生理用品最安値比較|1枚あたりの安さで通販ショップ比較

生理用品が安い価格で買える通販サイトは?1枚あたり最安値を毎日ショップ比較

生理用品

生理用品の最安値比較(毎日更新)

生理用品って、紙なので意外にかさばるし、レジが男性だとちょっと抵抗感じるし、いつも買うときに悩んでしまう商品です。なので、通販で買うことができるととっても便利

生理用品の最安値は、軽い日・多い日、昼用・夜用、羽つき・羽なしなどの違いもあり、さらに同じ商品でも枚数が違うこともあり(60枚、56枚、44枚・・・など)、どこが安いかを単純に比較するのが難しい商品です

購入額は、人によって異なりますが大体皆さん月額1,000円程度の負担なので、1人あたり年間約12,000円の負担となっています。15%違えば、1,800円、20%違えば2,400円もの節約、さらに女性が家族に複数いればその数分の節約につながるので、比較・検討するのが非常に重要になってきます。

そんな中で、生理用品最安値比較と表示しているサイトもありますが、ショップ内だけの価格比較をしているか、情報が古い場合がほとんど。

そこで、スマートショッピングでは、毎日、主要通販サイト横断で生理用品の1枚あたりの最安値を徹底比較

毎日更新、完全決定版の比較分析ページなので、普段から通販で生理用品を購入する方はこのページをブックマークして間違いなしですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次


[毎日更新決定版] ブランド別生理用品価格比較

まずは生理用品のブランド別、タイプ別に比較してみました。縦軸が用途、横軸がショップになっています。それぞれ羽なし、羽つきで記載しています。

比較するときのポイント

  • 比較対象は、生理用ナプキンの5大ブランドであるソフィ、ロリエ、センターイン、ウィスパー、エリス
  • 軽い日・多い日、昼用・夜用、羽つき・羽なしに分けて、細かく1枚あたり最安値を分析
  • 最新の価格情報をもとに最安値を毎日更新するから、常にその日にどこで生理用品が安いかを表示

ソフィボディフィットの1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 - ¥19.8 ¥4.3 ¥5.7
ふつうの日夜用 - ¥39.5 ¥13.8 ¥19.8
軽い日昼用 - ¥9.2 ¥9.6 ¥9.2

羽なしのソフィボディフィットの生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり4.3円となっています。

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 - ¥27.0 ¥12.5 ¥15.6
多い日昼用 - ¥13.6 ¥15.7 ¥13.5

羽つきのソフィボディフィットの生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり12.5円となっています。


センターインの1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 - ¥5.8 ¥4.9 ¥5.8

羽なしのセンターインの生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり4.9円となっています。

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 - ¥16.3 ¥6.9 ¥8.2
多い日夜用 - ¥15.9 ¥13.8 ¥31.7

羽つきのセンターインの生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり6.9円となっています。


ウィスパーの1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 ¥335.0 - - -
ふつうの日夜用 - - - -

羽なしのウィスパーの生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を Amazon(アマゾン)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり335.0円となっています。

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
特に多い日夜用 ¥123.6 - - -

羽つきのウィスパーの生理用ナプキンで比較すると特に多い日夜用を Amazon(アマゾン)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり123.6円となっています。


ロリエの1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 - ¥5.9 ¥4.9 ¥5.9
ふつうの日夜用 - ¥16.0 ¥13.5 ¥16.0
軽い日昼用 - ¥0.0 ¥9.6 ¥11.2
多い日昼用 - ¥13.3 ¥12.7 ¥13.3

羽なしのロリエの生理用ナプキンで比較すると軽い日昼用を ケンコーコムで買うのが最安値で、その価格は1枚あたり0.0円となっています。

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 - ¥8.0 ¥6.7 ¥8.0
多い日昼用 - ¥39.4 ¥13.0 ¥15.2
多い日夜用 - ¥17.4 ¥14.8 ¥17.4

羽つきのロリエの生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり6.7円となっています。


ソフィはだおもいの1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 - ¥44.3 ¥30.9 ¥12.0
軽い日昼用 - ¥11.5 ¥10.1 ¥11.2
特に多い日昼用 - ¥15.1 ¥41.2 ¥15.1

羽なしのソフィはだおもいの生理用ナプキンで比較すると軽い日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり10.1円となっています。

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
特に多い日昼用 - ¥17.8 ¥17.3 ¥17.8
特に多い日夜用 - ¥46.1 ¥123.5 ¥46.1
多い日昼用 ¥78.4 ¥60.2 ¥13.8 ¥15.1
多い日夜用 - ¥37.7 ¥98.8 ¥37.7

羽つきのソフィはだおもいの生理用ナプキンで比較すると多い日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり13.8円となっています。


ロリエエフの1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
軽い日昼用 - ¥33.3 ¥10.8 ¥12.3
多い日昼用 - ¥40.9 ¥13.3 ¥15.2

羽なしのロリエエフの生理用ナプキンで比較すると軽い日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり10.8円となっています。

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
多い日昼用 ¥40.9 - ¥15.7 -
多い日夜用 - ¥39.5 ¥34.5 ¥39.5
ふつうの日昼用 - ¥0.0 ¥14.4 ¥16.5
特に多い日昼用 ¥67.9 ¥23.2 ¥20.3 ¥23.2
特に多い日夜用 ¥88.8 - - -

羽つきのロリエエフの生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を ケンコーコムで買うのが最安値で、その価格は1枚あたり0.0円となっています。


エリスメガミの1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
軽い日昼用 ¥27.2 - ¥2.7 -
多い日昼用 - - ¥3.3 -

羽なしのエリスメガミの生理用ナプキンで比較すると軽い日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり2.7円となっています。

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
多い日昼用 - - ¥5.4 -
特に多い日夜用 ¥90.8 - ¥9.0 -
特に多い日昼用 ¥44.4 - ¥5.5 -

羽つきのエリスメガミの生理用ナプキンで比較すると多い日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり5.4円となっています。


エリス新素肌感の1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
多い日昼用 ¥13.0 ¥10.4 ¥4.6 ¥5.2
ふつうの日夜用 - ¥26.6 ¥11.6 ¥26.6

羽なしのエリス新素肌感の生理用ナプキンで比較すると多い日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり4.6円となっています。

