シードルのおすすめとカロリー・飲み方

シードル

シードルという飲み物があります。こちらは名前を聞いたことがある方は多いかもしれません。しかし、具体的にどのような飲み物なのか知っている方は意外と少ないでしょう。シードルはりんご酒のことであり、リンゴを発酵させて得られるアルコール飲料として親しまれています。世界中に伝わっており、多くの方に親しまれているのです。ワインとはまた違った特徴のあるお酒であり、最近注目されています。こちらではそんなシードルに注目していろいろな情報を提供しましょう。シードルについてはまだまだ知らないことがたくさんあるでしょう。シードルとはどのようなお酒なのか、どのような味がしてどんな飲み方があるのか、どの程度のカロリーを含んでいるのかを紹介しましょう。

シードルのおすすめはどれ?味やカロリー、飲み方を徹底調査

シードルってどんなお酒?

シードルはりんご酒のことであり、リンゴを発酵させて造られます。発泡性がつけられていることが多いです。日本では果実酒に分類されています。ビール瓶や白ワインボトルの中に入れられていることが多いです。リンゴの皮には天然の酵母があり、また果汁の中にはブドウ糖が含まれているため、自然にアルコール発酵が始まります。自然発酵をさせて造るのが伝統的な手法だったのですが、今では安定した発酵を実現させるために特別に用意した酵母を使うことが多いです。

フランスではブルターニュ地方とノルマンディー地方のシードルが特に有名となっています。シードルを蒸留することによって、リンゴのブランデーを得ることができるのです。カルヴァドスは特に有名でしょう。また、梨を用いて造られたペリーというお酒もあります。ヨーロッパでは衛生的な問題から水を飲むことが危険視されていたため、シードルが飲まれていたという歴史があります。

スペインでもシードルが造られてきた歴史があります。祝祭の際にはシードルは欠かせないものとして重宝されています。今では地元原産のリンゴが少なくなっているため、外国のリンゴと混ぜてシードルが造られています。アストゥリアスのシードルはグラスに注ぐときには頭の上の高さから腰のあたりにあるグラスに向かって注ぐというエスカンシアールという方法が用いられています。これによって空気を多く含ませることができて、よく泡立たせることができるのです。そしてその泡が残っているうちに飲むのが現地の飲み方とされています。

シードルってどんなお酒?

イギリスではシードルのことをサイダーと呼びます。非常に安価なものが売られており、10代でアルコールを飲み始めた労働者階級の子供にとってはポピュラーな存在として親しまれています。梨を原料としたものとしてペアサイダーというものもあります。イギリスではほとんどが発泡性があるため、スパークリングサイダーと呼ばれることが多いです。

北米では入植してきたヨーロッパ人がよくシードルを飲んでいた歴史があります。日本は戦後になって醸造されるようになりました。今では日本のメーカーが造ったシードルが国際的に評価されるようにもなっています。

このように世界中のいろいろな国でシードルは製造されているのです。果物を使ったお酒としてこれからも世界中で飲まれていくでしょう。こちらのお酒を好んでいる方はたくさんいるのです。シードルには独特の味があり、ワインが駄目だという方でもシードルは好きだというケースもあります。

シードルの味と飲み方

シードルは基本的に甘い味がするのが特徴となっています。果実に由来したフルーティーな甘みと酸味がするのが特徴的です。また、シードルは炭酸となっていることが多いため、爽快感を楽しむこともできるでしょう。りんごの香りがしてとてもすっきりとした味わいとなっています。そのためお酒が苦手な方でも問題なく飲むことができるでしょう。まるでフルーツビールのような味がするものもあります。男性だけではなくて女性が好んでいるケースもあり、いろいろな食事に合わせることが可能でしょう。まるでビールのようにどんどん飲んでいくことができます。

シードルの飲み方はさまざまです。いろいろな地域でシードルは製造されてきた歴史があり、それぞれの地域ごとに飲み方があるからです。たとえばグラスに注がれてからそのまま一気に飲み干すという流儀があります。泡が消えてしまわないうちに飲んでしまうのです。これは味わうというよりも儀式のような感覚として飲んでいるのです。シードルのアルコール度数はビールとそれほど変わらないため、ビールを問題なく飲める方ならばシードルも問題無いでしょう。タンブラーのようなグラスの中に入れてシードルを飲むやり方があります。

