オイルポットってどうやって使うの?おすすめ紹介も

利用した油をいれるオイルポット。家庭で揚げ物を一回しただけでは油もそこまで汚れないため、捨てるのがもったいないですよね。使用済みの油をろ過し、再度使用できるようにしてくれるのがオイルポットです。油こしとも呼ばれています。

ここではオイルポットの選ぶ方やおすすめを紹介します。またオイルポットを初めて知ったという方にどのように利用するのかもご紹介します。

オイルポットを利用することで油の再利用が出来、節約にもなります。また後処理が面倒な油を簡単に片づけることができるため主婦の強い味方でもあります。環境への配慮にもつながるため、いろいろな種類が誕生しています。たくさんの種類の中から比較して、おすすめをご紹介します。

オイルポットの選び方

オイルポットを選ぶ時のポイントをご紹介します。まずはどれくらいの大きさのものが必要かを考えましょう。オイルポットは火のそばにはおけず、冷暗所での保管になります。保管場所の広さや大きさに合わせたサイズを選ぶことが重要です。場所に合わせて使用頻度も考えましょう。

次にどのくらいの頻度で利用するかを考えます。頻度に合わせてサイズはもちろん、必要な機能が変わってくるからです。オイルポットの濾し方で多いのが次の3種類です。

アミで濾す方法は一般的で手に入りやすい方法です。しかし細かい不純物迄取り除けないため、油を利用してから次に利用するまでの期間が長い場合は不向きな濾し方です。不純物が残っていると油の酸化スピードが速くなり、また揚げ物の完成度も変わってきます。翌日など短いスパンで油を利用する際には十分利用できます。またアミ自体を洗えばくりかえし利用できます。

フィルターやカートリッジがついており、細かい不純物まで取り除けるものもあります。これらはアミに比べ長期間、また複数回油の再利用が可能です。ただし使い捨てのものもあるため、そういった面では費用がかさむ可能性もあります。

似たものにろ過パウダーがあります。ろ過パウダーは専用のフィルターにパウダーを淹れ、パウダーに不純物を吸い取らせることで濾すものです。こちらもかなり不純物が取れるため、長期間の油の利用が可能です。ただこのパウダーも使い捨てです。

このように頻度からろ過装置を決める必要があります。サイズとろ過装置が決まったら次に考えるのは手入れのしやすさです。油を利用しきったら手入れが必要となります。できるだけ油のべたつきが残りにくい素材を選ぶのがコツです。例えばホーロー製はガラスを使用していることから洗いやすく、べたつきも残りに悔いのが特徴です、フッ素加工されているものも同様に手入れがしやすいです。手入れができていないとせっかく不純物を取り除いても、油を悪くさせる原因になります。

また手入れの一貫として液だれのしにくさを確認するのも重要です。油を鍋に移した際に、液だれをしてしまっては掃除の手間が増えてしまいます。注ぎ口が2重になっているものは液垂れがしにくいといわれています。液だれのしにくいものを選んだとしても、収納の際には必ずオイルポットの周りを拭くようにしましょう。木製の棚などに収納するのであれば、油染みは取れにくくなります。外回りもフッ素加工やホーロー製だと手入れが楽になります。

オイルポットってどうやって使うの?

一般的には揚げ物などで大量の油を利用した後にオイルポットを利用します。この時揚げ物の量や揚げていた時間によっては痛んでしまっている油もあります。見た目が透き通っており、強い匂いがしなければ一般的にはオイルポットで保存しても良い油といえます。

まだ使える油が出た際は、大きな揚げかすを取り除き、すぐにオイルポットに移します。この時オイルポットの耐熱温度に気を付けるようにしましょう。油の天敵は酸素です。外に放置している時間が長ければ酸化が進み、油も悪くなってしまいます。また冷めると沈殿しやすく、不純物が濾しにくくなります。

ろ過装置を利用するといっても大きなカスは取り除いておく方がスムーズです。ろ過装置にも種類があり、取り除ける不純物の大きさなども変わってきます。性能がよく、ほとんど不純物が残らないものもありますが、ろ過の際にはキッチンペーパーなど1枚さらに挟むと良いでしょう。ろ過装置から素早く油を移します。温度によってはやけどに注意が必要です。

ろ過をした後は、ろ過装置を取り除き蓋をします。そのまま冷まし、できるだけ冷暗所で保管をするようにしましょう。保管場所もできるだけ空気に触れにくいところを選ぶと良いでしょう。また夏場は特に温度によって油が傷みやすいので、可能であれば冷蔵庫での保管がよいです。注ぎ口などから空気が入ってしまいそうな場合はジップロックのような密閉容器を重ねるとより長く油を利用できます。

次回揚げ物がある際は、オイルポットに入れた油を注ぎ口から鍋に入れ利用します。油は見た目、色ともに綺麗で、揚げ物の量が少ないようであれば、3回程度は利用できるといわれています。ただし気温や保存状態にもよるため、できるだけ早めに使いきるようにするのがオイルポットの正しい利用方法ともいえます。

