スライサーの使い方のコツは?おすすめランキングほか

野菜の細切りや千切りなど包丁では少し手間のかかる作業を簡単にできるスライサー。刃を入れ替えれば使い方が広がるタイプや、下し器がついているものなど、種類が豊富です。

ここではおすすめのスライサーを紹介します。またスライサーの種類に合わせた選び方も紹介します。どんな野菜をどんな切り方にしたいかで合うスライサーも違います。

また安全なスライサーもご紹介します。ついスライスしすぎて指をけがしてしまったという経験がある人も多いスライサー。刃がむき出しになっているものもあるため、収納時にもけがをしてしまう危険があります。最近では安全に気を使ったスライサーも多いため、紹介します。お子さんがいる家庭でも安心して利用できるものも多く販売されています。

種類別!スライサーの選び方

スライサーにはたくさんの使い方と種類があります。目的の形に合わせたスライサーの選び方を紹介します。

薄く切りたい場合の選び方です。サラダに使用するキュウリのようにとにかく薄く切りたい場合は薄切りスライサーと呼ばれるスライサーを利用します。板の途中に刃がついているもので板に沿わせて野菜を上下させ、スライサーで薄く切り落としていきます。刃の角度を調整し、薄さを変えられるものも多いため、一般家庭にも多いタイプです。また野菜の皮などを薄く向きたい時には皮むき用のスライサーを選びます。

均等な厚さで野菜をカットしたい場合です。薄切りスライサーにて刃の角度を調整したものがおすすめです。ただし切る野菜が根菜などの固いものであれば、半自動や全自動のスライサーのほうが楽にスライスできる可能性が高いです。

次に千切りにしたい場合です。これも薄切りスライサーか、皮むきスライサーにて対応ができます。スライサーの刃をジグザグした形のものに付け替えることで、千切りが可能です。ただしきゅうりのように柔らかく水分量が多い野菜だと形が崩れてしまうこともあります。また同じ千切りでもキャベツの場合は専用のスライサーがあります。キャベツ用スライサーは板の幅が広く、キャベツをスライスしやすくしています。また半自動や、全自動のスライサーでもキャベツ専用のモードがついているものもあるため、キャベツの千切りはその量と頻度によってスライサーを選ぶ必要があります。

半自動のものは、手動で刃を回転させ、そこに野菜を押し付けて切っていくものがあります。家庭で利用できるものから大型なものまで様々です。労力はかかるため、頻度は多いけど量は少ない時などにおススメです。全自動のものは、筒状の入り口に野菜を淹れ、スイッチを押すことによって野菜のスライスができます。こちらも家庭用の小さいものから大きなものまで用意されています。固い野菜なども楽々スライスができます。ただし設置するための下ごしらえは必要となります。

手動のスライサーではそのほかにパイナップルやリンゴの芯だけを抜き取る専用のスライサーや、卸し器の付いたスライサーなど様々なものがあります。中には万能型で32種類のスライスに対応しているものもあります。またその他にも野菜麺状に細長くスライスできるスライサーもあります。

普段どんな時にどんな野菜や果物に対してスライサーが必要になるかを考えた上で最適なスライサーを選ぶ必要があります。

スライサーを安全に使うには?

スライサーは便利でありながら指のけがをしやすい調理器具でもあります。ここでは安全にスライサーを利用する方法を紹介します。

安全に使うための方法としてまず挙げられるのが、ある程度余裕を残してスライサーの利用をやめることです。ぎりぎりまでスライスしようとしてしまいけがをするケースは多いため、ある程度の大きさになったら向きを変えたり、包丁や他のスライス器具に頼るなど、ぎりぎりまでの使用は避けるようにしましょう。

次に付属の機器を利用することもけがを防ぐ方法になります。野菜を押さえる蓋のようなものがあらかじめついているスライサーも多いですスライスするものの形が固定できるものであれば、そういった機器で固定して野菜をスライスすることで、予期せぬ怪我は減ります。自動や半自動でも野菜を押さえる機器がついているため、利用するようにしましょう。

また使用時以外でもけがをする危険があります。収納時や取り出し時に、刃が指にあってしまったり、洗い物の際にけがをするケースも考えられます。

刃が取れるタイプのものであれば、使用後は刃を取り、洗って別で保管をしておくと取り出し時の怪我などが減ります。また衛生的ともいえます。刃が取れないタイプに関しては包丁やピューラーといった刃がむき出しになっているものと一緒に収納をして、わかりやすくしましょう。またカバーがかけられるものもあります。最近では100円均一などでスライサーの刃専用のカバーなども販売されています。

