【徹底比較】ウェットティッシュ鉄板おすすめ人気ランキング10選【実際に商品を購入して試してみました】

ウェットティッシュ

ウェットティッシュは、身の回りの汚れを落とすときに使われている日用品。

掃除のときや手を拭くときなど、家庭にないと不便に感じることが多いでしょう。

今ではさまざまな種類のウェットティッシュが販売されていて、目的に合わせて使い分けることができます。

掃除用の強力除菌タイプから、赤ちゃんのお尻や口元を拭くことができる肌にやさしいタイプまでさまざま。

今回はウェットティッシュの種類から、特徴まで詳しく調査しました。

さらにウェットティッシュの人気商品を徹底比較!

編集部で全ての商品を実際に購入して、以下3点の比較検証をしました。

検証風景
  • ①コスパ
    1枚あたりの金額・詰め替え用を使用した時の安さをチェック
  • ②シートの使いやすさ
    厚さ・水分量・拭き取り力をチェック
  • ③容器の使いやすさ
    取り出しやすさ・詰め替えやすさをチェック

使いやすくて頼れるウェットティッシュをお探しの方!

商品の選びの参考にぜひ読んでみてください。

↓詳しく見る↓

安いウェットティッシュはこちら
最終更新日:2020-08-26  閲覧数:34176

人気ウェットティッシュを5商品全て購入し、徹底的に比較しました

ランダムに並んだ検証アイテム

手指の除菌、テーブルやキッチンのお掃除に欠かせないウェットティッシュ 。

なにかと出番の多い日用品のため、本当に使いやすいウェットティッシュを選んで購入したいもの。

今回はお手拭きにも掃除にも使えるアルコールタイプ、家庭やオフィスで活躍するケース入りの人気5商品を厳選し、実際に購入して比較しました。

ウェットティッシュ5商品紹介

今回検証した商品はこちらです。

  • 【A】「クレシア スコッティ ウェットティシュー 除菌 アルコールタイプ」
  • 【B】「エリエール 除菌できるアルコールタオル ボトル」
  • 【C】「ユニチャーム シルコット 99.99%除菌 アルコールタイプ ウェットティッシュ」
  • 【D】「アイリスオーヤマ 除菌ウェットティッシュ アルコールタイプ」
  • 【E】「和光堂 アルコール配合 除菌ウエッティー ボトル」

【検証①】ウェットティッシュのコスパを比較

5商品のコスパを次のポイントで比較してみました。

  • 本体タイプの価格と枚数
  • 詰め替え用商品の価格と枚数
  • 1,000枚使用した時のコスト
ウェットティッシュコスパ比較
※価格はスマートショッピング調べ(2019年12月時点)

購入価格を抑えてゴミも減らせるため、詰め替え用の商品を使っているご家庭も多いのではないでしょうか。

そのため今回は、最初の1本を使い切った後、詰め替え商品を使用したとしてコストを計算しました。

結果、5商品の中でコスパが良い順に

  • 【1位】アイリスオーヤマ 除菌ウェットティッシュ アルコールタイプ
  • 【5位】ユニチャーム シルコット 99.99%除菌 アルコールタイプ ウェットティッシュ

となりました。

1位と5位の除菌ウェットティッシュとでは、1,000枚使用したときに4,077円もの金額の差がありました。

▼コスパ部門1位の詰め替え商品はこちら

【検証②】シートの使いやすさを比較

ウェットティッシュを選ぶ上で、シートの拭き取り力は大きなポイントです。

すぐに乾燥してしまう水気の少ないシートや、薄くて吸水性の弱いシートだと、なかなかキレイになりません。

そこでシートの使い勝手について

  • 厚み
  • 水分量
  • 拭き取り力

の3つのポイントを比較しました。

1
ウェットティッシュの厚さをチェック

ウェットティッシュの厚さ比較画像

ウェットティッシュの厚さを比較してみたところ、厚みがある順にC→E→B→A→Dとなりました。

  • 【1位】ユニチャーム シルコット 99.99%除菌 アルコールタイプ ウェットティッシュ
  • 【5位】アイリスオーヤマ 除菌ウェットティッシュ アルコールタイプ

「ユニチャーム シルコット 99.99%除菌 アルコールタイプ」はダントツの厚さ

メッシュ状で肌当たりも柔らかく、ウェットタオルのように使えそうです。

一方、最下位の「アイリスオーヤマ 除菌ウェットティッシュ」は、薄いだけでなく手触りが硬め。厚みがないせいか、広げて置いてもクルクルと丸まってしまうシートでした。

2
水分量をチェック

水分計で水分量をチェック

ウェットティシュに求めるものは、やはりウェット感

特にアルコールタイプは、水分量が少ないとすぐに乾燥して使い勝手にも影響します。

そこで水分計を使って未使用のティッシュの水分量を計測してみました。

水分計結果棒グラフ
※2回計測して平均値を計算
  • 【1位】和光堂 アルコール配合 除菌ウエッティー ボトル120枚…水分量50%
  • 【5位】エリエール 除菌できるアルコールタオル ボトル100枚…水分量36%

