ジャグってどんなもの?おすすめランキングほか

ジャグとは、キャンプをはじめとしたアウトドアで使用するものであり、水をためておくアイテムです。そのなかで、水を汲んでおいて手洗いや料理に使うことができるものです。特に飲み水を確保するために飲み口が付いたものや、手洗いの水を確保するために蛇口の付いたものなど数多くのものがあります。特に多くの人数で活躍するジャグについては、持ち歩く水もかなり大量になることから、持ち手や肩にかけられるひもがついた便利なジャグも人気になっています。キャンプをはじめとするアウトドアをする人にとって、ぜひ揃えておきたいアイテムの一つです。保冷効果のあるものや、安定感抜群なものまで多くのバリエーション豊かな製品があります。

ジャグってなに?

ジャグとは、ウォータージャグとも呼ばれ、水を持ち運ぶために使うものです。水だけでなくお茶などを入れる場合もあります。特にキャンプをはじめとするアウトドアで使用されることが多いです。キャンプをすると、料理などで水を使ったり手洗いをしたり、使い終わった食器を水につけて置いて洗えるようにするなど、水を使う場面はたくさんあるものでしょう。こういったすぐに水道水が確保することが難しいような屋外であっても、このウォータージャグを使うことによって水道水がいつでも確保できます。

アウトドアにおすすめのジャグはいくつかあります。まず、ワンタッチオープンの飲み口が付いており、そのまま飲むことができる人気のジャグがコールマンクーラーボックスジャグです。1.9リットルとコンパクトですので少人数のキャンプに向いています。ラバーやハンドル、ショルダーがついていますので、女性でも簡単に持ち運べます。アウトドア用品で定評のあるコールマンにはほかにもいろいろなウォータージャグのラインナップがあります。そのなかでも大容量のサイズもあります。コールマンパーティースタッカージャグ2ガロンは、7.6リットルの水が入りながらも、重心が低くて安定性があります。大人数のキャンプやイベントなどに向いています。

保冷効果に定評のあるジャグといえば、キャプテンスタッグ トップキャッチウォータージャグ8リットルです。中学生の部活などで見たことがあるお茶を入れてみんなで飲むあの飲み物容器です。洗いやすいですしワンタッチで水が出てくるので安心です。保冷効果の高いものといえば、ピーコック キーパー大型タイプステンレス12リットルです。性能で選びたい本格的なジャグです。

スタイリッシュなウォータージャグといえば、イグルー ウォータージャグ400S 3ガロンです。鮮やかな赤と黄色のファニーなルックスが魅力です。せっかくのキャンプ用品ですから、やはりデザインが良いものがお出かけを楽しくできます。スタイリッシュなカラーかつ丈夫なジャグといえば、ラバーメイドジャグウォータークーラーです。重めなものでありますが、素材が丈夫ですので少々ハードなアウトドアにも適しています。

ジャグを決めるポイントとしては、やはり人数もそうですがどのような形で使用するかです。飲料水であれば、飲み口などが付いた飲みやすいものですし、持って運ぶことができるかというのも重要です。

ジャグにはどんな種類があるの?

ジャグ、またはウォータージャグはアウトドアの際に便利なものですが、いくつかの種類がありますのでシチュエーションに応じて柔軟に選ぶことが必要になります。最近のキャンプ場であれば水場の設備がしっかりしているところもありますので、洗い物は水場で済ませられます。その場合は飲み水や手洗い水の確保だけでよいでしょう。一方キャンプ場ではない野山にキャンプをする場合や、大人数で使う場合は、容量の大きいものにします。ジャグの必要性を疑問に感じて、ペットボトルなどで代用する人がいるかもしれませんが、きちんとしたジャグを購入したほうが、持ち手もついていて持ちやすく便利ですし、何より衛生的です。

まず、ジャグには素材の堅いハードタイプとやわらかな素材でできているソフトタイプがあります。造りのしっかりしたものという観点であればハードタイプがよいですし、水場の近くを往復するだけ、といったような人は、荷物を減らすことができるという観点からソフトタイプがよいです。ただ、水の持ち運びだけでなく飲料水として保冷したい、といった場合はハードタイプを選ばなければなりません。一方ソフトタイプのなかにはたたんで収納できるものもありますので便利です。ハードタイプのジャグなかには、ステンレス製など保冷力のあるジャグもあります。保冷剤を入れれば、クーラーボックスとしても使用できます。

ソフトタイプのジャグは、収納性がある一方で保冷力はありません。そのため、飲料水の確保というよりもアウトドアの場面で食器を洗ったり調理に使ったりする水を確保する、炊事場と水場が離れているという人が使うとよいです。普段は使わない人でも非常用に持っておこう、と思うなら、まずはソフトタイプからはじめてもよいでしょう。

