シードル鉄板おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】

シードル鉄板おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】

シードル
この記事を書いた人

もとは日本酒、焼酎愛好家だったがいつの間にか洋酒にどっぷり。毎日飲んでいるので箱買いもなんのその、購入した数は20種類を超える。最近はいろいろな種類がどんなお店でも飲めるようになったのでとても嬉しい。

シードルという飲み物を知っていますか?名前を聞いたことがある人は多いかもしれません。 シードルとは、りんご酒のことであり、リンゴを発酵させて得られるアルコール飲料として親しまれています。

世界中で、多くの人から親しまれています。ワインとはまた違った特徴のあるお酒であり、近年女性を中心に注目されています。ここでは、そんなシードルについてご紹介します。 シードルとはどのようなお酒なのか、どのような味がしてどんな飲み方があるのか、また気になるカロリーも合わせてご紹介します<。

最終更新日:   閲覧数:4341
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シードルってどんなお酒?

シードルとは?

シードル

シードルとは、りんごを発酵させて作られる醸造酒。
りんごの甘さと、爽やかさに、炭酸がプラスされて、なんとも軽やかな味わいです。 また、アルコール度数は、2%〜8%と高くないのが特徴で、お酒があまり得意ではない人にも、飲みやすいお酒といえます。

シードルは昔、りんごの皮に含まれる天然の酵母と、果汁のブドウ糖により、自然発酵させて作られていました。安定した発酵が難しいため、今では、専用の酵母を使って発酵させているものがほとんどです。

シードルの効能

シードル

シードルには、ポリフェノールが豊富に含まれています。ワインにも多く含まれているこのポリフェノールには、アンチエイジング効果を期待することができます。

他にも、ビタミンやミネラルなども、豊富に含まれています。ビタミンやミネラルには、美肌や美白など、嬉しい効果もたくさん。シードルは、他のお酒と比べ、美容や健康に良い成分が入っているので、女性の味方のお酒かもしれません。

シードルの歴史

シードル

シードルの起源は古く、なんと1000年以上の歴史をもつといわれています。 シードルの主な産地は、フランスではブルターニュ地方とノルマンディー地方。ヨーロッパでは昔、衛生的な問題から水を飲むことが危険視されていました。そのため、水ではなく、シードルが飲まれていたという歴史があります。

スペインでも、古くからシードルは作られてきており、祝祭に欠かせないものとして、古くから重宝されてきました

スペインでは、シードルを頭の上の高さから腰のあたりにあるグラスに向かって注ぐ、というなんともユニークな方法があります。これをすることにより、より多くの空気が含まれ、よく泡立たせることができます。そして、その泡が残っているうちに、一気に飲み干すのが、現地スペインのスタイルといわれています。

アップルサイダーとして

シードル

イギリスやオーストラリアでは、アップルサイダーと呼ばれ、ビールのような位置づけとして親しまれています。これらの国でシードルは、なんとビール市場の5分の1を占めるほど。 パブに行ったら、ずらっと並ぶビアサーバーの中に、何種類かのアップルサイダーを見つけることができます。
また、梨を原料としたシードルも、ペアサイダーとして人気です。

シードルに種類はあるの?

シードルは大きく分けると辛口、中辛、甘口の3つに分けることができます。

辛口・甘口の違いとは?

そんな辛口と甘口の違いは、ズバリ発酵期間の長さ。発酵が長いと辛口になり、発酵期間が短いと、発酵されないまま残る糖分で、甘口になります

また、アルコール度数は発酵時間が長いほど高くなります。そのため、辛口の方が甘口よりも、アルコール度数は高くなります。ただし、日本のシードルは、糖度の高いりんごを使って作っていることが多く、その場合、アルコール度数の高い、甘口のシードルなんてものも。

ここでは、人気のシードルの商品をそれぞれご紹介します。

辛口

ニッカ シードル・ドライ びん 720ml

まず辛口のシードル。ニッカの「シードルドライ」
シードルでもっとも有名なのが、ニッカのシードル。なんと青森県産のふじりんごを使っているとか。 通常、シードルには酸味の強いりんごが使われますが、このように甘い香りの強いりんごを使っているのが特徴です。ロンドンの国際品評会でも、三ツ星を受賞するなど、高品質なのに手軽な価格も魅力

