はかりを使ってダイエット?!おすすめ紹介も

キッチンではいろんなアイテムを使用して調理を行うものですが、繊細な料理を作る際に誤差を生じさせないために活用されるのがはかりです。はかりは食材の重さを計量することができるアイテムです。以前ではアナログタイプが主流でしたが、最近では自動で計量を行ってくれるデジタルタイプが主流となってきています。どちらにしても正しい使い方を習得して活用すれば正確に食材の重さを量ることができます。はかりは色んな商品がありますが、その種類とはどういったものでしょうか。またはかりの正確な利用方法とはどういったものでしょうか。さらにダイエットに役立つはかりの使い方など、はかりに関する役立つ情報についてお伝えしたいと思います。

はかりにはどんな種類があるの?

料理を作る際には場合によって細かく計量しないと微妙に味が違ってしまうこともあります。そのためレシピ通りに計量すればきちんと料理ができるものです。キッチンで使用する計量のためのアイテムというとはかりでしょう。今ではいろんなタイプが販売されていますが、種類も豊富にあります。まだはかりを購入したことがない方はまず種類を理解し、そこでどういった特徴があるのかを知っておくと自分に合った商品を見つけやすくなるものです。

はかりは大きく分類するとアナログタイプとデジタルタイプがあります。アナログタイプは電池を必要としないため、万が一の停電の際や、電池切れのときなどでも使用することができます。アナログタイプは最大で計量できる単位が異なります。例えば1キロが最大の計量の数値になっているもの、2キロまで計量できるものなど違いがあります。それぞれでどの数値まで計量できるのがいいのかについてですが、一般に料理をする際には2キロまで計量できれば大体の料理に対応することができます。またアナログの場合、形や色などが異なっています。そのため選択の際には自分の好みで選択をしていくといいでしょう。

デジタルに関しては電池を使用することが多く、コストがかかる点を理解しなければなりません。デジタルに関するメリットとしては細かい数値まで正確に計量できるという点です。料理の中でもケーキなどスイーツを作る際には細かい数値まで計量しないとおいしく仕上げることができませんが、調理の際にデジタルタイプのはかりを使用することで失敗を防止することができます。デジタルタイプでは計量できる数値の最大がそれぞれ商品によって異なっています。1キロや2キロまで計量できるタイプ、また5キロまで計量できるタイプもあります。またデジタルでは細かい数値まで計量できるため、0.01gまでの数値を出すことができるタイプまで登場しています。用途によって求める数値は異なりますが、一般的な家庭では0.01gまでの数値はこだわらなくてもいいでしょう。それよりも数値が見やすいかどうかを選択の目安にした方がいいでしょう。商品はそれぞれ数値を出す部分の大きさや色などが異なっています。大きい数値の方が便利だという方は結構多いものです。また同時に掃除がしやすいタイプ、防水機能があるタイプなど、商品で特徴が微妙に違います。キッチンで安心して使いたい場合は防水機能があるととても便利です。

はかりの使い方が知りたい!

はかりを家庭に置いていない方は正確な使い方がわからないことでしょう。しかしきちんとした使い方を覚えておくと間違った計測をしないようになるので安心ですし、誤差のために料理の仕上がりがおかしくなることを避けることができます。

まずアナログについてですが、アナログの場合場合によっては最初の数値が若干プラスやマイナスを指していることがあります。正しい状態ではゼロを指すものですが、ずれていることもあります。そのため料理をする前には最初に目盛りがゼロを指しているかどうかを必ず確認するようにしましょう。また何か不純物がはかりの皿の部分に付着しているとプラスを最初に指すことがあります。そのため定期的に皿の部分は洗浄をしてきれいにしておくことが大切です。最初の状態でゼロを指しているかどうかを確認し、それから使用をしていきます。使用する際には皿やボールなどの中に量りたい食材を入れてから計量するようにしましょう。そして計量をしたら入れた皿やボールを計量し、その分をマイナスして食材の重さを確認します。アナログの場合、皿の部分が何かに触れていると計量で誤差を生じることが多くあります。そのため皿の周辺に何もないことを確認してから計量をすることが大切です。アナログはこのようにちょっとしたことで誤差を生じさせてしまいます。

デジタルの場合には一般的に最初の状態でゼロ以外の数値を出すことはないものです。ただ電池切れを起こしていることがあるので、電池が切れていないかどうかを使用する前にチェックしておくことが大切です。また食材を置く皿の部分に不純物などがアナログと同じように付着していると間違った数値を出してしまうことがあるので、デジタルのはかりの場合でも皿の部分は常に掃除をしておくことが大切です。デジタルの場合、電源を入れて食材を皿の上に置けば数値が画面に出てきます。食材は皿やボールの中に入れてから計量を行います。またその次に使用した皿やボールを計量し、全体の重さから引いて最終的な食材の重さを出します。この点についてはアナログと同じとなっています。最近のデジタルのはかりの中には、袋などの中に食材を入れた全体から風袋の重さを引いた数値を出してくれるような機能を持った商品が登場してきています。風袋の重さはとても微妙ですが、その重さを自分で引くのは面倒なものです。袋などを食材に入れて保存する方などはこのタイプを使用すると計量がとても簡単になって便利です。

はかりを使ってダイエット?!

はかりは微妙な重さを量ることができるため、正確に食材の重さを量って料理をしなければならない時にはとても重宝します。同時にダイエット中の方にとっても積極的に使用をお勧めしたいキッチンアイテムとなっています。はかりを使ってダイエットに役立たせることができますが、具体的にはどうやって行っていったらいいのでしょうか。

まずダイエットではカロリー計算をしっかりと行わなければなりません。ご飯を食べすぎるとすぐに太ってしまうという方は必ずご飯を食べる前にはかりで重さを計量してからにすることをお勧めします。そうすれば余計なカロリーを摂取することもありませんし、毎回同じ分量のご飯を食べるので、体にそのご飯の量を覚えさせてリズムを作ることができます。毎回同じ量のご飯を食べるということはダイエットを行っていく上でとても重要なことです。体は毎回同じ分量のご飯を食べるようになるときちんとそれを燃焼するようになっていきます。そのため体内で燃え残る心配もなくなり、太りにくい体質に変えていくことができるのです。ですからご飯を食べるだけで太ってしまうという方は最初に計量をして毎回同じ分量のご飯を食べるように心掛けていくといいでしょう。

人によっては水分の代謝が悪いという方もいることでしょう。腎臓の機能が衰えていたり、水分の摂取量が多いと水分の排出がうまくいかず、細胞が水で膨らんでむくんで見えてしまうことが多くあります。そういった体質の方はダイエットを行う際にはかりで飲み水の量を計量してからにすると体質を徐々に改善していくことができます。人は尿や汗などによって水分を排出します。その合計の水分量を超えて体内に取り入れていくと水太りを引き起こしてしまいます。ですから余分な水分を体内に入れないようにすれば水分代謝も上手に行われていき、水太りを解消させていくことができます。普段から大量の水分を摂取している方は水分を摂る前に飲む水の量を計量していき、上限を超えて水分を摂らないようにしていくようにしましょう。はかりを使えば上限を超えて水分摂取をすることがなくなります。さらに野菜もたっぷりとダイエット中でも食べたいものですが、場合によっては水分の過剰摂取になってしまいます。野菜はほとんどが水分なので多く食べてしまうとむくみやすい方はより太ってしまいます。ですから水太りしやすい方の場合、野菜を摂取する前にはかりで計量しておくことで余分な水分を摂る心配もなくなるので安心です。

はかりのおすすめ

5位: 貝印 wellness 計量カップ 500ml

貝印 wellness 計量カップ 500ml
¥539/個
81%安

4位: ドリテック デジタル計量カップファリーヌ 1kg ピンク 箱1個

ドリテック デジタル計量カップファリーヌ 1kg ピンク 箱1個
¥1993/個

3位: タニタ デジタルクッキングスケール KD‐184N‐WT 立ててすっきり収納 箱1個

タニタ デジタルクッキングスケール KD‐184N‐WT 立ててすっきり収納 箱1個
¥1710/個
40%安
¥1,710 ヨドバシカメラ
¥1,727 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

2位: 貝印 SELECT100 計量スプーン 1組

貝印 SELECT100 計量スプーン 1組
182円お得
¥1161/個
59%安
¥1,161 ヨドバシカメラ
¥1,173 Amazon(アマゾン)
他3ショップ

1位: マーナ スミまですくえる計量スプーン レッド 1個

マーナ スミまですくえる計量スプーン レッド 1個
66円お得
¥190/個
93%安
¥190 Amazon(アマゾン)
¥356 ケンコーコム
他1ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。