また、主にスポーツ活動で使われるのがスポーツタイプです。炎天下の中でスポーツドリンクを補給することを専用に作られています。ステンレス製のジャグの中には、スポーツドリンクの糖分と相性の悪いステンレス製のジャグもありますので、スポーツの現場においては、スポーツをする人専用のジャグであるスポーツタイプを選ぶのが良いです。特に保冷機能が付いているものでしたら、屋外でも冷たいスポーツドリンクをいつでも飲むことができて便利です。

このように、ジャグにはハードタイプとソフトタイプ、スポーツタイプなど様々な種類があります。ですので、使用するシチュエーションによって使うとよいでしょう。

おすすめのジャグを比較!

スポーツやキャンプにおすすめのジャグはいくつかあります。そのなかでまず比較すべきは容量です。一般的な基準としては家族4人1泊2日で8リットルから10リットルを目安にしましょう。実は、ジャグにはそれぞれ容量が違うものがあります。次に、用途でハードタイプかソフトタイプかを選択しましょう。

まず、ファッショナブルなハードタイプのウォータージャグを購入するのであれば、コールマンです。サイドコーデに一役買うような発色の良いコーディネートです。コールマンは、アウトドア用品にも定評がありますのでいろいろなバリエーションの製品があります。コールマン スチールベルトジャグはアメリカンヴィンテージシリーズのジャグですし、ほかにもコールマン パーティースタッカージャグなどがあります。どれもファッショナブルなデザインですが、安定感のありそしてキャンプなどでも使いやすいです。持ち運びもスムーズにできますので、アウトドアに向いています。

より安定感があり、ステンレスで保冷力の高い大型タイプのステンレスジャグが、ピーコック キーパー大型タイプステンレス12リットルです。保冷力が高くて洗いやすいです。輝きのあるアンティークのようなステンレスジャグを選ぶのであれば、 リマ ステンレスジャグ10です。ステンレススチールでできていますので、光沢があり置いておくだけでムードがあります。多くの水を運ぶのであれば、イグルー5ガロン スポーツローラー18.9リットルがおすすめです。20リットル近くの容量の水を、長いハンドルとローラーがついており簡単に運ぶことができます。保冷力も高いです。デザインではなく実用性で選ぶのであれば、ポリエチレンの丈夫な20リットルジャグである、キャプテンスタッグ 抗菌ボルディーウォータータンク20リットルです。また、それと並んで、尾上製作所 ウォータータンク22リットルジャグも、低価格でコストパフォーマンスがよいです。

簡単に折りたたむことができるソフトタイプのジャグもあります。ハンドック ジャバラ ウォータージャグ 7.5リットルは、地面に直置きできるジャグでたたむとコンパクトになり荷物になりません。また、ジャバラで折りたためるのが、ダグ イージージャグです。潰すと非常にコンパクトなこれらのソフトタイプのジャグは、普段は小さくなりますので、アウトドアはもちろんのこと震災の時などにも使えますので、一家に一台持っておくのがおすすめです。

ジャグおすすめランキング

5位: チャージャー 軽量アスリートジャグ2200 ブルー HB-1873(1本入)

チャージャー 軽量アスリートジャグ2200 ブルー HB-1873(1本入)
725円お得
¥2754/個
¥2,754 ヨドバシカメラ
¥3,180 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

4位: イワキ ジャグ・1000 K294-SV(1コ入)

イワキ ジャグ・1000 K294-SV(1コ入)
¥2060/個
¥2,060 爽快ドラッグ
¥2,331 ヨドバシカメラ
他1ショップ

3位: サーモス 真空断熱スポーツジャグ ダークブルー FFO-2003 DB(1コ入)

サーモス 真空断熱スポーツジャグ ダークブルー FFO-2003 DB(1コ入)
397円お得
¥3195/個
¥3,195 ヨドバシカメラ
¥3,218 SEIYUドットコム(西友)
他4ショップ

2位: サーモス 真空断熱スポーツジャグ FFO-2500 DGY(1コ入)

サーモス 真空断熱スポーツジャグ FFO-2500 DGY(1コ入)
¥6416/個

1位: サーモス スポーツジャグ 1.9L コバルトブルー FPG1901COB(1コ入)

サーモス スポーツジャグ 1.9L コバルトブルー FPG1901COB(1コ入)
509円お得
¥1598/個
¥1,598 SEIYUドットコム(西友)
¥2,000 Amazon(アマゾン)

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。