▼最もウェット感のある詰め替え商品はこちら

3
汚れの吸着力をチェック

除菌ティッシュでハチミツを拭き取っている様子

こぼれた調味料や、ジュースや牛乳。砂やほこり。ウェットティッシュで拭き取る汚れの種類はいろいろ

汚れの吸着力を調査するために、次のものを用意しました。

  • ①はちみつ・・・ベタつきの落ち具合をチェック
  • ②砂・・・細かい粒を集める力をチェック

同量を容器に入れて、完全に拭き取るまでに何枚のウェットティッシュが必要か調べました。

砂の拭き取り検証
拭き取り検証結果
  • 【1位】ユニチャーム シルコット 99.99%除菌 アルコールタイプ ウェットティッシュ
  • 【5位】アイリスオーヤマ 除菌ウェットティッシュ アルコールタイプ

1位のシルコットは5商品の中で最も効率よく汚れをしっかり絡め取り、吸着しました。

5位のアイリスオーヤマは、1枚で拭き取れる汚れの量が少ないため、枚数を多く使用する結果になりました。

生活雑貨ライター:尾田
生活雑貨ライター:尾田

「除菌ウェットティッシュで拭けばほとんどの菌が取り除かれ、安心」というイメージがありませんか。

しかし、埼玉県の消費者生活センターの除菌ウェットティッシュの効果テストによると、「除菌成分が含まれている商品であっても1回だけでは全ての細菌を除去できない」ということが判明しています。

除菌目的でウェットティッシュを使うときは、繰り返して拭き取りをすることが大切です。

※(参考文献)埼玉県消費生活支援センター「除菌ウエットティッシュの効果をテスト

【検証③】容器の使いやすさを比較

ウェットティッシュ購入者の口コミを見ていると、ケースの使い勝手に関する声が目立ちます。

濡れティッシュが必要な時は、一刻も早く取り出したい時や、利き手が汚れている時が多いもの。

ふたが開けにくかったり、スムーズにウェットティッシュが取り出しにくかったりして、プチストレスになることも……。

そこでケースの使い勝手について次の2つのポイントをチェックし比較しました。

  • 取り出しやすさ
  • 詰め替えやすさ

1
取り出しやすさをチェック

ウェットティッシュの取り出し口

まず、なめらかにするすると1枚ずつ出てくるウェットティッシュケースを探すため、シートの取り出しやすさを比較しました。

  • 【1位】ユニチャーム シルコット 99.99%除菌 アルコールタイプ ウェットティッシュ
  • 【5位】和光堂 アルコール配合 除菌ウエッティー ボトル

  • 【A】 クレシア:取り出しは滑らかで、ふたの開け閉めも片手でOK
  • 【B】 エリエール:取り出し時に、ケースを抑えた方が取り出しやすい
  • 【C】 ユニチャーム:力を入れずに取り出しもふたの開閉もできる
  • 【D】 アイリスオーヤマ:強い力で引き出す&反対の手でケースを押さえる必要あり
  • 【E】 和光堂:引き出しにやや力がいる。次のシートが出すぎてしまったときは押し戻す手間が発生