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
多い日昼用 - ¥13.4 ¥5.8 ¥13.4
多い日夜用 - ¥25.8 ¥12.8 ¥26.0

羽つきのエリス新素肌感の生理用ナプキンで比較すると多い日昼用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり5.8円となっています。


ウィスパーさらふわスリムの1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 - - - -

羽なしのウィスパーさらふわスリムの生理用ナプキンで比較するとを で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり0.0円となっています。

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 ¥233.3 - - -

羽つきのウィスパーさらふわスリムの生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を Amazon(アマゾン)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり233.3円となっています。


ウィスパーピュアはだの1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
多い日昼用 ¥1,000.0 - - -
ふつうの日昼用 ¥51.8 - - -

羽なしのウィスパーピュアはだの生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を Amazon(アマゾン)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり51.8円となっています。

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
多い日昼用 ¥60.0 - - -
ふつうの日昼用 ¥47.0 - - -

羽つきのウィスパーピュアはだの生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を Amazon(アマゾン)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり47.0円となっています。


センターインコンパクトの1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 - ¥12.1 ¥13.0 ¥12.1
多い日昼用 - ¥16.1 ¥16.8 ¥16.2
多い日夜用 - ¥22.8 ¥23.8 ¥22.7

羽つきのセンターインコンパクトの生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を ケンコーコムで買うのが最安値で、その価格は1枚あたり12.1円となっています。


エリス極吸の1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ふつうの日昼用 ¥76.2 - - -
多い日昼用 - - - -
特に多い日昼用 - - - -

羽つきのエリス極吸の生理用ナプキンで比較するとふつうの日昼用を Amazon(アマゾン)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり76.2円となっています。


ソフィ超熟睡の1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
特に多い日夜用 ¥289.9 ¥39.5 ¥109.3 ¥39.5

羽つきのソフィ超熟睡の生理用ナプキンで比較すると特に多い日夜用を ケンコーコムで買うのが最安値で、その価格は1枚あたり39.5円となっています。


ロリエ超吸収の1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽つき

タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
特に多い日夜用 - ¥29.2 ¥26.5 ¥29.3

羽つきのロリエ超吸収の生理用ナプキンで比較すると特に多い日夜用を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり26.5円となっています。


[毎日更新決定版] 用途別生理用品価格比較

次に生理用品の用途別(昼・夜、量別など)に比較した結果がこちらです。縦軸がブランド、横軸がショップになっています。

軽い日昼用の1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

ブランド AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ソフィボディフィット - ¥9.2 ¥9.6 ¥9.2
ロリエ - ¥0.0 ¥9.6 ¥11.2
ソフィはだおもい - ¥11.5 ¥10.1 ¥11.2
ロリエエフ - ¥33.3 ¥10.8 ¥12.3
エリスメガミ ¥27.2 - ¥2.7 -

羽なしの軽い日昼用の生理用ナプキンで比較するとロリエを ケンコーコムで買うのが最安値で、その価格は1枚あたり0.0円となっています。


ふつうの日昼用の1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

ブランド AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ソフィボディフィット - ¥19.8 ¥4.3 ¥5.7
センターイン - ¥5.8 ¥4.9 ¥5.8
ウィスパー ¥335.0 - - -
ロリエ - ¥5.9 ¥4.9 ¥5.9
ソフィはだおもい - ¥44.3 ¥30.9 ¥12.0
ウィスパーさらふわスリム - - - -
ウィスパーピュアはだ ¥51.8 - - -

羽なしのふつうの日昼用の生理用ナプキンで比較するとソフィボディフィットを LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり4.3円となっています。

羽つき

ブランド AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ソフィボディフィット - ¥27.0 ¥12.5 ¥15.6
センターイン - ¥16.3 ¥6.9 ¥8.2
ロリエ - ¥8.0 ¥6.7 ¥8.0
ロリエエフ - ¥0.0 ¥14.4 ¥16.5
ウィスパーさらふわスリム ¥233.3 - - -
ウィスパーピュアはだ ¥47.0 - - -
センターインコンパクト - ¥12.1 ¥13.0 ¥12.1
エリス極吸 ¥76.2 - - -

羽つきのふつうの日昼用の生理用ナプキンで比較するとロリエエフを ケンコーコムで買うのが最安値で、その価格は1枚あたり0円となっています。


多い日昼用の1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

ブランド AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ロリエ - ¥13.3 ¥12.7 ¥13.3
ロリエエフ - ¥40.9 ¥13.3 ¥15.2
エリスメガミ - - ¥3.3 -
エリス新素肌感 ¥13.0 ¥10.4 ¥4.6 ¥5.2
ウィスパーピュアはだ ¥1,000.0 - - -

羽なしの多い日昼用の生理用ナプキンで比較するとウィスパーピュアはだを Amazon(アマゾン)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり1.0円となっています。

羽つき

ブランド AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ソフィボディフィット - ¥13.6 ¥15.7 ¥13.5
ロリエ - ¥39.4 ¥13.0 ¥15.2
ソフィはだおもい ¥78.4 ¥60.2 ¥13.8 ¥15.1
ロリエエフ ¥40.9 - ¥15.7 -
エリスメガミ - - ¥5.4 -
エリス新素肌感 - ¥13.4 ¥5.8 ¥13.4
ウィスパーピュアはだ ¥60.0 - - -
センターインコンパクト - ¥16.1 ¥16.8 ¥16.2
エリス極吸 - - - -

羽つきの多い日昼用の生理用ナプキンで比較するとエリスメガミを LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり5円となっています。


特に多い日昼用の1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

ブランド AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ソフィはだおもい - ¥15.1 ¥41.2 ¥15.1

羽なしの特に多い日昼用の生理用ナプキンで比較するとソフィはだおもいを ケンコーコムで買うのが最安値で、その価格は1枚あたり15.1円となっています。

羽つき

ブランド AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ソフィはだおもい - ¥17.8 ¥17.3 ¥17.8
ロリエエフ ¥67.9 ¥23.2 ¥20.3 ¥23.2
エリスメガミ ¥44.4 - ¥5.5 -
エリス極吸 - - - -

羽つきの特に多い日昼用の生理用ナプキンで比較するとエリスメガミを LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり6円となっています。


