フルーツワインおすすめランキングと特徴・カロリー

フルーツワイン他

お酒の中でもワインは世界中で親しまれています。日常的にワインを飲むという方はたくさんいるでしょう。ワインを好んでいる方は日本人の中にもたくさんいるのです。そんなワインなのですが、いろいろな種類が存在しています。その一つとしてフルーツワインというものがあります。フルーツワインというのは普通のぶどうを原料としたワインとはまた異なった特徴があるのです。そんなフルーツワインについてはあまり馴染みのない方は多いでしょう。そもそもフルーツワインがどういったものなか知らない方がいるかもしれません。そのような方のためにこちらではフルーツワインについての情報をまとめています。フルーツワインについてもっと詳しくなってください。

フルーツワインってどんなワイン?

フルーツワインはぶどう以外の果実を用いたワインのことです。一般的にワインといえばぶどうというイメージがあるのですが、実は別のものからつくられることもあるのです。普通のワインよりもさらにカジュアルなものを目指して生まれたものです。そのためアルコール度数が低めとなっていたり、よりフルーティーで甘みのある味をしているのが特徴的です。普通のワインは飲めないという方であってもフルーツワインであれば美味しく飲めるという方がいるのです。

フルーツワインというのはメーカーによって微妙に定義が異なっています。その中でもぶどうと同じように発酵させて得られたものがフルーツワインです。発酵させることのできる果実であれば、それからフルーツワインをつくることが可能なのです。りんごや桃といったものを使うと甘みがあってとてもジューシーなフルーツワインとなります。ただし、ライムやレモンといった酸味の強いものについてはフルーツワインにすることが難しいとされています。それは発酵が妨げられてしまうかもしれないからです。

フルーツワインってどんなワイン?

また、フルーツワインの別の定義もあります。それは通常のぶどうをベースとしたワインに対して別の果汁を足したものです。このタイプのフルーツワインも人気を集めることに成功しています。たとえばサングリアというフルーツワインもあります。フレーバードワインと呼ばれることもあります。

フルーツワインというのは低アルコールであり、まるで梅酒やチューハイのように飲むことができるでしょう。カジュアルにワインを飲みたいという方は多いのです。ワインにあこがれを抱いている方にもおすすめすることができるワインがフルーツワインです。特にこだわりなく気軽な気持ちで飲むことができるでしょう。ワインというのはいろいろな知識がなければ飲んではいけないというイメージを持っている方もいるのです。そのような堅苦しいイメージを脱却することに成功したのがフルーツワインです。肩の力を抜いて落ち着いた気持ちで飲めます。いろいろな料理に合わせることができます。フルーツワインの市場としては20代から30代ぐらいの方を中心として賑わっています。これまでに味わったことのないものを飲んでみたいという方はフルーツワインがおすすめなのです。これからも多くの方が楽しむでしょう。たとえば国産果実を利用した100%のフルーツワインも売られているのです。とても注目されているワインです。

フルーツワインのカロリーが気になる!

フルーツワインというものがあるのですが、こちらに興味を持っている方はたくさんいるでしょう。特にどのくらいのカロリーがあるのかを知りたいという方は多いはずです。普通のワインのカロリーはだいたい100mlあたりで70Kcal程度となっています。基本的にアルコールというのはアルコール度数が高くなるほどカロリーも高くなる傾向があります。そのためワインのカロリーというのはビールよりもワインの方が高くなっています。さらに日本酒や焼酎の方が高くなります。

フルーツワインの一種として扱われることのあるサングリアのカロリーは1杯あたりで100Kcal程度となっています。そのため普通のワインよりも多少カロリーは高くなっています。サングリアにはリンゴやレモン、オレンジ、バナナなどを加えています。これによって普通のワインよりもカロリーが高めとなっているのです。厳密にいえばワインではなくて甘味果実酒に分類されています。

また、一般的なフルーツワインとしてももワインやさくらんぼワイン、マンゴーワインといったものがあるのですが、これらのカロリーも普通のワインよりも多少高めとなっているのですが、実際のところはそれほど大きな違いはありません。

フルーツワインのカロリーが気になる!

フルーツワインを飲もうと考えている方の中には太ってしまう心配をしている方がいるかもしれません。基本的に普通のジュースと比較するとカロリーは低くなっているのですが、過剰に飲み過ぎてしまうと太ってしまう心配もあるため注意しましょう。適量を守って飲むならばそれほど心配をしなくても良いでしょう。

フルーツワインにはいろいろな種類があります。たとえばさくらんぼワインはさわやかな甘さと酸味を感じることができるため口当たりが良くてとても飲みやすいでしょう。ルビー色に輝いていて見た目も良いです。ももワインはフルーツワインの中でも人気の高いものとなっています。こちらもさわやかな甘さを感じることができます。

他にもフルーツワインにはいろいろな種類がたくさん存在しています。それぞれどのような果物が原料に使われているのかが違っているため、それによってカロリーに差が生じることもあります。しかし、基本的にフルーツワインというのは極端にカロリーに差があるものではありません。購入する際に念のためチェックしておくのは良いでしょうが、それほど気にする必要はないでしょう。安心して美味しく飲むことができるのです。フルーツワインを飲んでみればその味に感動してしまうかもしれないでしょう。

フルーツワインおすすめランキング

1. 柚子ワイン 500ml

柚子ワイン 500ml
¥3746/l
¥1,873 Amazon(アマゾン)

木内酒造の柚子ワインです。木内酒造は、江戸時代に常陸野(現在の茨城県)で日本酒の造り酒屋として始まりました。現代に入りビールや焼酎造りにも成功して、次に挑戦したのがワインでした。その土地で育まれた素材と気候や風土から生み出されるものを大切にしてきた木内酒造は、ワインを造る際にも、常陸野ならではの原料にこだわりました。そして選ばれたのが、茨城県御前山特産のタダニシキという品種の柚子です。タダニシキの特徴は、糖度が低くて発酵には不向きと言われる通常の柚子と比べて、非常に糖度が高いところです。完全無農薬で育てられたみずみずしくて甘くタダシニキから造られた柚子ワインは、柚子ならではの甘酸っぱい味わいと豊かな香りが特徴です。また、柚子には体内の疲労物質である乳酸や活性酵素を分解したり、コレステロールを押さえたり、体内をアルカリ性に保ったり、血液をさらさらにしたりと、体にいい働きがあるクエン酸をはじめ、多くのビタミン類やアミノ酸が含まれているので、そこから造られた柚子ワインは美味しくて体にも良い飲み物です。欧米では珍しい柚子は、東洋を感じさせる香りとして人気も高く、柚子から造った極めて珍しいワインは NY近代美術館の人気フレンチレストラン「The Modern」をはじめアメリカでも人気上昇中。食前、食後にぴったりな個性派ワインです。

木内酒造のワインは、通常店舗では見かけることができませんが、ネット通販を利用すれば、どこからでも購入することができます。


2. アルプス ナイアガラフルーツワイン 500ml

アルプス ナイアガラフルーツワイン 500ml
¥1495/l ¥747/個
¥4,484 Amazon(アマゾン)

株式会社アルプスは長野県にあるワインメーカーです。ナイアガラフルーツワインは、信州産のナイアガラという品種のブドウを使って造られた、株式会社アルプスの商品です。アルプスのブドウ畑がある長野県塩尻は、ブドウの収穫時期の昼夜の気温差が大きいこと、収穫時期の降水量が比較的少ないこと、日照時間が長いこと、火山灰が堆積した水はけの良い土壌であること、という美味しいブドウが育つための4つの要素がそろった土地です。明治時代の開拓当初には20種類以上のブドウが植えられましたが、100年後に残ったのはナイアガラとコンコードという2つアメリカ産の品種でした。この土地の風土と相性が良いナイアガラ種を使って造られた信州ナイアガラワインはアルコール度数4℃の低アルコールのフルーツワインです。この商品は、平均的なフルーツワインの比べて約25%安い価格で購入できるので、手軽でコスパの良い商品です。1本500ml入りなので低アルコールのワインならすぐに飲み切ってしまいそうですが、ネット通販を利用すれば6本1ケース単位でまとめ買いもできるので、ナイアガラ種の味が好きな方やアルコール度数低めのワインが好きな方にはおすすめの購入方法です。


