マドラーのおすすめと正しい使い方ほか

マドラー

飲み物をかき混ぜたり、中に入っている果物を潰したり、飲み物をよりおいしく飲むためのお助けグッズである、マドラー。細長いデザインが特徴的で、グラスに入っているだけで見た目もおしゃれに見えます。

マドラーは、実に多くの種類が販売されていることをご存知でしょうか。よく目にすることが多いのは、コンビニやカフェでもらえるプラスチック製の使い捨てタイプでしょう。そのほかにも、ガラス製の丈夫なタイプや、木製のマドラーなどがあります。

また、マドラーには正しい使い方があります。正しい使い方をすれば、マドラーの劣化や破損を防ぐことができます。今回は、マドラーの基礎知識から、使い方、商品の価格比較まで徹底調査しました。マドラーというものを、日常的に注目することは少ないと思いますが、これをきっかけに興味を持ってみてはいかがでしょうか。

マドラーの種類

まずは、マドラーの種類について紹介します。マドラーとひとくくりにしても、素材や形状などが微妙に違う商品がたくさんあります。大きく分けると、使い捨てタイプと、繰り返し使えるタイプの2つに分けることができます。

最初に、使い捨てタイプのマドラーを紹介します。みなさんがよく目にする、使い捨てタイプのマドラーは、先端にスプーンのついた、プラスチック製のマドラーではないでしょうか。コンビニやカフェのテイクアウトでコーヒーを受け取ると、レジのそばに置いてあることがあります。

スプーンになっている反対側の先端部分は、いろいろな形状をしています。カフェやファストフードですと、自身のお店のロゴマークになっているマドラーもあります。一般に購入ができるマドラーの場合は、シンプルなマークになっていたり、中にはクリップ状になっている商品もあります。

使い捨てタイプのマドラーには、プラスチック製と、木製タイプの商品があります。木製タイプのマドラーは、アイスキャンディの棒を細長くしたような形状をしています。このタイプのマドラーも、よくカフェなどに置いてあるのを見かけるでしょう。

マドラーの種類

続いて、繰り返し使えるタイプのマドラーを紹介します。自宅で皆さんが使っているマドラーは、繰り返し使える素材の商品が多いのではないでしょうか。代表的なのが、ガラスタイプ。見た目も涼しげで、飲み物を混ぜるのに適しています。先端の形状は、そのままのもの、スプーンになっているもの、丸くなっているものの3タイプが多いです。

反対側の先端部分は、シンプルなものから、キャラクターがついたかわいいものまで、バリエーションに富んでいます。キャラクターがついているタイプのマドラーは、来客用に出してあげるとお客さんも喜んでくれるでしょう。

木製の使い捨てタイプのマドラーを紹介しましたが、木製のマドラーには、繰り返し使えるタイプも販売されています。木のぬくもりを感じる、温かみのあるデザインが特徴的。ガラス製、木製のほかに、ステンレス製のマドラーもあります。

ちなみに、よくバーテンダーがカクテルを作るときにマドラーで飲み物をかき混ぜていますが、あれはマドラーではなく、バースプーンという、カクテルを作るときに専用で使われるスプーンです。マドラーとの大きな違いは、棒の両はしが、スプーンとフォークになっているという点です。リキュールの量を計ったり、果物を潰すために使われます。

マドラーの正しい使い方

マドラーには、正しい使い方があることをご存知でしょうか。上下の向きや、回す方向など、今までなんとなく使っていたマドラーの使い方を解決しましょう。さらに、かき混ぜ方を工夫することで、より効果的に飲み物を混ぜることができるポイントを紹介します。

マドラーには、上下の向きがあります。先端がスプーン状になっていたり、オブジェなどがついているマドラーの場合は、迷うことなく使えるでしょう。ところが、片方に球体がついているだけのタイプは、どちらがかき混ぜる側なのかわからないという方も多いようです。

これは、球体がついている側が下になります。見た目を考えると、丸い方を上にするのが正しいと思うかもしれません。しかし、この丸い部分は、本来グラスの底にある果実を潰すための役割があります。また、丸くなっている方が、細くなっているタイプのマドラーよりも、かき混ぜたときに、グラスを傷つけにくいという効果があります。

かき混ぜるときも、コツがあります。マドラーを混ぜるときは棒の先端を底につけずに、浮かせるようにして混ぜます。こうすることで、カップの底が傷つくのを防ぐことができます。先端がスプーンになっているタイプも、グラスを傷つけないためにスプーンの表面を内側に向けたまま、かき混ぜるようにしましょう。

マドラーの正しい使い方

混ぜるときの向きですが、手首だけを回しながらマドラーをかき混ぜていくと、綺麗に飲み物が混ざります。バーテンダーがバースプーンを使うときは、マドラーを中指と薬指で挟んで混ぜるのが、基本のスタイルです。中指を押し出しながら半円分かき混ぜていき、人差し指を引くようにして残りの半円を回します。

飲み物を混ぜるとき、回転させる方もいれば、上下に動かして混ぜる方もいるでしょう。これは、微妙な味の差が生まれるくらいなので、お好みで混ぜ方を変えると良いでしょう。上下に動かしながら回転させると、より素早く混ざります。

かき混ぜるときは、がちゃがちゃと素早くかき混ぜるのではなく、ゆっくり静かにマドラーを回しましょう。ゆっくり回した方が氷が溶けにくく、味が薄くなりにくいです。

マドラーのお手入れ方法も紹介します。使った後は、放置するのではなく、きちんと水洗いをしましょう。特にマドラーの先端部分は念入りに洗います。水洗い後は、しっかり乾燥させてからしまいましょう。使っていないときも、定期的にお手入れをすると、より長持ちします。柔らかい布で、マドラー全体を丁寧に拭きましょう。

マドラーの価格はどれくらい?

