泡立てネットの使い方は?おすすめランキングほか

洗顔をするときには十分な泡でしっかりと顔を洗うことが大切です。顔にはいろんな汚れが付着しており、その汚れは毎日しっかりと洗い流さないと汚れが付いたままになってしまい、またシミができてしまいます。こういったことにならないために活用したいのが泡立てネットです。なかなか作るのが難しい泡を短時間で作ってしまう優れもののアイテムです。時間をかけることなく洗顔に適した泡が作れるので、自宅に1個は置いておきたいアイテムです。ただこの泡立てネットも市販のものを購入するだけではなく、自作で簡単に作ることが実はできるのです。そこで泡立てネットの正しい使い方について、また手作りの泡立てネットの作り方について説明していきたいと思います。

泡立てネットの使い方

洗顔をするときには十分に泡立ててから行う必要があります。それは泡が毛穴までに入り込んだ汚れをつかんでくれるからです。洗浄料を泡立てることなくこすり付けて洗っても汚れは十分に落とすことはできません。またそうしてしまうと肌に負担をかけてしまい、肌が厚くなってしまうことになります。ただ洗浄料をしっかりと泡立てるのは結構難しいものです。また泡立てるのに時間もかかります。そんな時に便利なアイテムが泡立てネットです。ネット上になっているアイテムで、これを洗浄料と一緒に泡立てると時間をかけることなくあっという間に大きな泡を立てることができます。ただこの泡立てネットは十分に使い方を理解してから活用していくことが大切になります。

泡立てネットを使用する場合にはまず手のひらに洗浄料を適量取り出します。そして少し濡らしておいた泡立てネットで洗浄料を泡立てていきます。適量の水分がついている泡立てネットなら簡単に濃密な泡ができていくことでしょう。この時に泡が立ちにくいという時には少しだけお湯を加えてみてください。そして再度泡立てネットで泡を立てると十分な泡ができていきます。泡は粗いものだと肌に付着した汚れをきれいに取ることはできません。細かくて濃密な泡だとしっかりと汚れを包み込んでくれます。万が一泡が粗い場合には少量洗浄料を足してみてください。そして再度泡立てネットで泡立てていきます。

泡立てネットでしっかりとした量の泡を作ったら泡立てネットについた泡を絞り出すようにして取ります。それを手のひらの上に置き、そっと顔に泡をつけていきます。そしてマッサージをするようにして顔を洗っていきます。十分な泡ができていると手のひらが顔に当たることなく泡だけで洗顔することができます。これによって肌に刺激を与えることなく洗顔を行うことができるのです。肌に刺激を与えない洗顔法ならいつまでも透明感があってきれいな肌を維持していくことができます。そのため正しい使い方をして是非泡立てネットで洗顔を毎日行ってほしいと思います。泡立てネットは泡を作った後はしっかりと洗って干すことも忘れてはなりません。泡が残っていたりすると雑菌が繁殖してしまいます。そんな状態の泡立てネットを使っていると肌トラブルを引き起こすので注意してください。干す時には乾燥がしっかりとできる場所で行うようにしてください。そうすれば常に泡立てネットを清潔に保つことができることでしょう。

手作り可能?!泡立てネットの作り方

洗顔料やせっけんを簡単に泡立てて洗顔の時間を短くしてくれる優れもののアイテムが泡立てネットですが、市販のものでも十分に対応ができます。しかし自分で手作りの泡立てネットを作って活用している方が結構いるものなのです。簡単にできるので、手作りの品を一度作って利用してみるのもいいものです。それではどのようにして作ればいいのでしょうか。

泡立てネットを作るときに最も重要なのはネットです。ネットは粗めのものになるとあまり細かい泡ができません。粗めの泡になると洗顔ではしっかりとした泡になりませんし、また毛穴の汚れまでもしっかりと落とすことができません。ですから覚えておくべきこととして細かい泡ができるようなネットを使用するということです。細かいネットを使用すればそれだけ濃密な泡ができるので洗顔には向いています。泡立てネットを作るときはまずネットを2枚用意してください。2枚使うことでより大きな泡ができるので、洗顔の時に非常に便利なのです。また色は好きなものを選ぶといいでしょう。また家族でそれぞれ泡立てネットを自作で用意する場合にはそれぞれ家族の方で色を決めておくと間違えることがありません。