中辛

マエロック ドライ シードル 200ml

中辛のシードルは、マエロックの「ドライシードル」
砂糖は一切加えず、新鮮なりんご果汁だけを使って作られているスペイン産のシードルです。

甘口

最後は、甘口のシードル。ここではロゼタイプをご紹介します。 ニッカの「シードルロゼ」
ニッカのシードルのスイートタイプは有名ですが、実はロゼも人気があるんです。 ロゼは、フルーティーな香りに、スッキリとしたキレがあるのが特徴。ピンクの華やかな見た目が、女子会で重宝すること間違いなしです。

その他

マエロック シードル ブラックベリーフレーバー 200ml

その他にも、ブラックベリーのフレーバーを付けたシードルや、

マエロック シードル 洋梨フレーバー 200ml

洋梨のフレーバープラスしたシードルなど、ユニークなものもあるようです。

まとめ

このように一般的な、シードルには、辛口、中辛、甘口とあり、それによってアルコール度数や、相性の良い料理も異なります
料理によって選んでもよし、アルコールの飲みやすさで選んでもよし。シードルは、意外にも、いろんなシーンで楽しむことができそうです。

シードルのカロリー

カロリーの高いイメージのあるシードルですが、一体どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。 特にシードルは、原料として甘いりんごが使われているので、カロリーも心配ですよね。他のお酒と比較してカロリーを見ていきましょう。

カロリーは?

シードル

カロリーは、100mlあたりでシードルが40Kcal、ワインは70Kcal、日本酒は100Kcal。 なんと、お酒の中でも比較的シードルは低カロリー。お酒の中でもヘルシーな部類に入るといえるでしょう。

糖質は?

ただし、ダイエット中の人は、カロリーだけではなく、糖質が気になる人もいるでしょう。 気になる糖質はというと、シードルには100mlあたり、3.3gほど含まれています。 ワインの糖質は1.5gから2.0gほど、そしてビールは3g程度となっています。

糖質は、ワインよりは高いですが、ビールとはそれほど差がないといえます。 総合しても、シードルはそれほど太りやすいお酒という訳ではなさそうです。太ってしまうことを気にしている人にも飲みやすいお酒でしょう。

まとめ

シードル

ほんのり甘くて飲みやすいシードルですが、飲みすぎには注意して、適量を楽しみましょう。 シードルには、ポリフェノールなどの美容効果も高いので、ダイエット中は、ビールからシードルにしてみてはいかが?

シードルの味と飲み方

味は?

シードルの最大の特徴は、りんごのほんのりとした甘み。フルーティーな甘みと程よい酸味は、多くの人から愛されています。また、シードルは炭酸であることが多いため、スッキリとした爽快感を楽しむこともできます。そのため、相性が良い料理も多いのが特徴。

ビール好きさんも一度試してみてはいかが?なんと欧州では、グルテンアレルギー用ビールとして愛飲されているほど。ドライな辛口はビールのように喉越し軽く、冷やしてグビグビ飲めますよ。男性にもおすすめ。

飲み方

シードル

シードルは、そのままストレートでグイって飲むのが定番の飲み方。 しかし、お酒が苦手は人は、<トニックウォーターで割って飲む方法もおすすめ。これにより、甘みがさらに引き立ち、より飲みやすくなりますよ。レモンを絞っても良いでしょう。

また、お酒に強い人は、シードルにカシスリキュールを加える飲み方はいかが? 複雑な甘みと、鮮やかな色合いが良いカクテルの出来上がりです。

グラスも重要

シードルはワインと同じく、グラスによっても味が左右されます。 もしシードルにハマってしまった!って人は、グラスを揃えても良いかも知れません。 グラスを変えるだけで、香りを閉じ込め、もっと香りを感じられたり、シードルの良さが何倍にも引き立ちますよ。

まとめ

シードル

どんな場面にもマッチするシードルは、ワインのようにゆっくり楽しんでも、あるいはビールのようにカジュアルに楽しんでもよいでしょう。お気に入りの飲み方を見つけてください。

シードルに合うおつまみ・料理は?

