上手に入れるコツは?ピッチャーおすすめランキングも

飲食店でビールなどが出されるのでおなじみなのがピッチャーです。ピッチャー容器ともいいます。家庭ではもっぱら、麦茶などを入れて家族全員で使用するのに使われます。ピッチャー容器が家庭にあれば、飲み物をお替りするのにいちいち席を立たずに済みますし、飲み物を購入する頻度が少なくなりますので、節約にもなるでしょう。多くの過程で使われているピッチャー容器ですが、数多くのバリエーションがあります。複数のピッチャーを所持して、用途や中に入れる飲み物に応じて使い分けることもできます。また、ビールのピッチャーを持っていると、それだけでホームパーティーなどがうんと豪華になります。併せてピッチャーの上手な入れ方も知っておくとよいでしょう。

ピッチャーおすすめランキング | 容器や入れ方のコツなど

ピッチャー容器とは?

ピッチャーとは耳型の取っ手の付いた水差しのことを言い、家庭用のピッチャー容器というと麦茶などを入れておく大きな容器だと思うとイメージが付きやすいでしょう。飲食店では、夏場に登場するビールのたくさん入ったビールピッチャーが一般的です。

ピッチャーとは筒のような形もしくは花瓶のような形になっており、そこに取っ手があることが特徴です。素材としては、プラスチックでできているもの、ガラスでできているもの、陶器でできているものなどがあります。一般的に家庭で普及しているものは、プラスチック製でふたのついたピッチャーであり、麦茶などを入れて使われるのが多いです。食事の際には、飲み物を提供するためにピッチャーごと食卓に置きます。そうすると、飲み物のお代わりをするたびに席を立つ必要はありません。

実は、ドリンクピッチャーは用途に応じて使い分けられます。お茶を入れるものはティーピッチャー、コーヒーを入れておくのがコーヒーピッチャー、牛乳を入れるためのミルクピッチャーなどがあります。最近では家庭用のエスプレッソマシンが普及をしていることから、ラテアートを楽しむ人がミルクピッチャーを使う、というケースも増えています。

ピッチャーというと、投手をイメージしますが英語のピッチャーを違い、飲み物を入れるピッチャーは、古いフランス語や古いゲルマン語に由来しています。ピッチャーには蓋つきのものと二無しのものがあります。そして、なかには取っ手がついていないものもあります。ピッチャーの選び方としては、どのようなシチュエーションで使うかです。ガラス製のピッチャーや陶器製のピッチャーは雰囲気がよくてインテリアにもなじみやすいですが、重かったり、保存には向かなかったりします。一方で、プラスチックのピッチャーであっても、熱湯に対応しているものか冷水使用のみなのかということが違いとして考えられます。そのため、製品表示には注意をするようにしましょう。ビールピッチャーには泡切れがついているものもあり、ビールが泡だらけになるのを防げます。

そして、最近のピッチャーの機能性は向上しており、冷蔵庫に寝かせて保存できる形状のものもあります。そのため、いくつかのピッチャーを持ち使い分けることも一般的になりつつあります。スリムタイプであれば、冷蔵庫のドアポケットにいれることもできます。しかしながらガラス製のピッチャーであれば、おもてなしのシャングリアを作ったり、巨大パフェを作ったりするのにも活躍します。

ピッチャー容器から上手に入れるコツ

ピッチャーといえば、麦茶などを入れて注ぐものです。プラスチックのピッチャーであれば、重さも大して重くなりませんし注ぐのもそこまで難しいことはありません。しかしながら、重いピッチャー、特に満タン近くに入ったビールピッチャーなどはきちんと注ぐのが大変難しいです。

ビールがたっぷり入っちゃピッチャーを傾けてジョッキやグラスに注ぐと、泡だらけになってしまいます。そこで、ピッチャーの上手な入れ方としてはまず、ピッチャーを傾けて可能な限りゆっくりと注ぐことが良いでしょう。傾けたピッチャーの中でも、ビールを入れている面は水平に傾くようにします。底がポイントで、腕が痛いからと言ってピッチャーを早く傾けすぎてしまうと、ビールが水平面を保つ際に泡も同じように形を変えます。ピッチャーからは飲み物の上の部分しか注がれず、そのためピッチャーの上層部に偏っている泡しか注がれなくなるという結果になってしまいます。

一方、ゆっくりと上腕二頭筋が震えるくらい可能な限りゆっくりとピッチャーをグラスのほうへ傾けていくと、泡の表面が動くことはなく、内部の液体だけが動きます。そのため、表面を覆う大きな泡についてはそのまま注がれず、内部のビールの部分だけがグラスやジョッキに注がれるということになります。

これは、ダイラタンシーといわれる物理的現象を利用したものであり、もちろん科学的根拠もあります。混合物は、小さいせん断応力には液体のようになり、大きいせん断応力には固体のようになる、という性質を利用したものであり、ゆっくりと動くことで物体がまるで固体のようになるので泡が固定されたままビールが注げるのです。

これについては、ビールピッチャーに限りません。サングリアやハーブウォーターなど、中身をしっかりと入れたいときに使える技だと認識してよいでしょう。どのような飲み物を注ぐにしろ、ピッチャーの角度を気をつけてそれからゆっくりと注ぐようにすることで、上のほうの部分ではなくしっかりと味の付いた中身を注ぐことができます。

ピッチャーを使うのは、おもてなしの際にも最適です。訪問者には冷蔵庫を見られる心配もありませんし、お代わりの旅に席を立たなくて済むので落ち着きます。ジュースについても、ピッチャーに入れるだけで高級感が出ます。もちろん、ピッチャーに保存するのは飲料が基本ですが、ネギやニラなど立てて保存したほうが良いものを保存するのにも向いています。

ピッチャーおすすめランキング

5位: ラストロウェア 冷水筒 縦横 スライドピッチャー ミッキーマウス 2.2L K-1264MT(1コ入)

対象ショップで取扱いなし

4位: スケーター ステンレスウォーターピッチャー 1.7L ブルー STCPH17(1コ入)

スケーター ステンレスウォーターピッチャー 1.7L ブルー STCPH17(1コ入)
49円お得
¥1300/個
¥1,300 Amazon(アマゾン)
¥1,763 爽快ドラッグ

3位: ラストロウェア 冷水筒 縦横 スライドピッチャー 1.3L K-1261DB(1コ入)

ラストロウェア 冷水筒 縦横 スライドピッチャー 1.3L K-1261DB(1コ入)
¥751/個
40%安
¥751 爽快ドラッグ
¥1,108 Amazon(アマゾン)

2位: ラストロウェア 冷水筒 縦横 スライドピッチャー 2.2L K-1264DB(1コ入)

ラストロウェア 冷水筒 縦横 スライドピッチャー 2.2L K-1264DB(1コ入)
165円お得
¥589/個
53%安
¥589 ヨドバシカメラ
¥595 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

1位: ラストロウェア 冷水筒 フェローズ ハンディプッシュ 2.8L K-298NW(1コ入)

ラストロウェア 冷水筒 フェローズ ハンディプッシュ 2.8L K-298NW(1コ入)
70円お得
¥711/個
44%安
¥711 ヨドバシカメラ
¥718 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

ピッチャーおすすめランキング | 容器や入れ方のコツなど

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。