おにぎりケースのおすすめと便利に使う方法

おにぎりケースとは、主に三角になっていておにぎりを専門的に入れるケースのことを言います。100円均一に売っているものもあり、そのコストパフォーマンスには大変優れているものです。おにぎりケースを使うだけで、手を汚すことなくおにぎりを気軽につくることができますし、持ち運びも簡単です。そもそも、おにぎりは朝食にも昼食にも夜食にも時間や場所を選ばずに食べることができますし、腹持ちも良く優れています。おにぎりケースがあれば、おにぎりを簡単に携帯することができて便利です。おにぎりケースには、おにぎりを作る、入れて持ち運ぶだけでなく残ったご飯の保存容器としても使えますし、お弁当箱としても、蒸しパンなどのケースとしても使えます。

おにぎりケースのおすすめはどれ?便利な使い方や手作りの方法

おにぎりケースの便利な使い方は?

おにぎりケースは、お弁当箱のような感じでおにぎりを手軽に持ち運びができるケースです。持ち運びだけでなく、おにぎりを作るのにも使うことができます。プラスチックやシリコンでできており、おにぎりの形の三角形をしています。蓋がワンタッチで締まるものや留め具の位置を合わせてぱちんと閉めるものなどです。100円均一にも多くのバリエーションのおにぎりケースがありますので、低予算でいろいろな種類のおにぎりケースを買うことができます。

おにぎりケースの使い方は極めて簡単です。できたおにぎりを入れるケースとしても使用できますが、一般的な使い方は、フタを開けて中にラップを敷き、ご飯を詰めるだけでおいしいおむすびが完成します。おにぎりを握るとなると、熱いご飯を手で触らないといけないですし、手がベタベタになってしまいます。また、人が握ったおにぎりを食べたくない、というケースもあるでしょう。おにぎりケースであれば、低予算ながらも、ラップを引いてご飯と具材を入れるだけでおにぎりを作ることができます。

おにぎりケースのうれしいところはおにぎりを簡単に作ることができるということですが、それ以外にもおにぎりが型崩れしない、ということもあります。おにぎりは、ふんわりと握ったはずなのにカバンの中で崩れてしまうというデメリットがあります。おにぎりケースが一つあればそのようなトラブルも防げます。

自分でおにぎりを作らない人にとっても、おにぎりケースは重宝します。ダイソーのおにぎりケースはコンビニエンスストアのおにぎりがちょうど入るサイズです。ですので、コンビニエンスストアのおにぎりを持ち歩くのに最適のケースです。

ほかにも、シリコンでできたおにぎりケースなら、ラップいらずでおにぎりを作ることができます。残ったご飯を入れて冷凍しておけば、残りご飯を処理しながらおにぎりを作ることができます。さらには、保冷保温機能の付いたおにぎりケースであれば、温かいおにぎりをあたたかいまま持ち歩くことができます。保冷機能においては、残業などで夕方まで握ったおにぎりを持たせたい場合にも役立ちます。ほかにも、コンビニエンスストアのように、おにぎりとのりが別になっているケースもあり、食べるときにパリパリのノリをつけることができるものもあります。おにぎりは朝食にも昼食にもおやつや夜食にもなります。ですので、おにぎりケースを持っておくだけでその幅が広がります。

おにぎりケースを手作りする方法

おにぎりケースはおにぎりを持ち運ぶときに使え、安く購入することもできます。ですが、お気に入りの布で手作りをすると、よりお出かけが楽しくなることでしょう。お弁当箱と違って洗う手間もいらず、そして自分で布から作ったおにぎりケースは、かさばることもないのでお出かけの際にも重宝します。しかも、ミシンがなくても作ることができますし、お弁当ケースに比べて簡単ですので手芸の経験が比較的少ない人でもチャレンジすることができるでしょう。

材料は表生地と保冷シート、普通の糸、そしてコイルファスナーを使います。コイルファスナーは100円均一でも売っていますが、金具が複数ついているファスナーで、コイルを外すことができて長さを調節できます。そして、保冷剤と布地の張り合わせには、手芸用ボンドを使うとよいでしょう。

作る前には、型紙を作るのが良いです。おにぎりを入れる三角の部分、上面と底面、それから側面です。インターネットなどでも型紙がダウンロードできるでしょう。まずは三角に切った保冷シートの裏側に手芸用ボンドを薄く塗り伸ばして、保冷シートと布を張り合わせます。それから、コイルファスナーを三角のふちの周りに合わせて、両側のプラコイルを2センチずつ外します。そして、次に側面に合わせて布をカットします。厚みはおにぎりを何個入れるかによって違ってきます。

側面の布地を丸いわっか状に縫い合わせて、そこにファスナーをつけます。ファスナーのふちを隠すために当て布をしてまわりを縫います。底を仮縫いしてから、縫い合わせましょう。この場合、針のところからシートが破けやすいので洗濯ばさみなどで固定をします。淵を縫い合わせて、取っ手をつけたら完成です。より保冷したいのであったら取っ手にも保冷シートをつけます。

基本的に三角のおにぎりケースというのは、底面、上面、側面を作って縫い合わせるという過程になります。初心者には難しいですし、ファスナーの取り扱いが難しい場合は、風呂敷のようなおにぎりケースに形を変えたりするとよいでしょう。また、保冷材を使わないタイプであったら、布を張り合わせるだけですので、より簡単に作ることができます。

おにぎりケースを作るコツは、形が比較的複雑ですので、手縫いで一針一針丁寧に縫い進めていくことです。ゆっくりと作ることによって、おにぎりケースにありがちな型崩れを防ぐことができます。しっかりとした布で作ると、おにぎりケースも長持ちします。

おにぎりケースのおすすめ

5位: トルネ 保冷おにぎりケース おにぎり君 1個用

トルネ 保冷おにぎりケース おにぎり君 1個用
¥677/個

4位: スケーター おにぎらずランチボックス グリーン SPC1(1コ入)

スケーター おにぎらずランチボックス グリーン SPC1(1コ入)
¥308/個
47%安
¥308 ヨドバシカメラ
¥311 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

3位: アーネスト 簡単おにぎらずキット&ケース ホワイト(1セット)

アーネスト 簡単おにぎらずキット&ケース ホワイト(1セット)
¥898/個

2位: ノーティー おにぎりケース ブラック T-56466(1コ入)

ノーティー おにぎりケース ブラック T-56466(1コ入)
¥963/個

1位: 清水産業 おにぎりポーチ2 チェック グリーン(1コ入)

おにぎりケースのおすすめはどれ?便利な使い方や手作りの方法

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。