デザートワインおすすめランキングと特徴・飲み方

デザートワイン

ワインにはいろいろな種類があります。日常的にワインを飲んでいるという方はたくさんいるでしょう。それぞれワインに対する好みは異なっているものです。ワインはさまざまな場面で飲むことができます。食事中に飲むという方や飲み会の際にワインを飲むという方も多いでしょう。そんなワインの種類の一つとしてデザートワインというものがあります。デザートワインというのは主に食後に飲むために作られたワインのことです。甘口になっているのが特徴となっています。さまざまな種類が存在しています。こちらではそんなデザートワインについて注目しています。デザートワインが果たしてどのような飲み物なのかを紹介しましょう。デザートワインの飲み方を教えます。

デザートワインおすすめランキング!特徴や飲み方を紹介

デザートワインとは?

デザートワインというのは食後に提供されることが多い甘口のワインのことです。ただし、デザートワインに簡単な定義があるわけではありません。イギリスにおいては食前酒に出されるワインや食後に出されるポートワインなどと対比した存在としてデザートワインがあります。一方、アメリカにおいては法的に厳格な規定がされており、14度以上のアルコール分を含んでいるものが該当しています。一方、ドイツの場合はアルコール度数は低いものが一般的です。このように定義があいまいなものなのです。

デザートワインは甘みがあるのが特徴となっており、製造の際には糖度とアルコールを両立することが求められます。そのためさまざまな工夫がされているのです。基本的にデザートワインというのはそれと同時に出されるデザートよりも甘くあるべきとされています。デザートワインそのものがデザートのように扱われているのです。いろいろなものと合わせて飲まれています。白のデザートワインは冷やして出されることが多く、一方、赤のデザートワインは室温かやや冷やした状態で提供されます。

デザートワインとは?

デザートワインの種類の一つとしてアイスワインというのがあります。こちらは氷結したぶどうから作られているのが特徴となっています。氷結されていることで成分が凝縮するのです。そのためアイスワインは非常に甘いという特徴があります。ただし、アイスワインの原料となるぶどうは収穫量が非常に少ないために必然的にアイスワインは高価なものが多いです。主にリースリングがぶどうの品種としてアイスワインに向いているとされています。ドイツやカナダで製造されているものが有名であり、他にも少量ながらいろいろな国で生産されています。

他に貴腐ワインというものがあります。こちらは腐ったぶどうから作られるワインのことです。貴腐香という独自の芳香をワインに与えることができるのが特徴となっています。貴腐ワインを製造するためには良い貴腐をもたらす必要があるのですが、その条件は非常に限られています。そのため栽培者は多くの努力を要するのです。こちらのワインの発祥は偶然の産物であったといわれています。

このようにデザートワインというのはいろいろな種類があり、普通のワインとは異なる特徴を有しています。デザートワインを好んでいる方はたくさんいます。興味のある方はぜひとも飲んでみると良いでしょう。アメリカやヨーロッパにおいては一般的に好まれているワインなのです。

デザートワインの飲み方

いざデザートワインに興味を持ったとしても、果たしてどのように飲めば良いのか困ってしまう方がいるかもしれません。こちらではデザートワインの飲み方について紹介しましょう。

まずデザートワインの甘口にはそれぞれ程度の差があります。極甘口とされているものについては、食後に気分を変えるために飲まれることが多いです。実際に高級レストランへ行けばラストに登場することが多いのです。デザートと一緒に飲むか、あるいはそれだけでデザート代わりとして飲むこともできます。特にフランス料理で重宝されるのです。その理由はフランス料理にはもともと砂糖があまり使われていないためです。そのためデザートにはしっかりと甘いものが登場するのですが、その甘さに負けないように極甘口のワインが用意されます。

