クーラーボックスの使い方は?おすすめランキングも

暑い日のレジャーやスポーツに必要なものがクーラーボックスです。飲み物などを冷たくすることができるので、熱中症予防にもなります。クーラーボックスにはいくつか種類があり、値段も手ごろなものから高級なものまであります。クーラーボックス一つをとってもそのバリエーションも豊富です。ですので、クーラーボックスの種類やどのようなときにどのようなクーラーボックスを使えばよいのかを知ることが大切です。また、クーラーボックスを選ぶには、どのくらいの収納スペースがあるのかも事前に計算しておきましょう。最近では、キャスター付きのクーラーボックスもありますので、そのような最新製品についても、チェックしておくとよいでしょう。

クーラーボックスの種類

世の中に出ているクーラーボックスは2種類に分けることができます。それは、ハードクーラーとソフトクーラーです。これは素材が違っておりハードクーラーは名前の通り固いクーラーボックスです。いわゆる昔のクーラーボックスの形をしており、頑丈なボディの中に断熱材が入っているため、保冷効果も高いものです。断熱材のグレードによって保冷効果にも違いがあります。安価なクーラーボックスでは発泡スチロールの断熱材が入っています。そして一般的なアウトドア用品に多いのが、発泡ウレタンです。温海が増すほど保冷力も上がりますし、値段も良いものになります。そして、値段も最高に高いものが、熱をほとんど通さず少ない保冷材で長持ちすることができる真空断熱パネルです。真空断熱パネルのクーラーボックスは、専門的なクーラーボックスになるため、専ら釣り用に使用されています。

もう一つの種類としては、ソフトクーラーです。ソフトクーラーは、どちらかというと保冷力のあるバッグという感じのものです。保冷力については差はあるものの、ハードクーラーほどの保冷力はありません。ソフトクーラーのメリットとしては手軽でそして軽いということです。そして、未使用時にはコンパクトに使用できるということが最大の魅力です。そのため、ママ友とのお出かけやキャンプ、運動会など短時間の保冷に良く使用されています。しかしながら長期にわたって保冷するわけにはいかず、ソフトクーラーの使用期間としては一泊二日くらいが限界だと思います。

どちらがよいのかというのはシチュエーションにより異なります。特に20リットル以下の容量が少ないものを短時間保冷する場合にはソフトクーラーです。しかしながら、それ以上の容量を求めたり利用人数が多いのならば、ハードクーラーがおすすめです。特に人数の多いキャンプや一日中冷やしておかなければならないイベントなどの時にはハードクーラーが便利です。釣りなどの時はもちろん専門的なハードクーラーがおすすめです。

ハードクーラーは保冷力が優れているものの、持ち運びしにくいという欠点があります。大きなイベントの際には、キャリアーがついているものもありますので、検討してみるのも一つの考えです。ほかにも、小回りが利くソフトクーラーとイベントなどにも使えるしっかりとしたハードクーラーを持っておき、そして場合によって組み合わせて使うのも効率的であると考えられます。

目的別!クーラーボックスの使い方

キャンプや釣りなどに使用できるクーラーボックスですが、実はクーラーボックスの使用可能性は広く、いろいろなことができます。まずクーラーボックスの利用を推奨したいのが、運動会やピクニックです。運動会はもちろんですが、近くの公園にピクニックがてらお弁当を作って行くと、外食費の節約にもなります。しかしながら手作りのお弁当は傷みが心配です。このようなときでも、小型のクーラーボックスを持っていくことによって、お弁当を傷めることなく持っていくことができます。また、お弁当やドリンクだけではありません。水を含ませたおしぼりを冷凍庫で凍らせて持参することで、冷えたおしぼりで身体をクールダウンさせることができます。

それだけでなく、飲料を凍らせて持っていくとスポーツの試合などにも役立ちます。水筒だけでなく凍らせたスポーツドリンクは、スポーツの試合などでの熱中症予防に効果的です。凍らせたタオルと合わせて、スポーツをする人にとってクーラーボックスはなくてはならないものになるでしょう。

小型化したソフトクーラー、すなわち柔らかくて持ち運びができるクーラーボックスならば、日常生活でも使えます。少し公園に行ったりするだけでなく、買い物などです。最近では、買い物の行き帰りなどでも食材があたたまってしまうくらい夏は暑くなる地域が多いです。確かにお店によっては氷を持って帰ることができますが、氷は溶ける際に水分が出てしまって、買い物袋の周りがいつの間にかべちゃべちゃになってしまう可能性もありますし、一部しか保冷できないというリスクもあります。クーラーボックスであれば中に入れたものをすべて保冷することができます。

また、クーラーボックスで運ぶことができるのは食材にとどまりません。カメラやビデオなどの精密機械を屋外のほこりから守るためにも使えます。この際には、クッション材や布でくるんで衝撃が当たらないようにしましょう。クーラーボックスを使えば屋外にさらしたくないものでも持っていけます。

ほかにもクーラーボックスは保冷だけはありません。たとえば厳寒のなかで行うスキーやスノーボード、ワカサギ釣りや屋外で楽しむ冬のスポーツなどにクーラーボックスを使用すると持参した食べ物や飲み物が凍るというリスクも避けられます。このように、クーラーボックスは保冷だけでなく、何もかも凍ってしまうような寒さから持ってきた食材や飲み物を守るという役目も果たすことができます。

クーラーボックスおすすめランキング

5位: プロリーブ 折りたためるソフトクーラーバッグ保冷バッグ Sサイズ(1コ入)

プロリーブ 折りたためるソフトクーラーバッグ保冷バッグ Sサイズ(1コ入)
48円お得
¥923/個
57%安
¥923 爽快ドラッグ
¥1,402 Amazon(アマゾン)

4位: サーモス ソフトクーラー ミッキーマウス 5L グレー REA-005DS GY

サーモス ソフトクーラー ミッキーマウス 5L グレー REA-005DS GY
¥1749/個
¥1,749 Amazon(アマゾン)
¥2,041 ケンコーコム

3位: アイリスオーヤマ クーラーボックス CL-45 レッド

アイリスオーヤマ クーラーボックス CL-45 レッド
1017円お得
¥4037/個
¥4,037 Amazon(アマゾン)
¥5,067 ケンコーコム

2位: サーモス ソフトクーラー 15L ブルー REF-015 BL

サーモス ソフトクーラー 15L ブルー REF-015 BL
¥1539/個
¥1,539 ヨドバシカメラ
¥1,551 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

1位: サーモス ソフトクーラー 5L ブラック REF-005 BK

サーモス ソフトクーラー 5L ブラック REF-005 BK
73円お得
¥1422/個
33%安
¥1,422 ヨドバシカメラ
¥1,436 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。