やかんを上手に収納するコツとは?おすすめランキングも

電気ケトルが台頭してきてもなお、お湯を沸かすのに欠かせないのがやかんです。温度が好みで調整できることや、やかんごと冷やすことが出来ることなどケトルにはない魅力もあります。さらには持ち運びもしやすく容量によっては一気に大量のお湯を用意することもできます。

また最近では可愛い色や形のやかんも多く、インテリアとしても活躍してくれます。

そんなやかんの選び方をご紹介します。また上手に使うコツもご紹介します。

更にやかんの収納のコツも紹介します。やかんはどうしても形が独特な分、他の鍋との兼ね合いで収納しきれず出しっぱなしになってしまうことが多いです。ガス口を利用してしまう為、利用しない時にさっと収納できるといいですよね。

やかんの選び方は?

やかんを選ぶ際はまず、どのくらいの頻度でどのくらいの容量を沸かすのかを考えます。サイズもまちまちなため、どのぐらいのお湯を一遍に必要とするのかを考えることで種類を絞ることが出来ます。一人暮らしでもお湯を沸かす頻度が多いのであれば、少し大きめで保温が効くものを選ぶことで、お湯を沸かす手間を減らすこともできます。料理にも使うのであれば、なおさら大きい方が良いです。頻度に比例させて容量を決めましょう。容量も丸く大きいものと縦長で容量が大きいものがあります。縦長のほうが吹きこぼれなどが少なく、安全です。

次にやかんの素材が重要になります。一般的にやかんに使われる素材として多いのが、銅、アルミ、ホーロー、ステンレスの4種です。安価で手に入りやすいのがアルミです。アルミは薄いため熱を通しやすく、また軽いため、扱いが楽です。ただし、水による腐食も早いため、長持ちする素材ではありません。冷えやすい素材でもあるので、お茶などを作り、そのまま冷やすことがあるのであればアルミがおすすめです。

デザインに優れているのはホーローです。重く熱が伝わりにくい部分はありますが、長持ちします。デザインを重視したい場合はホーローが良いでしょう。

ステンレスは重さはありますが、保温性に優れ、また手入れが楽なため、便利です。銅に関してはデザイン、保温性、軽さなど機能性に優れていますが、高価で一般家庭ではあまり見かけません。

お湯の注ぎ口もやかんを選ぶ重要なポイントとなります。好きな温度まで沸かすことが出来るのがやかんのいいところでもあります。同時に水が沸騰しきってしまう空焚きなどの危険もあります。湯気により沸騰したタイミングで注ぎ口のふたから音が鳴るやかん空焚き防止にもなるため、安全対策として需要があります。どの程度でお湯が沸くのかに自信がない場合はこの音がついている方が利用しやすいでしょう。ただし中にはこの注ぎ口のふたが洗いにくく汚れがたまってしまうものもあるので、手入れのことも考えて選ぶのがよいでしょう。

手入れについて考えると、やかんの取っ手も選ぶ際の重要なポイントです。固定型は持ち運びの際に安定し、水を淹れる時の重さも耐えやすいですが、やかんの内部を洗う際や、水を淹れる際に邪魔になることがあります。選ぶ素材によっては水気をしっかりと切って補完しないと腐食してしまうこともあるため、手入れのことも考えたやかん選びが重要となります。

やかんの上手な使い方

やかんの上手な使い方のポイントをいくつか紹介します。まず重要なのが取っ手の位置です。可動式の取っ手が付いたやかんであれば、火にかけた時に取っ手が下がり熱で溶けることがないよう気を付ける必要があります。また逆に取っ手を真上に位置しておくと蒸気により温められ、お湯を注ぐ際にやけどをする危険もあります。取っ手の位置に気を遣ってから火をつけるようにすればスムーズにお湯を注ぐことが出来ます。

次に重要なのは注ぎ方です。注ぎ口の形によってはやかんをかなり傾けなければならず、蓋が落ちてしまったり、蓋を押さえようとしてやけどをすることがあります。できるだけ水平からゆっくりと傾けることで蓋が落ちることは減ります。また水の量によっても出方は変わるため、注ぎ口によって水の量は調整しましょう。蓋が邪魔だからと火にかける際に蓋を取ってしまうのは熱を逃がしてしまい、沸騰が遅くなるためおすすめしません。蓋を押さえる必要がある際は鍋つかみなど工夫をすると良いでしょう。

また音が鳴る注ぎ口は注ぎ口についている蓋を取ってから注ぐ必要があります。プラスチックの部分であれば熱くはなっていないですが、蒸気が収まってから蓋を開けるようにします。