ふつうの日夜用の1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽なし

ブランド AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ソフィボディフィット - ¥39.5 ¥13.8 ¥19.8
ウィスパー - - - -
ロリエ - ¥16.0 ¥13.5 ¥16.0
エリス新素肌感 - ¥26.6 ¥11.6 ¥26.6

羽なしのふつうの日夜用の生理用ナプキンで比較するとエリス新素肌感を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり11.6円となっています。


多い日夜用の1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽つき

ブランド AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
センターイン - ¥15.9 ¥13.8 ¥31.7
ロリエ - ¥17.4 ¥14.8 ¥17.4
ソフィはだおもい - ¥37.7 ¥98.8 ¥37.7
ロリエエフ - ¥39.5 ¥34.5 ¥39.5
エリス新素肌感 - ¥25.8 ¥12.8 ¥26.0
センターインコンパクト - ¥22.8 ¥23.8 ¥22.7

羽つきの多い日夜用の生理用ナプキンで比較するとエリス新素肌感を LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり13円となっています。


特に多い日夜用の1枚あたり価格比較(税込価格-ポイント)

羽つき

ブランド AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ウィスパー ¥123.6 - - -
ソフィはだおもい - ¥46.1 ¥123.5 ¥46.1
ロリエエフ ¥88.8 - - -
エリスメガミ ¥90.8 - ¥9.0 -
ソフィ超熟睡 ¥289.9 ¥39.5 ¥109.3 ¥39.5
ロリエ超吸収 - ¥29.2 ¥26.5 ¥29.3

羽つきの特に多い日夜用の生理用ナプキンで比較するとエリスメガミを LOHACO(ロハコ)で買うのが最安値で、その価格は1枚あたり9円となっています。


生理用品の基礎知識

生理になったらナプキンを使うことになります。ここでは、生理用品としてのナプキンを使う理由や仕組みについてご紹介したいと思います。

生理用ナプキンの意味

生理用ナプキンは、女性に定期的に訪れる月経(生理)の際に出る血(経血(けいけつ)といいます)に対応するためのナプキンです。

もし、生理用ナプキンがなければ経血が下着についてしまうので、生理用ナプキンがあれば経血を受け止め、吸収してくれる女性の強い味方です。

生理用品の歴史

生理用品が発達してきた今でも布ナプキンはまだまだ健在ですが、今のような使い捨ての衛生的なナプキンが発売される前は、布ナプキンを使用していました。

その布とは、もう古くなった着物や使わないぼろ布です。それに経血をしみ込ませて、最後は廃棄するという形で使用していました。

布の後に用いられるようになってきたのは、脱脂綿などを使用した生理用品です。布のものよりも使い勝手がよく、脱脂綿を重ねると布よりも経血をたくさん吸収できるので、使用されるようになりました。

またこれを丸めて使用するとタンポンの代わりになることから、広く普及していました。

その後、世界的に見ると、1902年にアメリカでサニタリーベルトとよばれるものが発売されました。ガーターベルトのようにナプキンを上からつるという方法です。その後アメリカでは1930年代に生理用ナプキンが商品化されました。

また生理用品を使用するときには、生理用パンツを使用しなくてはいけませんが、生理用パンツも1930年代にアメリカで商品化されました。

その後、ナプキンの両端に輪ゴムのようなものを付けて、両足の通すというナプキンや生理用エプロンという洋服の経血の吸収を予防するものが使用されていました。

日本では薄ゴムの国産化が進まなかったために、始めは輸入物の生理用品が主流でした。しかし大正時代に薄ゴムの国産化が実現し、1910年代から、国産の生理用品が出てくるようになりました。日本では、1924年にウエスト部分がゴム製になっており、ナプキンを上からつってあるビクトリアという商品が発売されています。1920年には、タンポンの原型となる乙女のふくろという商品が発売されています。

また昭和36年に、帯経血ビクトリアという商品が発売されたのが、生理用品の原型になるもので、昭和56年頃から、今と同様の高分子吸収体を使用したナプキンが見られるようになりました。

ナプキンの進化の過程には様々な物があり、戦前はただ脱脂綿を重ねて形成したものが主流でしたが、高分子吸収体が普及し始めてから、その薄さはどんどん進化しました。

またナプキンの裏側には、防水のためのビニールもついていますが、そこには、動いてもずれ防止のための固定テープがあります。この固定テープが付いたものは、1969年にステイフリーというものが発売されたのが始まりです。これもどんどん改良が進んで使用感が良くなりました。

いつから羽根つきが発売されたかということを調べても年代はわからなかったのですが、現在はどんどん生理用品の使いやすいものに進化しています。

生理用ナプキンの仕組み

生理用ナプキンの構造

生理用ナプキンは以下の様な構造で成り立っており、それぞれが重要な役割を担っています。

    1

    吸収体

    生理用ナプキンには、「吸収体」が入っており、経血を外に漏らさないようにしており、経血が出てきたら直ぐにキャッチして閉じ込めるような仕組みになっています。

    2

    ギャザー

    生理用ナプキンにはギャザーがついているものとついていないものがありますが、ギャザーは身体のラインにフィットするように壁のような形で設置されていて、身体との隙間から経血が外に漏れるのを防いでくれるものです。特に就寝時は身体も動くので、隙間ができやすく、ギャザーがあれば経血の漏れを防ぐことができます。

    3

    表面

    生理用ナプキンの肌に触れる表面部分は、肌に優しいタイプ、コットンのようにふんわりしているタイプや、経血が残りにくいタイプなど、メーカーによっても様々な種類が存在しています。

    4

    羽も生理用ナプキンによってついているものとついていないものがあります。それぞれの商品毎に「羽なし」「羽つき」と絶対に表記がありますのでそちらをご確認下さい。羽は身体を動かすときなどにずれないようにするために下着とナプキンを固定するためのものです。羽を下着に巻きつけて固定します。

    5

    シール

    生理用ナプキンは下着に固定して使用しますが、ナプキンの下着との接着面がシール状になっていて下着と固定できるようになっています。

    生理用ナプキンの種類

    生理用ナプキンには多くの種類があり、形状やサイズ・厚さなどで様々な種類に分かれています。現在はこのそれぞれの種類にわかれて、市場には100種類近い生理用品が出回っている現状です。生理からの日数に応じた経血量や運動量、個別の事情に応じて使い分けることがおすすめです。

    生理用ナプキンの形状

    タイプ 説明
    スタンダードタイプ スタンダードタイプは一番メジャーな普及しているタイプです。シンプルで初めて使うタイプはスタンダードタイプという人が多いでしょう。シール状になった部分を下着に貼り付けて使用します。
    羽つきタイプ 羽つきタイプはその名の通り、ナプキンに羽がついていて、その羽を下着に巻きつけて固定することができるタイプです。スタンダードタイプに比べて、激しいズレにも強いので、スポーツなど活動量が多い場合には便利です。
    立体ギャザータイプ 立体ギャザータイプは、ナプキンの両サイドに横漏れを防止するための立体ギャザーがついたタイプです。女性の身体にフィットするように作られていて、量が多い人や活発に運動をする人に適したナプキンとなっています。
    ショーツタイプ ショーツタイプは「履く」タイプの生理用ナプキンで経血量が多い日、特に夜に向いたタイプです。取り外しの際も、両脇を破る構造になっているので、足を汚さずに脱着できるなどの配慮が施されています。

    生理用ナプキンのサイズ

    サイズ 説明
    小さいサイズ 経血量が少ない「軽い日」に使われるタイプの生理用ナプキンで、一般には約17cmのサイズです。他サイズより小さいので、装着時の違和感が少ないのが特徴です。
    ふつうサイズ 一般的なサイズで、具体的には20-24cmの大きさとなっています。
    大きめサイズ ふつうサイズよりも大きいタイプで、経血量が多いときや漏れが心配なときに使えるタイプで、例えば夜用では約40cmのものもあります。

    生理用ナプキンの厚さ

    厚さのタイプ 説明
    スタンダードタイプ 初めての人でも使いやすい一般的な厚さのタイプで、具体的には4~7mm程度となっています。
    スリムタイプ 製品の厚みが約3mm前後というスリムなタイプのナプキンです。中には2mm以下という極薄タイプもあります。吸収量がスタンダードタイプと比較して少なそうなイメージではありますが、最近のものは研究開発も進み、スタンダードタイプと変わらない吸収性能があります。

    女性の経血量とそれにあった生理用ナプキン

    大手メーカー花王の調査によると、生理の際の経血量は、女性による個人差もあるのですが、19-252g、平均で82gもあるそうです。生理が始まってからの経血量は、1日目〜2日目にかけて増加し、2日目が一番多くなる傾向が多いようです。

    生理が始まってから3日目までが量の多い期間となっていて、4日目以降が量が少なくなる期間になります。また、1回の生理期間中に使用する生理用ナプキンの枚数は20-25枚が標準の量となっているようです。

    時間軸に合わせた消費量を見ると、最初の3日間は経血量も多いので、漏れの不安等もあり交換頻度が短くなる傾向があるのですが、一方、量が少ない後半においては生理用ナプキン1枚あたりの装着期間が長くなる傾向にあります。

    いずれにせよ、交換時期としては実質的な漏れを防ぐという観点や衛生面の観点からもトイレにいくごとに変えることが推奨されています。

    また、生理用ナプキンもこの量に応じて、昼用や夜用、量が多い時期には厚くて大きいサイズ、量が少ない時期にはスリムで動きやすいタイプなど使い分けられるのが現状です。

    生理用ナプキンの捨て方

    生理用ナプキンを使い終わった後の捨て方としては、血が付いている面を内側にして丸めます。羽つきの場合には羽を内側に折りたたんでから丸めることが重要です。交換する新しい生理用ナプキンのラップに包んで捨てるのが一般的です。

    もし、ゴミ箱がない場合にはトイレットペーパー等にくるんで持ち帰るのがマナーです。


生理用品の選び方と比較ポイント

生理用品を比較するときにチェックしなければならないポイントとしては様々な点が挙げられます。スマートショッピングでは、これらを踏まえて、選択の際に重要なポイントを以下の8つにまとめてみました。

  • 1羽・ギャザーの有無
  • 2昼用か夜用か?
  • 3大きさ、厚さ
  • 4吸収力
  • 5肌への優しさ
  • 6ナプキンかタンポンか?
  • 7紙ナプキンか布ナプキンか?
  • 8価格(コスト)

の8点となります。以下では、生理用品を比較する際に重視しなければいけないポイントを以下でご紹介します。

1羽・ギャザーの有無

最初のポイントは羽・ギャザーの有無です。羽は下着に巻きつけて使うもので、羽を巻きつけるとより固定されるので、夜寝ているときや激しい運動をする日などには羽つきのナプキンがおすすめです。また、ギャザーも同様でナプキンと身体の間の隙間から経血が漏れないようにしてくれる機能で、量が多い日や激しい運動を行って、ずれることが多い日などにはギャザー付きのナプキンがおすすめです。

2昼用か夜用か?

次のポイントは昼用か夜用か、もしくは兼用かです。基本的に夜用はたっぷり経血しても熟睡できるようにサイズが大きく、吸収体が豊富に入ったナプキンが多いかわりにゴワゴワしているのが特徴的です。自分のその時の状態や経血量に応じて、昼用か夜用かは選ぶときの大きな基準となります。元々量が多い人や2日目などで漏れる可能性が高いなどという人の中には昼間でも夜用を使う人も結構いるようですよ。

3大きさ・厚さ

大きさと厚さも重要な要素です。これは2にも関連してきますが、大きければ大きいほど、厚ければ厚いほど、吸収できる経血量が増える傾向にあります。逆に小さければ小さいほど、薄ければ薄いほど、吸収可能な経血量は少なくなります。従って量が多い時は大きくて厚いもの、少ない時は小さくて薄い動きやすいものを選ぶと良いでしょう。

4吸収力

次に重要なのが、そのナプキンごとに持っている吸収力です。これは各メーカーさんが汗をかいて研究開発されているところで同じサイズ、同じ厚さでもブランドごとに吸収力が異なってきます。エリスメガミやロリエエフなどが吸収力では評判のようです。

■吸収力の高いおすすめ生理用品:エリスメガミロリエエフ

5肌への優しさ

従来から肌が弱い人だけでなく、多くの女性は生理期間中、肌が敏感になりデリケートになっています。ナプキンを長時間装着すると、場合によってはムレてしまったり、肌がかぶれてしまう人もいます。特に肌が弱い人は、肌に優しいナプキンがおすすめです。ソフィはだおもいやセンターイン、ロリエエフなどが肌の優しさではおすすめです。

■肌に優しいおすすめ生理用品:ソフィはだおもいセンターインロリエエフ

6ナプキンかタンポンか?