薄切りスライサーで刃の向きを調整できるのであればできるだけ刃をおろすようにして収納します。野菜を押さえるカバーなどがついている場合は、カバーを刃の部分に充てて収納をするのも方法です。

皮むきのスライサーであるピューラーに関しても同様に、カバーをかけたり、葉物とわかるように収納することが重要です。刃物は水分で錆びる心配もあるため、目につきやすい位置につりさげておく収納は安全対策にもつながります。

またスライサーもピューラーも刃部分を洗う際怪我をしやすくなります。スポンジではスポンジ事指を切ってしまうこともあります。また細かい部分の汚れが落ちにくいため、未使用の歯ブラシを利用して洗うのがおすすめです。歯ブラシの先に洗剤をかけ、刃を磨くようにして洗います。刃だけでなく、周辺の部品や新芽とりなども洗いやすいです。手で直接刃を触らなくて済むことも利点です。こういった工夫で安全にスライサーを利用できます。

使い方のコツを覚えて時短!

スライサーは使い方にコツがあります。どのスライサーでどんな野菜を切るかによってコツが変わるため、よくあるシチュエーションにて紹介します。

野菜の薄切りで時短になるコツや野菜に切り口を付けておくことです。例えばサラダ用のキュウリの薄切りをする場合で紹介します。キュウリの端を切り落とし、一本を握ってスライサーにかけると長さから重心が安定しません。また切りはじめが細すぎ、結果として綺麗なスライスができない場合が多いです。またスライスしづらく時間もとられます。コツとしては、できるだけ最初から広い面がスライサーにあたるようにすることです。キュウリの端を落とすところを、真ん中で二つに切り、真ん中の太い部分から細い方に向かってスライスをしていきます。短くなり重心も安定するため、綺麗でかつ時短にもなります。同様のことがほかの野菜のスライスにも言えます。できるだけスライサーにあたる面を広くして、手で持った時に力の入れやすいサイズでスライスするのがコツといえます。

次に千切りの時コツを紹介します。キャベツを例に挙げます。薄切りスライサーを利用する際はキャベツとスライサーの大きさを合わせるのが一番の時短になります。キャベツをカットし、断面を露出させます。断面がスライサーの刃にあたるようにしてスライスをしていきます。この時にできるだけ層が多いこと、力が入れやすい大きさであることが使い方のコツになります。またキャベツのような葉物をスライスさせるときはスライサーに擦りつけるようなイメージで野菜を動かすことでスライスが早くなります。あまりスライサーは動かさないこともポイントです。

ピューラーなどの皮むき器を利用しての千切りの場合はピューラー自体を動かして野菜をスライスしていきます。コツとしてはピューラーの動きは上下で、野菜の向きを変えていくことです。繊維の方向によって薄く長くスライスできる野菜と、できない野菜があります。スライスしにくい野菜に対してはピューラーの動きを細かくして、小さくスライスしていくのが早く、またコツとなります。

自動、半自動に関しても野菜の下ごしらえが時短のポイントです。特に固い野菜に関しては事前に大きさを細かくしておくことで、野菜のスライススピードは速くなります。またカボチャなどの固い野菜に関しては、可能であれば皮をむいたり、少し火を通したりと刃が通りやすくするのもスライサーを使うコツといえます。

スライサーおすすめランキング

5位: サラダポケット コンポ HS-768

サラダポケット コンポ HS-768
132円お得
¥1350/個
61%安
¥1,350 ヨドバシカメラ
¥1,482 ケンコーコム
他2ショップ

4位: パール金属 ハートメイドキッチン倶楽部 キャベツスライサー 安全ホルダー付 袋1個

パール金属 ハートメイドキッチン倶楽部 キャベツスライサー 安全ホルダー付 袋1個
¥1379/個
60%安

3位: ミニスライサーねぎまる 1個

ミニスライサーねぎまる 1個
¥518/個
85%安

2位: 貝印 匠創 キャベツスライサー 1個

貝印 匠創 キャベツスライサー 1個
1619円お得
¥2220/個
36%安

1位: 貝印 Kai House SELECT 波型カットのゆでたまご DH-7275

貝印 Kai House SELECT 波型カットのゆでたまご DH-7275
¥599/個
83%安
¥599 ヨドバシカメラ
¥600 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。