フランス、ブルターニュ地方で古くから親しまれているりんごのお酒、シードル。 そのシードルと相性が良い料理を、種類別にご紹介します。

シードルと合う料理

シードル

シードル全般的に相性が良いと言われているのは、同じくフランス、ブルターニュ地方の郷土料理、ガレット。 近頃では、そば粉のクレープとして知名度を上げてきました。ガレットは、そば粉のクレープにハムや卵と一緒に焼いたもの。ガレットのほんのりとした塩気と、シードルの甘酸っぱさがよく合います。

辛口には

シードル

シードルの辛口との相性が良いのは、魚や野菜料理。 なんと、お刺身との相性も良いんです。りんごの爽やかな香りがお刺身の生臭さを決してくれるので、意外にもあっさりと食べることができます。

中辛には

シードル

中辛のシードルには、お肉料理。 こってりとしたお肉の油にも、りんごの香りがスッキリとさせてくれます。しかし驚いたことに、実は中辛のシードルは、お好み焼き屋、たこ焼きとも合います。

甘口には

シードル

甘口のシードルとは、スイーツがよく合います。 ダークチョコレートもおすすめ。ダークチョコレートの苦味と、りんごの甘みが良いバランスになります。 他にも、チーズとの相性も良いです。甘口のシードルは、チーズと一緒に食前酒として、デザートと一緒に食後酒としても、楽しむことができます。

まとめ

和食からスイーツまで、シードルには意外と合う!なんて料理は多いのかもしれません。 まずは、定番のガレットとシードルで、フランスの雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか?

産地別!おすすめのシードル

フランス

シードル・ヴァル・ド・ランス

クリュブルトン 辛口 750ml

フランスのシードルの有名ブランドのシードル。ブルターニュ地方でその年に収穫された新鮮なりんごだけを搾って作られます。その使うりんごの種類は、なんと40種類!りんごの芳醇な香りや、深みのある味わいを存分に楽しむことができるシードルです。甘口・中辛・辛口の3種類があるので、どんなシチュエーションでも楽しむことができますよ。

長野

キクスイ シードル スイート

長野県産のふじやシナノゴールドをはじめとした、長野県産の数種類のりんごを100%使用したシードルです。ジューシーな甘みのスウィートと、ほのかに甘くてスッキリのスタンダード、それからスッキリとした辛口のドライの3種類あり、どれも出荷が間に合わない時もあるほどの人気商品です

青森

アデカ シードルヌーヴォー つがる

シードル ヌーヴォーつがる 500ml

青森県のりんご畑の中にある醸造所で、りんご農家たちの自らの手によって作られるシードル。青森県産のつがるりんごの初物を贅沢に使用しています。中辛口で、スッキリとした爽やかなに飲み口に、鼻に抜けるフレッシュなりんごの香りが特徴です。

シードル鉄板おすすめ人気ランキング10選

99位: 2016 キュヴェ・サン・ジョルジュ AOCペイ・ドージュ 750ml フランス シードル

商品詳細
  • アルコール度数:4 %
  • 商品重量:1.36 Kg
  • 原産国名:フランス
  • 原材料・成分:りんご
  • 液体容量:750 milliliters
  • 容器の種類:瓶
  • 味わい:中辛口

88位: パシフィックコースト ウィズ・ピノグリージョ(シードル)

77位: ウィリアムテル ウィズ ピノグリージョ(シードル)

商品詳細
  • アルコール度数:5.5 %
  • 商品重量:558 g
  • 原産国名:アメリカ
  • 原材料・成分:葡萄
  • 重量:558 g
  • 液体容量:340 milliliters
  • 産地(地方):カリフォルニア
  • 果実 %:リンゴ、ピノグリ
レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon5.00点1件

66位: アイスシードル マルク 375ml

商品詳細
  • アルコール度数:10 %
  • 商品重量:984 g
  • 容器の種類:瓶
  • 原産国名:カナダ
  • 原材料・成分:濃縮りんご果汁
  • 液体容量:375 milliliters