3. メルシャン 日本果実のワイン ふうわりもも 瓶750ml

メルシャンの日本果実のワインシリーズは、原料の果実と製法とおいしさにこだわった、ワイン会社ならではのフルーツワインです。日本果実のワインふうわりももは、厳選した国産のももを100%使用して作られています。果実発酵の果実酒にこだわって、ももの果汁を発酵させて作ったワインとももの果汁をブレンドして作られているので、香料無添加で果実本来の甘さとみずみずしさが感じされるワインに仕上がっています。やや甘口でほど良い酸味とももの味わいが特徴です。アルコール度数が4%と低めで飲みやいので、最近人気が出ている梅酒、サングリア、甘口のワインのように気軽に楽しむことができるお酒です。そのまま冷やしてストレートでも、氷を入れてロックスタイルでも美味しく飲むことができます。フルーツワインは様々な酒類メーカーから発売されていますが、原料からこだわった品質の高いフルーツワインをお手頃価格で楽しむことができる日本果実のワインシリーズはおすすめです。また500mL入りなので、鮮度の良いうちに飲みきることができるのも良いです。この商品は、平均的なフルーツワインの価格より約45%も安く購入できるコスパに優れた商品でもあります。


4. サントネージュ 梅ワイン 国産梅100%使用 瓶500ml

サントネージュ 梅ワイン 国産梅100%使用 瓶500ml
¥2984/l
¥1,492 Amazon(アマゾン)

サントネージュは、アサヒのワインブランドです。サントネージュは、日本のブドウの魅力を最大限に引き出して日本ならではのワインを造ることを目指しており、このコンセプトは梅ワインなどのフルーツワインにも共通しています。通常、梅酒は梅の果実をそのまま砂糖とアルコールに漬け込ん造られますが、サントネージュの梅ワインは、ブドウから造るワインと同じように果実そのものを発酵させて造られているので、梅のエキスがしっかりと抽出されて果実感と風味と香りを十分に感じることができる飲みごたえ十分な仕上がりになっています。もちろん、原料の梅にもこだわって100%国産梅を使っています。花を楽しんだり実を食べたりと、梅は日本人にとって親しみのある植物です。日本の梅は、中国のあんずのような甘酸っぱい梅とは違い、酸味が強いのが特徴です。これは、日本の風土に適合していくなかでクエン酸を多く含む品質に変化したためです。だからこそ、サントネージュは美味しくて体にも優しい国産梅だけを使用し、価格に見合う贅沢な商品を作り上げています。また、アサヒのホームページ内のサントネージュのサイトには、梅ワインに合うレシピやカクテルなどのアレンジが紹介されているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。


5. 月桂冠 プラムワイン 壜詰 500X6

月桂冠 プラムワイン 壜詰 500X6
¥1382/l ¥691/個
31%安
¥4,146 Amazon(アマゾン)

月桂冠は、江戸時代初期から続く京都の日本酒メーカーです。伝統的な日本酒を造り続けているのはもちろんですが、海外に進出したり、業界初となる糖質ゼロやプリン体ゼロの日本酒を開発したりと、様々な新しいことにも挑戦しています。また、日本酒のみにとどまらず、清酒や麹菌の機能に関するバイオの研究開発や美容と健康に関する研究なども行っています。さらに、リキュールや梅酒などの日本酒以外のお酒の商品開発も積極的に行っていて、プラムワインもそのひとつです。プラムと言うと本来は梅やアンズなどを含むスモモ類のことを指しますが、月桂冠のプラムワインは梅から造られたフルールワインです。一般的に飲まれている梅酒の多くは焼酎に梅と砂糖を漬け込んで梅のエキスを抽出する方法で造られていますが、日本酒製造の技術を生かして造られたプラムワインは梅の果汁を酵母を使って醗酵させる方法で造られています。そのため、梅が持つ酸味や甘み、香りに加えて、発酵によって生まれる奥深い旨味も味わうことができる商品に仕上がっています。いわゆる梅酒とは一味違う味わいのあるお酒ですが、ネット通販を利用すれば一般的なフルーツワインより約30%ほど安い価格で購入することができます。