そもそも生理用品を選ぶ際に、ナプキンかタンポンかという論点もあります。ナプキンとタンポンの違いは、ひとことで言うと、生理のときの経血を外で吸い込むか中で吸い込むかの違いです。ナプキンは装着しやすく量が多くても被せてくれるので漏れにくいという反面、覆ってしまうため蒸れてしまうという欠点があるのに対して、タンポンは装着しにくく、慣れない人は本当に時間がかかるものですが、中で吸い込んでくれるのでドロっとした感覚を感じずに済み、外に溜まらないので蒸れないというメリットがあります。

7紙ナプキンか布ナプキンか?

ナプキンの中でも紙ナプキンと布ナプキンというのが存在します。一般にドラッグストア等で流通していて馴染みが深いのが紙ナプキンですが、布でできたナプキンは吸水性が高いコットン等の天然繊維でできた商品です。一般的に紙ナプキンは経血後、ナプキンの中で水分がこもってしまい蒸れやすい一方、使い捨てが出来て便利であるというのに対して、布ナプキンは布で通気性が高いため、蒸れにくい上に、エコで使いまわすことができるのでコストが安くつくという特徴があります。

8価格(コスト)

最後のポイントは価格です。一回だと数円、数十円の違いが、何度も買うものだと数倍、数十倍に膨れ上がってきます。ただし安すぎる粗悪品は、厚さも薄く吸収量も微妙で漏れてしまったり蒸れてしまったりということもあるので、安いからといってすぐに飛びつくのは注意が必要です。

生理用品の節約の観点からは、

  • 生理用品ブランドを横比較して、安いブランドを選ぶ
  • ②同じ生理用品メーカーの中で、通販ショップを比較して安いショップを選ぶ

と2種類の節約方法があります。

①についてはソフィボディフィットやロリエ肌きれいガードなどがお手頃で質の高いブランドとして評判です。

また②を比較したいときには、上表に書かれているように、同じブランドでもショップ別に比較が可能になります。同じものを買うならやっぱり安いところで買いたいのが人情というもの。こういうサイトを活用して上手く節約に役立てて頂ければと思います。


主要ブランドの特徴比較

これまでに紹介した主要ブランドの特徴を比較してみました。

ソフィの特徴

ソフィ

ソフィは大手消費財メーカー、ユニ・チャームが提供する生理用品のブランドで、10年連続売上No.1の実績を誇っています。どんな時でも輝いていたい、世界中の女の子へ向けて「はばたけ、わたし」というブランドメッセージを届けています。「ソフィ」というブランド名は、「Sophisticated(洗練された)」「Soft-hearted(心の優しい・穏やかな)」という意味が込めてつけられました。

ソフィは以下のサブブランドから構成されています。

  • ソフィはだおもい:生理中の敏感肌に優しい
  • ソフィはだおもい極うすスリム:生理中の敏感肌に優しい
  • ソフィエアfitスリム:新感覚!付けていないような心地よさ
  • ソフィ長時間スリム:スリムなのに長時間吸収
  • ソフィボディフィット:まん中ふっくら安心吸収
  • ソフィ超熟睡ガード:眠る幸せを味わえる多い日でも安心
  • ソフィ超熟睡極上フィット:ゴワゴワしない極上のつけ心地


ロリエの特徴

ロリエ

ロリエは、国内大手メーカー、花王が提供する生理用品のブランドです。寄り添う2枚の月桂樹(ローリエ)の葉をモチーフにして作られたブランドです。古来より勝利者に与えられる冠に用いられてきた月桂樹を使うことで、「すべての女性が、女性であることを誇らしく思ってほしい」という想いをロリエの発売以来変わらず伝えています。ロリエのロゴである濃いグリーンの葉と淡いグリーンの葉は、女性の持つ「強さ」と「優しさ」を空に向かって開く双葉の姿は「女性の生命力の尊さ、自由さ」を表現しています。

ロリエの定番商品スリムガードは、「多い日だって、おしゃれを楽しみたい!」という女性の願いを叶える目的で作られた商品で、これまでの肌キレイガードと比べても2倍の吸収力を持つ商品で、多い日も安心です。

ロリエは以下のサブブランドを展開しています。


エリスの特徴

エリス

エリスは、製紙メーカー大手、大王製紙が提供するブランドの1つです。女性の不安定な数日間をしっかりサポートして、前向きな生き方を応援するためにエリスは生まれてきました。2015年売上ランキングでもエリスブランドの一つである新・素肌感が上位を占めており、また、アットコスメさんが提供するクチコミランキングで生理用品部門で3位に輝くという実績も有しています。

エリスは以下のサブブランドを展開しています。

  • エリス・新・素肌感:やわらかマシュマロシートでつけた瞬間ふわっ、多い日もさらっで快適
  • エリス・メガミ:不快なムレを防ぐ全面通気性バックシート
  • エリス・極吸:瞬間たっぷり吸収。超スリム
  • エリス・朝まで超安心:量が多くても安心しっかり吸収タイプ


ウィスパーの特徴

ウィスパー

ウィスパーは、外資系消費財メーカー、P&Gが展開する生理用品の老舗ブランドです。ウィスパーの生理用品は初潮を迎えた女の子から年齢を重ねた女性まで、幅広い年代の女性を応援しており、ナプキンもライフスタイルに合わせてデザインしています。

ウィスパーは以下のサブブランドを展開しています。

  • ウィスパー・コスモ吸収:吸収・フィット・快適さという3大ニーズを満たした決定版
  • ウィスパー・ピュアはだ:エアドライクッションを採用、不快なベタつきまで3倍吸収
  • ウィスパー・さらふわスリム:空気をたっぷり含んで、つけ心地やわらか
  • ウィスパー・超すっきりスリム:つけていることを感じさせない程、すっきり
  • ウィスパー・やわらか&しっかり吸収:お肌にはりつき感を感じさせない
  • ウィスパー・超朝までガード:横モレ、後ろモレを完全ブロック
  • ウィスパー・立体カーブ:横モレを徹底的にブロック


