【ソムリエ/ワインエキスパート】シードル鉄板おすすめ人気ランキング9選【おすすめ商品も紹介!】

シードル

ご協力いただいた専門家

ソムリエ・ワイン講師:紫貴あき
ソムリエ・ワイン講師:紫貴あき

ワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の人気講師。楽しくわかりやすいレッスンが定評で、担当する受講生は年間300人。その他各種メディアを通じてワインの魅力を積極的に展開している。

ブログアイコン

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関華子
日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート:石関華子

三越日本橋本店の洋酒担当を経て、2016年にワインエキスパートの資格を取得。 現在は高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定講師を務める一方、ワインや酒類に関する記事やコラムの執筆も多数手がけている。 2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。Office Le Lion代表。

ブログアイコン


シードルという飲み物をご存知でしょうか?

シードルとは、りんご酒のことであり、リンゴを発酵させて得られるアルコール飲料として親しまれています。

世界中で親しまれているシードルですが、ワインとはまた違った特徴のあるお酒であり、近年女性を中心に注目されています

今回はシードルとはどのようなお酒なのか、選び方から美味しい飲み方まで、その魅力をたっぷりとご紹介します。

特に、ソムリエ・ワイン講師としてご活躍中の紫貴あきさんと、ワイナリーのアドバイザーも務めていらっしゃるワインエキスパートの石関華子さんに選んでいただいた逸品は必見の価値あり!

後半には、編集部で選んだ売れ筋人気ランキングも発表しているので、ぜひ参考にしてください。

↓詳しくみる↓
安いシードルはこちら
最終更新日:2020-08-26  閲覧数:18870

シードルとは?

シードル

シードルとは、りんごで造られるスパークリングワインのこと。甘さと、爽やかさに、炭酸がプラスされて、なんとも軽やかな味わいです。

アルコール度数は2%〜8%と高くなく、お酒が苦手という方でも飲みやすい特徴も。

シードルは昔、りんごの皮に含まれる天然の酵母と、果汁のブドウ糖により、自然発酵させて作られていました。

しかし安定した発酵が難しいため、今では専用の酵母を使って発酵させているものがほとんどです。

シードルの歴史

シードル

シードルの起源は、ぶどうのワインを同じくらい古く、なんと1000年以上の歴史をもつといわれています。

シードルの主な産地は、フランスのブルターニュ地方とノルマンディー地方

ヨーロッパでは昔、衛生的な問題から水を飲むことが危険視されていましたそのため、水の代わりにシードルが飲まれていたという歴史があります。

また、スペインでも古くからシードルは作られており、祝祭に欠かせないものとして、重宝されてきました

シードルの効能

シードル

シードルには、ワインと同様にポリフェノールが豊富で、アンチエイジング効果を期待することができます。

他にもビタミンやミネラルなど、美肌や美白に嬉しい効果もたくさん!シードルは女性のためのお酒といっても過言ではないでしょう。

イギリスではアップルサイダー

シードル

シードルは、あくまでフランス語の呼び方

イギリスやオーストラリアでは、アップルサイダーと呼ばれ、なんとビール市場の5分の1を占めるほど人気のお酒なんです。

現地のパブに行ったら、ずらっと並ぶビアサーバーの中に、何種類かのアップルサイダーを見つけることができます。

シードルの選び方

辛口・甘口など味わいで選ぶ

シードル種類

シードルは大きく分けると辛口、中辛、甘口の3つに分けることができます。

辛口と甘口の違いは、ズバリ発酵期間の長さ。発酵が長いと辛口になり、発酵期間が短いと、発酵されないまま残る糖分で甘口に

また、アルコール度数は発酵時間が長いほど高くなります。ただし、日本のシードルは、糖度の高いりんごを使って作っていることが多く、アルコール度数の高い甘口のシードルなんてものも。

ここでは、人気のシードルの商品をそれぞれご紹介します。

◆辛口

プロも認める上品なアップルシードル「ニッカ シードルドライ」

まず辛口のシードル。ニッカの「シードルドライ」

シードルでもっとも有名なのが、このニッカのシードル。通常、シードルには酸味の強いりんごが使われますが、このように甘い香りの強いりんごを使っているのが特徴です。

ロンドンの国際品評会でも、三ツ星を受賞するなど、高品質なのに手軽な価格も魅力

◆中辛

カジュアルに楽しめるクラフトシードル「マエロック ドライシードル」

中辛でおすすめなのが、マエロックの「ドライシードル」

砂糖は一切加えず、新鮮なりんご果汁だけを使って作られているスペイン産のシードルです。

◆甘口

女子受け間違いなしの1本!「ニッカ シードル・ロゼ」

最後は甘口シードルのひとつ、ロゼタイプをご紹介します。

ニッカのシードルのスイートタイプは有名ですが、実はロゼも隠れた人気商品。フルーティーな香りに、スッキリとしたキレがあるのが特徴です。

ピンクの華やかな見た目が、女子会で重宝すること間違いなし。

産地で選ぶ

シードル産地

シードルと聞くと、フランスをはじめ海外のお酒というイメージがありますが、実は日本でも数多く生産されています

本場フランス産と、国産のシードルを飲み比べてみても面白いですよ。

◆フランス

ブルターニュ産りんご100%使用した本物の味わい「シードル・ヴァル・ド・ランス クリュ・ブルトン」

「シードル・ヴァル・ド・ランス」といえば、フランス産シードルでもっとも有名なブランドのひとつ。

ブルターニュ地方でその年に収穫された新鮮なりんごだけを搾って作られます。

その使うりんごの種類は、なんと40種類!りんごの芳醇な香りや、深みのある味わいを存分に楽しむことができるシードルです。

甘口・中辛・辛口の3種類があるので、どんなシチュエーションでも楽しむことができますよ。

◆青森

津軽りんごを贅沢に使った「アデカ シードルヌーヴォー つがる」

青森県のりんご畑の中にある醸造所で、りんご農家たちの自らの手によって作られるシードル。

青森県産のつがるりんごの初物を贅沢に使用しています。

中辛口で、スッキリとした爽やかなに飲み口に、鼻に抜けるフレッシュなりんごの香りが特徴です。

◆愛知県

名前も印象的「鶴見酒造 かいぶつ島シードル」

りんごの名産地ではありませんが、愛知県にある鶴見酒造が造るシードルもおすすめのひとつ。

かいぶつ島というネーミングが印象的ですが、そのような島はなく、蔵元が海部津島(海:かい、部:ぶ、津:つ)から来ています。

りんごのみで丁寧に造られたシードルは、ほんのり甘く、りんごの爽やかな酸味と香りを楽しめます。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。