グラスの違いによって味が変わっていくでしょう。グラスによってはすぐに香りが飛んでしまうものがあるため注意しましょう。自分の好みによってグラスを選ぶべきです。ワイン用グラスを持っているならば、それを使って飲んでみると良いでしょう。シードルというのは香りも含めて楽しむものなのです。そのためできるだけ香りも一緒に味わえるようなグラスを用意しましょう。

シードルの味と飲み方

現地では一気飲みをするのが一種の流儀となっていることが多いのですが、日本で飲むならば普通にゆっくりと楽しめば良いでしょう。ワインと比較すればハードルが高くなくもっと気軽に飲むことができるものなのです。たとえばパーティーのときに出されて気軽に飲めるようなものです。

ストレートで飲むのが現地のやり方なのですが、それでは強いと感じる方も多いでしょう。その場合はたとえばトニックウォーターで割ってから飲んでみると良いでしょう。これによって甘みがさらに増すようになり、より飲みやすくなるのです。リンゴの香りを引き立てることにもつながります。そのため女性にもおすすめの飲み方となっているのです。

シードルについては自分なりの飲み方を追求してみると良いでしょう。そうすればきっとシードルを楽しめるようになります。

シードルのカロリー

シードルにはどのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。リンゴが原料として用いられているためカロリーが高いのではないかと考えている方がいるかもしれません。カロリーとしては100mlあたりでシードルが40Kcal、ワインは70Kcal、日本酒は100Kcalとなっています。そのためお酒の中でも比較的シードルのカロリーというのは低くなっているのです。お酒の中でもヘルシーな部類に入るといえるでしょう。フルーティーさがあり、女性でも気軽に飲むことができるのです。アルコール度数もそれほど高くないため、お酒があまり得意でない方でも飲むことが可能です。

ただしダイエットのことを考えているならば単純にカロリーだけをチェックするのではなくて、糖質が気になる方もいるでしょう。シードラには100mlあたりで糖質が3.3g程度含まれています。ワインの糖質は1.5gから2.0g程度であり、ビールは3g程度となっています。したがってワインよりは高いのですが、ビールとはそれほど差がないといえるでしょう。そんなにカロリーが高いわけではなくて、糖質がたくさん含まれているわけでもないため、シードルは比較的ヘルシーなお酒であると考えることができます。太ってしまうことを気にしている方にはおすすめできるお酒といえるでしょう。

シードルのカロリー

シードルはいろいろなものと合わせることができます。甘いお菓子と一緒に食べてみるのも良いですし、チーズやサラダなどと合わせることもできるでしょう。これだけを飲んでいても美味しく飲むことができるのです。アルコール度数が低くて、カロリーも控えめとなっているため、お酒初心者の方にもおすすめできます。実際に若い女性が飲むケースも少なくないのです。

そんなシードルにはポリフェノールが豊富に含まれています。これによって美容や健康に良い効果をもたらしてくれるでしょう。ポリフェノールといえば最近注目されていることの多い栄養成分でしょう。このポリフェノールをたくさん摂取することによって、アンチエイジング効果を期待することができるのです。美肌や美白を目指している女性の方にとってはぜひとも摂取しておきたい栄養素でしょう。また、ビタミンやミネラルなども豊富に含まれているのです。

シードルにもいろいろな商品があります。無添加のものを購入すると良いでしょう。それならば太ってしまう心配をする必要はなく、健康や美容への大きな効果を期待できるからです。シードルは最近どんどん注目されているお酒のため、ぜひとも飲んでみましょう。

シードルのおすすめ

1. アサヒ ニッカ シードル・スイート リンゴ100%スパークリングワイン 瓶720ml

アサヒ ニッカ シードル・スイート リンゴ100%スパークリングワイン 瓶720ml
¥1619/l
33%安
¥1,166 Amazon(アマゾン)

シードルは林檎を発酵させて作るスパークリングワインで、イギリスではサイダーとも呼ばれています。国産の林檎を材料に使用したこの製品は、毎年ロンドンで行われるシードルの品評会「インターナショナルサイダーチャレンジ」で、2014年から2016年にかけて連続で受賞され、2017年にはベルギーに本部を置く国際味覚審査機構(iTQi)の最優秀賞にあたる三ツ星を獲得しています。

この製品には香料や砂糖、着色料を使用していないため、林檎本来の甘さと香りが楽しめます。ワイン特有のエグみのない口当たりの良さがユーザーから高い評価を得ており、飲み過ぎないように我慢しているという声もあります。アルコール度数が3%と低いので、酒に弱い人でも楽しめますが、酒に強い人からは、炭酸のジュースを飲んでいるようで物足りないという意見も寄せられています。

