ランチバッグの手作り方法は?おすすめランキングも

ランチバッグは、文字通りお弁当を入れて持ち歩くものであり、単なるバッグではなくお弁当が型崩れしないようにマチのついているものが多いです。ランチバッグの多くには保冷機能が付いており小さな保冷材を使えば夏場でも使えることができます。ランチバッグの中には、一見ランチバッグとは思えないほどデザイン性の高いものもあり、選べる楽しさもあります。ランチバッグは、いろいろな用途に使えますし、手作りをすることもできます。ランチバッグを手作りすることによって、自分のお気に入りの柄で作ることができますので毎日の昼食が楽しみになります。一方で折り畳みができて軽いですので毎日持ち運んでも荷物にはならないので、毎日使用したいアイテムです。

ランチバッグの用途はいっぱい!

ランチバッグの用途としては、まず手作りのお弁当を持ち歩くことが挙げられますがそれ以外にもたくさんの用途で使うことができます。特に保冷機能のついているものでは、夏場にお弁当を腐らせないために活躍します。

実は、ランチバッグの用途はそれだけではありません。買い物の際のエコバッグ、保冷バッグとしても使えます。最近では地球環境問題などから、エコバッグで買い物するスーパーマーケットが多いです。保冷用として氷を置いてあるスーパーマーケットが多いですが、氷を使用すると水滴が付いたり水分が漏れ出したりという問題が起こります。その際、保冷するものだけ保冷剤とともにランチバッグに入れておくと、腐ることがありません。もちろん、前面に保冷できる布地のついたエコバッグもありますが、持ち歩くには少々かさばるのが難点ですが、お弁当箱を入れるランチバッグはそうではありません。

また、コンビニエンスストアで買ったものを少し時間が経って食べたい、といったときもランチバッグは活躍します。濡れたタオルを保冷剤もしくは冷やしたペットボトルとともに入れておくと、タオルや飲み物を冷たいままキープできます。これは、部活やアウトドア、スポーツの場面など多彩に活躍します。チョコレート菓子など、溶けやすいお菓子を入れて持ち歩くのにも役立ちます。

また、ランチバッグはアウトドアにも最適です。手ごろな大きさですので、食材などを入れておくのに使えますし、使わないときはたたんでしまうとコンパクトになります。なかには、収納ポケットなどがついているランチバッグもありますので、細かいものはポケットに使用できます。

肩にかけることができるランチバッグは、荷物の多い子ども連れでのお出かけやアウトドアにも役立ちます。一方でトートバッグのようなランチバッグのなかにはカジュアルすぎないものもありますので、オフィスファッションともマッチします。そのため、そのようなランチバッグはスーツで通勤する人にとっても最適です。高級なものでしたら、トートバッグに近いものもありランチバッグとは思えない見た目のものもあります。

また、バッグインバッグとして使えるランチバッグもあります。お弁当を別に持つ必要がありませんし、お弁当を持ち歩かない時でもバッグの中に一つランチバッグを入れておくことで、いざ冷やさないといけないものがあるときにも使えます。このように、ランチバッグの用途は多岐にわたります。

ランチバッグを手作りする方法

ランチバッグは100円均一で購入できるものがあるなど、とてもリーズナブルです。 しかしながら、ランチバッグについてはお気に入りの布で手作りすることもできます。ミシンがないとなかなか手作りをするのも難しいのですが、自分で作ったランチバッグを持つことで、より毎日のランチタイムが楽しくなることでしょう。

ランチバッグの作り方は、まずトートバッグと同じようにつくるとイメージするとよいです。二枚の布を縫い合わせてから底の生地を縫い、それからファスナーをつけるという感じです。まずは型紙を作って二枚の生地を用意します。それが前面と後面になります。底にはマチの部分が必要になりますので、底の部分の生地も作るようにするとよいでしょう。

最初にハンドルを作ります。ハンドルはすでに市販されているものを縫い合わせるだけでも良いです。次に、表面、裏面をそれぞれ表生地と裏生地で縫い合わせます。裏生地に保冷タイプのものを使用すると、保冷タイプのランチバッグになります。両方の生地がそれぞれできたら、次は底面の生地を作ります。ランチバッグは、お弁当が入りますので底面をしっかりと作り立体的なデザインにすることがポイントです。

それぞれの生地ができたら、前面と背面、それから底面を縫い合わせることになります。その前に、前面か背面のどちらかに内ポケットを付けておきましょう。小さな内ポケットがあるとふりかけなどを別に持っていかなければならない時に便利です。そのまま縫い合わせたとしてもランチバッグとして使えそうですが、やはり入り口にはファスナーをつけたほうが良いでしょう。

ファスナーの部分は始まりと終わりの部分をそれぞれ1センチの縫い代で縫い、縫い代が邪魔になるので三角に折り込んでとめておきましょう。それからハンドルをとめておくのも良いでしょう。すべての生地ができたら、次は成型に入ります。ですがその前にまずすべての生地をアイロンがけしておくとスムーズです。

本体前面、後面の生地と底面をそれぞれ1センチの縫い代で縫うと、ランチバッグの完成になります。ほかにも、ファスナーがついていないものや、巾着タイプのものなどいろいろなバリエーションがあります。自分が持ち歩きたいと思っている弁当箱の形に応じて作るのも良いでしょう。また、余裕があればボタンをつけたりすることで、手作り雑貨としても楽しむことができます。ランチバッグは、マチがあることや持ちやすい取っ手があることがポイントです。

ランチバッグおすすめランキング

2位: トルネ 保冷ランチバッグ バトゥ ブラック 袋1個

トルネ 保冷ランチバッグ バトゥ ブラック 袋1個
¥750/個
40%安
¥750 ヨドバシカメラ
¥751 爽快ドラッグ
他3ショップ

1位: サーモス 保冷ランチバッグ ピンクストライプ RDU-0042 PSR 約4L

サーモス 保冷ランチバッグ ピンクストライプ RDU-0042 PSR 約4L
125円お得
¥1017/個
¥1,017 ヨドバシカメラ
¥1,027 Amazon(アマゾン)
他3ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。