センターインの特徴

センターイン

センターインは、大手消費財メーカー、ユニチャームが提供する生理用品のブランドの1つで、ソフィはどちらかというとあらゆる女性を対象としているのに対して、センターインはオシャレに感度の高い層をターゲットにしたブランドです。生理中でもおしゃれをして、足取り軽やか気分でHappy♪な毎日を過ごせるように応援するブランドとなっています。特に、ポーチに入れやすい大きさや、見えても恥ずかしくないデザインなどを重視して作られている生理用ナプキンとなっています。

センターインは以下のサブブランドを展開しています。


主要通販ショップのレビュー平均比較

以下は、生理用品のブランド別で検討している主要5大ブランド(ソフィ、ロリエ、エリス、ウィスパー、センターイン)について、それぞれの通販ショップでつけられている5段階のレビューの平均値をとったものです。数字が高いほどレビューが良いことを表しており、4.5以上のレビューがついているものを強調して表示しています。

ソフィボディフィット4.7
センターイン4.6
ウィスパー3.5
ロリエ4.4
ソフィはだおもい4.5
ロリエエフ3.5
エリスメガミ4.2
エリス新素肌感4.6
ウィスパーさらふわスリム3.7
ウィスパーピュアはだ3.7
センターインコンパクト4.6
エリス極吸-
ソフィ超熟睡4.4
ロリエ超吸収4.5

生理用品に関する口コミ比較

スマートショッピングが調べた生理用品に対する口コミをご紹介します。

ソフィボディフィットに関する口コミ

  • 近所のドラッグストアでいつもセールになっているため、毎回まとめ買いしています。ナプキンの不織布もはがしやすく、安いナプキンによくありがちなテープ部分がナプキンから剥がれにくいという事もありません。羽根つきしか使ったことはないのですが、こちらを使ってから横漏れをすることはなくなりましたし、装着後の不快感も特になく夏場でも快適に過ごせます。真ん中の吸収部分が肉厚なので、2日目の多い日に長時間替えることができなくても漏れ出すこともありません。(昼用・羽つき。32歳)
  • かれこれ10年以上ずっと使用しています。コットン100%の謳い文句にあるように、肌触りは良いです。他のブランドのものを使った時は吸収力は優れていましたが肌がチクチク、ピリピリと痛くて不快でした。それからはボディフィットにしていますが、価格も手頃で、質も良く、大変気に入っています。ドラッグストアでよく、2パックセットで安売りしているので、他のメーカーのものに比べて断然手が伸びますし、どんどん使っています。ピンクのパッケージも良いと思います。(昼用・羽つき。30歳)

ソフィボディフィットの価格比較

ロリエに関する口コミ

  • 長くロリエの昼用を使っています。吸収力がかなりいいと思います。ナプキンを取り替える時、経血の戻りがないので不快なくナプキン交換ができます。また羽なしがお気に入りです。羽ありは羽の部分が邪魔になります。羽をショーツに付ける訳でもないので羽ありは羽を折り曲げて使います。表面がさらっとしているのでかぶれる事もありません。ただパッケージがシンプル過ぎて少し物足りないです。もう少しデザイン性があれば使用するときのテンションが上がると思います。(昼用・羽なし。48歳)
  • 値段がとても安いのに吸収が良く、横モレや後ろモレもほとんどなくて安心できます。吸収している時でもサラサラで肌にベタつくこともなく、ムレを気にしなくても良いです。長時間使っている時でもしっかり中の吸収体が固定(プレス)されていて、中だけよじれたり寄ったりしないので、とても良いです。薄すぎるのもあまり好きではないので、厚みがそれなりにあって、ふわふわした感触も少しだけ感じられます。欲を言えばもう少し、後ろが長いと良いと思いました。(昼用・羽つき。44歳)

ロリエの価格比較

ウィスパーに関する口コミ

  • 私は出血の量が多いため、日中も漏れが怖くて夜用を使います。その反面、肌が弱くかぶれやすい体質です。このため、生理中はお尻がかぶれてしまうことが多く、いつもかぶれに悩まされてきました。また、夜用はかさばるため、職場でトイレに行くときにポケットに忍ばせるのが難しく、携帯するにもバッグに入れるにも苦労してきました。初めてウィスパーコスモを目にしたとき、そのスマートさに驚きました。高い吸収力やフィット感をアピールされている点も安心できました。さっそく購入し、日中ずっと付けていましたが、あれほどつらかったお尻のかぶれもなく、漏れの心配もなく、安心して使うことができました。やや割高な商品ですが、価格に見合う素晴らしい商品です。今後もずっと使い続けます。(夜用・羽つき。45歳)
  • 10年ほど前に使ってみましたが全然ダメでした。以前に一度、価格が安くなっていた時に買ってました。その時はウィスパーが生理用品の代名詞だったような感覚があり、信頼されている商品かなとおもっていました。吸収力は割と良かったと思いますが、2日目などの多い日はすぐに蒸れて肌がチクチクして痛かったです。私が肌が弱い方なのでそう感じたのもありますが。デリケートゾーンには全然向いていない質のものでした。それからは一度も使っていません。(昼用・羽なし。30歳)

ウィスパーの価格比較

ウィスパーピュアはだに関する口コミ

  • ゴワつきもなく、多い日でもベタつかない使用感が好きです。生理中の気になる臭いも、しっかりおさえてくれたので、安心して使用できました。また、長時間つけているとかぶれる事もあったのですが、ウィスパーピュアはだは、長時間つけてもかぶれる事がありませんでした。購入のきっかけは、パッケージのデザインが優しかったので、手に取りやすく買いやすかったからという単純なものだったのですが、使用してみて損はありませんでした。(夜用・羽つき。34歳)
  • 私は敏感肌で生理用品によってはかぶれてしまいます。商品によってはかぶれがひどく不快になることも多々あり悩んでいました。「ウィスパーピュアはだ」に変えてからは、真夏の汗を多量にかく時期に使用してもかぶれなどの肌トラブルにあったことがありません。毎日安心して使えます。肌に違和感のないつけ心地が良く、長時間でもつけているのを忘れさせてくれます。値段もお手ごろなので、近所のドラッグストアでまとめて購入しています。(昼用・羽つき。41歳)

ウィスパーピュアはだの価格比較

センターインに関する口コミ

  • 私はセンターインフレグランス多い日の昼用を使用しています。以前は母親の使用しているものを何気なく使用していたのですが、たまたま出先でナプキンを買う時にパッケージがかわいいことと、香りがついていていいなと思い購入しました。実際に使用してみるとふわふわできもちよくとても快適、パッケージもかわいくずぼらな私は持ち運ぶときナプキンをそのまま手で持ってしまうのですがパッと見てもナプキンに見えないので助かっています。(昼用・羽つき。29歳)
  • センターイン「ふわふわタイプ」は肌触りもやさしく、実際肌にやさしいです。名前の通りふわっとしています。よれたりもせず、しっかり吸収してくれるので安心感があります。スリムな物よりも、ちゃんと守ってくれている感じがするので気に入っています。パッケージも可愛らしく、持ち歩く時も万が一ちらっと見えても気にならないかも。柄のパッケージで処分する時も見えにくくなるので、家では勿論外出や旅行時なんかにも使いやすいと思います。(昼用・羽つき。41歳)

センターインの価格比較

センターインコンパクトに関する口コミ

  • 普段は事務仕事をしており、ずっと座っていることが多いのであまりごわごわしたものは避けていましたが、これはスリムで付け心地がよく、あまり邪魔になりません。ずっと座っていると経血が溜まって不意に立ち上がった時などにドバっと出る時がありますが、ちゃんと吸収してくれるのでとても安心してつけていられます。パッケージも可愛くて気に入っており、いいにおいがします。スリムなので、たくさん持ち歩いていても邪魔にならずに便利です。(昼用・羽つき。37歳)
  • センターインコンパクトは持ち歩きに便利なスリムでかわいいパッケージが気に入っています。大きさは普通のセンターインよりも小さいのに吸収力は変わらず、横漏れや後ろ漏れの心配も無いので安心して使えます。外出時にポーチへ5個入れてもかさ張らないのが便利で、以前はトイレに膨らんだポーチを持って行くのが恥ずかしかったのですが解消されました。カラフルなパッケージで大きさが小さいので、突然生理用品が必要になった友達にもあげやすいです。夜用でこの薄さと吸収力は本当に機能的だと思うので、かなり気に入っています。もう手放せません。(夜用・羽つき。37歳)

センターインコンパクトの価格比較

ソフィはだおもいに関する口コミ

  • 今までいろんな生理用品を使ってきましたが、ソフィのはだおもいが一番好きです!理由は、なによりもまず「蒸れない」こと。生理が終わる頃にはいつもデリケートゾーンにかゆみが出ていたんですけど、はだおもいを使い始めてからは全然そういうことも起こりません。あと、「モレにくい」ところもお気に入りのポイント。ギャザーがいい感じに立ち上がってくれるからモレないんですよね。安心して使えるナプキンです。これからもずっとソフィはだおもい、使い続けると思います。正直ファンです。そのくらいお気に入りです。(夜用・羽つき。39歳)
  • ソフィのはだおもいは、とてもソフトな肌触りで肌のことをしっかり考えて作られたナプキンだと思います。他のナプキンは通気性がいまひとつでデリケートゾーンのかゆみが気になったりしていたのですが、このナプキンに変えてからは常に肌がさらっとした感じを維持できるので、かゆみが出たりすることが全くありません。それとこの夜用タイプですが、お尻の方まで届くロング設計なので就寝中の経血の漏れもがっちり食い止めてくれるので安心して熟睡できて助かります。(夜用・羽つき。37歳)

ソフィはだおもいの価格比較

ロリエエフに関する口コミ

  • 産後の悪露が少し落ち着きつつも、でも以前の生理よりも経血量が多いという時に、多い日用のナプキンを探していてこちらを初めて購入してみました。やはり、普段使っているナプキンよりもお値段が少し張るだけあって、吸収力やお肌への負担とさらさら感は格段に違いました。とにかく吸収力は抜群です。そして何と言っても吸収した後、肌へ逆戻りせずナプキンの内部に経血が留まってくれているため、デリケートゾーンは夏場でもさらさら快適です。お値段が若干高いので常時購入するかは考えてしまいますが、やっぱりそれだけの価値はあると思いました。(昼用・羽つき。32歳)
  • 肌がとても弱いので生理用品を使用すると縁の部分が肌に当たってかぶれたり、蒸れからかゆくなって荒れてしまったりと困ることが多かったです。ロリエエフに変えてからは肌触りがそれまで使用していたものより柔らかくてトラブルが減りました。吸収する部分も薄すぎるとモレの不安があったり、分厚いとごわついて動きにくかったりするのですが、ちょうど良い厚みでしっかりと吸収してくれますし、動いてもあまり気になることもありません。(昼用・羽つき。30歳)

ロリエエフの価格比較

エリスメガミに関する口コミ

  • 生理用品を使うと必ず肌がかぶれて不快な思いをすることが多いのですが、高吸水性樹脂などケミカルなものを使用している製品であるためある程度の不快感は仕方がないものだとあきらめていました。ところが、たまたま入手したエリスメガミの試供品を使ってみたところ、非常に使い心地がよく、かぶれの程度も最小限で抑えられました。以後、生理用品はエリスメガミのシリーズを購入していますが、かぶれもなく心なしか生理痛もマシになったような気がします。不快感というストレスがなくなったせいか、生理周期が乱れることもなくなりました。(昼用・羽なし。49歳)
  • いろいろな商品を試しましたが、エリスメガミは、通気性に優れていると感じます。夏場は特に蒸れるのが嫌なのですがさらっとした感じが好きです。通気性が良いだけではなく吸収力も良いと思います。生理中は憂鬱になりますが、肌に苦痛が少なく羽根突きのためヨレにくいので横モレの心配も少ないです。超薄型の商品と比較するとやや厚みがありますが、私は、あまり薄すぎるとずれてしまう感じがしますので丁度いい厚みでナプキンそのものにもハートが書いてあり羽もフリルみたいになっていてかわいい感じで気に入っています。(昼用・羽つき。41歳)

エリスメガミの価格比較

エリス新素肌感に関する口コミ

  • 生理用ナプキンは今まで何を使っても結構かぶれが気になったのですが、エリス新素肌感は驚くほど快適で、その名の通り『素肌』だなと感じました。昼用タイプを使ましたが、仕事中長時間トイレに行けなかった時も不快感を覚えることなく吸収も抜群に良かったです。ところが、あまりにも快適に過ごせたために気づかなかったのですが、帰宅時に自転車に乗ったらついに横漏れしてしまいました。羽つきにしておけば良かったと思います。漏れた不快感も気づかなかったのは、ある意味凄いですよね。エリス新素肌感、今も愛用しています。(昼用・羽なし。48歳)
  • 年齢的に閉経前で経血の量がとても多いのですが、ドロッと経血もしっかりと吸収してくれます。私は生理になるとデリケートゾーンがよくかぶれて痒くなり、肌がただれたようになったりするのですが、その症状もなく肌にやさしい商品だなと感じます。娘も生理が始まり、今は親子で使っているのですが、娘の評判も上々ですよ。「新素肌感」という名前の通り、素肌感覚の着け心地で、ムレも感じず生理の快適に度に、快適に使用しています。(昼用・羽なし。51歳)

エリス新素肌感の価格比較

エリス極吸に関する口コミ

  • 吸収力がとてもあるナプキンです。他社のナプキンだとある程度経血を吸収するとそこからはナプキンの表面に血液が固まってきたりするのですがエリス極吸はそういったことが一切ありません。抜群の吸収力で長時間仕事でトイレに立てないことが多い私でも漏れの心配をすることなく安心して仕事に打ち込めるのでこれ以外のナプキンは考えられません。また吸収性だけでなく肌と密着する部分のサラサラ感サラサラ感も高いのでムレやニオイが気になることもほとんどないのが嬉しいところです。(昼用・羽つき。31歳)
  • この商品は、必ずと言っていいほど、ホームセンターやドラッグストアの特売日の商品として、安く売られているときがあるので、とても経済的で、私のお気に入りで、その時にまとめ買いをしています。お尻に汗をかきやすい暑い夏の日に、量が多い日でも、長時間ずれずに、もれることなく、吸収率がすごいので、愛用しております。手触りも、さらっとしていて、着け心地満点なところが、着けていても負担にならず、とても助かっております。(夜用・羽なし。29歳)  

エリス極吸の価格比較

ソフィ超熟睡に関する口コミ

  • 後ろまでしっかり覆えて漏れが防げるので、生理の日でも寝返りしても大丈夫という安心感があり、血で汚れることを気にすることなくグッスリ眠れます。ムレたりとかいうこともなく、肌にも優しいので、敏感肌の私でも今までこの商品を使用していて肌トラブルは起きたことないです。生理の日特有の不快感が軽減されるので、おすすめです。これだけのボリュームがあるのに、全然ゴワゴワしないところも気に入ってます。これからも使い続けようと思っています。(夜用・羽なし。21歳)
  • 私は生理の最初の日と2日目の量が非常に多いのでこの二日間だけはソフィの超熟睡36センチのロングナプキンを使用しています。このナプキンは真ん中の出っ張りで多量の経血をしっかりと吸収してくれるので横漏れや後ろ漏れなどの心配が一切ありません。寝相が悪いタイプで結構寝返りを頻繁にうったりしていますが、フィット感が高いのでズレたりヨレたりすることも全くありません。特に多い日の夜はソフィの超熟睡があれば自宅でも旅行先でもとにかく安心で心強い味方です。(夜用・羽つき。37歳)

ソフィ超熟睡の価格比較

ロリエ超吸収に関する口コミ

  • 私は量が多いので他の商品では吸収が追い付かず横漏れなどが多かったのですがこの商品は吸収性がとてもよく漏れがありません。他の商品では朝起きたら布団にまで漏れたりしてぃしたがこの商品は寝るときもよく動くのですがずれたり漏れたりがなく朝まで熟睡できます。フィット感もよくごわごわとした違和感もすくないです。他の商品では夏場は蒸れてただれたりしましたがこの商品を使うようになってからは夏場も蒸れることなく助かってます。(夜用・羽つき。28歳)
  • 20代後半に出産しました。少しの間生理の状態が軽い日が続いていたため油断していたのですが、ある日突然ストレスのせいか大量の出血が出たので手持ちの生理用品で対応が出来ず薬局にて購入しました。ロリエさんは普段からよく愛用させていただいておりあまり蒸れずかゆくならないところが気に入っています。今回も悩んでいるのが大量の出血による横漏れ、お尻から漏れることが一番の悩みでしたがこのナプキンを使用させて頂くことによって日常や就寝時の漏れを気にすることなく日常を過ごせることができたので出会えてよかったと思います。(夜用・羽なし。30歳)

ロリエ超吸収の価格比較


生理用品の売れ筋ランキング比較

これまで生理用品比較の重要なポイントに関して述べてきましが、実際にどの商品が人気なのでしょうか?

2015年にカスタマーコミュニケーションズによって発表された、生理用品の売れ筋ランキングがこちら。

「生理用品・用具」の購入個数ランキング

順位 商品 リピート率
1位 エリス 新・素肌感 ふつうー多い日の昼用 羽つき 22枚×2 11.7%
2位 エリス 新・素肌感 ふつうー多い日の昼用 羽なし 30枚×2 13.9%
3位 ソフィ ボディフィット 羽つき 22枚×2 13.3%
4位 エリス 新・素肌感 夜用羽つき 10枚×2 11.7%
5位 ソフィ ボディフィット 羽なし 30枚×2 14.1%
6位 ロリエ 肌キレイガード 羽つき 20.5cm 袋22枚×2 12.4%
7位 ソフィ 超熟睡ガード360 袋12枚 12.2%
8位 ソフィ はだおもい 羽つき 20枚 13.2%
9位 ロリエ 肌キレイガード 羽なし 20.5cm 袋30枚×2 14.8%
10位 エリス 新・素肌感 夜用羽なし 11枚×2 13.1%
出所:カスタマーコミュニケーションズ(2015/7-9)

売れ筋ランキング比較を見ると、ランキング10位以内に4商品もエリス・新素肌感が入っており、人気の商品として輝いています。エリス・新素肌感は、大手紙メーカー大王製紙が提供する自然素材が売りの生理用品で、近年売上No.1に輝きました。

同分析では各生理用品のリピート率も調査・比較しているのですが、ここで高かったのはソフィのボディフィットやはだおもいでした。およそ14%以上のリピート率を叩き出す人気商品となっています。


生理用品の関連記事一覧



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops