まな板おすすめランキングと種類別選び方、お手入れ方法

まな板・カッティングボード

料理をするとき、まな板は欠かせません。どのような家庭にも一つはまな板があるものです。毎日、まな板を使って食材を切っていると思います。

そんな、まな板についての情報をまとめました。まな板は木とプラスチックでどのような違いがあるのか、まな板を手入れするためにはどのような方法があるのかを紹介します

まな板について、詳しいことをあまり知らない方が多いでしょう。日常的に利用しているものであっても、詳細を知らないということは珍しくありません。まな板について関心のある方には、とても興味深い内容となっていることでしょう。

まな板は木とプラスチックどちらがいい?|まな板の選び方

まな板を大きく分けると木製とプラスチック製の2種類があり、それぞれ多くの家庭で使われているものです。このうち木製のまな板には、一枚板と合板の2種類があります。合板というのは複数の木材を使用して造られたものという意味です。

木材のまな板は常に水分を吸収して、乾燥していくを繰り返しています。一枚板では、吸収や乾燥がスムーズに行われますが、合板の場合はそれぞれ使われている木材ごとに吸収や乾燥の仕方は異なってきます。そのため、長く使っていると割れてしまう可能性があります。合板の方が一枚板よりも重くなるという特徴があります。

木製のまな板のメリットは、木材がやわらかいために包丁を使っても刃にあまり負担がかからない点です。また、調理をしている人の腕にも負担があまりかかりません。ただし、木製の場合はしっかりと手入れをする必要があり、手間がかかります

しっかりと洗い、乾燥させる必要があります。まな板に使われる木の種類としては、ひのきやいちょう、とち、柳といったものがあります。豊富な種類の中から選ぶことができます。

まな板は木とプラスチックどちらがいい?|まな板の選び方

一方、プラスチック製のものは木製のものに比べると硬いため、腕や包丁にかかる負担が大きくなってしまいます。しかし、現在はプラスチック製のまな板の方が主流となっています。大きな理由としては、衛生的だからです。プラスチックであれば、漂白剤を使うことができ、しっかりと殺菌できる特徴があります

また、食器乾燥機の中に入れることもできます。このような利便性の高さによって、プラスチック製のまな板は重宝されています。木製のものと比較すると、値段は安いです。色やサイズもさまざまなものが売られているため、幅広い種類の中から選ぶことができます。使い勝手が良く、台所でも保管しやすいです。

どちらにも一長一短があるため、自分にとって都合の良いものを使用しましょう。また、まな板は材質だけではなく、大きさにも注目した方が良いでしょう。使う場所や使い終えたあとに収納する場所について、考えなければいけません。

大きすぎるものは使いにくい場合があります。収納スペースにきちんと納まることも大切でしょう。上記の点を意識しながら、自分に合ったまな板を見つけてください。毎日の料理で重宝するでしょう。

木製だと難しい?まな板のお手入れ

まな板はしっかりと手入れをすることをおすすめします。食材を扱うので、きちんと手入れしておかないと衛生的に問題があります。手入れをしていないまな板を使うことによって、病気になってしまうという可能性もあります。

まず、まな板を使ったなら、できるだけ早くたわしを使ってしっかりと洗いましょう。そして水気をよく拭きとってから、しっかりと乾燥させてください。塩をすりこんでから水洗いをすると殺菌効果が期待できます。研磨剤を使うのも良いでしょう。研磨剤によって、気になる汚れを落とすことができます。

洗ったあとには熱湯をかけるのが効果的です。熱湯をかけることにより、消毒効果が期待できます。雑菌やカビが繁殖してしまうのを防ぐことができるでしょう。ただし、タンパク質の汚れがあると、それが熱湯によって凝固してしまいます。そのため、熱湯をかけるまえにしっかりと洗い流しておくことが大切です。

木製のまな板は、食器乾燥機を使わない方が良いでしょう。乾燥しすぎてしまい、割れや反りが起きてしまう可能性があるからです。まな板を乾燥させるときは、風通しが良い場所を選びましょう。日光消毒をするのもおすすめですが、木製のまな板に日光を長時間当てると反りや割れが発生してしまいます。

木製だと難しい?まな板のお手入れ

まな板の手入れをしないと、ヒビ割れしてしまうことがあります。湿気や乾燥が原因となることが多いからです。反りが出てしまったり、亀裂が生じてしまうこともあります。これらはしっかりと手入れをしていれば避けることができます。まな板のトラブルはできるだけ避けるようにしましょう。特に木製はトラブルが起きやすいです。

まな板に重曹をすりこんで時間をおくと、殺菌効果を期待することができます。漂白剤を使うことができない木製のまな板に有効な方法でしょう。重曹であれば、安全に使えます。

木製の場合は、表面を削ってしまうという方法もあります。黒ずみや傷が気になってしまうなら、かんなを使って削ってしまうこともできます。削ることによって、長く使い続けられるようになるでしょう。かんなは自宅で気軽に使えるような小型のものが売られています。まな板の手入れのために買ってみても良いでしょう。

以上の方法を参考にしながら、まな板の手入れに真剣に取り組んでみてください。まな板はどんな家庭でも使う大事なものなので、大切に扱いましょう。

まな板おすすめランキング

5. トンボ スタンド付抗菌まな板 ワイド(1枚入)

「トンボ スタンド付抗菌まな板 ワイド(1枚入)」は設立33年、プラスチック家庭用品の製造販売を中心におこなっている新輝合成株式会社から発売されている、抗菌加工されたまな板です。

本品は日本で製造されており、まな板の部分にはポリエチレンを使用し、スタンド部分にはポリプロピレンが使われています。全体的なカラーは清潔感のあるホワイトですがスタンドの部分はピンクのほかにグリーンのタイプもあります。

まな板の収納場所に困っている方におすすめの便利なスタンド付まな板です。まな板とスタンドは別々に購入されることが多かったと思いますが本品は、まな板とスタンドが一体になっており省スペースに保管することができます。スタンドの使用法はスタンド部分の溝の部分に指を入れてくるっとまわすだけ。とても簡単にスタイリッシュに立てることができます。さらにまな板の表面には表裏の使い分けができるように便利な魚と野菜のイラスト付きで、魚など匂いのつきやすいものと野菜やフルーツを別の面で切ることができます。

サイズは幅35cm×奥行26cm×厚み1.3cm、本体重量は1.012kgで、家庭用の調理の際に使うのにはちょうどいい大きさです。


4. ラストロ ノンスリップまな板シートS うら側すべり止め加工 ホワイト 袋1枚

ラストロ ノンスリップまな板シートS うら側すべり止め加工 ホワイト 袋1枚
¥540/個
69%安
¥540 Amazon(アマゾン)

「ラストロ ノンスリップまな板シートS うら側すべり止め加工 ホワイト 袋1枚」は創業1934年、プラスチック家庭日用品の製造販売をおこなう岩崎工業株式会社から発売されている、まな板シートです。

独自の水回り用品、風呂用品、清掃用品、キッチン用品を展開する「ラストロウェアブランド」は1968年にスタートしました。

本品のサイズは約210mmX300mm、厚さ2mmのカッティングボードです。シート状ですが厚さがあるため、包丁を使用中でも安定感を得ることができます。また、普段使っているまな板の上にカバーとして乗せて使用することもできます。さらに表面はポリエチレン、裏面はEVA素材が使用されており、濡れた場所でも使いやすいスベリ止めが付いています。また使用後はカーブ形状のため、立てかけたときに水切れが良くお手入れも簡単です。本品はフレキシブルに曲げても使えるのもポイントで、カットした食材をそのまま運んでフライパンや鍋に入れることができます。色はホワイトのほか、ピンク、グリーン、オレンジから選べます。室内用として使えるのはもちろん、持ち運びにコンパクトで便利なためアウトドアでの料理に大活躍します。


3. ジョゼフジョゼフ スライス&シャープン ラージ ブラック 600285(1コ入)

ジョゼフジョゼフ スライス&シャープン ラージ ブラック 600285(1コ入)
¥3512/個
¥3,512 Amazon(アマゾン)
¥3,743 ケンコーコム

「ジョゼフジョゼフ スライス&シャープン ラージ ブラック 600285(1コ入)」は2015年設立JosephJoseph(ジョゼフジョゼフ)株式会社から発売されている画期的な、まな板です。

包丁研ぎ器とカッティングボードが一体化した、機能性の高いまな板はキッチンスペースを有効に使うことができる新しいスタイル。思い立ったらすぐに包丁を使う直前に研げるため、いちいち包丁研ぎ器を出してセットする必要がありません。ポリプロピレンで作られた、まな板に高品質のセラミック製包丁研ぎ器を搭載。かさばらないため収納にも便利です。まな板のフチには安心して研いだり切ったりできる滑り止めのラバーが付いています。

急いでいるときも手軽に包丁を研ぐことができるため、忙しい方にもおすすめのカッティングボードです。

本品の大きさはラージタイプでサイズが370mm×280mm×10mmですが、スモールサイズも販売されています。カラーはブラックのほかにグリーン、レッド。キッチンに合わせて選ぶことができます。耐熱温度は110度までのため、食器洗浄乾燥機を使用することができます。なお、包丁研ぎ器にはセラミック刃、鋸刃、片刃は使用できません。


2. トンボ スウィーツパレット S Nピンク 1枚

トンボ スウィーツパレット S Nピンク 1枚
¥851/個
52%安
¥851 Amazon(アマゾン)

「トンボ スウィーツパレット S Nピンク 1枚」は設立33年、プラスチック家庭用品の製造販売を中心におこなっている新輝合成株式会社から発売されている、薄型まな板です。

素材ポリプロピレンを使用。本品のサイズは幅21cm×奥行21cm×高さ0.5cm、本体重量は0.197kg。お手軽サイズで、ちょっとだけカットしたい食材がある場合やアウトドアにも持ち運びしやすいコンパクトな、まな板です。また軽量でありながら適度な厚みがあるので、安定して使えるのもポイントです。

色合いは、テーブルの上に置きカッティングボードとして使うのにもぴったりなスイーツカラーの鮮やかなピンク。もちろん両面とも使用可能なので、肉を切った後あとに、裏面では野菜を切るといった使い分けをすることもできます。家庭用サイズのまな板の上に本品を敷いて使えば、トレー代わりに切った食材をフライパンなどに移し替える際にも便利です。

ISO22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会からSIAAマーク取得した製品です。お手入れする場合は塩素系漂白剤も使用できます。耐熱温度は80度ですが火のそばに置くことはできませんのでご注意ください。


1. エピキュリアン カッティングボード M ナチュラル(1枚入)

エピキュリアン カッティングボード M ナチュラル(1枚入)
115円お得
¥2907/個
¥2,907 ヨドバシカメラ
¥3,529 ケンコーコム
他1ショップ

「エピキュリアン カッティングボード M ナチュラル(1枚入)」は設立昭和24年、輸入調理器具・輸入調理小物・輸入家電などを取り扱う株式会社ワイ・ヨットが販売しているエピキュリアンのカッティングボードです。

美食を追及する人々の総称である、エピキュリアンというブランドは自然環境の保護に配慮したものづくりをおこなっています。天然木の繊維を合成した素材を使用し機能性だけでなくデザイン性にも優れています。キッチンをスタイリッシュにしてくれるため世界中で愛されており、レストランやカフェなど業務用にも使われています。

本品はサイズが29.0cm×22.7cm×厚み0.6cm、本体重量は470gのMサイズです。こちらのシリーズはナチュラルカラーのほかブラックも販売されており、サイズもMサイズからLLサイズが揃っています。ケーキのカット用、野菜のカット用、肉や魚のカット用など大きさで分けて複数を購入しておくのがおすすめです。

製造はアメリカ合衆国でおこなわれており、天然木の繊維を使用しているため、耐久性に優れ包丁の刃にやさしいカッティングボードに仕上がっています。非多孔性の表面のため水分や細菌が侵入しにくいので清潔に保つことができます。


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。