6. ヴァルドランスオーガニック 750ml

ヴァルドランスオーガニック 750ml
¥1939/l
¥1,454 ケンコーコム
¥1,468 Amazon(アマゾン)

ヴァルドランスオーガニックは、シードルと呼ばれるリンゴのお酒です。

シードルは、リンゴの果汁100%で造られたお酒のことです。フランスで伝統的に造られていたお酒で、フランス北部のブルターニュ地方やノルマンディー地方などのブドウ栽培の北限を越えた地域がその産地として有名です。シードルは、新鮮なリンゴ果汁を樽の中で発酵させて作りますが、リンゴそのものの糖分がアルコールと炭酸ガスに変化して発泡酒が出来上がるので、本来糖分やガスは一切添加されていません。ヴァルドランスのシードルを造っているレ・セリエ・アソシエ社では、この伝統的な製法を守っているので、濃縮還元果汁や砂糖は一切使わず、その年に収穫された40種類以上のブルターニュ産リンゴの天然果汁のみを使用しています。さらに、オーガニックと名前がつたこの商品は、最低3年以上の有機農法を続けている畑から収穫されたリンゴだけを使用したこだわりの逸品です。シードルの原料となるリンゴは、ポリフェノールを多く含む皮部分が厚い、シードル専用リンゴです。シードル専用リンゴには通常のリンゴの約5倍のポリフェノールが含まれており、ビタミンやミネラル、アミノ酸も豊富なので、抗菌作用や抗酸化作用などがある、美味しいだけでなく体にやさしいお酒です。ほど良い甘みと酸味、リンゴの風味とうまみが感じられる中辛口のお酒なので、普段の食事と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。


7. 無添加 梅ワイン 720ml

無添加 梅ワイン 720ml
¥2289/l
¥1,648 Amazon(アマゾン)

無添加梅ワインは、山梨県にあるシャトー勝沼というワインメーカーの商品です。勝沼町は甲府盆地の東側にあり、寒暖差が大きいのでブドウ栽培に適しています。そのため日本最古のブドウ栽培の歴史を持っており、シャトー勝沼はその勝沼で最古のワイナリーで、130年以上のワイン醸造の歴史があります。そして、ブドウの栽培、醸造、販売のすべてを一貫して手作りで行うことにこだわっています。梅ワインのベースは、コンコードという種類のブドウから造られた白ワインです。コンコード種は香りが強いため一般的にはワイン用にはあまり使われませんが、梅果汁と合わせることでフルーティーな香りと甘みとすっきりとした酸味が特徴の梅ワインに仕上がっています。短期熟成で造られているので、梅の香りと美味しさをそのまま生かされたまろやかな口当たりです。健康を意識する方や主婦の方、ワインに詳しくない方にも広く親しんでもらえるようなわかりやすい美味しさを目指し、取扱いに便利なスクリューキャップのパッケージになっているので、一度に飲み切れなくても大丈夫です。また、酸化防止剤無添加で造られているのも特長のひとつです。どのような家庭料理にも合い、食前酒としても楽しむことができるので、幅広く飲むことができます。


8. とまこまいハスカップわいん 甘口 720ml

とまこまいハスカップわいんは、はこだてわいんが製造販売しているフルーツワインです。はこだてわいんは、その名の通りはこだてにあり、日本人の味覚に合う日本のワインを目指しているワインメーカーで、北海道におけるワイン醸造用ブドウの作付面積は日本最大規模を誇っています。そして、ブドウだけでなく北海道をはじめとする日本各地の特産果実を活かした日本ならではのフルーツワインも多数発売しています。ハスカップは、酸味が特徴の果実で、ビタミンCやアントシアニン、カルシウムなどを豊富に含んでいます。日本では、主に高山植物として自生している比較的寒いところを好む植物ですが、北海道の苫小牧周辺では平野で自生していて、ジャムや果実酒名との加工用にも広く栽培されていて、北海道の代表的な果実のひとつです。はこだてワインのフルーツワインは、どれも新鮮な果物が持つ甘みや味わいが生かされていますが、北海道苫小牧産のハスカップを原料にしたこの商品は、アルコール度数が8%とやや低めでハスカップ独特の酸味と甘みのバランスが良いフルーツワインです。北海道ならではの味は、食前酒やデザートワインにもおすすめです。この商品は、平均的なフルーツワインと比べて約20%安い価格で購入できるネット通販を利用するのがおすすめです。


9. Frutti 生ゆず酒 500ml

Frutti 生ゆず酒 500ml
¥2510/l
¥1,255 Amazon(アマゾン)

Fruttiは、梅酒で有名なチョーヤ梅酒株式会社が販売している、国産果実を原料とした生リキュールのブランドです。Fruttiの特徴は、生の果汁を生で仕込み、生のまま瓶詰めするという、3つの生が新しいフルーティー非加熱生製法です。また、果実の素材そのものを活かすために、酸味料、香料、着色料、人工甘味料など余分な物は全て無添加でつくっています。生ゆず酒は、厳選した四国産のゆずを贅沢に使っています。ゆずの果肉の果汁感を活かすためにすり潰すのではなくやさしく搾っているので、新鮮なゆずの酸味と香りが豊かな果汁が出来上がります。その果汁を鮮度を保ちながら丁寧に仕込んでいるので、フレッシュでフルーティーな生タイプのゆず酒が出来上がります。Frutti生ゆず酒は濃厚な果汁の味わいがある贅沢な仕上がりなので、色々な飲み方で柚子を味わうことができます。オーソドックスにオンザロックやソーダ割りだけでなく、ビールやジュースで割ったり、ミント、ライム、ガムシロップとソーダでモヒートにしたりと、オリジナルカクテルを作って楽しむのもおすすめです。チョーヤのホームページにもいろいろな飲み方が紹介されているので参考にして、自分だけのオリジナルカクテルを作ってみるのも良いのではないでしょうか。


10. はこだてわいん 濃醇仕立て 酸化防止剤無添加 ワイン&ブルーベリー 瓶720ml

はこだてわいん 濃醇仕立て 酸化防止剤無添加 ワイン&ブルーベリー 瓶720ml
¥1413/l ¥1017/個
¥6,102 Amazon(アマゾン)

はこだてわいんは、その名の通り北海道函館のワインメーカーです。日本人の味覚に合う日本のワイン造りを目指して、ブドウを原料とする本格的なワインをはじめとして、色々な果物を原料としたフルーツワインも造っています。 北海道の自然豊かな大地で育てているワイン醸造用ブドウの作付面積は日本最大規模です。ワインの製造技術も、ワインコンクールで金賞や部門最高賞を受賞するほど確かなものです。酸化防止剤無添加のワインは最近注目が高まっていますが、はこだてわいんには20年以上の歴史があります。酸化防止剤を一切使わすに造られたワインは、厳選された原料を徹底した管理のもとで造られるので、果実の風味が楽しめ自然派志向のワインです。

ワイン&ブルーベリーは、甘口でミディアムボディの赤ワインです。赤ワインにブルーベリーをブレンドしているので、アントシアニンをはじめとするポリフェノール類が豊富に含まれたワインに仕上がっています。おいしいだけでなく体にも優しいので、健康志向の方にもおすすめの商品です。

ワインは商品数が多いので、店頭ではこの商品を見付けられないことも多いかもしれません。ネット通販を利用すれば、どこからでも購入することがでて、1ケース6本入りならお得です。ネット通販なら重さも気にする必要がないのでおすすめです。


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。