油引きの使い方やお手入れ方法は?おすすめ紹介も

ホットプレートであったり、鉄の調理道具、鉄板などを使った料理を作るときに、あると便利なキッチングッズのひとつが、油引きです。油引きは持ち手と刷毛部分で成り立っている商品で、とても広い面で使ったり、でこぼこした場所に均一に油を塗りたい、もしくは、油を塗りたい部分にピンポイントに使いたい、といったケースに大変重宝します。便利ときいたので油引きを購入したいけれども、どんな風に使うと便利なのか、手入れ方法を知っておきたいという方もいらっしゃると思います。油引きにはどのような種類があるのか、また、油引きを使った後、行っておきたい手入れの具体的な方法や、知っておくと便利な使い方、収納方法などをご紹介いたします。

油引きの使い方は?

一家にひとつあると、なにかと便利なキッチングッズのひとつが油引きです。油引きは特に、たこやきやお好み焼き、クレープなど、ホットプレートを使った料理やお菓子作りを頻繁に行うご家庭には欠かせません。特にたこ焼きの場合は、タコ焼き機の丸いカーブに沿って油をひとつひとつ均一に塗るのは大変むつかしいので、油引きが大活躍します。知っておきたい、油引きの使い方をご紹介いたします。

油引きをまったく初めて使う際には、ハケの毛がけば立ったリ、ぽろぽろと抜けることがあります。使用するに際し、ケバがあっても特段問題はありませんが気になる場合いは、いきなり使わずに、少ししごくようにしてなじませてみましょう。

フライパンなどで行うように、油引きは最初に油でなじませたりする必要があるのかどうか、不安に思う方もいらっしゃいますが、実際のところは必要がありません。油引きと専用の容器がセットになっているタイプの商品を利用すると、使った後、置く場所に困ることがなく便利ですし、衛生的です。

油引きの種類は、一般的に販売されているものは、片手で握れるサイズが多いですが、業務用の油引きなどでは、大きさのラインナップが複数あり、選べるようになっています。中には、小判という、刷毛の部分が横に大きく広がっていて、大きすぎてたこ焼きには向いていないものもあります。通販などで購入する際は、お手持ちのたこ焼き用の鉄板の穴の直径サイズに合ったものを選ぶようにしましょう。

油引きは、刷毛の部分と柄の部分、ふたつに分かれています。柄が短いものは収納も簡単で使いやすいのですが、ガスコンロなどを使う際に、熱く感じるものもありますので、気になる方は長い柄の油引きを使いましょう。

使う場合のコツは、油引きを上から少し押さえつけるようにして引いていくと、油が良く伸びて引きやすくなります。油引きの種類によっては、中にスプリングが入っていて、油を引く量が自分で調整できるようになっています。たこ焼きの場合は、穴の部分だけではなく、平らになっている部分にもまんべんなく塗っていくようにするのがコツです。

また、油引きを使う際の注意点としては、ガスコンロなど、直火のすぐそばには放置しないようにしましょう。刷毛に油が浸みこんでいますので、引火の可能性があり、大変危険です。また、容器が変形してしまったり、やけどのおそれもありますので、熱い油は使わないようにしましょう。

油引きを手作りしてみよう!

便利な調理グッズのひとつ、油引きは実は家庭にあるもので、簡単に作ることができます。ほしいと思っているものの、年に数回だけしか使わないから、と、なかなか購入するきっかけがなかったり、油引きの手入れが良く分からない、もしくは油を使った後の保管方法に自信がないという方は、手作りの油引きで、ホットプレート料理やたこ焼きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

油引きを作る方法のひとつが、フィルムケースを利用する方法です。長年暮らしているご家庭ですと、もう使わない、使っていないフィルムケースがあるのではないでしょうか。このフィルムケースを柄の部分に見立てて油引きを作ってみましょう。作り方は簡単、フィルムケースの蓋を開けて、不要なタオルをギュッと詰め込むだけであっという間に完成です。簡単にできる上、油を引いたタオル部分のみを交換していけば、ずっと使えるというのもポイントです。

もう一つの方法が、キッチンペーパーを使って作る方法です。どのご家庭にもあると思われるキッチンペーパーは非常に応用がきくグッズのひとつです。キッチンペーパーを使った油引きも数種類のバリエーションで作ることが可能です。

まず準備をするのものは、キッチンペーパーと、割りばしです。キッチンペーパーを半分か3つ折りに折りたたみ、割りばしに挟んで端っこを止め、くるくると丸めるように巻いていくだけで完成です。巻く厚みは、使いたい鉄板やホットプレートなどに合わせて調整が可能で、使い捨てできます。どちらかと言うと、平たい面に向いている油引きとなります。あっという間に、いくつも作れるので、子どもたち一人一人が油を引いてお手伝いをできる、というのもポイントです。

もう少し本格的にしたい場合には、キッチンペーパーと割りばしに加えて、糸を使う方法もあります。糸はあらかじめ50センチほどに切っておきます。割りばしの太い部分の方に、くるくるとキッチンペーパーを巻いていき、まん丸い形にしていきます。巻き終わったら、端っこを糸できつく縛ります。余った糸を切り落として完成です。キッチンペーパーをまん丸い形にすることで、お持ちのタコ焼き用の鉄板の穴にぴったりのオーダーメイドの油引きを作ることが可能です。割りばしではなく、長い菜箸などを使うことも可能ですが、塗り箸を使うとすべりやすいので木の箸をつかうようにしましょう。こちらも、キッチンペーパーがあれば簡単に作ることができますので、お子様と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

油引きのお手入れ方法は?

たこ焼きを作るのに欠かせないキッチングッズの油引きはあると便利な道具ですが、気になるのはお手入れの方法です。毎日使うものではなく、ご家庭によっては1年に数回といった頻度でしか使わないため、刷毛に付いた油が劣化して悪くなって臭いがするかもしれない、油がべたべたしてしまうことが気になる、という方もいらっしゃると思います。知っておきたい油引きのお手入れ方法をご紹介いたします。

たこ焼きなどで使った後、刷毛の部分は、食器用洗剤とスポンジを使って、丁寧に洗うようにしましょう。十分に乾かしておくことで、臭いなども気にならなくなります。お湯に洗剤を入れ、付け置きをして、冷めるまでそのままにしておいた後に洗うと、さらに汚れが落ちやすく、長持ちがします。注意点としては、食器洗い機であったり、食器乾燥機などは使わないように気を付けましょう。

商品によっては、刷毛の部分が分解でき、取り替えられるようになっています。油引きの柄の中は空洞になっているので、上から押し出すことで、簡単に刷毛部分を取り出すことができます。分離できるタイプはお手入れも簡単ですし、古くなったと感じたら、スペアを購入して取り替えることで、衛生的に使うことができます。スペアは替糸という名前で発売されています。

関西地方で売られている油引きのセットには、ビー玉が一緒に入っているものがあります。実は、お好み焼き屋さんなどのプロ仕様の油引きには、刷毛の部分を収納する油壷の部分にはビー玉が入っていることが多いのです。ビー玉を入れることで、油引きの刷毛がべたべたになることを防ぎ、刷毛についてしまう焦げたカスを落とすという効果があるのです。

もっとお手入れを簡単にしたい、と思われる方には、シリコン製の刷毛を使った油引きを使うことがおすすめです。シリコンですので、油でべたべたすることもなく、丸洗いができるのが特徴です。ばね式のものであれば、手を汚すこともなく使えて、量の調整もでき、さらにいつも新しい油を使うことができます。油引きの刷毛は綿を使っていることが多いため、熱すぎる鉄板やグリルなどにはあまり向いていませんが、シリコンであれば問題なく使用することができます。さらに、ソースやケチャップなどを塗るといった応用も可能です。食事制限などで、油を控える必要がある方にも、薄く油を塗れるため、料理をするのにぴったりの商品として、口コミで広がっています。

油引きのおすすめ

7. トルネ シリコン油ひき シンプル PK

トルネ シリコン油ひき シンプル PK
¥324/個
38%安
¥324 Amazon(アマゾン)

6. トルネ シリコン油ひき きのこ

トルネ シリコン油ひき きのこ
¥648/個
¥648 Amazon(アマゾン)

5. レック Kitchenex 油ひき棒 K399

レック Kitchenex 油ひき棒 K399
40円お得
¥117/個
77%安
¥117 ヨドバシカメラ
¥157 爽快ドラッグ
他1ショップ

4. アスベル フォルマ ワンプッシュ油引き 60ml 箱1個


3. トルネ シリコン油ひき リーフ 1個

トルネ シリコン油ひき リーフ 1個
¥553/個
¥553 ヨドバシカメラ
¥559 Amazon(アマゾン)

2. アーネスト 刷毛が洗える油ひき 1個

アーネスト 刷毛が洗える油ひき 1個
¥1354/個
¥1,354 Amazon(アマゾン)
¥1,367 爽快ドラッグ
他1ショップ

1. レック Kitchenex 油ひき K397

レック Kitchenex 油ひき K397
¥245/個
53%安
¥245 ヨドバシカメラ
¥304 ケンコーコム
他2ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。