55位: エリック・ ボルドレ シードル ブリュット タンドル 白 750ml

レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon5.00点1件

44位: マエロック ドライ シードル 200ml

商品説明

スペインのガリシア州で作られているシードルです。シードルはりんごの発泡酒のことです。おいしいシードルを選ぶなら、まずはその材料になるりんごに注目です。このマエロックに使われているりんごは、涼しい夏と温暖な冬という恵まれた気候のガリシア州で育ったものです。ガリシア州はスペイン最大のりんご産地として有名です。たくさんの種類のりんごが栽培されており、このマエロックにはシードルに適した5種類のりんごが使われています。りんごの味がしっかりした仕上がりになっています。りんごの味を存分に楽しみたい方に特におすすめのシードルです。

マエロックというのはスペインの司教の名前です。6世紀にブリタニアからスペインに渡ってきました。シードルを広めた人物としてスペインではよく知られている名前です。その司教の名前がついたシードルです。本格派として注目に値する商品です。もちろん砂糖などは使っていません。自然のりんごの風味とシードル独特の渋みが絶妙にブレンドされています。アルコール度数は4.5%です。内容量は200mlとちょっと飲むのに最適なお手軽なサイズです。ほんの少しアルコールを楽しみたいと思ったときに、気軽に手にすることができます。ちょっとお酒が苦手だけれど、みんなと一緒にアルコールを楽しみたいという方にもおすすめです。

商品詳細
  • アルコール度数:5 %
  • 商品重量:2.16 Kg
  • 容器の種類:瓶
  • 原産国名:スペイン
  • 原材料・成分:りんご果汁、砂糖、甘味料(サッカリンNa、アスパルテーム、L‐フェニルアラニン化合物)、着色料(アントシアニン)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(亜硫酸塩、ビタミンC)
  • 重量:2.16 Kg
  • 液体容量:800 milliliters
  • 産地(地方):その他
  • 産地(都道府県):その他
  • 味わい:中辛口
  • 果実 %:その他
レビュー: 3.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は3.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.00点1件

33位: クリュブルトン 甘口 750ml

商品説明

フランスの北西部に位置するブルターニュ地方の林檎を使用したシードルです。材料に使われているのは、40種類以上のシードル用林檎で、食用の林檎に比べると皮が厚く、約5倍のポリフェノールが含まれています。また、ビタミンやミネラル、アミノ酸も豊富です。

このシードルに使用されているのは、ムーと呼ばれる一番搾りの林檎果汁です。酵母を加えることで、果汁の糖分がアルコールと炭酸ガスに変わりますが、甘口のシードルは林檎の糖分を残しており、アルコール度数も2%と低いです。そのため、アルコールの苦手なユーザーや、甘い酒が好きなユーザーから評価を得ており、カジュアルな場はもちろん、フォーマルな場でも楽しめます。本場フランスでは約62%のガレット店が、このシードルを使用しています。

冷やして飲むと味が引き立つこのシードルは、1100円から1200円前後で購入できます。量が多くて飲みきれない方には、500円前後で購入できる250mlサイズが便利です。また、甘い酒が苦手で、アルコールに強い方には、同メーカーが販売している辛口シードルをおすすめします。林檎の発酵を進行させることにより、アルコール度数も高く(4.5%)なっています。

商品詳細
  • アルコール度数:2 %
  • ボディー:ライトボディ
  • 商品重量:1.34 Kg
  • 容器の種類:瓶
  • 原産国名:フランス
  • 原材料・成分:りんご
  • 重量:1.34 Kg
  • 液体容量:750 milliliters
  • 産地(地方):その他
  • 保存方法:直射日光のあたらない涼しい場所へ保管してください。
  • 産地(都道府県):その他
  • 味わい:辛口
  • 果実 %:その他
レビュー: 3.90点/5点

全対象ショップのレビューは計9件、その平均は3.90点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.90点9件

22位: ニッカ シードル スイート 瓶200ml

商品詳細
  • 原材料:リンゴ、リンゴ酸、酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 内容量(ml):200ml
  • 輸入・販売元:アサヒビール
  • Alc.含有量(%):3%
  • ブランド:NIKKA Cidre(ニッカ シードル)
  • 内容量(ml):200ml
レビュー: 4.67点/5点

全対象ショップのレビューは計49件、その平均は4.71点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazonパントリー4.90点18件
Amazon4.90点18件
LOHACO4.20点13件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • 飲みやすくておいしいけど、量が少ないです。コスパは悪いのでリピートはしないかもしれません。

11位: アサヒ ニッカ シードル・スイート リンゴ100%スパークリングワイン 瓶720ml

コメント

上品なりんごの甘さを感じられるシードルです。微炭酸もちょうどよく、アルコール度数3%と軽めなので、スイスイ飲めちゃいます。アルコールが苦手な人用に用意してあげると喜ばれますよ!