油を使いきったらオイルポットを洗います。この時いきなり水で洗っても綺麗にならないため、キッチンペーパーで拭いたり、重曹を使って油を吸わせるなどしてから、洗うようにしましょう。水気も大敵なため、次回利用する際は水気と汚れがないことを確認してから使うようにします。

手入れができているかによって油の保存期間も変わってくるため、手入れのしやすいオイルポットを選ぶことが正しい使い方ともいえます。

またろ過装置も綺麗なものに変更するか、ろ過装置自体を洗うかなどして、できるだけ綺麗な油を貯められるようにします。掃除しにくくなるため、残ったカスなどをそのままにしないよう、拭き取りをしてから水洗いをするようにします。

おすすめのオイルポットを比較!

ろ過装置が優秀なオイルポットを比較した際、違いはあるのでしょうか?ろ過装置の中でも評価が高いのが炭を利用したろ過装置です。浄水器などと同じ仕組みでろ過するため、綺麗で味の落ちない油を何度も利用することができおすすめです。

ブルーブラックコート活性炭オイルポットは特にそのろ過性能の良さから評価が高いオイルポットです。表面がブラックコートでおおわれているため、油に強くお手入れも簡単です。活性炭のフィルターも繰り返し利用でき、何よりほかの活性炭を使用したオイルポットと比較して価格が安いのが人気の理由です。小さく収納にも便利なため、大量の油を使用しないのであれば、十分活躍する一品です。

富士ホーローオイルポットも同じく活性炭を利用したオイルポットです。こちらもホーロー製のため、お手入れがしやすく、また匂いが残りにくいため、油の再利用の際に快適です。油の入れ口が大きくこぼしにくいのも使いやすいポイントです。またなんといっても形と色が可愛くデザイン性に優れています。保温性に優れいているため、ろ過をしている最中に油が冷えてしまいろ過スピードが遅いという心配もありません。

収納や保存のしやすさで選ぶのであれば、ダスキンの油っくりん ナイスがおすすめです。同じく活性炭を利用しています。ろ過性能ももちろん、液だれがしにくく、汚れにくいため、収納に向いています。さらには口が大きく、いっぺんに大量の油を淹れることが出来ます。入れた後は蓋をして放置しておくだけで翌朝には綺麗に越された油のみが下に落ちるため、ろ過待ちの時間を有効活用できる商品でもあります。ろ過の仕組み自体は簡単なため、解体作業も楽で手入れがしやすいオイルポットです。

同じ活性炭で熱に強いのがパナソニックの天ぷら油クリーナーです。耐熱温度がほかのオイルポットに比べて高く、あげたばかりの油をすぐろ過できるため、鮮度を保てます。また冷めてしまうとろ過スピードが遅くなるため、ろ過の時短にもなります。カートリッジも繰り返しつかえ、エコです。このオイルポットも内側が2重構造になっているたため、液だれの心配がありません。さらに蓋を開けた際の不快なべたべたもなくなるため、綺麗に利用できます。またこの商品にはろ過部分と保管部分が分かれるタイプもあります。ろ過し終わったらすぐに洗えるため、お手入れが簡単で衛生的です。また保管部分も小さくなるため収納も楽になります。

オイルポットおすすめランキング

5位: 高木 フッ素コート 活性炭油ろ過ポット0.9L 箱1個

高木 フッ素コート 活性炭油ろ過ポット0.9L 箱1個
153円お得
¥1917/個
¥1,917 ヨドバシカメラ
¥2,528 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

4位: 和平フレイズ エコ・ラ・ロッカ 深型油受けふっ素オイルポット 1.3L DER-5228

和平フレイズ エコ・ラ・ロッカ 深型油受けふっ素オイルポット 1.3L DER-5228
94円お得
¥1292/個
45%安
¥1,292 ケンコーコム
¥1,367 爽快ドラッグ
他1ショップ

3位: H-5070 [オーリオ ふっ素樹脂加工オイルポット1.2L受皿付(ブルー)]

H-5070 [オーリオ ふっ素樹脂加工オイルポット1.2L受皿付(ブルー)]
174円お得
¥981/個
59%安

2位: パール金属 プローズ シリコーン加工オイルポット オーバル型 1.2L 1個

パール金属 プローズ シリコーン加工オイルポット オーバル型 1.2L 1個
¥618/個
74%安
¥618 ヨドバシカメラ
¥662 ケンコーコム
他1ショップ

1位: 万年 mdesign オイルポットmini 08L 株万年 万年 1個

万年 mdesign オイルポットmini 08L 株万年 万年 1個
¥765/個
68%安
¥765 ヨドバシカメラ
¥773 Amazon(アマゾン)
他4ショップ

商品説明

キレイに濾して、油をリサイクル。小型サイズなのでオイルサーバーとしても使えます。1枚絞りなので油漏れなし。塗布式シリコンコート加工で油汚れが落としやすくお手入れ簡単。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。