デザートワインの飲み方

しかし、デザートワインの中にはもっとカジュアルなものがあります。それがやや甘口のデザートワインです。こちらについては実は和食と一緒に合わせることもできます。和食の中には意外と砂糖を使っているものが多いため、それとデザートワインの相性は良いのです。やや甘口のデザートワインならば和食の美味しさを引き立ててくれるでしょう。また、やや甘口のワインをしっかりと冷やすことによって食前酒として用いることもできます。ホームパーティーをする際には食前酒として出すと喜ばれるでしょう。ほんのりとした甘さによってリラックスすることができるのです。そのあとのパーティーはとても盛り上がるようになるでしょう。

甘口ワインについては基本的によく冷やすことが重要なポイントとなっています。冷蔵庫の中に3時間から4時間程度入れておいてしっかりと冷やしてからいただくようにしましょう。そうすることによって酸味と甘みのバランスがしっかりと取れるようになるのです。また、冬場にはホットワインにして飲んでみることもおすすめします。なかなか寝付けないときにおすすめなのです。レンジで1分ほど温めることによって、体を芯からしっかりとポカポカにしてくれるホットワインができあがります。普通のワインを温めると酸味や渋味が出てしまうのですが、デザートワインの場合はそのような心配をする必要はないのです。ワインを普段あんまり飲まないという方にもおすすめの方法です。

このようにデザートワインというのはいろいろな方法によって飲むことができます。ぜひとも日常的に飲んで親しんでみましょう。きっとデザートワインの良さが分かるはずです。

デザートワインおすすめランキング

10位: デクスハイマー ドクトール アウスレーゼ 白 750ml

デクスハイマー ドクトール アウスレーゼ 白 750ml
87円お得
¥2908/l
57%安

商品説明

ドイツの甘口の白ワインです。ドイツワインには公的分類があり、「アウスレーゼ」はその分類の最高位に当たる6つの肩書きの内の一つです。充分に熟した糖度の高いブドウを原料に作られています。ワイナリー名は「ブルガマイスター・ヴェーバー家」です。18世紀からのワイン造りの歴史がある家族経営のワイナリーで、ブドウの品種の特徴を活かしたバランスのよい味わいと、優しい甘さ、適度な酸味のワインで知られています。

その特徴はこちらの商品にもよく活かされています。ワインだけをゆっくりと楽しみたい時、料理やデザート、おつまみと一緒に楽しみたい時、どんな場面にも合わせやすい万能なワインに仕上がっています。後味がさっぱりしているので料理なら生クリームやバター、チーズを使った少しこってりとした煮込み料理などにもよく合います。

ボトルはワインには珍しいすっきりとした濃い青色です。スリムなスタイルに白いラベルが映えます。おしゃれで目を惹く外観です。アルコール度数は一般的な白ワインに比べると低めの10%になっていますので、「白ワインを楽しみたいけれど、アルコール度数が高くて酔いそうで」という方にもおすすめできるワインです。

誰にでも飲みやすく、いろいろな食べ物に合うワインですので1本用意しておくと急なお客様にも安心です。

9位: ガストン ソーテルヌ SC 白 750ml

ガストン ソーテルヌ SC 白 750ml
¥5585/l

商品説明

フランスの甘口の白ワインです。商品名にある「ガストン」の正式名は「ガストン・シャルパンティエ」。フランスのボルドーにあるネゴシアンであるCVBG社のブランドの一つです。ネゴシアンというのは基本、自社のブドウ畑を持ちません。農家からブドウを買い取り自社ブランドのワインを造ります。ガストンは古い歴史を持つボルドー最大の規模のネゴシアンで、現在は広大なブドウ畑、シャトーを所有し経営しています。生産されるワインは安定した品質で評価が高く、世界各国にワインの輸出を行っています。「ソーテルヌ」は世界的に有名なワインの生産地です。

このワインには、セミヨンという白ワインに適した甘みの強い品種がメインに使われています。セミヨンの他に、酸味を加える為のブドウも2品種使われていますので甘いだけではない深い味わいが楽しめます。