商品説明

シードルは林檎を発酵させて作るスパークリングワインで、イギリスではサイダーとも呼ばれています。国産の林檎を材料に使用したこの製品は、毎年ロンドンで行われるシードルの品評会「インターナショナルサイダーチャレンジ」で、2014年から2016年にかけて連続で受賞され、2017年にはベルギーに本部を置く国際味覚審査機構(iTQi)の最優秀賞にあたる三ツ星を獲得しています。

この製品には香料や砂糖、着色料を使用していないため、林檎本来の甘さと香りが楽しめます。ワイン特有のエグみのない口当たりの良さがユーザーから高い評価を得ており、飲み過ぎないように我慢しているという声もあります。アルコール度数が3%と低いので、酒に弱い人でも楽しめますが、酒に強い人からは、炭酸のジュースを飲んでいるようで物足りないという意見も寄せられています。

店頭にはほとんど置かれていない720ml入りサイズのこの製品は、1本当たり600円から700円で購入でき、まとめ買いに対応しているショップもあります。瓶にスクリューキャップ式を採用しており、開けやすいのも特徴です。辛口のワインが好きな方には、同社から販売されているシードル・ドライをおすすめします。

商品詳細
  • 原産国:日本
  • 内容量:720ml
  • やや甘口
レビュー: 4.90点/5点

全対象ショップのレビューは計18件、その平均は4.90点(5点満点)。レビュー数が充実しており、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.90点18件
外部ショップでの口コミ: 2件
  • この画面と説明だけではアルコール度数がわかりません。よろしくお願いいたします。
  • りんごジュースの様なお酒です。

「シードル鉄板おすすめ人気ランキング10選」に挙げた商品以外にも、「シードル」カテゴリ内で最近スマートショッピングで注目を集めている商品をご紹介します!

55位: キクスイ シードル ドライ 300ml

商品詳細
  • アルコール度数:8 %
  • 商品重量:649 g
  • 容器の種類:瓶
  • 原産国名:日本
  • 原材料・成分:りんご(南信州産)・酸化防止剤(亜硫酸塩)・炭酸ガス含有
  • 液体容量:300 milliliters
  • 産地(地方):甲信越
  • 産地(都道府県):長野県
レビュー: 3.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は3.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.00点1件

44位: ニッカ シードル・ロゼ 瓶 720ml

33位: ニッカ シードル・ドライ びん 720ml

商品詳細
  • アルコール度数:5 %
  • 商品重量:1.3 Kg
  • 容器の種類:瓶
  • 原産国名:日本
  • 原材料・成分:リンゴ、リンゴ酸、酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 液体容量:720 milliliters
  • テーマ別:パーティ用・その他お祝い用
  • 味わい:やや辛口
レビュー: 4.40点/5点

全対象ショップのレビューは計9件、その平均は4.40点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.40点9件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • でかいシードル届けてくれて助かりました。スーバーでは見かけないサイズですし。

22位: 鶴見 かいぶつ島シードル 330ml(330瓶) 1ケース20本入り

11位: マエロック シードル ブラックベリーフレーバー 200ml

商品詳細
  • アルコール度数:4 %
  • 商品重量:2.16 Kg
  • 容器の種類:瓶
  • 原産国名:スペイン
  • 原材料・成分:りんご果汁、ブラックベリー果汁、砂糖、ブラックベリーエキス、着色料(アントシアニン)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(亜硫酸塩、ビタミンC)
  • 液体容量:800 milliliters
  • 産地(地方):その他
  • 産地(都道府県):その他
  • 味わい:中辛口
  • 果実 %:その他

シードルの関連ページ

スマートショッピング人気記事

facebookシェア はてなブックマークブックマーク Twitterツイート