店頭にはほとんど置かれていない720ml入りサイズのこの製品は、1本当たり600円から700円で購入でき、まとめ買いに対応しているショップもあります。瓶にスクリューキャップ式を採用しており、開けやすいのも特徴です。辛口のワインが好きな方には、同社から販売されているシードル・ドライをおすすめします。


2. ニッカ シードル スイート 瓶200ml

ニッカ シードル スイート 瓶200ml
¥1070/l
56%安
¥214 イトーヨーカドー
¥214 (x24) Amazon(アマゾン)
他2ショップ

3. アサヒ ニッカ シードル ロゼ 瓶200ml

アサヒ ニッカ シードル ロゼ 瓶200ml
¥3360/l
¥672 LOHACO(ロハコ)
¥5,184 Amazon(アマゾン)

北海道では一年を通じて販売されていますが、それ以外の地域では期間限定(9月から3月)で販売されているスパークリングワインです。林檎の皮由来のピンク色が特徴で、ロンドンで行われたシードルコンテスト「インターナショナルサイダーチャレンジ」で、2年連続(2016年と2017年)で銅賞を受賞しています。

ニッカウヰスキー弘前工場で生産されるこの酒は、水や香料、着色料を一切使用していません。材料の国産林檎が持つ風味を損なわないように、製造にはメーカーの工夫がこらされています。

シードルのアルコールと炭酸ガスは、林檎果汁に含まれている糖分の発酵によって作られます。このシードルはアルコール度数3%で炭酸も弱く、強いアルコールや炭酸が苦手なユーザーからも好評を得ています。

このメーカーでは、スイートとドライの2種類のシードルを通年販売しています。ロゼの甘さは両者の中間で、甘い酒が好きなユーザーと苦手なユーザーの両方から、その味が評価されています。

瓶には開閉しやすいスクリューキャップが使用されています。一人でも飲みすい200mlの他にも、パーティーへの持ち寄りに便利でコストパフォーマンスの良い720mlサイズが販売されています。ネットショップではまとめ買いにも対応しています。


4. クリュブルトン 甘口 750ml

フランスの北西部に位置するブルターニュ地方の林檎を使用したシードルです。材料に使われているのは、40種類以上のシードル用林檎で、食用の林檎に比べると皮が厚く、約5倍のポリフェノールが含まれています。また、ビタミンやミネラル、アミノ酸も豊富です。

このシードルに使用されているのは、ムーと呼ばれる一番搾りの林檎果汁です。酵母を加えることで、果汁の糖分がアルコールと炭酸ガスに変わりますが、甘口のシードルは林檎の糖分を残しており、アルコール度数も2%と低いです。そのため、アルコールの苦手なユーザーや、甘い酒が好きなユーザーから評価を得ており、カジュアルな場はもちろん、フォーマルな場でも楽しめます。本場フランスでは約62%のガレット店が、このシードルを使用しています。

冷やして飲むと味が引き立つこのシードルは、1100円から1200円前後で購入できます。量が多くて飲みきれない方には、500円前後で購入できる250mlサイズが便利です。また、甘い酒が苦手で、アルコールに強い方には、同メーカーが販売している辛口シードルをおすすめします。林檎の発酵を進行させることにより、アルコール度数も高く(4.5%)なっています。


5. マエロック シードル 洋梨フレーバー 200ml

マエロック シードル 洋梨フレーバー 200ml
¥1340/l
45%安
¥268 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥343 (x4) Amazon(アマゾン)

6. 成城石井 シードル ブリュット 750ml

成城石井 シードル ブリュット 750ml
55円お得
¥1725/l
¥1,294 ケンコーコム
¥1,554 Amazon(アマゾン)

成城石井が輸入販売を手掛けている、林檎を発酵させて作ったアルコール飲料です。1本当たり1200円から1600円程度で購入できます。

ブリュットはフランス語で「生」を意味します。シャンパンの味を分類する時にも使われる言葉で、1リットルのシャンパンに含まれている糖の量が15g以下の辛口の物がブリュットに分類されます。余分なものを入れていないため、酒本来の味が楽しめるのがブリュットの特徴です。この辛口のシードルは、発酵を進めたことにより、シードルではアルコール度数が高い部類(5%)に入っています。

このシードルを製造しているのは、フランスのロングヴィル社です。このメーカーではフランス北西部に位置するノルマンディー地方で収穫された林檎だけを材料に使用しており、伝統的な製法でシードルを製造しています。

落ちついた林檎の風味が楽しめるこのシードルは、フルーティでドライという評価をユーザーやバイヤーから受けており、アップルパイのような甘い料理にも合わせることができます。

