スクイズボトルってどうやって飲むの?おすすめも

スクイズボトルは、聞き慣れない名前ですがスポーツをする人にとってはおなじみのものですし、名前を知らない人でも見たことぐらいはあるかもしれません。スクイズボトルとは比較的柔らかな素材で作られた携帯用のボトルであり、一見水筒のように見えます。スクイズボトルの目的はアスリートが迅速に水分を補給するために作られたものであり、スポーツドリンク用として各メーカーから発売されています。ジョギングに携帯したり、部活動やスポーツの試合などの水分補給で使用されています。最近では、フィットネスクラブに携帯する人も増えてきており、スポーツをする人や健康管理をする人の中でスクイズボトルは年齢性別を問わず広まっています。

スポーツのときに必須のスクイズボトルとは?

スクイズボトルとは、比較的柔らかな素材でできた携帯用ボトルのことです。スクイズの意味は押し出す、押しつぶすということであり、ポリエチレンやポリプロピレンといったやわらかな素材でできています。形は水筒やペットボトルと似ているのですが、手で持つことによってその中に入っている液体が押し出されて飲むことができます。やわらかな素材でできているため、手で押しつぶして最後まで飲むこともできますし、ランニングの途中などに落としてしまったり、友人に渡すために投げても安心できる素材です。

スクイズボトルですが、形は水筒と似ていますが、そもそもスポーツ飲料メーカーなどからアスリートが水分補給をするために開発されたという背景があります。たいていの水筒がスポーツドリンクを入れると劣化が早くなりますのでスポーツドリンクを禁止しているのに対し、スクイズボトルはスポーツ飲料を入れても使うことができます。

スクイズボトルは素材がポリエチレンやポリプロピレン樹脂などシンプルですし、値段もその分安いです。乱暴に扱っても大丈夫ですので、そういった観点から中学生や高校生の部活動でも利用されています。保冷機能などはもちろんありませんが、短時間の使用であれば問題がないケースが多いからです。

また、値段が安いことから一定期間が経つと気軽に買い替えることができるのもスクイズボトルの特徴です。キャップがついていてキャップを外すとスポーツ飲料を飲むことができます。そのため、手軽に水分補給ができると人気になっています。軽くて持ち運びしやすいならば、ペットボトルとそう変わらないと思うかもしれませんが、ペットボトルは1回1回キャップを閉めないとこぼれてしまうのに対し、スクイズボトルはワンタッチでキャップを閉められるものもあったり、万が一倒してしまっても中身がこぼれにくいというメリットがあります。

また、水筒のように大きくないので冷蔵庫でも保管しやすく、持ち運びもしても軽いです。カバーを購入することで水滴がつくのを防いだり、保冷タイプのカバーではスクイズボトルの保冷力のなさを補ってくれます。ペットボトルや水筒と違ってものによってはすべり止めがついているスクイズボトルもありますので、走りながらでも問題なく水分を補給できます。くびれたデザインは、持ちながら運動するのにも最適です。そのため、スポーツをする人や中高生を中心にスクイズボトルが広まっています。

スクイズボトルの使い方

スクイズボトルの使い方は極めて簡単です。スポーツドリンクなどをスクイズボトルの中に入れて持ち歩くというようになります。実は、たいていの水筒には糖分の入ったスポーツドリンクを中に使用すると水筒の劣化が早まると言われていますが、スクイズボトルはスポーツドリンクを入れるために開発されたものですので、その心配はありません。水筒とスポーツドリンクの相性が良くない理由としては、スポーツドリンクに含まれるイオン物質が水筒容器のステンレスに反応してしまって劣化を速めてしまうという理由がありますが、スクイズボトルはポリエチレンやポリプロピレンからできていますのでその心配はありません。

スクイズボトルは保冷力が水筒に比べて低いので、まず氷を入れてからスポーツドリンクを注ぐという形で使用するのが良いでしょう。というのも、スポーツ飲料の多くは飲んだ時に口当たりを良くするためにそれなりの糖分を含んでいますので、大量に飲むのは健康によくありません。そのため、通常のスポーツであれば2倍から3倍、バスケットボールやサッカーのように体力をたくさん一気に使うスポーツであれば5倍程度に薄めたほうが良いとさえいう人もいます。そのため、スクイズボトルを使用するときには、氷を入れてからスポーツドリンクを注ぐようにするとよいでしょう。飲み口によっては氷が入りにくい形状もありますので、飲食店で出てくるような細かな氷を作る製氷皿などを使用するとよいでしょう。

