【鍋】鉄板おすすめ人気ランキング10選【鍋の全てがわかる】

釜

調理に欠かせない調理道具、

中華鍋土鍋など、料理に合わせてたくさんの種類があります。
ここでどんな種類の鍋があるのかをご紹介します。

同じ種類の鍋でも加工方法や利用されている素材によって
使いやすさがあり、メーカーや商品によっても特徴が違います

沢山ある商品の中で、料理によって使う鍋は違いますし、
使うのにコツがいる鍋もあります。
この記事では上記に加えて料理の目的に合わせた鍋・商品の選び方も紹介いたします。

商品によって形もバラバラな鍋は洗うのはもちろん、
洗った後収納するのが大変ですよね。
形にクセがある鍋は収納し切れず出しっぱなしになってしまうことも・・・

今回は、そんな日常の悩みを解決する
鍋の収納テクニックなどもご紹介します!

快適で利用しやすい収納方法を知って
様々な鍋を活用しておいしい料理を楽しみましょう!

最終更新日:2020-06-25  閲覧数:2182

【熱源対応に注意】鍋にはいくつもの種類・商品がある!

鍋の素材は3種類!

一言で鍋といっても鍋には多くの種類・商品があります
圧力鍋や土鍋のように特殊な温め方が得意な鍋もありますし、
普段の生活で一番身近な鍋であるフライパンも鍋の一種です。

鍋の持ち手が一つなのか二つなのかによっても違ってきますし、
大きさや深さを考えだしたらキリがありません

鍋

鍋には一般的的に3種類の素材を使った商品があります。

一般家庭でよく使用され、手に入りやすい鍋としては、
ステンレス製鍋アルミ製鍋ホーロー鍋の3種類。

これらの商品は深い形の鍋が多く、炒め物よりも煮物や汁物用として使われる鍋です。
アルミ製鍋は熱伝導率が高く軽いため、味噌汁など簡単な料理に用いられることが多いです。

また、上記の鍋商品は価格も安く手に入れやすいのも特徴です。
ステンレス製鍋は少し重くなりますが、厚みがあり、カレーのように炒めてから煮るといった
複数の調理法に向いています。

中でもホーロー製の鍋商品はデザインも可愛いので、女性に特に人気です。
しかし鍋の熱伝導率が低いため、ジャムのようにじっくりと煮る料理に向いています。

では、今度は各鍋商品ごとに特徴をみていきましょう

フライパン

フッ素樹脂加工された鍋はフライパンに多いです。
をひかなくても食材がくっつかないので、炒め物用として使われることが多いです。

ただ、フライパンは段々フッ素樹脂加工が落ちて食材がくっつくようになるため、
頻繁に買い替えが必要になる商品でもあります。
特に卵焼きを作る長方形のフライパンはフッ素樹脂加工のされた商品が多いです。

フライパンは数ある鍋の中でも使用頻度が高い商品です。
各メーカーから頻繁に新商品が出ていますので
随時チェックするようにすると良いでしょう。

鉄鍋(中華鍋)

中華鍋を代表するような鉄鍋も鍋の一種です。
鉄鍋は重いですが、熱をまんべんなく通す鍋です。
中華料理のように一気に火をいれる必要のある料理には欠かせません。
中華鍋と言われるくらいなので中華料理専用と言っても過言ではありません。
使うのにはコツがいるため、上級者向けの鍋とも言えます。

家庭用というよりも業務用に販売されている商品が多いですね。
鍋商品の中では形や大きさがある程度統一されています。 (中華鍋で特徴的な形をした鍋は見覚えがないと思います。)

陶器製の鍋(土鍋・タジン鍋)

また、土鍋に代表されるような陶器でできた鍋もあります。
土鍋は金属鍋よりも熱伝導率が悪いですが、保温力が高いため炊飯や鍋料理に向いています
最近では小型の1人用土鍋も手ごろな価格の商品が増えてきたため、
一般家庭の普及も高くなっています。

タジン鍋という野菜を煮込む料理に向いている商品もあり、
料理の幅が広がる素材の鍋でもあります。
タジン鍋で煮込んだ野菜は甘みがあって美味しいのでぜひ試してみてくださね!

圧力鍋

圧力鍋はその名の通り圧力をかけ、
食材にうまみ成分や水分を凝縮させることができる鍋です。
煮込み料理であれば通常の鍋よりも早くできあがり、
おいしくできる
ことから人気の商品となっています。

最近では無水調理対応の圧力鍋の商品も登場しており、
無水調理によってより素材の旨みを強く感じることもできます

炊飯も可能で、使い勝手がいいのも、圧力鍋の特徴です。

コンロの熱源対応に注意!