おそらく、マドラーを購入する頻度は少なく、日頃から価格を気にする方は少ないかもしれません。そこで今回は、どのタイプのマドラーを購入するのがよりお得なのか、使い捨てと繰り返し使えるタイプの価格を調査、比較してみました。ぜひ参考にしてください。

まずは、使い捨てタイプのマドラーと、繰り返し使えるタイプのマドラーの価格を比較します。日本デキシーより発売されているプラスチック製のマドラーは、100本入りで245円。ストリックスデザインから発売されている木製のマドラーは、100本セットで246円。

使い捨てタイプのマドラーは、大容量な上に、価格は安いものばかり。かなりお得な商品が多いです。一方繰り返し使えるタイプのマドラーは、メーカーによってかなり差がありますので、購入するときは価格や素材などよく確認しましょう。

今回紹介している3つの素材の中で、安い商品が多いのは、木製のマドラー。300円台から500円台の価格帯になります。ステンレス製とガラス製のマドラーは、ほとんど同じ価格帯で、300円台から700円台くらいになります。ステンレス製とガラス製のマドラーは、有名な職人の方が製作している商品もあります。その商品の場合、価格は他の商品よりも倍になっていることがあります。

マドラーの価格はどれくらい?

単純にコストパフォーマンスの面から比較すると、使い捨てタイプのマドラーの方が圧倒的にお得です。容量、価格ともに経済的で、毎日使っても3ヶ月以上はもちます。飲み物を飲むたびに洗い物が増えてしまう悩みも解決。

一方で、劣化が早い、置き場所に困るというデメリットもあります。飲み物は毎日飲んでいたとしても、マドラーも毎日使っているという方は少ないでしょう。プラスチックや木は、日に当たったり、湿気を吸収することによって劣化してしまう恐れがあります。最後まで使い終わらないうちに、ダメになってしまう場合があります。

さらに、使い捨てタイプのマドラーは、基本的に1袋に大量の本数が詰められています。大きさや重さもあるので、一般家庭でしまっておくには、邪魔に感じることもあるでしょう。使い捨てタイプのマドラーは、どちらかというと、飲食店で使うのに適しています。

その点繰り返しつかえるタイプのマドラーは、軽くて細いので、置き場所には困りません。丈夫なので、きちんとお手入れしていれば、何年も使い続けることができ、結果的に使い捨てタイプのマドラーよりもお得になる可能性があります。

マドラーのおすすめ

10位: サンナップ クリップマドラー 95mm ブラック 1袋(100本)

サンナップ クリップマドラー 95mm ブラック 1袋(100本)
¥1.8/本
36%安
¥178 ヨドバシカメラ
¥179 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ

9位: アートナップ コーヒーマドラー 袋100本

アートナップ コーヒーマドラー 袋100本
¥2.7/本
¥266 爽快ドラッグ
¥349 ケンコーコム
他1ショップ

8位: サンナップ マドラースプーン 130mm ブラック 1袋(100本)

サンナップ マドラースプーン 130mm ブラック 1袋(100本)
¥1.5/本
47%安
¥148 ヨドバシカメラ
¥149 LOHACO(ロハコ)
他1ショップ

7位: ホウケン マドラースプーン 9オンス対応 オフホワイト 1袋(100本)

ホウケン マドラースプーン 9オンス対応 オフホワイト 1袋(100本)
¥1.7/本
40%安

6位: ホウケン マドラースプーン 9オンス対応 ブラック 1袋(100本)

ホウケン マドラースプーン 9オンス対応 ブラック 1袋(100本)
¥1.7/本
40%安

5位: ストリックスデザイン 木製マドラー 1パック100本

ストリックスデザイン 木製マドラー 1パック100本
¥2.2/本

商品説明

白樺から生まれた、やさしい風合いのマドラーです。使いきりタイプ。

4位: しづくマドラー (18-8)

¥476 ヨドバシカメラ
¥481 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

3位: ストリックスデザイン 木製マドラー 未晒し袋り 1袋(80本)

ストリックスデザイン 木製マドラー 未晒し袋り 1袋(80本)
¥1.9/本
31%安

2位: ストリックスデザイン 木製コーヒーマドラー ワードバブル 紙袋り 1箱(100本)

ストリックスデザイン 木製コーヒーマドラー ワードバブル 紙袋り 1箱(100本)
¥2.5/本

商品説明

箱のまま置いて使えるアスクル限定販売の木製のコーヒーマドラー。1本づつ小袋に包装されて衛生的です。

1位: サンナップ マドラースプーン 130mm ホワイト 1袋(100本)

サンナップ マドラースプーン 130mm ホワイト 1袋(100本)
¥1.5/本
47%安

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。