またできるだけやかんを傷つけずに利用することは上手に使う基本にもなります。

傷つけないために大事なのは空焚きをしないことです。どの素材も空焚きには弱く、衝撃に脆くなるため、火にかける前には水が入っているかを確認しましょう。また水の入れ方にもコツがあります。水は半分から多くても7分目までにしましょう。注ぎ口が細くなっているため、温められて水の量が増えると吹きこぼれる危険があります。

またやかんが熱いからと言って急に冷水で冷やすのもNGです。素材によっては割れてしまう原因にもなります。このような禁止事項を守るのがやかんを上手に使う基本となります。

そして使用後の手入れもやかんを上手に使うポイントになります。利用した後は食器用洗剤を付けたスポンジで優しく洗います。この時たわしや研磨剤を利用するとやかんの中の素材がはがれてしまい、サビができる原因にもなります。また食器洗い機での洗浄も避けた方がよいです。特にホーローのやかんは色落ちの原因にもなるため利用にむきません。 

優しく洗った後は水気を完全にとります。少しでも水気が残っていると錆びたり、素材によっては脆くなったりします。また菌が繁殖する原因にもなります。やかんの内側は洗いにくい構造のため、やかんを上手に利用するにはこういったケアを日ごろからすることが重要になります。

省スペースでも上手に収納するコツ

形が独特で収納に悩むのがやかんです。よく利用する場合は出し入れする手間が面倒で出しっぱなしにしてしまいがちです。特にコンロの奥において出番の時にコンロに乗せるというケースが多いようです。ですが、それでは油はねなどですぐに外観が汚れてしまします。また知らない間に火にあたってしまい空焚き状態になり劣化する恐れもあります。できるだけ火を遠ざけるという意味でも収納をした方が良いです。ここではサイズにもよりますが小さいスペースでも上手に収納できるコツを紹介します。

一般的にやかんは取り出したらすぐに水を淹れるため、水の導線上にやかんを収納するのがポイントです。例えばシンクの下であれば、取り出してそのまま水を淹れることが可能です。常にやかんの場所を確保しておくことで収納場所がなくなることはありません。シンク下に棚を設置している場合は、高さのある段への収納が良いでしょう。また蓋を上下逆さまにして載せることで高さも抑えられ、また小さいものであれば上に乗せることも可能です。

よく利用する場合はしまい込まず、見せる収納を考えるのも手です。やかんのサイズにもよりますが、小さいものであれば、キッチンの壁や冷蔵庫などS字フックを設置し、それに取っ手を引っかけることがおすすめです。軽いアルミのやかんなどであれば、十分に対応できます。ホーローなどガラスが使われているものは危険もあるためあまりお勧めできません。

流し台にスペースがあるのであれば、高さのある2段ほどのラックを設置し、そこにやかんを収納するのも使えます。これであればすぐに取り出しができます。さらには水が乾ききるまで外においておけるため、衛生的で、やかんにとっても良い環境といえます。この方法であればホーロー素材のやかんでも収納ができます。デザインの良いものであればインテリアにもなるため、おすすめです。

またそもそも収納するのをやめて、ガスコンロ奥に置いてあってもインテリアとして見せる方法もあります。デザインのいいやかんであればほかの料理のタイミングだけ避難をさせていればそれも一つの方法といえます。

すぐに使えるということを重視するのであれば、冷蔵庫や電子レンジの上、電子レンジ棚の空スペースなども収納場所として便利です。その際は鍋敷きを置き、置く家電製品に害がないようにするのがポイントです。小さく分解することが出来ない分、置き場所を工夫することが収納のコツになります。

やかんおすすめランキング

5. ワコー ちょHOT ステンレス製笛吹きケットル1.0L H1991

ワコー ちょHOT ステンレス製笛吹きケットル1.0L H1991
202円お得
¥1297/個
53%安
¥1,297 Amazon(アマゾン)
¥1,368 ケンコーコム
他1ショップ

4. ワコー HAPPY DAYS ステンレス製ケットル2.5L

ワコー HAPPY DAYS ステンレス製ケットル2.5L
132円お得
¥1278/個
53%安
¥1,278 ヨドバシカメラ
¥1,291 Amazon(アマゾン)

3. ワコー デイトナ ステンレス製広口笛吹きケットル 3.7L 箱1個

対象ショップで取扱いなし


2. ワコー ノヴェル ステンレス製笛付きケットル 2.3L 箱1個

ワコー ノヴェル ステンレス製笛付きケットル 2.3L 箱1個
336円お得
¥818/個
70%安
¥818 Amazon(アマゾン)
¥900 ヨドバシカメラ
他1ショップ

1. ワコー フレッティ2 ステンレス製広口ケットル 1.6L 茶こしアミ付

ワコー フレッティ2 ステンレス製広口ケットル 1.6L 茶こしアミ付
146円お得
¥1422/個
48%安
¥1,422 ヨドバシカメラ
¥1,436 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。