ほかにも、氷を名いっぱい入れてスポーツ飲料のパウダーを入れるという方法もあります。そうすると、しばらく時間が経って氷が溶けだしたらちょうどよい具合のスポーツ飲料を作ることができるからです。

スクイズボトルはスポーツ飲料を入れるだけで使用できるので手軽です。お手入れとしては普通の水筒と同じように洗うだけです。細かいパーツも多いスクイズボトルですが、放置しておくとカビの原因にもなりかねませんので、パーツを分解してこまめに洗うほうが良いでしょう。こまかな部品はつまようじや歯ブラシなどで磨くとよいです。また漂白剤につけて除菌するという方法もあります。

また、保冷力が低い分、スクイズボトルごと凍らせてしまえばよいと思い、それを実践する人もいます。ですが、スクイズボトルを冷凍すると変形につながることもありますので、ある程度スクイズボトルを長持ちさせたいのであれば、冷凍使用は避けましょう。

スクイズボトルの飲み方は?

スクイズボトルの飲み方は極めて簡単です。キャップを外して飲むというシンプルなものです。スクイズボトルはものによってキャップのシステムが違っており、外側と内側のキャップを二重に外す必要のあるボトルやワンタッチで外れるスクイズボトルがあります。また、直接飲むことができる直飲みタイプや、そうでないものなどバリエーションも豊かです。

スクイズボトルは飲み口に口をつけ、ボトルを軽く握って中身を押し出すようにすると中のドリンクが出てくるのでそれを飲むというシンプルな使用法です。最近ではほぼワンタッチで飲むことができるスクイズボトルも多く、片手で簡単にキャップを外し、それから口につけます。そしてボトルを少しずつ押していくのです。ある程度飲んだら中身が少なくなりますので、最後まで飲むにはボトルを傾けたり、ボトルを絞ることで最後まで飲み切ることができます。

中高生の部活動などでは、大きなスクイズボトルを数人で飲む、ということもあります。そのような場合は、スクイズボトルを口につけるのではなく、上を向いてスクイズボトルを少し口から離して滝のように口の中に注ぎ込むようにすることで、多人数の回し飲みであっても口をつけることなく飲み切ることができます。

スクイズボトルは、ポリエチレンやポリプロピレンでできているためとても軽いのが特徴です。そのため、一日中かかる試合などでは、スクイズボトルを複数本持っていくというのが可能です。

もし、ジョギングやサイクリングの途中など、動きながらスクイズボトルのスポーツ飲料を飲むのであれば、握りやすいグリップが付いたもの、ナイキやアシックスをはじめとするスポーツメーカーが開発したものがおすすめです。容量はそこまで多くないものの、走りながら持っても荷物にならずサイクリングですと飲料ホルダーにしまうことができるからです。モンベルから発売されているものが人気です。

スポーツ飲料の水分補給に専ら使うのであれば、ポカリスエットやヴァーム、ザバスなど入れるスポーツドリンクの種類に応じてスクイズボトルを選ぶのもおすすめです。ウィダーのスクイズボトルは飲み口を触らずに飲むことができます。

他にも、保冷機能が付いているスクイズボトルとしてはドリンクミストが有名であり、ポラーの保冷ボトル、OGK KABUTOでは保冷保温タイプもあります。このような機能が搭載されると、少し値段が高くなる傾向にあります。

スクイズボトルのおすすめ

5位: エネルゲン スクイズボトル 1本

エネルゲン スクイズボトル 1本
¥367/個
¥367 爽快ドラッグ
¥411 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

4位: Kentai(ケンタイ) スクイズボトル 1000ml用 黒

Kentai(ケンタイ) スクイズボトル 1000ml用 黒
¥524/個

3位: アミノバイタル スクイズボトル 1L用 1個

アミノバイタル スクイズボトル 1L用 1個
¥341/個
34%安
¥341 ケンコーコム
¥342 爽快ドラッグ
他1ショップ

2位: ザバス スクイズボトル 500ml 1個

ザバス スクイズボトル 500ml 1個
¥329/個
36%安
¥329 爽快ドラッグ
¥337 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ

1位: ザバス スクイズボトル 1000ml用 袋1個

ザバス スクイズボトル 1000ml用 袋1個
¥416/個
¥416 LOHACO(ロハコ)
¥416 ヨドバシカメラ
他3ショップ

商品説明

飲みやすくて、パッキンレスだから清潔。ボトルの素材がソフトで握りやすいので運動中でも使いやすい設計です。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。