成城石井ではブリュット以外にもシードルを扱っています。材料にフランス産の洋梨を使用していたポワレはアルコール度数が低く(2%)、アルコールに強くない人でも手軽に楽しめます。


7. ヘイル オーガニックシードル ロゼ 330ml

アルコール度数の低いシードルは、手軽に飲める酒としてヨーロッパで愛されており、家族が集まって過ごすクリスマスなどのイベントでは多くの量が消費されています。

鮮やかなピンク色が特徴のこのシードルを製造しているヘイル社は、ドイツ屈指のシードルの産地として名高いフランクフルト郊外にあります。前身はパブでしたが、自分たちの手で美味しいシードルを作ることを思い立って会社を設立しました。1963年の会社設立以来、3世代に渡ってシードルの製造と販売を行っています。

ドイツ農産物コンクールで金賞を受賞したこともあるこのシードルは品質にこだわっており、有機栽培されたドイツ産の林檎と濃縮されたブラックカラント果汁、エルダーベリー果汁が使用されています。林檎とベリーのフルーティーな香りが漂うこのシードルは辛口で口当たりが軽く、炭酸が含まれているので冷やして飲むと味が引き立ちます。

量の割に値段が高いという意見もありますが、このシードルは1本あたり650円前後で購入できます。また、ヘイル社では有機栽培の林檎に洋梨の濃縮果汁を加えたオーガニックシードルゴールドも製造しています。名前の通り金色が特徴で、アルコール度数はロゼと同じ4.5%です。


8. クリュブルトン 辛口 750ml

クリュブルトン 辛口 750ml
¥1713/l
¥1,285 Amazon(アマゾン)

クリュブルトンはりんごの発泡酒(シードル)です。使われているりんごは100%フランスのブルターニュ産です。生産しているのは「セシエ・アソシエ」社です。広大な農地を所有しており、りんご酒用のりんごを栽培しています。1953年の設立から一貫して伝統的な製法でりんごの発泡酒を作り続けています。

30種類以上のりんごをブレンドして自然発酵で作られたクリュブルトンの辛口は甘口と比べるとさっぱりとした心地よい苦味が感じられる仕上がりになっています。

そのまま飲むのもおすすめですが、お料理ともよく合います。どんな料理にもおすすめできますが、やはりフランスのお酒というだけあって、バターやチーズなどフランス料理で連想される食材を使った料理やおつまみとは特によく合います。

アルコール度数はビールやチューハイと同程度の5%です。ボトルが洗練されたスタイルなので、フランスバルやレストランのテーブルに置いてあると目を引きます。辛口と甘口、ボトルの形は同じですがラベルの文字は辛口がブラウン、甘口がダークオレンジです。

食事しながら画像を撮影して楽しむのが好き、という方には是非こちらのボトルを小道具に使ってみてください。おいしいりんごのお酒を楽しみながら、いつもと一風違ったちょっとおしゃれな雰囲気の画像が楽しめます。


9. マエロック ドライ シードル 200ml

マエロック ドライ シードル 200ml
¥1340/l
45%安
¥268 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥341 (x4) Amazon(アマゾン)

スペインのガリシア州で作られているシードルです。シードルはりんごの発泡酒のことです。おいしいシードルを選ぶなら、まずはその材料になるりんごに注目です。このマエロックに使われているりんごは、涼しい夏と温暖な冬という恵まれた気候のガリシア州で育ったものです。ガリシア州はスペイン最大のりんご産地として有名です。たくさんの種類のりんごが栽培されており、このマエロックにはシードルに適した5種類のりんごが使われています。りんごの味がしっかりした仕上がりになっています。りんごの味を存分に楽しみたい方に特におすすめのシードルです。

マエロックというのはスペインの司教の名前です。6世紀にブリタニアからスペインに渡ってきました。シードルを広めた人物としてスペインではよく知られている名前です。その司教の名前がついたシードルです。本格派として注目に値する商品です。もちろん砂糖などは使っていません。自然のりんごの風味とシードル独特の渋みが絶妙にブレンドされています。アルコール度数は4.5%です。内容量は200mlとちょっと飲むのに最適なお手軽なサイズです。ほんの少しアルコールを楽しみたいと思ったときに、気軽に手にすることができます。ちょっとお酒が苦手だけれど、みんなと一緒にアルコールを楽しみたいという方にもおすすめです。


シードルのおすすめはどれ?味やカロリー、飲み方を徹底調査

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。