いくつかの種類の鍋をここまでご紹介してきましたが、
新しく鍋を買う前に確認してほしいことがあります。

それは、コンロの熱源の種類によって使える商品と使えない商品があるということです。

最近の鍋はIH、ガスコンロの両方に熱源対応している商品が多くなってきましたが、
ホーローのようにガスコンロでしか利用できない熱源対応が限られた専用の鍋もあります。

中華鍋のようにガスの方が向いている鍋もあるため、
使用するコンロ・熱源によって使用できる鍋の種類が違う
商品が異なることに気を付けましょう。

商品によっては鍋の見た目やデザイン、外観が全く同じ商品でも、
IH用、ガスコンロ用と、熱源対応の種類で商品が分かれていることもあります。

目的にあった鍋・商品の選び方

数ある商品の中から自分に合った鍋を選ぶには
どんな目的で鍋を使うかを考える必要があります。

鍋

どの料理をどの位の量を作るのか、
また使用頻度も鍋を選ぶには大切な要素です。

まずはコンロの熱源を確認!

鍋選びをする前に確認してほしいのが、
自宅のコンロの熱源の種類です。

IH、もしくはガスコンロが主流だと思いますが、
このどちらにも熱源対応した鍋はかなり増えてきています。
しかし、鍋の種類、メーカーによってはどちらかにしか対応していない熱源対応が限られた専用の鍋・商品もあるため確認が必要です。

何人前の料理を作りますか?

次に、どのぐらいの人数で食べる料理のために使うのか考えてみましょう。

一人暮らしや二人暮らしであれば、一般的な15センチ程度の鍋でも十分ですが、
4人家族等人数が多くなるのであれば21センチ程度の大きめの鍋がおすすめです。

大きさや形は鍋の種類によって変わりますし、
メーカーや商品によって特徴も違います。
前もってどのくらいの量の料理をするのか考えて鍋を選ぶようにしましょう。

作る料理によって鍋の種類・厚さを変える

長時間の煮込み料理が多いのであれば、鍋に厚みがある商品を選びましょう。
保温性も高く、煮込み料理に向いています。

アルミ製鍋

厚手のアルミ製鍋は、できた料理をすぐに取り出さないと鍋の内側が傷むため、
鍋のまま作り置きすることが多い場合は、ステンレス製鍋を選ぶようにしましょう。

アルミ製鍋は熱伝導率が良く熱が通りやすいため、料理の時短に向いている鍋です。
価格も安い商品が多く、一人暮らしであればアルミ製鍋1つあるだけで様々な用途に利用できます。

ステンレス製鍋

ステンレス製鍋は長時間煮込むのに向いている商品ですが、
火が全体的に回らないため、こびりつきや焦げができやすい鍋です。

特にゆきひら鍋と呼ばれる表面がでこぼことした商品は、
熱伝導率が高く熱が通りやすく、味噌汁などの汁物に向いています。 変色が早い商品ですが、しっかりと洗って保存すれば長く使える鍋となっています。

ステンレス製鍋は焦げつきやすい鍋なので、
炒め物や焦げやすい素材の料理をするのであれば、
フッ素樹脂加工されている商品を選ぶと良いでしょう。

フライパン

深めのフライパンは、炒めた後に煮込むカレーなどの料理にも対応できる鍋になっています。
同じ煮込み料理でも作る料理によって鍋・商品を変えた方が使いやすいでしょう。 料理後の片付けが格段に楽になります。

フライパンにも、サイズや深さによって多くの種類の鍋・商品があります。
炒め物がメインになる場合は少し大きめのフライパンのほうが調理しやすいです。
揚げ物もするのであれば深めのフライパンを選ぶようにしましょう。

酸の強い料理は注意!

ジャムのように酸の強いものを煮込む場合、
どのタイプの鍋・商品でもある程度は大丈夫ですが、作る頻度が高いと、
早いうちに鍋の内面のコーティングがはがれてくる可能性があります。
そのため、酸に強いとされるホーロー製の鍋・商品がおすすめです。

鍋はインテリアにもなる!?

ホーロー製の商品は、鍋の形だけでなく色のバリエーションが豊富です。 デザインも可愛い商品が多く、インテリアとして鍋を置いておく人も多いです。
ただ、鍋の素材にガラスを利用しているため、衝撃と急な加熱、冷却には弱い商品になっています。
取り扱いには注意するようにしましょう。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops