに良い、美容に良いという見方が大半です。なぜなら、確かに1杯当たり73から77キロカロリー程度ありますが、その多くがアルコールのカロリーですので、熱として放出されることが多いからです。摂取しても身体にとどまらないため、そこまで気にする必要もないのです。

一方で、赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれています。そのなかのポリフェノールの一種であるタンニンがダイエットに有益な物質です。タンニンは脂肪を分解する効果がありますので、赤ワインについてカロリーはそこまで高くない、ダイエットに適しているという見方があるのです。

しかしながら、糖質を加えて甘みを出しているようなワイン飲料は、赤ワインといえどもカロリーが高くなりますので注意が必要です。できれば、そのような物質を含まない純度の高い赤ワインを摂取するとよいでしょう。

赤ワインは、たくさん摂取すればよいというものではありません。美容のためにポリフェノールを摂取しようと思うのでしたら、1日1杯程度が適正な量になります。たくさん摂取すればするほどカロリーも消費します。特に、ワインとともにつまみも摂取している場合はなおさらです。カロリーに注意してたしなむとよいでしょう。

赤ワインに合うおつまみ・料理は?

ブドウの果皮、果肉、種子、すべてを発酵して作られるのが赤ワインであり、他のワインと比べて渋みが多く深みのある濃い味であることが特色です。そのため、特に肉料理にマッチすると言われています。なぜなら、牛肉や豚肉、鶏肉などといった面ジャーなお肉は、肉の味そのものに深い味わいがあるからです。赤ワインに合う料理としては、味付けも濃く作られているもの、ビーフシチューやローストビーフ、ビーフステーキなどがマッチしています。ビーフシチューは料理にも赤ワインが使われていますので、相性も抜群です。

一方でローストビーフやステーキのように肉本来の素材の味をスパイスだけで味わうのでしたら、スパイシー系の赤ワインが味を引き立ててくれます。豚肉でしたら、豚の角煮やとんかつ、生姜焼きなどといった和食にあっさりとした熟成されていない赤ワインがあいます。鶏肉で赤ワインとマッチするといえば、鶏肉の煮込みです。もちろん、素材の味を生かしているローストチキンなどにも赤ワインが向いています。このように熟成された赤ワインと同じように時間をかけて調理する肉料理にマッチします。

赤ワインに合うのはお肉だけではありません。お魚であっても、ぶりの照り焼きや赤みの強いマグロなどのように濃い味のものでしたら渋みの強い赤ワインに会います。

ダイエットなどで肉料理を控えている人は、野菜料理でも赤ワインに合うものはあります。たとえば、トマトベースで野菜を煮込んだラタトゥイユやロールキャベツ、野菜のトマト煮込みなどです。実は、赤ワインはチーズとも大変相性がいい飲み物です。コクのあるゴーダチーズやさわやかな酸味が特徴のチェダーチーズです。また、トマト料理との相性も良いのでトマトとチーズを使用したピザやカプレーゼとも相性がよく、おつまみとしてもおすすめです。

ダイエットや美容、といった観点から赤ワインに合う料理やおつまみを探している人におすすめなのは、野菜スティックやキノコのマリネ、焼きキノコやグリル野菜などです。キノコも加熱をすると味わいが深くなりますので、赤ワインの奥深い味わいが一層素材の美味しさを挽きたてるからです。カロリーダウンをしたければ、ツナとオニオンのサラダやシーザーサラダもおすすめです。赤ワインとともにいただくおつまみに、焼いたり揚げたりといった調理法ではカロリーが高くなりますので、素材の味を生かしたグリルやサラダといった調理法がおすすめです。



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops