泡立て器おすすめランキングと使い方のコツほか

お菓子作りや料理に役立つ泡立て器。調理器具のなかでもメジャーですが、実はたくさんの種類があることをご存知ですか。数ある泡立て器の中でのおすすめランキングをご紹介します。また用途別での選び方も紹介します。泡だて器の用途には泡立て、撹拌、混合の3つがあります。用途に合った泡立て器を選ぶことで、より作業がスムーズになります。中にはある用途に特化して作られている泡立て器もあるため、種類選びは重要です。ランキングと合わせて最適な泡立て器を見つけてください。

また使い方のコツも用途に合わせてご紹介します。3つの用途の中でも泡立ては特に使い慣れないと苦労します。用途に合った使い方を知って、ストレスなく泡立て器を利用しましょう。

泡立て器にはどんな種類が?

実は泡立て器にはたくさんの種類があることをご存知ですか。そもそも泡立て器が活用される場面は、泡立て、撹拌、混合と様々です。それぞれのシーンに合わせ、且つ混ぜる素材に合わせてたくさんの種類があるのです。

まず大きく分けて自動か手動かが選べます。自動泡立て器のハンドミキサーはどちらかというと撹拌に向いています。泡立てに利用すると時間としては手動と変わらないこともありますが、労力の面では非常に優秀です。少し硬いバターでも簡単に撹拌することが出来るため、お菓子作りに向いています。ハンドミキササーでも先端に装着するワイヤー部分の形や太さによっては違う用途でも力を発揮することがあります。手動では、素材と目的に合わせてたくさんの種類が用意されています。

まず紹介するのがノーマルタイプです。一般的な家庭に多いのは複数本のワイヤーがてっぺんでクロスしている形です。これは泡立てと混合に特化している形です。そのノーマルタイプの中でも、ワイヤーの太さや本数によって得意とする分野は異なります。例えばワイヤーが太く少ないものはまだ固いバターなどを練るのに利用されます。他にも泡立ちをよくするために、ワイヤーを丸めたボールが泡だて器のワイヤーの中にいるワイヤーボール入りや、ソースやドレッシング用に軸が触れないよう、輪の先端を輪っかで囲っているタイプのものもあります。

形が似ているものでスプリング式の泡立て器があります。かき混ぜるものに対して垂直に持ち、柄の部分を下に押し込むと、スプリングが回転し、一気に混ぜあわせてくれます。上下運動させるだけなのでノーマルタイプと比べると労力がかかりません。ただ泡立てのスピードはノーマルタイプと同じぐらいで、撹拌には向いていません。

ノーマルタイプの形でワイヤー部分に導線を巻き付けたコイル式泡立て器も形が似ており、スプリング式も用意されています。ワイヤーに比べ上部なため、混ざるスピードも若干早くなります。

変わり種なのが、半自動な回転式泡立て器です。ハンドミキサー撹拌器部分に似たものを手動で回転させ、泡立てます。手押し車のように手で回転させるため、多少は楽なものの労力は必要となります。もったりとした重い生地の混合に向いています。

そのほかにも最近ではボウルとの接触音を減らすためにシリコンで作られた泡立て器も用意されていたり、持ち手の部分が木製のものなど素材も合わせると実に多くの種類の泡立て器があります。

用途別!泡立て器の選び方とは

泡立て器の用途は大きく3つあります。撹拌、混合、泡立てです。それぞれに合わせた選び方を紹介します。

まず一番用途として多いのが泡立てかと思います。泡立てで重要なのはいかに素材に空気を入れ込めるかになるため、できるだけ多くの生地を一度に持ち上げられる泡立て器を選ぶ必要があります。

選ばれやすく使いやすい泡立て器としてはノーマルタイプ、自動タイプのハンドミキサーになるでしょう。

ノーマルタイプであれば、できるだけワイヤーが細く、かつ本数が多いものが最適といえます。また根気のいる作業でもあるので、できるだけ持ち手が持ちやすいものを選ぶと良いでしょう。木製は劣化が早いため金属や、シリコンのような熱の伝わりにくい素材のものも泡立ちが早くなります。またワイヤーボール入りはノーマルタイプの中でも特に泡立てに向いています。時間も短縮できる代物です。泡立て以外の用途では邪魔になることも多いため、泡立てをメインで利用する場合はワイヤーボール入りが良いでしょう。自動のハンドミキサーも簡単な泡立てであれば活躍してくれます。その際はできるだけ細いワイヤーのものに付けかえることでより作業効率が上がります。

次に撹拌です。撹拌は固いものを柔らかく崩していくことを言います。具体的には溶けきっていないバターを混ぜ合わせる際などに撹拌と呼びます。どちらかというと潰す要素が強くなるため、ワイヤー部分が太く頑丈なことが重要です。ワイヤーの本数は少なくてもかまいません。力のいる作業になるので、基本的には自動のハンドミキサーを利用します。バターなどよりも固い素材を混ぜ合わせる際は撹拌器と呼ばれるハンドミキサーの使用が必要となります。

最後に混合です。混合は基本的にはノーマルタイプ、プッシュ型、回転式などどの泡立て器でも利用できます。ドレッシングなどできるだけ泡を立てずに混合したいものに関してはワイヤーの先端を円で囲っている軸がぶれにくいものを選ぶ必要があります。小麦粉と卵など素材同士を混ぜ合わせる場合などは泡立てに比べて負荷がかかりやすいため、あまり細いワイヤーだと混合しにくいことがあるため、注意が必要です。またワイヤー同士の隙間が大きいと、混ざり切っていない生地がワイヤー内に貯まってしまい、混ざり切らない原因にもなるため、できるだけワイヤー同士の隙間が大きくないものを選択しましょう。

用途ももちろんですが、対象となる素材や、混ぜ合わせる場所によっても選ぶべき泡だて器は異なります。固い素材を熱した鍋などで撹拌する作業など専門の泡だて器がないと危ないこともあります。

泡立て器の使い方のコツ!

泡だて器の使い方のコツをご紹介します。まずは慣れていないと苦労することの多い泡立てから紹介します。泡立てのコツはできるだけ泡立てたい素材に空気を入れ込むことです。使い方のコツとしては、素材に対して垂直ではなく少し斜めにして泡立て器を使います。ボウルであれば底に泡立て器を当て、下と上を入れ替えるイメージで泡立て器を動かします。

卵の白身など素材が軽く、細かい泡が必要になるものであれば手首を利用して細かく泡立て器を動かした方が泡立ちが早いです。

反対に生クリームといった少し重い素材を泡立たせる場合は肘から下を利用して、大きく動かすことで泡立ちが早くなります。

電動を利用する倍も底と上を入れ替え、空気が入るようにします。ハンドミキサー自体を動かすのではなく、ボウルを傾け、うまく素材が入れ替わる位置で固定することで泡立ちが早くなります。気を付けたいのが、強さの調節です。ある程度泡立ったものに泡立っていない状況と同じ強さを当て続けるのは泡を壊すことにも繋がります。徐々に弱めていくことや仕上げは手動など、綺麗に泡立ちを作りたい時は工夫が必要です。

また泡立てをうまくするポイントはボウルなどの容器選びも関係しています。素材によっては汚れがあると全く泡立たないものなどもあるため、ボウルを綺麗にしておくことや、冷やすと泡立ちやすい場合は金属のボウルを利用するなど、泡立ちやすい環境を整えてあげることも大切です。

撹拌を行うときのコツとしてはできるだけ潰すということを意識することです。泡だて器での撹拌で苦労するのは、ワイヤーが柔らかいと力が入れにくくなかなか形が崩れないことと、ワイヤーの中に潰した素材が入り込んでしまい取れないことが多いです。そのためできるだけ力が伝わりやすい泡立て器を利用し、事前にある程度柔らかくできる素材はしておくということが大前提となります。泡立て器を利用する際は、潰してすり合わせることを意識して、ボウルに泡立て器を充てながら、ゆっくりと混ぜていく必要があります。垂直に立て、回してしまうとワイヤ―内に入り込んでしまう為、撹拌の際も斜めに持ち利用すると良いでしょう。ハンドミキサーがある場合は、ゆっくり大きく動かして素材をすり合わせるようにしていきます。

最後に混合です。混合は混ぜ合わせるものによってコツが変わります。泡が立たないように混ぜる必要があるものに関しては垂直に泡立て器を持ちます。ドレッシングのような軽い素材同士であればできるだけ細かく手首を使い混ぜます。重たい素材の場合は、基本は垂直で大きく動かします。素材が沈殿していることも多いため、たまに斜めに持ち替えて底からの混ぜ合わせも行うようにしましょう。

泡立て器おすすめランキング

5位: パール金属 18‐8共柄泡立30cm R10517

4位: 大和 NEWシリコン 泡立て器 グリーン 1本

大和 NEWシリコン 泡立て器 グリーン 1本
¥1094/個

3位: パール金属 18‐8共柄泡立36cm R10519

パール金属 18‐8共柄泡立36cm R10519
¥1730/個

2位: ワンポット お米もとげる泡立 アイビーグリーン

ワンポット お米もとげる泡立 アイビーグリーン
134円お得
¥320/個
54%安

1位: ニュートレンド 泡立 G4799

ニュートレンド 泡立 G4799
97円お得
¥295/個
58%安
¥295 爽快ドラッグ
¥320 ヨドバシカメラ
他1ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。