1位の「ユニチャーム シルコット 99.99%除菌 アルコールタイプ ウェットティッシュ」は横型のケース。

ケースの開閉は指1本で可能です。

シートが分離しているので、軽々と片手で引き出せます

指1本で開けられるシルコットのケース
ワンタッチで開閉OKのシルコットのケース

5位の「和光堂 アルコール配合 除菌ウエッティー」のボトルは、シートを引き出すときにやや力が必要。

また、ふたが他の商品より小さいため、次のウェットティッシュが出すぎてしまったときは押し戻す手間が発生します。

しめるのが大変な和光堂のケース
ふたが小さいので飛び出たシートを押し込む必要がある

▼最も取り出しやすい商品はこちら

2
詰め替えやすさをチェック

並んだウェットティッシュの取り出し口

「日用品の詰め替え」は、意外と面倒な作業。

特にウェットティッシュの詰め替えが苦手という人、いませんか。

面倒な上に、詰替直後に取り出し口付近で次の1枚がちぎれてしまったり、逆に何枚も出てきてしまったり…。

ちぎれたウェットティッシュ
詰まって出てこないのはストレス

そこで、ウエットティッシュの詰め替えやすさを下記のポイントを重点的にチェックしました。

  • 詰め替えにかかる手間
  • 詰め替え直後にシートをスムーズに出せるか
詰替にティッシュを引き出す手

結果詰め替えやすさを順位付けすると、A→B→C・E→Dの順となりました。

  • 【1位】クレシア スコッティ ウェットティシュー 除菌 アルコールタイプ
  • 【5位】アイリスオーヤマ 除菌ウェットティッシュ アルコールタイプ


  • 【A】 クレシア:シートの先端をはさむ。取り出し口が柔らかくスリットが大きい
  • 【B】 エリエール:差し込み時に、シートの中央を探す必要あり
  • 【C】 ユニチャーム:詰替時に差し込み必要なし。取り出し直後に複数枚出てくる
  • 【D】 アイリスオーヤマ:シートの中央を差し込む&差し込み穴が小さく道具が必要
  • 【E】 和光堂:取り出し口がやや硬め。押し出し用の突起がついた補助パーツが付属

クレシアの取り出し口

1位のスコッティの取り出し口の素材は柔らかく、スリットが長めなので、シートを差し込みやすいのが特徴。

5位のアイリスオーヤマのケースは、セット時にシートの中央を差し込むタイプ。

取り出し口が小さな穴なので、ペン先など道具を使って押し出す必要があります。

▼最も詰め替えが簡単な商品はこちら

【番外編】ウェットティッシュのデザインを比較

生活雑貨ライター:尾田
生活雑貨ライター:尾田

ウェットティッシュは出番が多いため、我が家ではダイニングテーブルに出しっぱなしです。

そうなると気になるのがウェットティッシュケースのデザイン

「除菌」の文字が大きすぎて、インテリアが台無し!という人いませんか?

今回の検証で、デザインにこだわる方におすすめできる商品を2つ見つけました!

おしゃれなデザインのウェットティッシュを探している方におすすめの商品をご紹介!

◆商品ラベルを取り外せる「クレシア スコッティ ウェットティシュー 除菌 アルコールタイプ」

スコッティ外観
商品ラベルを取り外せるスコッティ

◆外フィルムを外すとシンプルに!形もかわいい「ユニチャーム シルコット 99.99%除菌 アルコールタイプ ウェットティッシュ」

シルコット外観
「シルコット」は外フィルムをはがすと白いケースに

徹底比較!編集部オリジナルウェットティッシュランキング【アルコールタイプ部門】

ウェットティッシュランキング

これまでいろいろな角度から検証をしてきた結果を踏まえて、オリジナルのウェットティッシュランキングを作成しました。

評価の基準はこちら。

  1. 【コスパ】…コスパの良いものほど★が多い
  2. 【拭き取り力】…少ない枚数でキレイになるものほど★が多い
  3. 【ウェット感】…水分量が多いものほど★が多い
  4. 【取り出しやすさ】…スムーズに取り出せるものほど★が多い
  5. 【詰め替えやすさ】…詰め替えが簡単なものほど★が多い

1位【A】シートもケースも使い勝手良好!バランスの良い「クレシア スコッティ ウェットティシュー 除菌 アルコールタイプ」

  • 【コスパ】…★★★★☆
  • 【拭き取り力】…★★☆☆☆
  • 【ウェット感】…★★★☆☆
  • 【取り出しやすさ】…★★★★☆
  • 【詰め替えやすさ】…★★★★★

クレシア成分表
成分表

「クレシア スコッティ ウェットティシュー 除菌 アルコールタイプ」のシートは、柔らかくて水分量も程よくあるのが特徴です。

クレシアのフタとシート

やや薄手なので量の多い汚れを拭き取るには枚数が必要ですが、ベタつき汚れには強く、食卓の上に置いておきたいウェットティッシュ。

ケースは随所に工夫が凝らされていて、軽く引っ張るだけでシートが滑らかに出てきます。

詰替作業も簡単でストレスなし。


2位【C】シートの品質は◎!しかしお財布に厳しい「ユニチャーム シルコット 99.99%除菌 アルコールタイプ ウェットティッシュ」

  • 【コスパ】…★☆☆☆☆
  • 【拭き取り力】…★★★★★
  • 【ウェット感】…★★☆☆☆
  • 【取り出しやすさ】…★★★★★
  • 【詰め替えやすさ】…★★★☆☆
ユニチャームのシートとフタ

「ユニチャーム シルコット 99.99%除菌 アルコールタイプ ウェットティッシュ」のシートは最も厚みがあり、吸水力抜群

メッシュ素材が汚れの種類を選ばず少ない枚数できれいに拭き取れるので、掃除がはかどります。

ユニチャームの成分表
成分表

またケースが横型で、シートがロールタイプではないので詰め替えも取り出しも簡単

ただ1パックで40枚入りなので、こまめに詰替が発生するのと、コスパが5商品中1番悪いのが残念。


3位【E】シートの品質は文句なし!ケースが惜しい「和光堂 アルコール配合 除菌ウエッティー ボトル」

  • 【コスパ】…★★☆☆☆
  • 【拭き取り力】…★★★★☆
  • 【ウェット感】…★★★★★
  • 【取り出しやすさ】…★☆☆☆☆
  • 【詰め替えやすさ】…★★★☆☆

和光堂成分表
成分表

「おしぼりウェッティー」の名前でよく知られている和光堂のウェットシートはシート自体のクオリティの高さが目立ちました。

ハリのある素材で、水分量は5商品の中でNo.1

拭き取り力も高めでツンとした匂いがしないため、1枚で食事前の手指除菌がしっかりできそう。

和光堂のケース

少し残念だったのはケース。

引き出したときに取り出し口で次のシートが中に取り残されてしまったり、逆に次の1枚が長く出てきてしまったりの使いにくさを感じました。

4位【B】全体的にあと1歩感「エリエール 除菌できるアルコールタオル ボトル」

  • 【コスパ】…★★★☆☆
  • 【拭き取り力】…★★★★☆
  • 【ウェット感】…★☆☆☆☆
  • 【取り出しやすさ】…★★★☆☆
  • 【詰め替えやすさ】…★★★★☆

エリエール成分表
成分表

5商品中最もアルコールが強く香る「エリエール 除菌できるアルコールタオル ボトル100枚」。

高濃度のアルコールを配合しているためか、粘り気のあるハチミツを1枚で拭き取ることができました

エリエール取り出し口

ケースからシートはスムーズに引き出せますが、引き出すのと反対の手でボトルを押さえる必要があります。

コスパは5商品中3位。

5位【D】値段が最も安い「アイリスオーヤマ 除菌ウェットティッシュ アルコールタイプ」

  • 【コスパ】…★★★★★
  • 【拭き取り力】…★☆☆☆☆
  • 【ウェット感】…★★★★☆
  • 【取り出しやすさ】…★★☆☆☆
  • 【詰め替えやすさ】…★☆☆☆☆

アイリスオーヤマ成分表
成分表

「アイリスオーヤマ 除菌ウェットティッシュ アルコールタイプ」は検証商品の中で最もリーズナブルなウェットティッシュ。

しかしシートが薄く、汚れをしっかり拭き取るためには他の商品より枚数を使うので注意が必要です。

ケースはボトルタイプの他の商品と比べると細身でスペースを余り取らないのがメリット。

ただ詰め替えにペンなど先の尖ったものを用意する必要がある、片手でシートを取り出せないというデメリットがありました。

ウエットティシュおすすめ人気商品の比較一覧表

商品画像
商品名
メーカー
除菌タイプ
本体
特徴
商品リンク
1
コーヨー化成ウェットティッシュ
コーヨー化成
ノンアルコール
ボトル
植物由来原料のノンアルコール!厚手の不織布でしっかり使える
2
ユニチャームのシルコットピュアウォーター
ユニチャーム
ノンアルコール
詰め替え用
純水99%ピュアウォーターを使用
3
王子ネピアのウエットントン
ネピア
アルコール
ボックス
軽い力でブタのお鼻をポンと押すだけ。片手で簡単に取り出すことができます
4
大王製紙エリエール除菌できるアルコールタオルボトルタイプ
大王製紙
アルコール
ボトル
衛生面が気になる身のまわりの除菌に使えます
5
アイリスオーヤマの除菌クリーナー
アイリスオーヤマ
アルコール
ボックス
モニターやPCなどOA機器に特化した除菌シート
6
キレイキレイのノンアルコール除菌タイプ
ライオン
ノンアルコール
携帯用
ナノイオン成分配合で99.99%の高い除菌効果が期待できます
7
和光堂の除菌ウエッティー
和光堂
アルコール
ボトル
手肌に負担をかけにくいグリセリン配合
8
ジョンソングレード
ジョンソン
ノンアルコール
詰め替え用
肌ざわりの良いナチュラルプレーン不織布を採用
9
日本製紙クレシアのスコッティウェットティシューアルコールタイプ
日本製紙クレシア
アルコール
ボトル
無香料で持ちやすいウエストシェイプボトル
10
サンワサプライのウェットティッシュクリーナー
サンワサプライ
アルコール
携帯用
机周りやパソコンなどの電子機器にも多用途に使えます
2020年8月現在の情報です。

  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。