2枚のネットを使いますが、排水溝ネットは泡立てネットに使うにはとても便利です。排水溝ネットの中にさらにネットを入れていきます。この時にネットが長く感じられる場合には短くカットしてしまっても構いません。人によっては長い方が泡を絞り出す時に便利に感じられるかもしれません。そういった場合にはカットせずそのままにしておいてもいいでしょう。次にネットを張った状態にせず、くしゃくしゃっとした感じに仕上げ、ネットの真ん中の部分をしっかりしたタイプのゴムで結びます。そして折りたたんでみます。そうすると市販で販売されているような泡立てネットを作ることができます。ゴムに輪を取り付けておくと吊るす時に便利なので、そのようにしておくとより使いやすくなります。

泡立てネットはこのようにコストがかかりませんし、短い時間で簡単に作ることができます。また色も自分の好きなものを選ぶことができるので、断然手作りで作ったほうがお勧めです。自作の泡立てネットがおすすめなのは定期的に使い捨てることができる点です。洗顔に使うため、しばらく使用していると汚れるのである期間使ったら捨ててしまった方が衛生面ではいいといえます。ですから手作りの泡立てネットならより低コストで作れるので、頻繁に使い捨てるにはピッタリです。

泡立てネットおすすめランキング

10位: オーエ ホイッぷるボール やわらか ピンク 1個

オーエ ホイッぷるボール やわらか ピンク 1個
¥302/個
39%安
¥302 ケンコーコム
¥302 ヨドバシカメラ
他2ショップ

9位: 無印良品 無印良品 泡立てボール・小 7506440 良品計画

無印良品 無印良品 泡立てボール・小 7506440 良品計画
¥119/個
76%安

商品説明

目の細かいネットをボール状に仕上げました。ホイップ状の泡が手早く作れます。本体約10cm、ひも入れて約15cm

8位: オーエ RORAINE 泡立てネットボール ボディ用 ブルー 1個

オーエ RORAINE 泡立てネットボール ボディ用 ブルー 1個
¥333/個
33%安

7位: 無印良品 無印良品 泡立てボール・大 7506433 良品計画

無印良品 無印良品 泡立てボール・大 7506433 良品計画
¥198/個
60%安

商品説明

目の細かいネットをボール状に仕上げました。ホイップ状の泡が簡単に作れます。本体約14cm、ひも入れて約18cm

6位: オーエ ホイッぷるボール ふつう グリーン 1個

オーエ ホイッぷるボール ふつう グリーン 1個
663円お得
¥295/個
41%安

5位: マイクロバブルフォーマー あわわ プレシャス ホワイト

マイクロバブルフォーマー あわわ プレシャス ホワイト
142円お得
¥1458/個
¥1,458 ヨドバシカメラ
¥1,604 ケンコーコム
他1ショップ

4位: オーエ RORAINE 泡立てネットボール ボディ用 ピンク 1個

オーエ RORAINE 泡立てネットボール ボディ用 ピンク 1個
¥266/個
46%安
¥266 ケンコーコム
¥267 ヨドバシカメラ
他2ショップ

3位: マイクロバブルフォーマー あわわ(awa hour) ロマンティックピンク(1コ入)

マイクロバブルフォーマー あわわ(awa hour) ロマンティックピンク(1コ入)
98円お得
¥972/個
¥972 Amazon(アマゾン)
¥972 ヨドバシカメラ
他3ショップ

2位: マイクロバブルフォーマー あわわ(awa hour) ロイヤルホワイト(1コ入)

マイクロバブルフォーマー あわわ(awa hour) ロイヤルホワイト(1コ入)
98円お得
¥972/個
¥972 Amazon(アマゾン)
¥972 ヨドバシカメラ
他4ショップ

1位: マイクロバブルフォーマー あわわ(awa hour) マーメイドブルー(1コ入)

マイクロバブルフォーマー あわわ(awa hour) マーメイドブルー(1コ入)
98円お得
¥972/個
¥972 ヨドバシカメラ
¥1,070 ケンコーコム
他3ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。