グラスに注ぐと黄金色が美しく、甘い香りが漂います。セミヨンの甘みと酸味を加える為に使われているブドウの風味が混ざり合い、ただ甘いだけでなく複雑な風味が感じられる味になっています。食前酒に使えば、食欲が増進されること間違いなしです。また、甘いワインでありながら、甘いお菓子にも合うのがこのワインの特徴のひとつです。

こちらの商品には、便利で手軽に開けられるスクリューキャップが使用されています。

8位: ムートンカデ レゼルヴ ソーテルヌ 14 白 375ml

ムートンカデ レゼルヴ ソーテルヌ 14 白 375ml
¥7016/l

商品説明

フランスに「シャトー・ムートン・ロートシルト」という歴史あるワイナリーがあります。ムートン・カデは、ムートン家直系のワイナリーである「バロン・フィリップ・ド・ロートシルト」のブランドワインです。商品名の「レゼルブ」は、自社畑の限定された地域でのみ栽培されたブドウで造られたワインに使われています。ソーデルヌは世界的に有名なフランスのワイン生産地です。

こちらの商品に使用されているブドウは、白ワイン用として有名な品種のセミヨンです。甘みが強く、酸味が少ない品種です。全体の80%がセミヨンで占められています。セミヨンの少ない酸味を補う為に、残りの15%にソーヴィニヨン・ブランという品種、5%にミュスカデルという品種が加えられています。ソーヴィニヨン・ブランはハーブの香りがある品種でもありますので、甘口のワインですがナチュラルチーズなどと一緒に楽しむことができるワインです。もちろんお菓子のお供としてもおすすめです。こちらのワインは甘さの中に爽やかな柑橘系の香りも感じられる仕上がりになっていますので、どんなお菓子にもよく合いますが、特にクリーム系のお菓子におすすめです。

しっかりとコクのある甘みを感じる事ができるワインです。香りも芳醇です。ゆっくりと少しずつ楽しみたいワインです。

7位: JJモルチェ ソーテルヌ 白 750ml

商品説明

フランスの辛口の白ワインです。ワインはブドウ農家がブドウを栽培し、そのブドウで農家(ドメーヌ)がワインを造り販売まで手がけるものと、業者(ネゴシアン)が農家からブドウを買い付けてワインを造り、その業者のラベルで販売するものがあります。

「JJ(ジェ・ジェ)モルチェ」というのはボルドーのネゴシアンです。ネゴシアンは多くの農場からたくさんのブドウを買い入れます。結果的に大量生産されるものが多く、価格が抑えられるというメリットがあります。JJモルチェはボルドーで1889年に創業した歴史あるネゴシアンで、数々のワインを世界に広めてきました。ソーテルヌというのはフランスの地名です。

JJモルチェ社がソーテルヌのブドウで作ったこのワインの特徴は、なんといってもその濃厚な甘みです。セミヨンというブドウの品種で作られています。このブドウは高い糖度と低い酸味で知られていますが、このワインはその特徴が良く現れた味わいになっています。甘くてコクのあるワインをゆっくりと楽しみたい方におすすめです。

また、甘さがしっかりとしているワインですので、アイスを使った冷たいデザートのお供にもできます。アイスの冷たさでワインの甘さが感じられなくなるということがありません。

6位: トカイ フルミント 白 750ml

トカイ フルミント 白 750ml
¥3233/l
53%安

商品説明

トカイというのはハンガリーの北東部にあるトカイ(Tokaji)という地名のことですが、その周辺地方で作られるワインのことでもあります。トカイのブドウ畑は5000ヘクタールの広さを誇ります。フルミントというのはブドウの品種です。

ワインに「貴腐ワイン」というものがあります。貴重な貴腐葡萄で造られた極甘口の白ワインです。ワインといえばフランスやイタリアが有名ですが、貴腐ワインが世界最初に造られたのはハンガリーのトカイ地方です。1650年頃といわれています。トカイ地方は現在も貴腐ワインの3大産地の一つに名を連ねています。

こちらの商品はそのトカイ地方でフルミントというブドウの品種を使って造られました。甘口の白ワイン生産が盛んな地方では珍しい辛口の白ワインです。フルミントはトカイ発祥の品種です。この品種から作られたワインはしっかりとした味わい、芳香がよく、爽やかな酸味が特徴です。

辛口の白ワインですのでどんな料理にも良く会いますが、おすすめはやはり魚料理です。ワインの味がしっかりしているので、クリームの多い少しこってりした料理や、スパイスの効いた料理にもよく合います。

トカイのワイン産地は2002年にユネスコの世界遺産に登録されました。「世界遺産の地で作られているワイン」という価値が加わりました。

5位: ペドロヒメネス トゥリアナ 750ml

商品説明

スペインのアンダルシアで1792年に設立された歴史あるシェリーメーカー、イダルゴ社のワインです。名前の「ペドロヒメネス」はこのワインの原材料になっているブドウの品種名です。充実した果実を実らせるには、他のブドウの品種よりも日射量を多く必要とする品種です。太陽の光をたっぷりと浴びた実は糖分が多いのが特徴です。こちらの商品には原材料にペドロヒメネスが100%使用されています。収穫した実をそのまま使うのではなく、数日間天日干したものが使われています。天日干しの効果で甘みにコクが加わり、とろりとした蜜のような味わいが楽しめます。また、レーズンのようなしっかりとしたブドウの香りが楽しめるワインになっています。

アルコール度数は15%です。「甘くて口当たりのいいお酒がのみたいけれど、ジュースのように軽いものではなく、しっかりアルコールを楽しんだ気分になりたい」という方にちょうど良いワインです。

甘みがしっかりと感じられるワインですので、アイスクリームなどの冷たいデザート作りに使うのもおすすめです。冷たさで甘みが感じられなくなっていまうことはありません。手作りが苦手なら、市販のバニラアイスや冷やしたカットフルーツにかけるのもお手軽でおすすめです。いつもとはちょっと違ったおしゃれなデザートが楽しめます。

4位: ソーテルヌ 白 750ml

ソーテルヌ 白 750ml
¥6016/l

商品説明

ソーテルヌ (Sauternes)はフランスの5つの村で作られている極甘口のワインです。こちらの商品はボルドーの家族経営のネゴシアンであるメゾン・シシェルが5つの村の中の一つであるソーテルヌの最高クラスのワイナリーから買い付けた商品です。

ネゴシアンというのは、ぶどう園からワインの原料を仕入れ自社で醸造しラベルを付けて販売する業者のことです。ですので、ネゴシアンは自社のぶどう園は持ちません。メゾン・シシェルは1883年創業で,ワイン好きの方ならよくご存知の、名門<シャトー・パルメ>のオーナーでもあります。

ワインのコクをあらわす言葉にボディというものがあります。フル、ミディアム、ライトと三種類ありますが、白ワインの場合は甘さを表す表現に使われます。こちらの商品は、極甘口なのでフルボディの白ワインということになります。

甘みはかなり強いですが、甘みの中に絶妙なバランスで酸味もきちんと含まれています。上品で繊細さを感じる甘さに仕上がっています。白ワインの濃厚な味わいと甘さ、完熟果物の深い香りを存分に楽しむことができるワインです。

口の中が冷たくなると甘みが感じにくくなるものですが、このワインでしたら甘さをしっかりと感じることができます。氷菓といっしょにワインを楽しみたいならこのワインをおすすめします。

3位: コーディア モンバジャック 750ml

コーディア モンバジャック 750ml
¥3539/l
48%安

商品説明

CORDIER(コーディア)はフランスのネゴシアン(卸売業者、卸売商)の名前です。ブドウ園での栽培業務には関わらずに、生産者から原料を取り寄せ自社で醸造から瓶詰めを行い、自社ブランドのラベルをつけて販売しています。コーディア社の歴史は古く、フランスワインで有名なボルドー地方に数多くの提携先を持っている名門ネゴシアンです。

こちらの商品は、モンバジャック地区のブドウが使われています。白ワインは辛口から極甘口までのタイプがありますが、こちらは甘口タイプです。豊かな香りと舌になじむとろりとした甘さが特徴です。甘口のワインですので食前酒におすすめです。もちろんデザートワインとして食事のお供にも良く合います。フランスの甘口の白ワインですので口当たりの柔らかいフランス料理、パテやテリーヌなどとは特に相性がよくおすすめです。また、桃やりんごのコンポートなど果物がメインのデザートにもよく合います。白ワインですので冷やすとおいしさが際立ちますが、冷やしすぎには注意が必要です。

おしゃれなボトルとラベルがいかにもフランスを思わせるワインです。容量は750mlです。家族や友人とちょっときどった食事を楽しみたいときに、テーブルに一本あれば満足すること間違いなしのワインです。

2位: ブルーナン アイスワイン 500ml

対象ショップで取扱いなし

商品説明

アイスワインは1794年にドイツで生まれました。霜で熟したブドウが凍ってしまい、貧しい農民がなんとかそのブドウからお酒ができないかと考え、凍ったブドウを搾って微かな量のワインを造ったのが始まりです。できたワインは甘みと香りが非常に素晴らしく、貴族に好まれて高級品として扱われるようになりました。

「ブルーナン」というのはドイツのワインブランドのことです。世界の中でも古い歴史のあるワインブランドの一つで、世界中でその製品が愛飲されています。

こちらの商品は、ブドウの糖度を上げる為に粒をしっかり凍らせるという、ドイツの昔ながらの製法で作られています。芳醇な香りとまるで蜂蜜を思わせるような極甘口というアイスワインの特徴がよくでた仕上がりになっています。

果物の香りと甘い口当たりで大変飲みやすいお酒ですので、「アルコールは苦手」という方もアイスワインなら大丈夫という方は多いです。「ワインを一緒に楽しみたい相手がいるけれど、その人はちょっとワインが苦手」と言われるなら、このワインをおすすめします。

白ワインの極甘口ですので、アイスクリームや果物を使ったデザートなどによくあいますが、欧州一の牛乳生産量を誇るドイツで造られたワインというだけあって、個性的な味のナチュラルチーズともよくあいます。

1位: ヴィダル アイスワイン 白 50ml

ヴィダル アイスワイン 白 50ml
¥22275/l

商品説明

カナダのヴィダ社が製造している白ワインです。名前についている「ヴィダル」は氷点下でもブドウの房が落ちにくいようにカナダで改良されたブドウの事です。名前に「アイスワイン」とありますが、アイスワインとは氷点下で凍りついたブドウを手積みして作られたワインのことです。イタリアやフランスなど温暖な地方で一般的に栽培されているブドウでは寒さで房が落ちてしまいます。それでは収穫ができず、アイスワインを作ることができません。

この寒さに強い品種のヴィダルの特徴はなんといっても香りが高いことです。そのヴィダルを100%使用して造られているのがこちらの商品です。薫り高い果物として白桃がよく上げられますが、こちらのワインにも白桃を思わせる芳醇な香りがあります。白桃だけではなく、洋ナシやアンズなどのフルーツの香りもあり、シナモンを感じさせる香りもほのかに感じられます。どんなシーンにもおすすめのワインですが、食事の最後にゆっくりと一杯というのがおすすめです。

一房からスプーン一杯しかできないといわれているアイスワインは濃厚で甘みが強く、グラスに注ぐと部屋の温度に感応してゆっくりと香りが部屋に広がります。お休み前にゆっくりとお部屋で一杯、というのも素敵な楽しみ方です。一人で楽しむのにちょうどいい50mlサイズです。

デザートワインおすすめランキング!特徴や飲み方を紹介

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。